筋肉痛と付き合って…

2012.01.26.16:39

日曜日の金剛山登山の後、やはり筋肉痛になりました。
それも何年ぶりかの少しキツイ症状でした。

月曜日の朝起きた時は、ほとんど気にならなかったのだが、
段々時間が経ち夕方になると、太もも辺りに違和感が…

火曜日の朝には、足全体が突っ張っているような感じになった。

いつも行っている整骨院でマッサージを受けました。
足の張りを見て、できれば明日もと言われ、水曜日も行きました。

症状を聞かれ、やはりまだ少し痛みも有ると訴えました。

この日、筋肉痛について質問した私に丁寧に説明してくれました。

筋肉も糸と同じく繊維で出来ていて、その筋繊維が激しい運動により
少し傷ついた状態で「微小断裂」と云うのだそうです。

筋線維が損傷すると「肉離れ」になる等…と話しながら丁寧に
マッサージをしてもらいました。

おかげで今日はかなり楽になり、90%は回復したように思います。

月曜日から今日まで4日間、家で安静(?)にしながら思いました。
仕事も辞めた今だから出来ることだなぁ~と!

以前も雪の時期になると、雪山に行きたいなぁ~と思いながらも
休み明けのお勤めの事を思うと、しんどくて仕事休むのもどうかな?
等と、つい考えてしまい実行できませんでした。

先日、ナビのGさんのブログで定年後、自分の趣味を楽しみながら、
充実した毎日を送っていると云う記事を読んで、私は共感しました。

仕事を辞めて2年半経った今、改めて自由時間を楽しんでいる自分に
気がつきました。

そしてそんな私に付き合ってくれる何人かの友もいる。

家族や周りもそれを理解してくれている。

自然が好きで四季を感じる事が一番の喜びです。
まだまだ行ってみたい所も沢山あります。

筋肉痛が和らいだ今、早速これからも色々行きたい、
いいえ必ず行こうと頭の中で考えています。

でもよく考えてみると、ここ2週間出かける時はいつも、スニーカーか
トレッキングシューズを履いています(笑)


明日は、以前から約束しているお出かけが有ります。

久しぶりに、ブーツでも履いて行こうかなと思っている私です。

t20110114-14.jpg






スポンサーサイト

雪景色の金剛山へ。

2012.01.23.18:52

昨日の日曜日、昨年末から念願だった金剛山へ登ってきました。

雪の金剛山には10代の時ニ度…
子供が小学生の時に一度行った事があります。

数えてみると30年以上前の事です。

最近、ナビのブログやギャラリーで雪景色をアップされているのを
見て、余計行きたい気持ちが膨らんでいました(笑)

金剛山は、1125mあるとされています。

距離的には10k位は今でも歩けると思っていました。

しかし山道となるとチョット心配もしていましたが、今では
ロープウエィも有ると聞き、行ってみました。

10時前に登山口へ到着、かなりの人が集まっていました・

妙見谷コースへ入り、舗装された林道を上がって行きます。

CIMG3415.jpg

分かれ道にある昔の案内、左 楠公城跡と記しています。
かなりの石段を歩いていると、暑くなりこの辺りで中に着ていた
ベストを脱ぎました。

CIMG3423.jpg

やがて5合目に到着。始めてリュックを下し
暑いコーヒーと菓子パンで休憩をとりました。
まだまだ雪はありません。

6合目あたりへ来ると少し雪が…
CIMG3431.jpg

この辺りから下りてくる人は手に、外したアイゼンを持っていました。
私が「この先はアイゼン必要ですか?」と尋ねると「有った方が良いよ」
応えてくれました。

そろそろ7合目です。先に歩いていた何人かの人が着けているのを見て
私もアイゼンを着けました。

やがて8合目まで来ると雪の上を歩くように…
私はしっかり踏みしめて歩きました(笑)
CIMG3439.jpg

分かれ道があり、雪の多い方を選びました(笑)
可愛いお地蔵さんがあり、珍しく顔が横を向いています。
CIMG3448.jpg

やっと、約2時間で山頂に到着。でもすごい人でした。
CIMG3457.jpg

みんな思い思いの昼食をしていました。
携帯コンロで料理やラーメンをつくる人、お弁当を食べる人。
私たちはここでは冷たいと思いおにぎり1個と熱いお茶だけで、
軽く休憩し、30分ほど歩くとある香楠荘に向かいました。

途中の道も、とても綺麗でした。
CIMG3460.jpg

CIMG3472.jpg


香楠荘はロープウエイ駅の近くで宿泊や日帰りでお風呂へ入ったり
食事もできる施設です。
CIMG3478.jpg

CIMG3481.jpg

私は、温かい山菜蕎麦を頂きましたが、とても美味しかったです・
CIMG3479.jpg

時間は2時前でした。まだ足にも余裕があり、
伏見峠を歩いて下山する事にしました。

途中、日に照らされた雪はとても綺麗でした。
CIMG3466.jpg

かなり急な坂道にチョット戸惑う事も有りましたが、なんとか1時間
で無事下山してくる事が出来ました。

何十年ぶりの雪山登山でしたが、本当に楽しい一日でした。

道は舗装され、昔とはかなり変わっていました。

日曜日と云う事も有り、人も多かったです。

はじめは片道はロープウエイを使おうと思っていました。
でも、6分で到着すると聞き、折角の雪景色を楽しみに来たのに
と思い歩きました。


でも今日はチョット足に筋肉痛らしきものが…
しかし明日の方がもっと心配で~す(笑)

まだ、なんとか行けると自信もつきました。

できる事ならもっと雪が多く、もしかしたら霧氷を見る事ができる
かも知れない2月にもう一度来てみたいと思った欲張りな私です。










今年初の二人のハイキング

2012.01.20.16:06

先日17日、毎月ハイキングしている友達と今年初めて歩きました。

ちょうど義父の命日でしたが、朝一番に仏壇にはお参りして、
10時に約束の梅田に着きました。

行き先は清荒神~中山寺と決めていました。

清荒神の参道はたくさんの人で賑わっていました。

お天気の良い中、色んなお店を見ながら歩きました。

やがて駅から1,2キロある山門に着きました。
DSC02509.jpg

本堂や拝殿等を回り…
CIMG3377.jpg

「火の神」「かまどの神」として有名な清荒神は平安時代初めの
896年に宇多天皇によって創建されたという事です。

少し休憩後、参道を少し戻り中山寺に向かって歩きました。

簡単な地図を見ながら、途中人にも尋ねながら歩いていました。

その時、私は思わず「ここは~」と声が出ました。

見覚えのある景色が…
CIMG3387.jpg

「売布神社」と云う字が目に入りました。
DSC02495.jpg

17年前震災に合った義父母は、宝塚市売布に住んでいました。
この辺りは私も何度か来ています。
清荒神、中山寺、売布神社はいずれも歩いて行ける距離でした。

あまりにも当時と変わった景色ですが売布神社はそのままでした。

小さな神社には人も殆んどいません。とても静かな雰囲気でした。
私は思わず階段を駆け上がり、手を合わせました。
CIMG3393.jpg

しばらくは、辺りを確認しながら歩きましたが、以前の様子は
見る事はできませんでした。

一緒にいた彼女も気持ち良く私に付き合ってくれました。

その後軌道修正して、中山寺へ向かいました(笑)
CIMG3399.jpg

十何年ぶりに見る中山寺でした。
安産祈願で有名なお寺で、聖徳太子の創建によると伝えられています。

CIMG3402.jpg

時間は12時半を過ぎていたので、昼食に温かいおうどんを食べました。

あまりお天気が良いのでその後見晴らしの良い場所で
少し休憩し、周りの景色や花などをを楽しみました。
CIMG3398.jpg

DSC02478.jpg

DSC02472.jpg


今年初めての二人のハイキングは5キロ弱で少し物足らないように
思いましたが、2時半ごろ阪急電車で帰路に着きました。

偶然17日に約束したのですが、私はできたらと宝塚方面を希望し、
彼女も承諾してくれました。

心の中ではこの日に清荒神~中山寺辺りを歩けたら…
と思いながらもそれ以上は考えずに行ったのですが…

結果的には、とても良い日になった事に感謝した私です。





17年前の1月17日

2012.01.17.17:13

早いもので関西淡路大震災から17年経ちました。

当時私は大阪市内に、義父母は宝塚に、娘は神戸に住んでいました。

大阪でも震度4という事でした。
幸い我が家はグラス1個割れただけですみました。

とにかく娘が気になり電話しましたが通じません。

宝塚の親の所も通じません。

津の息子からは電話があり、大阪は大丈夫だと伝えました。

テレビでは神戸の大惨事の様子ばかり報じられていました。

あの時は宝塚があんなに大変だとは思いませんでした。

やがて神戸の娘が公衆電話から「大丈夫やから」と連絡がきました。

宝塚は電話はつながらず、娘からも「公衆電話はすごく並んだ」と
聞いていたので若い子のようにすぐ行動できないのだろう…と

当時勤めていた会社も私が一番近い距離に住んでいたので、
出社しました。途中ビルのガラスが割れていたり、エレベーターが
止まっていたビルも有りました。

当時はまだ、私は携帯電話も持っていませんでした。

何か胸騒ぎを覚えて会社の電話から、家の電話の留守電を聞きました。

「お父さん亡くなりました、お母さんは元気です、又連絡します」と
宝塚の親戚の人から留守電が入っていました。

後で知ったのですが父は倒れてきたタンスで頭を打って即死だった
ようです。ある意味、何時間も苦しんだのではないと分かり少し
ホッとしたのを覚えています。


こちらから親戚の家へ電話しても繋がりません。

主人に連絡し、私はとりあえず家に帰ろうと、中央大通りで
タクシーを待っていました。

通りかかった顔見知りのインド人が私の顔を見て「どうしたのか」
と聞かれ説明するとすぐに車をとってきて送ってあげると…

彼が行きかけようとした時、タクシーが止まって私は乗りました。
でもあの時は嬉しかったです。

家に帰り宝塚に何度電話しても繋がりません。

勿論親戚の家、報道されてる公共の所、あらゆる所へ電話したが
全くつながりません。

その当時、近所6軒で「W会」という親睦会の様な会がありました。
各夫婦12人で月に一度集まり各家順番に食事会をしていました。

その中の一人が「この地域の警察に頼べば…」と言いだし、私は
地域の○○警察に電話をして、事情を説明しました。

一時間位で父が安置されている場所が分かったと連絡がきました。

これからの手続き等の説明もして頂き、とてもありがたかったです。

時間はハッキリ覚えていませんが、もう夕方近くだったと思います。

W会の男性群が車とバイクの2台で宝塚に向ってくれました。
案の定、車は規制されこちらからは入れず引き返してきました。

バイクはOKだったので、主人を後ろに乗せてKさんはバイクで
宝塚まで父を引き取りに行ってくれました。

遺体となった父と奇跡的にかすり傷一つなく助かった母を乗せた
宝塚の親戚の車が大阪の家に着いたのは、夜中でした。

バイクを出してくれたKさんが一人帰って来たのはその後でした。

真冬の寒さの中バイクで往復してくれたKさんに対してありがとう
という言葉だけしか出ず、ただ頭を下げる私達家族に、Kさんは
『昔暴走族だった事が役に立ったよ』と冗談を言って下さった時は
本当に感謝してもしきれない思いでした。
あの時の事を思い出すと今でも胸が詰まります。

W会の女性陣はお通夜、お葬式の用意を手伝ってくれました。

隣組の人たちにも協力して頂き、未だ余震の続く中、お通夜お葬式が
でき、ニュースで知った、たくさんの人にも参列して頂きました。

娘や息子、親戚の人も大変な中、多くの人が駆けつけてくれました。

とにかく突然のことだったし、本人が住んでいない場所での
お葬式という事で、多少のトラブルも有りました。

後で聞いた話では色々言う人もいたようですがW会の人の口添えや
協力で会場の会館も使わせて頂けたようでした。

非常時だからと協力してくれる人がほとんどでしたが、中には
とんでもない事を言う人がいたのも確かです。

最初に私に声をかけてくれたインド人をはじめ、勤め先の
仕事関係の人からも弔電を頂いたり…
職場に戻った時にも温かい言葉もたくさん頂きました。

W会の人たちの知恵や行動力、そして色んな人の暖かい協力によって
父は震災に遭われて亡くなった人の中では、いち早くお葬式が出来た
のではないでしょうか。

母はその後一人では寝る事が出来ず、私の横に布団を敷きました。
でも朝方になると違和感を感じて目を覚ますと、いつも私のお布団
に入ってきていました。

やはり、かなりの恐怖だったのでしょうね。

それでもお昼になるとお店に行って、果物やお菓子を買っては
バイクで往復してくれたKさんにお礼に持って行ってと
私に品物を託しました。

私からもお礼はさせてもらったと伝えたのですが…
どんなにしても、十分ではないのですが…

よほど感謝していたのでしょうね。

あの時ほど人の人情や本心を感じた事はありませんでした。

本気で助けしてくれる人がたくさんいました。

弱みに付け込みとんでもない要求をしてくる人も多少いました。

本当に父が亡くなった悲しみが沸いてきたのは何もかも終わった
かなり後でした。


12人いた、W会の人も今は私を含めても8人になりました。

その8人も全員決して元気というわけだはありませんが…

でもKさん夫婦は70歳を過ぎた現在もとても元気です。
そして、今でも夫婦で私の事を気にかけてくれています。


昨年も東日本大震災がありましたが、どうしても17年前と重なります。

今日の日に、このような大震災が、今後絶対来ないように願う私です。

suisen21.jpg

歩こう会で京都初詣

2012.01.14.22:41

今日14日サークル「楽しく歩こう」のオフ会で京都へ初詣。

私とRさんは京阪淀屋橋10時の特急に乗りました。

続いて天満橋からはFさんが乗車。
京橋からはSさん、Hさん、Tさんの3人が乗ってきました。
そして枚方ではGさんが乗車し、
四条で一足先に着いていたHYさんと合流。

今回初参加の2人と簡単な挨拶を交わし、8人揃って八坂神社へお参り。

境内では羽根つき大会が行われていて、たくさんの人が参加していました
CIMG3339.jpg


各々お参りした後、知恩院へ…
この時期に10月桜も見る事が出来ました。
CIMG3349.jpg

その後平安神宮に向かって歩きました。
途中色んなお店に、みんな興味が有るようでした。
CIMG3351.jpg

やがて平安神宮の鳥居が見えてきた頃には「お腹空いた」という声が…
CIMG3352.jpg

京都美術館を過ぎて東へ行った所に以前HYさんからの情報で
老舗の洋食レストランが有ると聞いていたのでそちらへ行ってみた。

やはり人気のお店という事で何人か並んでいましたが15~20分待って
席に着く事が出来ました。

私はこのお店の人気メニューのオムライスを頂きましたが…
大きさにビックリ…でもとても美味しかったです。
他のどのメニューも美味しかったとのことでした。
kodakara_110101_1.jpg

昼食後平安神宮にお参りして…
続いて南禅寺へ、紅葉の時に来た景色とは違う冬の季節を感じました。

CIMG3363.jpg

この後食事の時は2席に別れたし少し休憩もしたいという事で喫茶店へ
貸し切り状態の店内では8人揃って、楽しく話す事が出来ました。

やがて哲学の道へと、みんなで歩きましたがやはり桜や紅葉の時期とは
全く違う景色に何故か新鮮さを感じました。

CIMG3366.jpg

CIMG3365.jpg

時計を見ると時間は4時前でした。
みんな、今年初の「歩こう」を楽しむ事ができたと思います。

2人はバスに乗りましたが、残った6人は京阪出町柳まで歩きました。

その中には初参加の2人もいました。

途中休憩も入れましたが、約8キロの距離はあったと思います。
心強い新メンバーにとても頼もしく、そして嬉しく思った私です。

お葬式に参列して…

2012.01.11.17:12

昨日親戚のお葬式に参列しました

私の母の弟の奥さんが91歳で亡くなりました。
2カ月寝込んだだけで、静かに息を引き取ったと聞きました。

母の弟だった叔父さんはすでに20年前に亡くなっています。
私はとても可愛がってもらった記憶があります。

叔父さん夫婦には男の子1人と女の子2人の3人兄妹がいました。

長女は私と1歳違いだったので従姉妹の中でも一番仲良しでした。
毎年年賀状もやり取りをしています。

今年の賀状にも「今年は会いましょう」とお互い書いていました。

だから突然の訃報にはビックリしました。

お葬式には、従兄弟がかなり参列していました。

何十年ぶりに合う人、中には50年ぶりに合って顔さえ分からず
名前でお互い確認したり…
懐かしさで思わずウルウルきたり…

特に喪主を務めている長男はあまりにも20年前亡くなった叔父さん
そっくりなので、私は錯覚を起こしそうになりました(笑)

他の従兄弟も、親にそっくりになっている子(?)にお互い感心し
笑いあう場面も・・・

それでも式の最後、出棺になった時は私を含めみんなが涙して
見送りました。

バスで斎場迄行き、骨上げを待ちながらの食事会の席に着きました。

食事を頂きながら、懐かしい会話に花が咲きました。

チョット不謹慎にも思われましたが、当の家族の人たちも加わっての
故人は勿論の事、私たちの親や、お互いの子供の頃の話で
とても賑やかな場になりました。

まるで「いとこ同窓会」でした。

こういう席で会うのではなく、今日来ていない人にも声をかけ
「いとこ会」しようと、誰かが言い出し、みんなが賛成しました。

いとこと言っても殆ど60~70代です。
母は9人兄妹の7番目でした。

母の兄妹、後は一番末っ子の叔母さん一人だけです。
その息子さんが言うには今は元気だという事ですが、
もう80歳後半のはずです。

やはり子供の頃は、どうしても母方の親戚の方と親しく付き合って
いたような気がします。

父は二人姉弟だったし、その叔母さんも今はいません。

私たちにとって、今ではたった一人残った叔母には少しでも
長生きしてくれるように祈った私です。

himara7.jpg

新年から1週間経って…

2012.01.08.17:03

早いもので新年が明けて、マル1週間経ちました。

最近はご近所や、スーパーへ出かけて人と会っても
「おめでとう、今年もよろしく」と言う事も殆ど無くなった(笑)

5日には、いつも歩いている友達とも電話で今月の約束もしました。
年末には咳が出ていたので行けなかったマッサージにも行きました。

6日には、とても心のこもった新年会に招かれ、
私は楽しい時間を過ごす事が出来ました。

そして昨日、7日には今年初めて、いつもの3人でモーニングしました。

私がお店に行った時はすでにKさんは来ていました。
まもなくFさんも来て「今年もよろしく」と挨拶すると同時に
年末年始の話から始まりました。

向い側に座っているKさんがとても綺麗で穏やかな顔に見えました。
私が「なんか、今日は綺麗ね」と言うとFさんも「ホントだ」と。

Kさんは親子4代の大家族です。
お姑さんは確か96歳、Kさん夫婦と息子夫婦、中学生と高校生の孫
の7人暮らしです。

それにお姑さんは今はかなり手がかかります。
頑張り屋の彼女はいつも明るくお世話をしていますが
やはり大変だと思います。

この4日から1週間お姑さんをホームへ預かってもらったという事です。
それで4日から、昨年の秋に嵐山にオープンしたとても素敵なホテルで
夫婦二人でゆっくりしてきたという事でした。

そういえば4日の夜「京都は雪景色です~のんびり雪を見ながらお湯に」
というメールがきていました。

とても良いホテルだったと私にもパンフレットを持参してくれました。

今日の日曜日も夫婦で日帰りバスツアーに参加するらしいです。

きっと日ごろの解放感から、彼女の表情がとても明るくなり
とても綺麗に見えたのでしょう。

30年以上付き合ってると彼女の顔色で体調が大体解かるのです(笑)

私もなんだか嬉しくなりました。
Fさんも「きっと気分的なものでしょう」と私と同じ意見でした。

とても近い嵐山へ行っただけなのに私たちに気持ちだけと「お土産」も
買ってきてくれました。

私なんか京都に行って、自分の好きなお漬物は買っても
お土産買った覚えはないけど…(笑)

折角の彼女の気持ちなので2人ともありがたく頂きました。

あまりの可愛い包みなので、嬉しくなって思わず写真に撮りましたが
夕食には2種類入っていた中の1つの「はりはり漬け」を
早速美味しく頂いた私です。

CIMG3329.jpg

新しい手帳

2012.01.05.17:13

私は毎年手帳を選ぶとき必ず毎日の事が50文字位書けるスペースが
有る物を選びます。

大都市の地下鉄のMAPや日本の伝統行事等も便利に思う時も
有るのですが、なるべく空欄のページが多いほどありがたいです。

何年か前から私にとって手帳は日記になっています。

ページの前半はカレンダーで1ヶ月単位の予定を書き込みます。

はじめは、毎日夜寝る前にはその日あった事、思った事を、
たとえ一言でも書くようにしていました。
どうしても書けなかったときは次の朝に書きます。

今では習慣になって、無意識のうちに色んな事を書いてます。
書き終わったらなんとなく安心して眠ります(笑)

空欄のページには気になった事や、歩いてる時見つけて始めて知った
花の名前や地名、人に聞いたお店の情報や名前等…
最近すぐ忘れるので、書く事が多いです(笑)

他にも私事を書いています…でもこれは内緒です(笑)

今までにも「あれ~どうだったかな?」と思い以前のページを見て
書いてて良かったと思う事もかなりありました。

新年には古い手帳から書き写す事も多少あります。
毎年お正月のゆっくりした日にしています。

今年は今日やっと出来ました。

今までの古い手帳を出してチョット覗いてみました。
何と懐かしい出来事がいっぱい書かれていました。
あれ~自分が書いたのかな?と思う文章も…(笑)

今年は未だ4日間の事しか書いてないけど…
できれば、楽しい事をイッパイ書ければ良いなあ~と思った私です。

img10_convert_20160111192949.jpg



今年も津でお正月を!

2012.01.03.16:35

今年も年末31日の朝から津に行きました。

駅から降りると孫が笑顔で手を振っていました。
CIMG3302.jpg

少し会わない間に又背が伸びたように思いました。
早速私の大きい方の荷物を持ってくれて、パパの待つ車へ…

5~6分で家に到着、早速昼食を頂く。
この4月に中学生になる孫は食事の準備も手伝っている。

ついこの前までは私が行くと「ばあちゃん、ばあちゃん」といつも
くっついていた彼女だが、今では私の世話をしてくれる姿に
嬉しいようなチョット淋しいような気がしました(笑)

昼食後は少し模様替えした孫の部屋を案内されて、自分の所属している
ハンドベースボールの写真を見せられたり話をしてくれたり、
Wiiのゲームを教えられたり…

6時ごろになると台所からママの揚げている天ぷらの良い匂いがして
年越し蕎麦と一緒に夕飯を4人で頂いた。

7時過ぎには紅白歌合戦を見ようとテレビの前に、やはり嵐や
AKBが気になるようだ。
私も途中お風呂へ入ったり、居眠りしながらも最後まで
結構楽しく付き合いました(笑)

元旦の朝は8時に孫に起こされ目を覚ます。

白みそのお雑煮で祝った後車で10分位の護国神社へ4人で初詣。
時間が早かったせいかいつもの年より人出が少なかったようです。
CIMG3179.jpg

その後昨夜から約束してたキャラクターの福袋をゲットするため
寄り道をした後、家に帰り昼食におせちを頂きました。

孫の大好きな焼き豚、エビチリ、伊達巻、黒豆等中心で、
すべてママの手作りです。他にも色々ありました。
別の鉢には私の好きな筑前煮や、ナマス等も…
CIMG3198.jpg

午後からは昨日練習したWiiのゲームをする事に…
私にはどれも難しくなかなかゲームにはなりません。
いつでも参加できるようにば私の似顔絵も入っているのだが(笑)
勿論一番右の可愛い(?)のが私らしいのですが…

 なんとか勝負になったのがボーリングゲームです。
CIMG3214.jpg

実際のボーリングのように手首のひねりや手の振り等が影響される
のには驚きました。
いつの間にか一生懸命になっている自分が可笑しくて…

他にもマリンバイク、ウェイクボード、アーチェリー、ボーリング、
ゴルフ、バスケットボール、自転車等…
何個か挑戦したが、とんでもない出来に、みんなに笑われました


4人で中学校に行ってからのクラブや勉強の話もしました。
親の意見や本人の希望等も…

とにかく活発な女の子なのですが、健康で素直に育っている孫に
ばあちゃんとしては充分満足しています。

私は毎日昼寝もして3人から「疲れてる?」と心配されたり
「よく寝るね~」と感心されたり…
私は「きっと居心地が良いのかな?」と…


年末には軽いが風邪をひいた私でしたが、家でお嫁ちゃんの手料理
と孫に遊びの相手をしてもらい、ゆっくりした大晦日とお正月を
過ごせた事に満足と感謝をした私です。





プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR