秋が楽しみで~す!

2012.07.25.17:12

先週末小学校の同級生K君から電話がありました。

昨年から話に出てた同窓会の日が決まったからと…

Oさんは忙しそうだから、早めの連絡させてもらいました。
今から10月最後の日曜日は予定していてくださいねとの事(笑)

5年前にはクラスで「還暦同窓会」が行われました。
その後も何人かでハイキングしたり、食事会したり…
時には電話でお喋りも…

そんな時も「一度3クラスで学年同窓会したいね~」という意見が
かなり出ていました。

でも3クラスとなるとなかなか前に進まないと聞いていました。

今回小学校から公立の中学には上がらず国立のK大附属中学に進学し、
その後N医大で外科医として勤務、今は地元に帰り親の開業医院を
継いでいるM君が発起人になり、何人かがお手伝いして同窓会の
準備をしているという事でした。

そういえば何カ月か前に住所の分からない人の名簿が送られてきて
知ってる人はないか?との内容でした。

私は小学2年生位までは身長も低く(今でも決して高くはないが…)
朝礼では一番前でした(笑)

当時風邪もよく引くし、とても引っ込み思案の子供でした。
高学年から中学校の頃には結構普通の女子になっていたと思います。

2年生の時、同じ校区内だったが家を引っ越しました。

引っ越し先は家を一歩出ると田んぼや畑ばかりでした。
周りは農家が多かったです。

今は堺市に合併されていますが…
当時は泉北郡・・・という田舎でした。

引っ越した初日にAちゃんが「家近くだから一緒に帰ろう~」と
学校が終わった後一緒に校門を出ました。

私とAちゃんの家は30m位の距離でした。

当時の私の足で学校から家まで30分近くかかったと思います。

道中の事は覚えていないのですが…いつの間にか私は広い田んぼ道
の中に独りぼっちになっていました。

どうもAちゃんはまだ道の分からない私を…

泣いてる私を畑仕事している人が見つけ、家まで送り届けて
下さいました。

後で分かったのですがA子ちゃんは大阪弁で言う「ちょっとイケズ」
(意地悪)な女の子でした。色んな子に意地悪していたようです。

今世間を騒がせている「いじめ」とは少し違いますが…

でもその時私の話を聞いた母は凄い剣幕でAちゃんの家に
乗り込みました。

あまりの形相に父もあわてて母の後を追って行きました(笑)

私細かな事は覚えてないのですが母の凄い顔だけ覚えています。

何年か後に家族でその話をしてみんなで笑ったものです。
でも母が言うには畑には当時、野井戸等も有りそこに子供が
落ちて亡くなった例もあったようです。

その後Aちゃんは私にあまり近づきませんでした(笑)
それに3~6年生はクラスも別でした。
中学校進学後も1度も同じクラスにはなりませんでした。

20年近く前にやはり学年同窓会あった時Aちゃんと再会しました。
私から「こんにちは~元気?」と声をかけましたが「こんにちは~」
とだけ返事して、その後お互い会話には、なりませんでした(笑)

もし今回2人とも出席したらどうなるのかな~
もう古い話と…笑い飛ばせたら良いのかも…

小学校の同級生はみんな家も近く、他の同窓会とはちょっと違う
感じがします。
何十年逢ってなくても、数分で「○○チャン」と呼び合えます。

先日K君と電話で話した時、次又いつ学年同窓会開けるか分からない
し、今回なるべく多く出席してもらいたいので、今から何人かに声を
かけているとの事でした。

最近では会う度に同級生が少しづつ減っているように思います。
少しでも元気なうちに…と思うのは私だけではないのでは…

電話をもらった時、私は「ハイ、行きます~楽しみにしています」と!

今回も懐かしい何人かの友と逢えると思うと、今から楽しみです。
きっとみんな、しっかりシニアになっているのかなぁ~(笑)

会場は小学校も近い地元のお寿司屋さんの予定とか…

そのうちに正式の案内状が届くと思います。
昨夜は又1人の同級生から「絶対逢おうね」と電話がありました。

後3カ月も先の話です。
でもやはり、すでに秋を心待ちにしている私です。

img_975151_34122785_5_convert_20120724221031.jpg


スポンサーサイト

とても、ショックな事が…

2012.07.20.17:26

昨日10時半頃、私は久しぶりにマンションのすぐ近くの整骨院へ。

低周波器をつけてすぐに消防車と救急車のサイレンが…

スタッフが○さんのマンションの前で止まったと…

一瞬ビックリしたが、ほんの数分前にマンション出たけど、何も
異常なかったし、消防署も救急車も止まったままのようだった。

しばらく様子を見てたけど何の動きもないので、多分誤報かなと…
来る時管理人さんの姿もあったし等と思いながら…
そのまま治療を続けました。

途中で近くに住む姪っ子から、先ほど郵便局へ行った時消防車や
救急車来てたようだけど「おばちゃんのマンション何かあった?」
「大丈夫?」とメールもきました。

やはり、ちょっと気になりながらマンションへ帰りると、
マンション内の通路にパトカーだけが止まっていました。

管理人さんを見つけ「何かありました?」と聞くと
「○号室のYさんが部屋の中で亡くなっていた」と…

「えっ」とビックリする私に管理人さんは話してくれました。

独り暮らしだったYさんの親戚から管理事務所の方に
「ここ3日連絡とれない」「気になる事がある」
「部屋も鍵がかかりロックもされている」
「やはりおかしいので、どうしても中に入りたい」と依頼され
警察に連絡し、レスキュー隊を要請したとの事。

Yさんとは私も何度も話もし、マンションの中では親しくしていた
人の1人です。
確か1週間位前も買い物途中で会いました。
とても人懐っこい明るい人でした。

4年位前かな…私がまだ勤めていた頃に「お願いがある」と一度
訪ねてきた事があります。
携帯とメモを持って「この電話番号を登録して欲しい」と…
自分の携帯とは機種が違うので少しは戸惑いながらも確か何軒かの
番号を登録した記憶があります。

確か年齢は私と10歳位違って70代後半だったと思います。

10年位前に御主人を亡くし、子供はなく、何かあれば近くの妹さん
が来てくれると話していました。

結構お洒落して出かけてる姿も見ました。

その後お掃除して下さってるおじさんや何人かの人と話ましたが
みんなあまりにもの急な出来事にビックリしていました。

やはり、4~5日前まで何人かの人がYさんと話したというのです。

心臓が悪かったという人もいました。
でも詳しい事は分かりません。
きっと解剖されて死因等調べられるのでしょう。
3日前から連絡とれなかったという事ですが…いつ亡くなったのか?

やはり、一人暮らしは恐いですね。
今回あらためてそう思いました。

確かYさんの携帯の1,2,3のボタンには親しい人にすぐ
つながるようになっていました。
それすら出来なかったのか?と思うと…

せめて最後に苦しまなかった事だけを私は祈りました。

今朝管理人さんと会った時も「今の所親族の人から何も連絡ない」
との事でした。

昨夜は私もなかなか寝付けませんでした。
人間はあっけないものだとも思いました。

同じマンションの知り合いの人の急死はショックを受けました。
それも数日誰にも気づかれず…

今となってはもうどうしようもない事です。
でもとても悲しい出来事でした。

昨日は、とてもショックな一日でした。


Yさんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。


CIMG6179.jpg









暑かった三連休を…

2012.07.17.17:18

昨日で三連休が終わりました。
私はお天気も悪そうだし今回はなにも予定入れていませんでした。
娘は2泊3日で旅行に行きました(かなり前から計画していました)

いつもの土曜日のモーニングの時一人の友との会話で、なんとなく
「お天気も良くないし午後予定ないし、ぶらぶら買い物でも行かない」
と…友達と2人で避暑を兼ねショッピングモールへ行く事に…

午後1時に地下鉄の駅で待ち合わせ広いショッピングモールへ…
やはりかなりの人出でした。
あちらこちらでバーゲンしていましたが、入っては見るけど…(笑)

そのうち、人だかりが出来ていたので覗いてみると漫才コンビの
「笑い飯」の2人が舞台に(さすがにカメラ持ってなかったので…)

私はTシャツとハイキングに着ていけそうなベスト等を買い、
友達も自分の部屋着やご主人のポロシャツ等を買っていました。

その後は喫茶店でコーヒータイム…
家に帰ってきたのは5時半過ぎでした(笑)

でも家より涼しくて、久しぶりに2人で買物出来たと満足。
連休の初日を終えました


次の日曜日も朝は曇っていました。
でもお天気も回復しそうだし、ちょっと何処かへと…

以前から気になりながら、行った事のない勝尾寺へ…

春は枝垂れ桜、続いてシャクナゲ、紫陽花、そして秋には紅葉
で有名なところです。
それと箕面を通ってのハイキングコースにもなっている事は
知っていたのですが…

西国二十三番札所でもある勝尾寺は広大な境内に厳粛な雰囲気を
漂わせていました。

まず山門をくぐるとマイナスイオンの霧が…
顔を近づけると、すごく気持ち良かったです。

境内を気の向くままに歩くとまだ紫陽花が綺麗に咲いていました。
CIMG6241.jpg

CIMG6212.jpg

又このお寺は「勝運だるま」で有名です。
「勝だるま」を授かりその後開運成就して奉納されていました。

勝だるまは他の所にもたくさん奉納されていました。
CIMG6245.jpg

広い境内はとても気持ち良く歩けました(笑)
CIMG6239.jpg

CIMG6224.jpg

CIMG6211.jpg

CIMG6208.jpg

やがて私の目的の一つでもある標識を見つけました(笑)
CIMG6228.jpg

標識にあった先の道で~す。
いつか又ハイキングに来よう…と(笑)
CIMG6231.jpg

やがて私達は帰り道に向かって歩きました。
やはり暑いのでどうしても水辺を見ると足がそちらへ向かいます。
CIMG6253.jpg

池にはたくさんの鯉が気持ち良さそうに泳いでいました。
CIMG6257.jpg

やはり暑さで汗も…冷房の効いたところでしばらく休憩。
CIMG6266.jpg

思いつきで行った勝尾寺ですが、自然の緑や数多くの紫陽花に囲まれ
晴天の中楽しく「プチハイキング」も出来、大満足の連休2日目を
終えました。


そして連休最後の昨日は少し朝寝坊をし、晴れた天気にシーツや
タオルケットなどを洗濯、少し丁寧に掃除、スーパーへの買い物など
しっかり主婦業?をした後は部屋でゆっくりくつろぎながら
娘の旅行先からの帰りを待った連休3日目の私でした(笑)






夏の六甲山を楽しみました!

2012.07.12.16:53

一昨日、月に一度一緒に歩いている友達と六甲山に行きました。

この暑さと彼女の足がまだ山道の坂が辛いので、バスやケーブルを
乗り継いで山上へ…

まずバスで六甲植物園へ向かいましたが車内からまだ色鮮やかな
紫陽花を見る事が出来ました。

勿論植物園内にも紫陽花を始め何種類かの花を見る事が出来ました。
CIMG6147.jpg

リーガルリリー
CIMG6143.jpg

美智子皇后さまがお好きとして有名なニッコウキスゲ
CIMG6133.jpg

ヤマブキショウマ
CIMG6152.jpg

イブキトラノオ
CIMG6139.jpg

この時期ちょっと遅かったと思われる花もかなり有りましたが、広い
園内はとても気持ち良く木陰では涼しい風が心地良かったです。

私達は池のスイレンを眺めながらお弁当を頂きました。

その後カンツリーハウスへ…入口に入るとここにも見事な紫陽花が
CIMG6159.jpg

子供たちが遊べる色んな遊具やバーベキュー場等がありました。
私達も結構キツイ坂の大芝生を登ったり(彼女の足の様子を見る為)
池の鯉を見たり…
CIMG6161.jpg

そして芳醇な香りに包まれバラの小径をゆっくり散策しました。
CIMG6172.jpg

CIMG6169.jpg

途中オオヤマレンゲも…
CIMG6175.jpg

やがてリフトで展望スポットのガーデンテラスへ
CIMG6192.jpg

CIMG6201.jpg

六甲名物のアイスクリームを頂きながら、青い空と眼下に広がる景色を
充分堪能した後、バスで山上駅へ向かいケーブルで山を後にしました。

お天気にも恵まれ、暑い一日でしたが山上は温度も低く爽やかな風が
とても心地良かったです。

途中のバスから六甲山ホテルが見えた時は、昨年の11月にナビの
サークル女性10人で泊まった楽しかった出来事を思い出しました。

数ある六甲のハイキングコースは以前何度か歩いた事はあります。

今回はバスやケーブルを使っての六甲山散策でしたが…
歩数計は13000歩強を表示していました(笑)

海抜865メートルある高山植物園は、北海道南部に相当する恵まれた
気候を利用し様々な植物を見ることができます。

もう少し早い時期に来た時はクリンソウやエーデルワイス、そして
ササユリに、ときめいた思い出も有ります。

ハイキング目的の時には入園しなかったカンツリーハウス等も時間を
費やす事が出来ました。

この暑い時期は今回初めて行ったのですが、六甲山の自然を充分
楽しむ事ができ、大満足して帰ってきた私です。


「偲ぶ会」に招かれて…

2012.07.10.19:53

先日の日曜日、知り合いの13回忌の法事に招かれました。

以前勤めていた会社の社長宅です。

滋賀県の石山駅から車で10数分のとても静かなところです。
久しぶりの訪問にちょっと緊張しながらも広い庭に懐かしさを
覚えながら玄関に入って行きました。

私から見ればお屋敷です。

すでに20人以上の親戚の人が集まっていました。
11時前にお寺さんが見え法要が始まりました。

親子2人の住職さんのお経に心を落ち着けながら、
私は一番後ろの席に座っていました。

途中休憩を一度入れて12時過ぎに法要は終わり、お迎えのバスに
乗って琵琶湖近くのホテルへ…

入口に「偲ぶ会」と表示された3階の会場に案内されました。
CIMG6091.jpg

自分の名前を書かれて席に着くとすでにお料理も…
CIMG6095.jpg

故人の話をしながらその後からも次々運ばれる料理を頂きました。
3つのテーブルに分かれての会食でした。

向こうのテーブルには2人のお寺さんも同席されとても和やかな
雰囲気でした。

お寺さんとはとても長いお付き合いで、今のご住職さんで3代目
のお付き合いとか…

お父様の住職さんとは参加されている何人かの親戚の人とも
顔見知りでした。

一通り食事終わった後は、一人ずつ故人さんの思い出話を
披露する事になりました。

親戚のどの人も口に出すのは「とにかく世話になった」と…
でも殆どの人は50年以上前の話でした。
中には今の自分があるのはおばさんのお蔭だという人も…

当日親戚以外で参加しているのは私だけです。

故人さんは先代社長の奥さんで会社ではしっかり経理を担当。
私も仕事以外でもとても良くして頂き、沖縄やハワイもご一緒
しました。
思い出もたくさんあります。

途中で2代目にバトンタッチしましたが、その彼女とは今でも
とても仲の良い友達として付き合っています。

今回も何カ月か前に電話でぜひ来てほしいとの誘いを受けて
列席させて頂きました。

皆さんの話に感激して、バックからハンカチを出す場面も多くあり
涙と笑いの数時間でした。

中でもお孫さん(女の子)3人が今は家庭も持ち子供にも恵まれた
現在をおばあちゃまに見て欲しかったし、相談もしたかったという
言葉には私も感激しました。

とても和やかで、私にも皆さん気持ち良く接して下さいました。

今は13回忌するにしても家族だけで…という家が多いと聞きます。
でも20人以上の人が集まりお寺さん2人が同席するという「偲ぶ会」は
とても心温まる会でした。

故人は長寿でした。
亡くなる寸前までとてもお洒落で、前向きで暗い事が嫌いでした。

生前これだけの人と関わり13年経った今も皆にこんなに鮮明に思い出を
語ってもらえる故人の素晴らしさとこの会を開いた家族、そして気持ち
良くかなりの遠方からも参加された人々にとても私は感激しました。
そして私もこの会に出席できて良かったと思いました!

会場に選んだホテルにも色々思い出もあったという事でした。
私も何度か泊まった事もあります。

窓の向こうには広い琵琶湖が一面に広がっていました。
でもなんとなく、以前と違う景色に見えた私です。
CIMG6101.jpg

「楽しく歩こう」一周年オフ会

2012.07.07.21:49

今日7月7日はナビのサークル「楽しく歩こう」の一周年を
記念してのオフ会でした。

昨年7月に発足し、9月からみんなで歩き出しました。

昨年は北山植物園から始まり、百舌鳥古墳・大仙公園、箕面の滝へ

今年は初詣で八坂神社~平安神宮~哲学の道と歩き、春には
枚岡神社の梅、背割堤の桜としっかり3月4月のお花見も…

そして5月は星のブランコ、6月にはみんなが楽しみにしていた
武田尾廃線跡と順調にハイキングを重ねる事が出来ました。

参加者は大体5~8名位ですが毎回とても楽しく歩いています。

それで今回無事1周年を迎えられた事を記念してサークルメンバー
以外の人にも参加を呼び掛けました。

会場の「丁子屋」に12時にサークルメンバー8名を含む12名が集合。
CIMG6025.jpg


席はくじ引きで決め各々所定の席へ着き、早速宴が始まりました。

とにかくこのサークルはみんな明るく元気なメンバーばかりです。

乾杯の後は簡単な自己紹介をして早速賑やかな会になりました。

前菜のオードブルから始まり

お造りの4種盛り
CIMG6027.jpg

鴨の塩釜焼きでは、四国から参加のYさんの手で釜を割り
なかの鴨も美味しく頂きました。
CIMG6029.jpg

続いてテーブルには野菜サラダや天ぷら盛り等も…
でも話に夢中になり写真に撮る事忘れました(笑)

そして最後に美味しいトウモロコシのバターご飯とお味噌汁が
出たのですが、やはり写真は探しても有りませんでした(笑)

今回初めて会った人、久しぶりにあった人…一度席替えなども
しましたが、とにかく話が弾みあっという間の3時間でした。

その後用事のある2人を除いて10人で近くのカラオケに…
歌の上手な人が多くここでも又一次会以上の盛り上がりでした(笑)

いつものサークルメンバーは明るい賑やかなオフ会に慣れている
のですが今回、初めてこの会に出席した人は多分驚いていると
思います。

でも今回一周年記念のオフ会をやはり「楽しく」終わる事が出来たと
思います。

来月は青春切符を使っての電車の旅を計画しています。

今日参加された方々本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

色んなマナーが…

2012.07.05.14:31

先日友達3人で喫茶店へ行った時の話です。

私と同年代と思われる夫婦(と思う)が向かいあわせで座って
コーヒーを飲んでいました。

しばらくして旦那さんの携帯が鳴り、大きな声で話しだしました。

どうも近々旅行に一緒に行く相手らしいです。

「何時に出て、お昼は何処で…○○に何が有るから…○で何を観て…」
とにかく行程の予定(?)を詳しく大声で話しだしました。

時間にすれば10分以上、店内すべてに聞こえるような大声で
話していました。
結構広い喫茶店で、お客さんも私達を含め20人はいたと思います。

みんな彼の方を振り向いて見ているが本人は全く気にしていない。
向かいに座っている奥さん(?)は知らん顔してコーヒーを…

ただ聞こえてくる電話の内容は明るく楽しかったのですが…(笑)

彼が電話終えた時は、何かホッとしました!

やっと自分たちの会話が出来るようになったと…(笑)

私も以前、娘と電話している時、言われた事があります。
「お母さん、そんな大きな声出さなくても、聞こえてるから~」と

やはりこの歳になると耳が遠くなるのか、つい自分の声が大きく
なるのかもしれません。

それだけに女性何人かでお店などで話する時は気を付けないと
心がける様にはしているのですが…

今回改めてそう感じました。


でもその次の日、お墓参り終えて帰りの地下鉄内の出来事です。

若いお母さんと5歳位の男の子と3歳の女の子(隣の女性が聞いていた)
が座っていました。

私は通路を挟んで3人の前の席にいました。

この地下鉄は、途中で地上に出ます。

私の乗ったその一つ前の駅までは地上を走っています。

私が乗った時は子供2人は靴を脱ぎ、窓の方を見て正座していました。
脱いだ靴はきちっと揃えていました。

電車が発車すると、男の子が「ママもう、お外見えないの?」と…

ママが、「そうね、もう見えないね~」と答えると
2人は靴をはき、普通の向きに座りました。

どうやら先ほどまでは外の景色を観て楽しんでいたのでしょう。

靴を脱ぎ、きちっとお座りしている姿は微笑ましく見えました。
そしてスーと靴を履くその動作は慣れているようでした。

ママは手出しもせず横でソォ~と2人を眺めていました。

おそらくいつも座席で外を観る時は靴を脱いでいるのでしょう。

私を始め周りのみんなも笑顔で2人を見守っていました。

車内で色んな人を見かけますが…
とても爽やかで「親の躾の素晴らしさ」を見たように思いました。

2人の行動から見てこの母親は、多分普段から電車内でのマナーを
きちんと教えているのでしょう。

数日の間に見てしまった2つの出来事にやはり「マナー」について
考えさせられました。

以前何かで読んだ事が有ります。
マナーとは「ルールではなくその場にいる人への心遣い」だと…
今回本当にそうだと思いました。

人として勿論ルールを守る事は大切です。
でもマナーもしっかり心がけなければならないのでは…

日常生活の中でも、やはり気をつけなければ…と改めて思った私です。


CIMG5320.jpg




映画「幸せへのキセキ」を観て…

2012.07.03.17:21

先週末映画「幸せへのキセキ」を観てきました。
e771414719a64bfdc6c6390fba691264.jpg


半年前に妻を亡くした主人公が14歳の息子と7歳の娘と共に悲しみ
から立ち直れないところから物語は始まりました。

悲しみから仕事も辞めました。
息子も学校で問題を起こし退学処分に…

心機一転新天地での再スタートを望み、郊外に家を買う事に。

でもその家は閉鎖中の動物園付きだった。

娘ローズが無邪気に動物と戯れる姿を見て、動物園再開に取り込む
が素人ゆえ分からない事も多く、トラブルが続く…

しかも飼育費、薬代などに必要な多額のお金に頭を抱える。

しかし、今まで動物の世話をしてきた飼育員や、動物園の再開を
心待ちにしている地域住民の事を思うと…

一度はお金の工面に困り、途方に暮れるが…
思いもよらない亡き妻からのプレゼントで…大金が…

妻の為にも再生させようと、苦難に立ち向かう。

最初は抵抗的だった息子も段々父親を理解するようになり…

やっと再生に立ち直って行く過程と奇跡を描いている。
そして最後には動物園を再開させる事が出来るという物語でした。

妻を亡くした悲しみ、母を亡くした悲しみがよく分かりました。

でも7歳の女の子の明るさには胸が打たれました。
きっと彼女は母を亡くした悲しさや寂しさを動物に癒された
のだと思います。

絵の上手な男の子は初めは首切りの絵ばかりを描いていました。
でも段々動物の穏やかな表情の絵を描くようになった時は私も
ホッとしました。
でも人間の感情であそこまで描く絵が変わるのかと…

映画の中で「20秒の勇気が幸せな展開に導いてくれる」という
シーンが何度かありました。
どんな時でもほんの少しの勇気が必要だという事でしょう。
う~ん、私に出来るかなと思いながらも感動したシーンでした。

他にも長く生きたトラがかなり衰弱した時主人公は必死で回復を願い
薬や獣医を…と行動しましたが、トラを長年世話してきた飼育員は
「静かに見守ってあげるべきだと…」2人の激しいやり取りの中に
本当の「愛とは何か?」と考えさせられました。

主人公のベンジャミンを演じたマット・デイモンはじめ俳優さんも
皆さん素敵でした。
特に7歳のローズを演じた女の子の表現力や表情には私自然と笑顔が…

愛する人を失った衝撃がいかに大きいか?…でも辛くても人は悲しみを
乗り越えて生きてゆくべきなのでは…

そしてその喪失感が何かを遂げるパワーになるのかも…

私はこの映画から「家族の深い愛」と「人間は諦めない事」が大切
なのだと改めて感じました。

この作品は2006年に動物園を買い取り移り住んだイギリスの
ジャーナリスト ベンジャミン・ミーの実話だという事です。

そして今も2人の子供とダートムーア動物園に暮らしているようです。
きっと2人の子供もさらに成長している事でしょうね~


久しぶりの映画鑑賞に感動し、スクリーンで動物をも楽しめました。
帰る際は、なんとなく動物園へ行きたくなった私です(笑)


CIMG5957.jpg



はや一年経ちました。

2012.07.01.12:31

私がブログを始めて今日ではや一年経ちました。

3年半前に仕事を辞め、パソコンを始めました。

一昨年の5月にナビに入り、始めは皆さんのブログを拝見して
共鳴したり、感動したりしながら楽しんでいました。

特に数人のブログにとても興味を持ち毎回読ませて頂きました。

そのうちに恐る恐るコメントさせて頂く事も…(笑)

去年の3月ごろから私も…と思うようになったのですが…
自信もなく迷いも有り、なかなか実行できずにいました。

まず私に書く事ができるのか?…正直な気持ちを書けば良いのでは。
以前から何年も簡単な日記は書いてるし…
それにボケ防止にはなると思うし…(笑)

5月頃からはネットで「初めてのブログ」と検索もしました。

何処の「ブログサービス業者」を選べばいいのか…
なるべく分かりやすく簡単なものを…など。

6月に入ってブログサービス業者に入会し、テンプレートも選び…
記事も書き始めましたが…保存はできず、すぐ消しました(笑)

それでも6月末ごろには同窓生と矢田寺へ紫陽花観に行った事を
初めて書いてアップしてみました。

「シニアナビ」には届けずしばらくは「FC2ブログ」内だけで
書いてみようと…

でもその日のうちにコメントがありました。
ビックリ…なんと私が最初にブログファンになったTさんです。

「neneさん、やりましたね~すぐ分かりました」と!

同じ「FC2」を使われているので見つけて下さったのでしょう。
Tさんは以前から私にもブログを勧めて下さっていました。

6月中に他にも2件記事を書きましたがどれにもTさんから
優しいコメントや励ましをを頂きました。

その後もいつも気にかけて下さいました。
今でも覗いて下さっています。

最初しばらくはナビには届けず、記事を書くだけにして、
少し慣れてかたら…と思っていました。

でも7月1日切りも良いし、思い切ってナビの「ブログURL」に
登録しました。

早速何人かの人に訪問していただき、嬉しいコメントも頂きました。

こんな拙いブログにと…本当に嬉しかったです。

今思い返したり、最初の頃の記事を見てみると思わず笑ってしまう
事もありますが、正直よく続いたなあ~とも思います(笑)

いつも思うのですが、書く事によって自分の正直な気持ちが見えて
きたり、何処へ行っても以前よりしっかりした目線で何事も見て
いるようにも思え、自分の脳を刺激しているのではないかと…

今では、妹、お嫁ちゃん、姪っ子、友達なども私のブログを
読んでくれています。

「いつも機嫌よく出かけて、元気な事確認できるわぁ~」と
妹やお嫁ちゃんから言われます(笑)


まだ時々はPCの操作も覚束ない時も有ります。
周りのみんなにも教わったり、助けられたり…

これからも、自分のペースで書きたい時に、書きたい事を
綴っていこうと思っている私です。

そして、何よりも皆様の嬉しいコメントは本当に励みになります。

今後ともよろしくお願い致します。


CIMG5824.jpg





プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR