人も少なく趣のある京都を…

2017.05.22.17:11

先日、元サークルメンバー3人で「哲学の道~南禅寺コース」を歩きました。
京阪出町柳駅に集合して今出川通りを東へ歩き、吉田神社前を通過。
DSC00914_convert_20170520193956.jpg

やがて新緑いっぱいの「哲学の道」へ入りました。
桜の時期には大混雑のコースですが…
DSC00915_convert_20170520194752.jpg

DSC00917_convert_20170520194827.jpg

まずは学生たちなど多くの人で賑わっていた「銀閣寺」へ
銀閣寺は、相国寺の山外塔頭で、正式名を「慈照寺( じしょうじ)」といいます。
DSC00936.jpg

「観音殿」は、室町幕府八代将軍の足利義政によって建てられたもので国宝。
祖父の足利義満の「金閣」に対して「銀閣」とよばれているそうです。
一層は「書院造り」で「心空殿(しんくうでん)」二層は「禅宗仏殿造り」で「潮音閣(ちょうおんかく)」と呼ばれ、閣上には青銅鳳製の鳳凰が置かれている。
DSC00924_convert_20170520195013.jpg

「東求堂(とうぐどう)」
東求堂は足利義政の持仏堂で日本最古の書院造りの建物として国宝に指定されています 。
DSC00925_convert_20170520195130.jpg

境内東側にある展望台からひと味違った銀閣寺やその周りの眺望を楽しみました。
DSC00932.jpg
 
その後私たちは少しだけ哲学の道へ戻り今度は「法然院(ほうねんいん)」へ…
知恩院の萬無が法然ゆかりの地に「念仏道場」を建立したいと再興した寺院。
特別公開は 春秋の年2回、1週間のみだということです。
DSC00941.jpg

モミジに囲まれた茅葺の山門は良い雰囲気で見応えがありました。
DSC00950.jpg

境内は趣があり、俗気の少ない雰囲気でした。
DSC00945.jpg

DSC00948.jpg

DSC00951.jpg

私たちは再び哲学の道をゆっくり散策…
DSC00962.jpg

緑の中に「タニウツギ」や「ツツジ」の色が目立ちました。
DSC00960.jpg

DSC00970.jpg

哲学の道を後にした私たちは「永観堂」へ
お互い拝観したこともあるので門前で写真だけ撮らせてもらいました。
「やはりここは紅葉の時期に来たいねぇ~」などと言いながら…(笑)
DSC00982.jpg

DSC00979.jpg

そして次は桜・紅葉の名所として有名で人気も高い「南禅寺」へ
「三門(重要文化財)」
DSC01013.jpg

「法堂」
DSC00992.jpg

境内の沢山のモミジきっと秋には見事に紅葉するのでしょうね。
DSC01010.jpg

古代ローマの水道橋を思わせるようなアーチ橋「水路閣」
DSC00997.jpg

DSC01001.jpg

DSC00996.jpg

この水路閣は全長93.2m、幅4m、高9mのレンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚でテレビのサスペンスドラマ等でもよく見ますが .....
やはり風格があり、静かな風景にとても溶け込んでいました。

この日はかなり暑く、後で聞けば京都は30度あったとか…
でも木陰も多く人も少ない場所がほとんどで気持ちいい散策ができました。
途中何度かみんなで「桜の時期や紅葉の季節のまして土曜日、京都はこんなゆっくり気持ちよく歩けないよねぇ~」などと言いながら…(笑)

そして最後に蹴上駅近くの「 ウェスティン都ホテル」でティタイムをして充実した一日を終えました。
DSC01015_convert_20170522122256.jpg

哲学の道は何度か歩いていますが今回は何十年ぶりかに拝観した銀閣寺。
以前行ったつもりだったけど境内に入って初めてだと気づいた法然寺(笑)
何度行っても良い雰囲気の南禅寺と…どこも趣がありとても良いコースでした。

ご一緒して下さった方ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。


スポンサーサイト

とても中身の濃い2日間でした。

2017.05.18.17:32

先日西国三十三所廻りをしている友達と3人で一泊旅行をしてきました。
まず一日目は三十二番札所「繖山観音正寺(きぬがさやま かんのんしょうじ)」へ…
観音正寺は、貴人にさしかざす衣蓋(きぬがさ)のようにふんわりとした美しい山容から名付けられ、この繖山の山中にひっそりと佇んでいるといわれています。

JR能登川駅から近江鉄道バス八日市行きに乗車し、観音寺口で下車。
バス停から西の方向へ400m位進むと結(むすび)神社があり、境内に観音正寺への参道があるということでした。
DSC00793.jpg

私たちは境内で参道は細い道で分かりにくかったけど、
なんとか標識を見つけ「13丁なら約1、5kだねぇ~」と参道へ…(笑)
DSC00796.jpg

DSC00797.jpg

かなり歩いても目の前には階段しか見えません(笑)
人は誰一人会わず「うわぁ~階段どこまで続くのかなぁ~」などと言いながら…
DSC00800.jpg

やがて標札に気づきました「参道」がいつの間にか「山道」に…(笑)
「確か繖山は標高430mだったから~こんなものかも」と私が言うと2人も納得。
DSC00798.jpg

DSC00803.jpg

まもなく見晴らしの良い中間地点?と思われるところまで到着し10分程休憩。
DSC00806.jpg

DSC00804.jpg

それでもやっと駐車所もある平地へ…
ツツジや山藤も観ることができました。
DSC00815.jpg

DSC00816.jpg

DSC00818.jpg

そして参道のこんな格言?の標識に階段道から解放され余裕が出来た私たちは
声に出して読みながら「ホントその通り~」「なるほど~」と共感したり学んだり…(笑)
良い言葉はたくさんありましたが、一部を紹介します。
DSC00814.jpg

DSC00809_convert_20170517134450.jpgDSC00810_convert_20170517134607.jpg

DSC00812_convert_20170517134709.jpgDSC00813_convert_20170517134810.jpg

DSC00821_convert_20170517135016.jpgDSC00837_convert_20170517140340.jpg

「ねずみ岩」 ねずみに見えるかな?
DSC00822.jpg

やっと山門をもたない当寺の門固め「仁王像」を潜り拝観料を払い境内へ…
DSC00836.jpg

「北向地蔵」
一願地蔵とも言われ内部に記された七遍の真言を唱えることで人々を苦しみから救ってくださるとのこと。ただし願い事は一つに限るそうです。
DSC00823.jpg

「釈迦如来座像」
江戸時代より安置されたもので第二次世界大戦の際に供出されたが
昭和58年平和への願いを込めて再建されたそうです。
DSC00826.jpg

「本堂」
DSC00833.jpg

お参りも済ませ境内をゆっくり回る途中お寺の関係者の人と話をしました。
来た道を話すと「今はそのコースで来る人はほとんどなく、獣道と呼ばれている」と(笑)
そして帰りは駐車場から林道を下るコースがお薦めだと教えてもらいました。

下る途中3人で「帰りは歩きやすいね~」「でもこの坂は上りはキツイかも…」
「観音寺口のバス停を下りてもなんの標識も無かったことに納得だね~」
「そりゃ~道中誰も会わないよね~」「山道もかなり荒れていたね~」などと…(笑)

帰りは距離的には行きより長かったと思うけど数台の車と行き交っただけで
新緑やこの時期の景色を楽しみながら気持ちよく歩けました。
DSC00839.jpg

DSC00840.jpg

やがて無事教えてもらったバス停「石馬寺」へ到着。
10分程待ってバスに乗車し能登川駅から長浜駅へ…
その日は琵琶湖が一望できる宿で温泉とご馳走そしてお喋りを堪能しました。

そして翌朝は第三十番札所「竹生島・宝厳寺(ちくぶしま・ほうごんじ)」へ…
宝厳寺は、神亀元年(聖武天皇の勅願により僧「行基」が開基した寺院。
琵琶湖に浮かぶ島の景趣は「深緑 竹生島の沈影」として有名です。

私たちはホテルから10分程歩いて長浜港から竹生島クルーズへ
竹生島は葛籠尾崎の南約2kmに位置し、琵琶湖では沖島に次いで大きい島。
島全体が花崗岩の一枚岩からなり、切り立った岩壁で囲まれているのが特徴です。
やがて船上から島が見えました。
DSC00854.jpg

長浜港を出て約30分で到着。船はまたすぐ折り返し出航するようです。
DSC00856.jpg

券売所から続く長い長い階段は祈りの階段と呼ばれ、165段あるとのこと。
でも昨日と比べると楽なものでした(笑)
DSC00901.jpg

鳥居を潜り階段を進むと、上りきったところに宝厳寺本堂が見えてきました。
DSC00867.jpg

ダルマに願い事を書いて奉納すると願いが叶うと言われているそうです。
DSC00869.jpg

お参りを済ませ、さらに階段を上がると「三重塔」や「宝物殿」も…
DSC00871.jpg

DSC00874.jpg

またこの辺りから見える眺めも良かったです。
DSC00879.jpg

次は「唐門」~「観音堂」~「船廊下」へ
ただ唐門・観音堂・渡廊(高屋根・低屋根)は一部改修工事が行われていました。
DSC00881.jpg

DSC00883.jpg

「都久夫須麻神社の本堂」は貴重な国宝建築物。
牡丹や菊の彫刻の力強さや華やかさから桃山文化の歴史を感じられる佇まいです。
DSC00888.jpg

竹生島の中で一番の絶景と評される竜神拝所では「かわらけ投げ」が有名で、丸い小さなお皿に自分の名前と願いを書いて、鳥居に向かって投げると願い事が成就すると伝わっています。
眼下には投げられたお皿がたくさん見えました。
DSC00891.jpg

パワースポットとしても知られ、島全体が神秘的な空気に包まれた竹生島を充分堪能した私たちは帰りの船上から広い琵琶湖や伊吹山を眺めて長浜港へ…
そして長浜駅近くでゆっくり、かなり遅いランチをしながらいろんなことを思い出し笑ったり反省したりして話が盛り上がりました。
その後電車に乗り各自家路につきました。
DSC00911.jpg

一日目は標高433mの繖山(きぬがさやま)の山頂近くに位置する観音正寺。
夜ホテルで歩数計を確認すると14000歩を示していました。
その半分近くが階段を歩いたことに吃驚しながらも3人でお互い誉め合いました(笑)
でも格言に感心したり新緑の中をハイキング気分で歩けたことに良かったねぇ~とも…

そして二日目は琵琶湖に浮かぶパワースポット「竹生島」で元気を頂きました。
友達2人も今回2箇所の西国にお参りし、楽しい旅行だったと喜んでいました。

さすがに私も今回は翌日には足がパンパンに張り久しぶりに筋肉痛を…(笑)
でも中身が濃く、とても充実した一泊旅行だったと思った私です。

たっぷりの緑とマイナスイオンを…

2017.05.09.17:01

連休明けの昨日ハイキング仲間3人で新緑を求めて箕面の滝へ行ってきました。
阪急箕面駅を下りて10分ぐらい歩くと早速期待通り緑の中に入りました。
DSC00702.jpg

川を流れる水の音と新緑はとても心地よく魅力的でした。
DSC00703.jpg

DSC00705.jpg

やがて宝くじの発祥の地として知られる「龍安寺」へ・・・
DSC00706.jpg

朱塗りの瑞雲橋と緑のもみじのコントラストは見事でした。
DSC00708.jpg

DSC00712.jpg

駅からこの辺りまでは箕面大滝に至る散歩道「滝道」を歩いていたのですが、
私達は滝道に平行して、ちょっとメリハリのあるハイキングができるコースへ(笑)
DSC00716.jpg

DSC00720.jpg

この山道コースには「姫岩」というパワースポットがあるということです。
大きな岩がパカッと割れた状態で、この割れ目を山道が貫いています。
案内によるとこの岩には磁場があり、岩の間を通り抜けると子宝にめぐまれるそうです。
DSC00719.jpg

途中木漏れ日による緑のグラデーションを何度も楽しむことができました。
DSC00721.jpg

DSC00723.jpg

DSC00764.jpg

たっぷりの緑に癒されながら私達はこの中で良い場所を見つけお弁当タイムに…
余りにもの贅沢な空間に持参のお弁当がすごく美味しかったです(笑)

ゆっくり昼食タイムと休憩をした私達は最終目的の「箕面の滝」へ…
DSC00738.jpg

滝を眺めているだけで マイナスイオンをいっぱい浴びれるパワースポットです。
DSC00727.jpg

最近ではあまり見られない箕面のお猿さんですが…
とてもおとなしく長時間みんなの写真のモデルになってくれていました(笑)
DSC00750.jpg

DSC00749.jpg

滝を見ながらしばらく休憩した私達は帰りは「滝道」を歩くことにしました。
DSC00739.jpg

DSC00762.jpg

途中、巨岩の「唐人戻岩」があり、これもパワーストーンだそうです。
DSC00757.jpg
DSC00759.jpg

道沿いにはシャガの花や行きとは違った景色も観ることができました。
DSC00767.jpg

DSC00770.jpg

そして最後に「箕面川に臨む静かな森の珈琲専門店」がうたい文句の喫茶店へ…
窓際の席で箕面川と新緑を眺めながらのコーヒーは格別でした。

私は箕面へ行くと必ず立ち寄る喫茶店です(他にないということもあり…(笑))
写真は何年か前に撮ったものですimg1_109a0ca3bc27f3e96597370d5c8cf03d_l_convert_20170509123822.jpg

箕面の滝は「紅葉」で有名です。
そして新緑の季節にもとても楽しむことが出来る大阪市内から
一番近いスポットです。
私は紅葉の時期もこの時期も何度か来ています。

昨日も途中3人で「気持ちいいねぇ~最高だねぇ~」と言いながら歩きました。
連休明けの昨日、お天気に恵まれ綺麗な緑に目を癒され、滝のマイナスイオンで
心身もリラックスすることができ、とてもいい一日を過ごすことができました。

ご一緒して下さった方ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。








.

植物園と神社と川沿ハイキング♪

2017.04.30.17:05

昨日、元サークルメンバー3人でハイキングしました。
JR京都駅で待ち合わせ、まず京都府立植物園へ…

京都府立植物園は日本で最初の公立植物園として、1924年1月1日に開園し1946年から12年間は連合国軍に接収され閉園を余儀なくされたが、1961年4月に再開したということです。
園内には面積24haの広大な敷地に約12000種類、約12万本の植物が植えられているそうです。

北山門入口から入園し、早速目前に色鮮やかなチューリップを…
DSC00513.jpg

やはりちょっと遅いけど桜の名残りも…
DSC00514.jpg

私たちは入口で頂いた「ガイドマップ」を見ながら園内を散策。
「ぼたん・しゃくやく園」
DSC00524.jpg

DSC00525.jpg

「沈床花壇」
DSC00533.jpg

DSC00534.jpg

DSC00538.jpg

DSC00541.jpg

DSC00545.jpg

「洋風庭園」
DSC00556.jpg

「西洋シャクナゲ園」
DSC00563.jpg

DSC00531.jpg

DSC00561.jpg

DSC00560.jpg

熱帯植物を集めた「観覧温室」へ…
外観は池に浮かんだ金閣寺のイメージと、北山連峰のシルエットを取り入れた京都らしい優雅なデザインとなっていて、延床面積は約4,694平方m、高さは最高14.8m。
DSC00567.jpg

内部は8つのゾーンで構成され、回遊式の順路に従って進むと、
次々と景観が変わり、一巡すると熱帯の様々な植生が観賞できました。
DSC00618.jpg

「ヘリコニア」
DSC00577.jpg

「メディニラマグニフィカ 」
DSC00599.jpg

「ウツボカズラ」
DSC00579.jpg

「ラパジュリア・ロセア」
DSC00602.jpg

「グズマニア・アイリーン」
DSC00619.jpg

「サイコトリアペッピギアーナ」「別名ホットリップス(熱い唇)」
DSC00624.jpg

「ムクナノヴォグイネエンシス」
DSC00590.jpg

「フクシア」
DSC00606.jpg

観覧温室を充分堪能した私たちは新緑の中でお弁当タイムを…
DSC00645.jpg

DSC00646.jpg

昼食後も園内の色んな景色を楽しみました。
DSC00648.jpg

DSC00569.jpg

DSC00650.jpg

DSC00655.jpg

その後植物園を出た私たちは鴨川沿いへ…
枝垂れ桜の名所「半木(なからぎ)の道」はやはり桜は終わっていました。
でもなんとか名残を探して…(笑)
DSC00663.jpg

DSC00672.jpg

途中私たちは「このコース桜の時期にもう一度来たいねぇ~」
「でもその時期は混んでいてこんなにゆっくり歩けないよ~」など話しながら
青空の下、約2kを緑の中、川沿いを気持ち良く歩きました。
DSC00675.jpg

DSC00683.jpg

DSC00682.jpg

そしてやがて最後の目的地「下鴨神社」に…
正式名称を「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」という下鴨神社は世界遺産に登録されています。
DSC00685.jpg

下鴨神社は京都を流れる鴨川と高野川に挟まれた三角地帯に位置し古くより導きの神、勝利の神としての信仰があり、事始めの神社としても知られています。
DSC00698.jpg

DSC00697.jpg

DSC00688.jpg

DSC00689.jpg

DSC00691.jpg

昨日の天気予報は午後からは急な雨と雷注意報が出ていました。
3人とも雨具も用意し何度か空も見上げながら歩いていたのですが…
ラッキーなことに下鴨神社までは青空に恵まれていましたがお参りを済ませた頃から空模様が怪しくなりました。

私達はもう少し神社を散策したいと言う気持ちを残しながら出町柳駅に向かい…
ほとんど駅に近づいた時、雨がポツポツし始めましたが、なんとかセーフでお店に入りコーヒータイムを持つことができました(笑)
そして来月の予定も話し合い解散しました。

広い植物園ではこの時期の鮮やかな花や熱帯植物、目にやさしい新緑も楽しみました。
その後は心地よい水の音を聞きながらの川沿いハイキング。
そして最後は由緒ある下鴨神社で締めくくることができました。
私の歩数計は15000歩を少し超えていました。

おかげさまで連休初日に良い一日を過ごすことができました。
ご一緒して下さったお二人さんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。





久しぶりの2人ハイキング

2017.04.19.16:42

先週、ハイキング仲間のGさんと久しぶりにハイキングしました。
2人が選んだコースは夙川から北山緑化植物園でした。

阪急夙川駅を降りて川沿いに出ると青空に映える綺麗な桜が見えました。
2人で思わず「うわぁ~良かったぁ~まだ綺麗ねぇ~」と…(笑)
DSC00508.jpg

DSC00431.jpg

DSC00417.jpg

少しは散った部分もあったけど2人で充分川沿いの桜並木を楽しみなが歩きました。
DSC00434.jpg

DSC00427.jpg

DSC00428.jpg

少し早めに適当な場所を見つけてお弁当を食べた後、北山緑化植物園へ…
遊歩道の緩やかな坂道を上がりました。
DSC00438.jpg

そして両側の遠くに山桜なども観ながら国道沿いをしばらく歩きました。
DSC00441.jpg

やがて北山緑化植物園へ到着。
DSC00447.jpg

夙川の上流に位置するこの植物園は無料で花々を愛でることができ、コンパクトながらも様々な植物が植えられ多年草を使った花壇が充実しています。
また植物に関する展示や教室、緑の相談などを通じて様々な情報提供を行っているそうです。

園内に入ると期待通り一瞬目の前がパッと明るくなりました。
DSC00474.jpg

DSC00494.jpg

DSC00472.jpg

DSC00470.jpg

やはり花壇も春の花で充実していました。
DSC00457.jpg

DSC00490.jpg

DSC00499.jpg

DSC00448.jpg

DSC00479.jpg

DSC00498.jpg

DSC00482.jpg

DSC00506.jpg

また余りにもの鮮やかな色の花に近づくとこの時期に西洋シャクナゲでした。
DSC00451.jpg

DSC00504.jpg

私たちは園内を散策したり、しばらくこの桜の下で「贅沢な空間ね~」などと言いながら休憩しました(笑)
DSC00476.jpg

お天気にも恵まれ、まだ綺麗に咲いていた桜と植物園の花々を観て懐かしい話などもしながらのGさんとの久しぶりの2人ハイキングを楽しんだ一日でした。
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR