サークル「楽しく歩こう」

2011.09.30.18:40

昨日29日ナビのサークル「楽しく歩こう」のオフ会がありました。

7月に発足して以来やっとはじめてみんなで歩きました。

9時50分阪急夙川駅に9名が集合。
駅から2~3分行った所で簡単な自己紹介とコースの説明等をして出発。

お天気にも恵まれ夙川のほとりをみんなでお喋りしながら歩く。
初めて会う人、久しぶりに会う人、各々会話が弾む。
川の流れに耳を傾けながら…時々川を覗きこんだり写真を撮ったり。

CIMG1842.jpg

順調に銀水橋に到着。その後のコースを管理人と私が下見に行った
コースと違う道にとYさんが言いだした。
少し体調が悪い人がいたので彼女と管理人はバスに乗る事に…

アスファルトの道より山道の方が良いし景色も楽しめると…
それは分かるにですが、下見の時私たちもこの道を歩いてきた人に
確認し、かなりキツイ事は聞いていたのですが…
一応その事は伝えましたが、大丈夫だとの一言で歩きだしました。

CIMG1845.jpg

かなりのアップダウンと険しい道が続き段々声も出なくなり…
女性陣は悲鳴をあげながらも必死に歩いていました。
私もハイキングはよくするけどこんなに長く険しいのは殆ど有りません。

でもさすがに眺めは良かったので私もカメラにおさめました。


CIMG1848.jpg

それでもみんなで励ましあいながら歩きました。
特に男性陣には感心しました。

最年長でナビでおなじみのYの丞さんは時々冗談を言いながら歩き、
私は彼の元気さに驚きました。そしてなぜか嬉しかったです。
一度だけ面識あったが口数の少ない印象だったHさんはまるで
少年のように楽しく…
そして一番若いITさんはいつも最後尾をでみんなを見守りながら
歩いていました。
この3人の様子を見た私はこの会の「結束力」を感じる事が出来ました。

そして女性2人はハイキング初心者だと知りながら私がしっかり
「NO」と決断できなかった事に申し訳なく後悔もしました。

でも何とか昼食を予定していた場所に到着、後の2人も合流して
素敵な池のほとりで、各々持ってきたお弁当を食べながら、話に花が
咲き、次回の予定地や今後行きたい希望の所なども活発に意見が出て
とても賑やかな会合になりました。

CIMG1790.jpg

植物園内に行く途中池にりっぱな鯉も…

CIMG1851.jpg

帰りは一番短いコースで和気あいあいと歩きました。

用事のある2人と夙川駅で別れ残りの7人で梅田で二次会のカラオケに…

その後3人は夜の町へ…でも私は帰ってきました。

今回始めての「楽しく歩こう」のハイキングでしたが多少の
行き違いはあっても、無事みんなが笑顔で帰れた事にホッとした私です。
スポンサーサイト

すぐ、カッとする人

2011.09.28.16:05

昨日はすごく良いお天気だったので、朝からシーツやバスタオル等
たくさんの洗濯を済ませ、すぐ近くの整骨院へ…

私は肩こりがひどいので1週間に1度は、マッサージに行きます。

マッサージ30分、低周波、ウオーターベット、足の圧縮機等で
約1時間はたっぷり施術を受ける。

この整骨院は7~8名のスタッフがいて、いつも和やかな雰囲気です。
私には大体決まった人が担当してくれます。
マッサージもしっかりしてもらえるので、通院しています。

隣のベットで担当スタッフと30歳代の女性患者さんの話が聞こえてきました。

「最近すぐカッとして起こる事件すごく多いよね」
「そういう私も最近よくカッとして子供を叱る事が多いのよね」
「子育てしてると、つい… でもすぐ反省するけど…」
女性が一気に喋っている。すると同年代で3人の子供を持つ
男性スタッフが「自分の子供にカッとしてどうするの?」と。

彼女が「でもいくらカッとしても自分の子供殺さないよ」
「当たり前でしょ、自分の子供には絶対手をかけないよ」
「もちろん他人の子供にもでしょ」

すると、2人の会話を聞いていた他のスタッフや患者さん数名が
話の中の入ってきた。

世の中には短気で、すぐキレる人が結構いるという話になった。

「うちの主人車に乗ると短気になって、もたもたしてる前の車を
見るとすぐクラクション鳴らすし、自分が人に鳴らされたら
大声で、うるさいと怒鳴るのでいつもハラハラして乗っている」
という女性。

「お店で並んで時間がかかるとイライラする人」
「自分の思うようにならないとカッとして大声で怒鳴る人」等
口々に「そうそういるいる」…とみんなが喋り出した。

食生活に問題があると言いだす人。
ファーストフードばかり食べて、カルシュームが足りないと。

ついに、幼少期の脳の発育過程に問題あった…等難しい事を
云う人もでてきた。


その時私と同世代の男性がゆっくり話し出しました。

私も以前かなり短気で家内や娘からよく言われました。
「お父さん、そんなにすぐカッとして怒ったら人格も疑われるし
誰も相手いてくれなくなるよ。何とか治しましょうと」特に
娘さんからの言葉にショックを受け、自分で何とかしょうと
思い色々考えて…
カッとなったら、まず深呼吸をして次に時計を見ると言うのです。
家の中だと部屋の中の時計、外にいる時は腕時計を見て…
時間を確認し、次にする事や行く所を頭の中で考えるというのです。
自分で気持ちを切り替えるという事です。

私はなるほどと思いました、そして良い家族だなと感心しました。
他の人も黙って聞いていました。

ここでは普段から色んな会話で和気あいあいとしています。
その日の出来事や事件、プロ野球の話など…

普段は殆ど会話には加わらないし、聞く事もあまりしないけど
昨日はなぜか聞き入ってしまった私です。


CIMG1771.jpg








土曜日はモーニング

2011.09.25.16:20

いつからだったかな~多分10年は経つと思う。

土曜日は用事のない限り近くの友達とモーニングをする。

はじめは私とKさんの二人だった。
お互い仕事をしていて、土曜日の休みにモーニングして
一週間の出来事を話す。仕事の事、家族の事、
たまには色んな情報交換、食事会や旅行の相談や約束もしました。

3年位前からFさんも入り、3人でモーニングいています。

30年位前、元々「7人会」という名で子供が同級生の気の合う親仲間が
毎月積立をして食事会や1年に一度位の旅行も楽しんでいた。

最近はみんな旦那さまが退職して、夫婦で一日を過ごしている人が
殆どです。
なんとなく主人をおいて旅行行きにくいという人も…
男性は仕事を辞めると男同士も付き合いが減るのかな?

だから、「7人会」もたまに参加できる人だけで食事行ったり、
日帰りで出かけたり…
3人のモーニングにも飛び入りで参加する人もいます。

この会の良い所は参加できる人も出来ない人も決して人の事を
言ったり、羨ましがらないところです。

それぞれ、家族構成や環境が違うのを充分理解し合い、時々会って
お互いの事を話したり報告したり…
永らくご無沙汰の人には「どうしてる?」と連絡しあったり…
とても良い7人の仲間だと私は思っています。

昨日のモーニングではKさんが新米手に入ったからと二人に
お裾わけしてくれました。

私は早速炊きました、真っ白でとてもツヤがあり美味しかった。
秋刀魚を焼いて、スダチと大根おろしをたっぷりかけて…
あとは野菜たっぷりの豚汁とお漬物だけの食事だったけど、
秋の味覚を感じた夕食でした。

来週はKさん、九州の実家へ行くという事でお休みします。

土曜日のモーニングこれからも続けていきたいと思っている私です。

DSC02826.jpg






お墓参りの帰り…

2011.09.22.18:56

今日お彼岸のお墓参りに行ってきました。

台風の後涼しくなって、爽やかなお天気でした。

12時前に家を出た時は青空も出ていたのですが、いつものように
地下鉄~南海電車~バスに乗り継ぐ頃には雨が降り出しました。
晴雨兼用の傘を持っていたので助かった。

ゆっくり歩いてお墓に着いた頃にはありがたい事に雨は止んでいた。
無事墓参りを終えて帰る頃には青空に…少し濡れた傘を今度は日傘に。
良い具合に乾いたし…ラッキーと、思わずつぶやいた。

母校の中学校の横を通ると、先生の大きな声と笛の音が聞こえてきた。
体育館で運動会の練習と思われる組み体操しているのが見えました。

この時はさすがに先日訃報を聞いた友達の事が頭に浮かんだ。
「この中学校で一緒だったなあ~」
「運動会で大活躍してる子だったなぁ~」…と。

バス停に着いて時刻表をみると10分以上待ち時間がある。
いつも墓参りを終えると妹にメールしています。
今日は待ち時間を利用してこの場所でメールしました。
すると、すぐ妹から電話が入り「今どこ?」「渡したいものがある」と。
今バスに乗ったところと私が答えると、地下鉄の駅まで行くと言う。

電話を受けてから30分弱で二人は会いました。
手に紙袋を持って現れた妹と近くの喫茶店へ。
いつもお世話になっているからと、プリザーブドのブーケをさし出した。
びっくりした私は「えっありがとう」と受け取りました。

「お姉ちゃんをイメージして作ったの」
「私をこんなに可愛くイメージしてくれてるんだ」と
他人が聞いたら恥ずかしいような会話を姉妹でしてしまいました(笑)

2人の息子も独立して、夫婦二人暮らしの妹は今でも
フラワーアレンジメントや英会話の趣味に時間をかけている。

亡き母の面倒や介護を中心になりしてくれた妹です。
クリスチャンの彼女には墓参りはなるべくさせず私が担当しています。
だからいつも私が墓参りしている事に感謝してくれています。
今日のお花もその気持ちからだと思います。

喫茶店で一時間以上久しぶりに姉妹の会話を楽しみました。
今日はお茶も妹にご馳走になりました。
「主人のご飯の支度があるから…」と4時過ぎに別れて私は地下鉄に。

帰りの地下鉄ではウキウキ気分の私です。
最近では全く縁の無かった花束のプレゼントはとても嬉しかった。

帰ってきて、早速写真に撮りこうしてブログをアップした私です。

EFBC99E69C88E381AEE88AB1E38182E38197E38289E38184.jpg





悲しい出来事

2011.09.20.17:00

三連休最後の昨日昼過ぎ小学校の同級生から電話がありました。

昨年の秋クラス同窓会をしてから、今年の4月と6月に会った友だ。

11月に今度は学年の同窓会をしたいと他のクラスの人たちとも
連絡を取り合い途中経過を知らせてくれる電話だった。
多少難航しているが何人かの人が懸命に努力されているとの事。

いろいろ話している途中で彼女が思い出したように
「中学校で貴女とクラス一緒だったT君亡くなったのを知ってる?」と
「知らない、うそでしょ」「今年の夏に急に亡くなったらしいよ」
「でもどうして?」「詳しい事はわからないけど…血圧が高かったとか」

彼女は堺市内に住んでいて同級生の誰かと会う機会があるらしい。

T君とは小学校は違ったが中学では1年と3年が同じクラスだった。
彼はチョット浅黒くスポーツマンで、どちらかというと腕白だった。
勉強はあまり得意ではなかったが、人懐っこく女子にも人気があった。

20数年前、40歳代の頃中学校のクラス同窓会が一度だけありました。
同窓会するにあたって何人かで企画しようと集まった6名の中に私も
声をかけられ参加した。その時T君もいました。
男子3名と女子3名で名簿作りや、案内状作成、会場選びなどをしました。

男子の中に中学時代一番成績が良く有名進学高校~阪大~有名企業の
研究室に勤務していたS君もいました。

T君はすべての事をリードしてくれて、会場の交渉、費用設定他…
6人集まった場所もすべて、彼の手配でした。

大体の案も決まり、案内状の発送時発起人幹事の名前は?という事に
なった時私たち女3人はT君で良いのではと提案したが、彼は
「たくさんの参加者を呼べるのは僕よりS君だ」と主張しました。

当時T君は地元で焼き肉店を経営していました。
結構大きなお店で奥には30人は入れるカラオケルームもありました。
二次会はそこを提供するとまで言ってくれました。

結局T君の言う通りS君の名前で案内状を作り約30名(7割以上)の
参加者と担任の先生もお呼びして盛大なクラス同窓会になりました。

その後2回ほど同級生の友達との食事にT君のお店を使わせてもらい
便宜もはかってもらいました。

後で聞いた話ではS君とT君は近所に住んでいてよく二人で大した
会話もしないのにお互いの家を行ったり来たりしていたようです。
S君仕事で悩んだ時はT君の顔だけ見て何も言わず帰った事も何度も
あったとか…中学時代2人は特に親しく無かった様に思うのだが…

Tくんは「あいつの事は今は俺が一番の理解者かも」と言っていたし
S君もなんかT君に甘えているように見えました。

優等生だったS君と腕白だったT君を見て学校の成績だけでは決して
人は判断してはいけないと、その時痛感しました。

そして二人の友情にも温かい物を感じて、嬉しく思いました。

今回S君もきっと淋しい思いをしているでしょう。

そして、私も昨日はクラス一明るく健康的だったT君の訃報にかなり
ショックをうけました。

CIMG1787.jpg

はつらつエイジレス!

2011.09.17.13:30

昨日、大阪市健康福祉局からの「はつらつエイジレス」と
いう講座を受講してきました。

エイジレスとは、「年齢にこだわらない」「年を感じない」
という意味だそうです。

いつまでも若々しく健康にとの願いから開かれた講座という事です。

今回から始まって9,10,11月の3ヶ月で、7回の講座です。
(全部は受講できないと思いますが、なるべく参加するつもりです)

第一回の「壮年期からの健康づくり」~生活習慣病予防
という講座から始まりました。

大阪医師会の先生が講義されました。

生活習慣病として…
1 がん
2 循環器病(高血圧症 心筋梗塞 脳卒中)
3 糖尿病
  そして最近では
4 認知性を加えてもよいかもしれません…と

私は少し驚きました、それだけ増えているという事ですね。
その症状として幾つかをあげられたので…
* 徘徊
* 幻覚 妄想
* 見当識の障害(時 人 場所)
* 記銘力の低下
* 計算力の低下… 等をあげられました。

計算力の低下とは?と質問が出ました。
買い物をして、いつも小銭を出そうとせず、お札だけ出す…
例えば、2111円の買い物をして何も考えず、すぐに3000円か
10000円のお札を出すという行為。
私だったら絶対111円を,せめて11円か1円を財布の中から探すよね。
 今のところ大丈夫のようです(笑)

参考に認知性予防10カ条を…
1 塩分と動物性脂肪を控える
2 適度の運動で足腰を丈夫に
3 なるべく、深酒とたばこをやめて規則正しい生活を
4 生活習慣病の予防、早期発見治療を
5 転倒に気をつける(頭の打撲は認知性を招く事がある)
6 興味と好奇心を持つ
7 考えをまとめて表現する習慣を
8 細やかな気配りをした良いお付き合いを
9 いつも若々しくおしゃれな心を忘れずに
10 くよくよしないで明るい気分で生活を

こうして聞くとすでに分かっていた事もいくつかあるが、
はっと気づくこともありました。

他にも癌の予防や高血圧症の食事療法、糖尿病の合併症などの
講義を受ける事が出来ました。


なんとなく受けてみようと軽い気持ちで参加したのですが
勉強になったと思いながら帰ってきた私です。


chousenasagao3.jpg


久しぶりのハイキング

2011.09.15.18:20

今日は、7,8月と休んでいた月一のハイキングに
久しぶりに行ってきました。

9時半に阪神梅田で待ち合わせ、10時半には須磨浦公園駅へ。

暑いのと久しぶりという事で2人とも今回は無理はしないと
話し合っていました。

公園駅からロープウエイで山上へ…
途中神戸市内や須磨浦海岸がよく見えました。

CIMG1755.jpg

山上から鉢伏山~旗振山へ。少し階段が多かったが…
遠くに淡路島もみえ、風もとても心地良かった。
CIMG1759.jpg

少し休憩後山上遊園地の見晴らしのいい場所を見つけ、お互い
作ってきたお弁当をひろげて昼食をとる。
あまりにも涼しい風と見晴らしの良さに果物やコーヒーも頂き
2時間近く休憩してしました(笑)
久しぶりなので話す事も多くあったし…

ここからは明石大橋も見る事ができました。

CIMG1758.jpg

今日は無理せず…のつもりだったが、彼女も私も少し歩き足らず
の思いがあり、塩屋まで歩く事にしました。

途中少し急な下りも有ったが景色を楽しみながら木陰の中を
気持ちよく歩けました。
CIMG1769.jpg

いつもは帰り喫茶店でお茶するのですが、今回は2人とも充分
過ぎるお茶、ジュース、果物を持ってきて…休憩の度
それを頂き、お腹一杯でした(笑)

又今度という事で今日は4時半に梅田で別れて帰ってきました。

この時期途中はかなり暑かったけど、山上の涼しさと
綺麗な景色に癒され、とても良い一日を過ごす事が出来ました。

お昼寝

2011.09.12.16:10

最近、私は毎日新聞の社会面の「季語刻々」という題で
今昔の俳句を紹介している記事を楽しみにしています。

俳句の心得は全く無いが人の詩ったのを見せてもらうのは好きです。

先週は秋の果物イチジク、秋風、月等を詩ったものが多かった。

昨日の日曜日は『皆人の昼寝の種や秋の月』 松永貞徳
という句が紹介されていた。

私はこの句が一番心に入ってきた(分かりやすかったからかな?)
それと昼寝というフレーズが気になったのか…

月見で夜ふかしをするので昼寝をしておくというのだそうだ。
その時代、お月見という風流を楽しむために心得ていたのかな?
昔の人は今と違い、夜は早く床に入ったのでしょうね。

貞徳は江戸時代初めの人で、俳句は俗語(日常の言葉)で作る詩
であると説き、俳句を流行らせたそうだ。

最近ではオリンピックやサッカー、フィギュアースケートなど
海外での中継を見る時お昼寝して夜中の実況を楽しむ人も多いが…


全くこのお昼寝とは関係ない話ですが…
この頃家にいる時は昼食1時間後位に15~20分程度ウトウトと眠る。
結構気持ち良い。その後コーヒーかお茶を飲む。

以前NHKで15分のお昼寝は脳の疲労回復や作業学習の効率アップ
等の効能があるという番組をみた事があります。
暑い夏場は特に良いように思います。

今夜は仲秋の名月、子供の頃は縁側に、ススキ、お団子、里芋、栗など
お供えして家族でお月見をしたものだが…
最近では気が向けば、ススキとセットされたお花を買うぐらいかな!

今日も夜散歩する予定です。「名月を散歩しながらみるという」…
スミマセン、情緒もセンスもないよね~ 


昨夜、夜8時ごろマンションから撮った月です。
今夜には、きっと満月になる事でしょう。

CIMG1730.jpg

実現できるかな?

2011.09.09.16:15

火曜日に友達から「涼しくなったし久しぶりにランチでもしない」と
電話があり、昨日出かけました。

久しぶりに会った二人は話も弾み、食事の後喫茶店へ…
近くの席で女性4人組がとても楽しく旅行の相談をしていました。

連れたわけでもないが「私達も今度ゆっくり旅行してみたいね」と。

すると彼女が突然「一度クルーズ、行かない?」と
私は「それって、どういうの?」と聞くと…

彼女が行った以前の船旅の話をしてくれました。

神戸~13日かけてアラスカへ、その後オプションで
カナダのバンクーバーへ行った時の話を。
船の大きさは8万トン…と聞いても私にはピンとこない。

私が13日間、海の上では退屈しないのと聞くと
まず朝は、甲板でのウオーキングで始まり
お昼はプール、パターゴルフも楽しめるし、色んな教室で
お稽古事も出来るとの事。カジノも有るとか。
ショッピングセンターでお買い物も…

夜は映画や本格的なデビューも観る事が出来るし
フルコースのディナーを頂いたりパーティにも参加したり
だから退屈はしないと彼女は言う。

それに船から見える水平線や氷河…この時は私身を乗り出し聞き入った。
時にはイルカやクジラにも会えたりして…と。
そして最後は飛行機で帰路へ…

日常生活とはかけ離れた体験ができると…

私はあっけにとられて聞いていた。
笑顔で話す彼女の顔を見て本当に楽しかったのだろうと
改めて思った。
他にもまず飛行機で何処かの国へ行って、色んな国の港に
寄港しながら観光できるクルーズコースも有るとの事。

私も勤めている時は慰安旅行として海外にも行きました。
ニューヨークではセントラルパークやメトロポリタン美術館を堪能。
落ち着いた街並みだったワシントンを気分良く歩いた事も。
ラスベガスへ行った時はグランドキャニオンを見て、
人生観が変わったこともありました。

オーストラリアの海で遊んだことも。東南アジアの国も幾つか行った。

でも彼女が行ったようなクルーズ経験はない。

彼女は私より2年人生の先輩だ。
仕事時代、取引先のインド商社に勤めていて、私が会社を
辞める5年位前に知り合った。年齢も近いし、10数年前に
主人を亡くしたがいつも前向きに生きている姿に共感し、
友達付き合いをしていた。
昼休み時間に一緒に昼食をとったり、事務所でお喋りしたり、
仕事帰りに待ち合わせたりもしました。

彼女が海外旅行によく行っていた事は知っていた。
ご主人とは、若い時何カ月も滞在いていたインドで
知り合い結婚したと聞いた事がある。

彼女が昨年仕事を辞めた後は時々電話でお喋りいていた。
今年に入ってからは、何度か会ってランチやお茶を
するようになりました。

『たまに格安の掘り出し物がある』という言葉に,
日数や費用の事もあるし、実現するかどうか分からないが
出来る事なら,いつか彼女と二人で「クルーズの旅」
行ってみたいなぁ~と思った昨日の私です。

hoozuki_mi_zm.jpg

何故そんな危ない事を!

2011.09.07.16:05

昨日大阪は朝起きると久しぶりの青空が見えた。

私は、午後からとても気分良く自転車で区役所へ行きました。

用事を終え帰り道、国道に沿った自転車道を走っていると、
急に後方で急ブレーキとクラクションのすごい音がした。

ビックリした私はて自転車を止め後ろを振り向くと、かなりの
年配の男女(多分夫婦かな?)道路の真ん中で立ちすくんでいる。

なんと、すぐ20m位先に信号があるにも拘わらず道路を
横断しようとしていたようだ。
何か手に少し大きめの荷物を持っていました。

この道路は時間帯によっては停滞する事もある交通量が多く
どちらの方向にも二車線ある道幅の広い道路です。
その時は3時頃だったので車の流れもスムーズだった。
車間距離も多少広く、少しスピードの出ていた車もあった。

私の自転車の前方から、こちらに向い4歳ぐらいの男の子を
連れて歩いてきた若いお母さんと話した。
彼女の歩いてる方向からは、目の前の出来事だったので、
ハッキリ見えたと言う事だった。
「あれは、無茶やわ」と言っていた。

二人は目の前の車線右手は見ていたが、左からくる対向車線を
見ていなかったらしい。

車の間隔をみて自分では行けると思ったのかも知れない。
手に持っていた荷物が気になったのかも知れない。
でも、少し先には信号があったし、その信号を渡っても時間に
して5分も違わなかったと思う。

二人の危険は勿論、車同士の追突事故にも成りかねなかった。
どの車も停車し、周囲の人たちみんなが心配してみている中
ゆっくり歩き出した二人の様子には私も一瞬安堵と驚きで
ボォーと見ていました。

本人たちもビックリして動転していたのかも知れないが…
ただ、何もなかったように歩いて行く二人の姿には少し
複雑な思いがありました。


いつだったか他方から引っ越してきた何人かの人が…
「大阪人は何故あんなに慌てるのか不思議だ」と言っていました。

電車の乗り降りの際、降りてくる人を待たず先に乗ろうとする。
又赤信号でも車の間隔があると渡ろうとする等指摘されていた。
それも、大体年配者が多いとも…

私も大まかに分ければ年配者に入る年齢なので、あまり責めたくは
ないのだが、正直否定できない事実でもあるように思える。

今年は東日本大震災では昨日現在で、死者15769名、
重軽症者5929名、届け出のある行くえ不明者4227名だと言う事です。
先日の台風12号でも死者不明者で100名以上いると報道されている。

こんなにも尊い命が多く奪われている昨今、チョットした不注意で大切
な命を落とすのは、とても残念だし悲しいと思うのだが…
それに人様にも迷惑をかける事になりかねないと思います。

以前たしか交通安全の標語で『狭い日本そんなに急いで・・・』
とあったように記憶しています。
これは車だけではなく、歩行者にも当てはまる事ではないだろうか?
と、今回つくづく感じた私です。


yellowcosmos-ph.jpg

プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR