舞鶴港でのもう一人の私

2012.08.27.16:57

先日サークル「楽しく歩こう」で青春18切符を使っての電車旅。

大阪~敦賀~舞鶴~福知山~大阪と電車に乗り継いでの旅でした。

1か月前管理人のGさんが路線の風景や時刻表などを調べてくれて
決定しました。
このコースが決まった時ほんの少し私の心が「ピクッ」としました。

その後私なりにコースを確認して…「広い琵琶湖が見える~」
「初めて乗る小浜線の景色は風光明媚だという事なので楽しみ~」と
まずは思いました。

ただ舞鶴港にはなんとなく「!?」という気持ちになりました。
でも別にそれ以上の感情はその時点ではありませんでした。

電車旅1週間前15日の終戦記念日に戦争の事について書いている
何人かの人のブログを読みました。

今度ご一緒したRさんも書いておられたし、その記事には私も
コメントもさせていただきました。

勿論テレビや新聞でも終戦の記事は報じていました。

ちょうどお盆の頃です、亡くなった両親のことも想い出しました。

私は子供の頃に両親から「引揚げの途中の列車の中で生まれた」
と聞かされていました。
でも詳しい事は知らされていませんでした。

ただ大変だった事、皆に親切にしてもらって無事出産できた事
もし中国にいる時に生まれたら残留孤児になっていたかも…等

舞鶴港に引き揚げたたのかどうかは聞いてないし分かりません。
でも昔「岸壁の母」の歌を聞いて…なんとなく
引揚げ=舞鶴港と思ってしまったのかも…

当日は仲間とすごく楽しい時間を過ごして舞鶴まで来ました。

赤れんが倉庫から港の方へ行きました。
港へ足を運んだのは6人の中で私が一番最後だったと思います。

それまでは一番にカメラも構えていたと思うのですが…(笑)

Rさんがもっと奥へ行けば大きな船が見えるよと言ってくれたので
私も行きました。

写真も撮りました。
今度はなぜか身体が動きませんでした。
すでに、向こうの方にみんなの姿が見えましたが…

私は、数分一人になりました。
一人になりたかったのかも…
ほんの一瞬、横には両親がいたような気が…

そして、なぜか携帯で静かな舞鶴港を写しました。

今はその写真を待ち受け画面にしています(笑)

少し遅れてみんなの所へ行きました。
そしてその後は又それまでのように何事もなかったように
一番はしゃいでいた私です。

旅の途中でも引揚げの話はみんなにしました。

でもあの時の一瞬の出来事は言いませんでした。

帰ってきて写真を見たり、楽しかった事をまず「ブログ」で書き
数日経った今、自分の心がハッキリ見えた事で記事にしました。

幼児の頃は身体が弱く、年中風邪をひいていたと聞いていました。
いつも首にガーゼを巻かれていた記憶があります。
両親からこの子は長生きは出来ないと思っていたと聞いた事も…

でも今こうして元気に暮らしている自分を舞鶴港で両親に
見せる事ができたかなぁ~と思いました(笑)

舞鶴港はきっと私の心の中で行きたかった場所だったのでしょう。

今回偶然、みんなで楽しく行けた事に心から感謝した私です。

CIMG6645.jpg


スポンサーサイト

青春してきましたぁ~

2012.08.24.16:58

昨日サークル「楽しく歩こう」で青春18切符を使って旅をしました。

JR大阪駅7時47分発敦賀行に6人で乗車。

湖西線に入り、やがてしばらくすると琵琶湖が見えました。
まだ電車の中は人が多いのと日差しがきつく写真は撮れませんでした。

やがて敦賀に到着。
50分ほど待ち時間があるのでみんなで喫茶店でお茶をした後、
各自駅弁を買って小浜線に乗り東舞鶴を目指しました。

小浜線は若狭湾に沿って走る風光明媚な路線と聞いていた私は
初めての事も有り凄く楽しみにしていました。

敦賀駅を発車した列車は暫く北陸本線と並走した後山間に入ります。
粟野駅を出ると関峠にかかるが列車は軽快なモーターを響かせ快走。
各自カメラを持って立ちあがったり席を移動したり…
CIMG6557.jpg

CIMG6562.jpg

やがて車窓右手に若狭湾が現れる。うわぁ~と自然に声が出た(笑)
とにかく空、海の青や周りの緑が綺麗なこと…
CIMG6590.jpg

東美浜、美浜駅と停まり列車はしばらく水田地帯を走る。
CIMG6583.jpg

今度は三方五湖の一つ久々子(クグシ)湖が見え始め、気山駅を
過ぎると菅湖、三方湖、一瞬水月湖も望めた。

乗車して1時間位して少し落ち着いたので敦賀駅で買った駅弁を
食べました。焼いた鯖がとても美味しかったです。

その後小さなトンネルを過ぎると若狭富士と呼ばれている青葉山も
CIMG6614.jpg

CIMG6606.jpg

CIMG6609.jpg

私達は2両編成の後ろに座っていたのですが、色んな角度から
写真を撮りたかった私は気が付けば一番前の運転席の後ろに…(笑)

やがて終点東舞鶴駅に到着。
CIMG6618.jpg

CIMG6624.jpg

電車を下りた私達は以前に来た事があるというRさんの案内で
赤れんが倉庫群に向かって歩きました。

10分位歩くとと明治37年、軍港引込線として設けられた、
れんがづくりの「北吸トンネル」に…
トンネル内はとてもひんやりして気持ち良かった。

やがて赤れんが倉庫群に到着。
倉庫の手前にはペットボトルで造られたこんなものが…
CIMG6633.jpg

舞鶴港の一角にある「赤れんが倉庫群」には明治33年から大正10年
頃までに建てられた赤れんが倉庫がこのエリアに今でも12棟が
残っているという事です。
CIMG6648.jpg

CIMG6635.jpg

CIMG6640.jpg

倉庫を見学した後は港に出てみました。
戦後は引揚げ港として有名でしたが…
CIMG6651.jpg

その後喫茶店で休憩して、駅に戻り舞鶴線で福知山まで…
福知山駅夕方5時6分発の電車で大阪駅へ…
CIMG6671.jpg

夕方5時を過ぎていましたが車窓からはまだまだ景色を
楽しむ事ができました。
CIMG6684.jpg

CIMG6692.jpg

CIMG6674.jpg

この福知山線の電車は乗降の時、自分の手でボタンを押してドアーの
開閉をします。
駅で何分かの停車があるとYさんは…駅に下りたりドアーを押したり
とても嬉しそう~でした(笑)
CIMG6695_convert_20120824131902.jpg
               CIMG6696_convert_20120824131944.jpg

今回初めての試みで青春18切符を使っての旅は、電車に約7時間
乗ってのとても楽しい旅でした。
電車の中では綺麗な景色に感動し、駅弁を食べたり、時には子供の
様にはしゃいだり、そしてお喋りも楽しめました。

切符の名前のようにみんなが青春時代、いいえ子供時代に
戻ったような一日でした(笑)

孫に元気もらってきました。

2012.08.20.16:52

18日の早朝から津に行ってきました。

今までなら特急で津駅に着くと孫が笑顔で迎えてくれました。
いつも手を振って、駆け寄ってくれたものです。
でもこの春から中学生になって、この日も午前中は部活だという事。
迎えは息子だけでした(笑)

12時過ぎには家に到着。

昼食孫の帰りを待つ?という私に息子夫婦が早くて部活から帰るのは
1時過ぎ遅かったら2時ごろになるというので3人で先に食べ始める。

食べ終わっても帰らないが…パパとママが笑いながら
「そのうちに男のかと思うぐらい真っ黒な顔で帰ってくるよ」と。

やがて1時半が過ぎ…2時になるが…まだ帰ってこない!

20日の月曜日には大会で試合があるし、日曜日は練習が休みだし…
とあれこれ話しながら3人で首を長くして待っていると2時半頃
やっと帰ってきました。

まぁ~ビックリ、真っ黒でユニホームに帽子という姿で自転車で
帰ってきた孫はやはり遠くからは「男の子」に見えました(笑)

今年の5月の連休から3カ月会ってない間に…
チョットふっくらしていた身体も締まり日焼けした顔が確かに
男の子に見えなくも有りません。

ただピンクの鞄だけが女の子らしかったけど…
その中には1,5リットルのお茶とスポーツ飲料が4コのペットボトル
と水筒に入っている。
勿論いつも空っぽで帰ってくるらしい。

「こんにちは~」と私に挨拶してすぐシャワーを浴び、食卓へ。
モクモクと美味しそうに、それも凄い量を食べる様子を見ていた私
は呆気にとられて…「やっぱり男の子かも」と言うとパパとママは
「そうですよ~今は家には娘ではなく息子がいま~す」と(大笑)

食事中でも終わってからも部活の「ソフトボール」の話題を楽しそう
に話していました。

話の中に○○先輩が…という言葉がよく出ます。
やはり、クラブでは先輩後輩の関係はしっかり学んでいるようです。

この夏休みで3年生がクラブ活動を卒業するため、自分たち1年生にも
レギュラーになれるチャンスがあるかもしれないし、次の試合にも
出るチャンスがあるかも…とキラキラした目で話していました(笑)

パパとママも「未だ早いよ~」とは言っていますが…

テレビでは高校野球もしていましたが選手のプレーに対して、懸命に
見たり、あのプレーは先生に習ったとか…真剣です(笑)

パパにも色々聞いたり、よくキャッチボールなどもしているようです。
元々右利きなのですが、打つ時は左の方が有利と言う事で練習して
バッターボックスには左で入っているそうです。

とにかく今はソフトボールが面白いのでしょう。

夏休み中も毎日のように練習に出かけているようです。
でも先日のお盆休み13~15日3日間はお休みだった期間を利用して
東京見物に行ったという事です。

その時の写真を見せてくれたり、色んなお話もしてくれました。

1日目のお台場ではテレビ局のゲームに参加したり、ガンダムを見たり…

2日目はディズニーランドに行き、3日目はスカイツリー、東京タワー
浅草にも行ったとか…両親は疲れ気味だったけど孫は元気に色んな物に
興味を示し有効に時間使ったという事でした。

そんな話を聞いている途中「ばあちゃん、お土産だよ」と言って
スカイツリーの近くにある「ソラマチ」で買ったというストラップを
4個出してくれました。

パパ、ママ、私、そしてばあちゃん4人お揃いだよと!

「Anniversary」…記念日という事で4人それぞれの誕生日が
表示されていました。

私が「うぁ~可愛い」と言うと4つ並べて孫が写真を撮ってくれました。
CIMG6544.jpg

そしてその後4人の携帯に取り付けていました(笑)
そんな姿を見ると「やっぱり女の子だったんだ」と私は一安心(笑)

夕飯には4人で賑やかに手巻きずしを頂き夜はwiiのゲームをしたり…

一番最初にお風呂に入った私は10時前には床につき、いつの間にか
眠ってしまいました(笑)

次の日曜日は部活が休みなので、孫ものんびり過ごしていました。

でも2日間の間に勉強している姿は一度も見ませんでした(笑)

今までのように私にくっ付きまわったり一緒にお風呂に入ったり
お布団を並べて寝たりは今はしなくなりました。

ちょっぴり寂しい気はしますが…
今ではゲームをしても私に手加減したり、ハンディもくれます(笑)
話も対等で私が教えられる事もあります。

今までほど頻繁に会う事もないし、2泊が1泊になる事も…

息子は相変わらず仕事が忙しいようだし、お嫁ちゃんは今回も
たくさんの手料理で私をもてなしてくれました。

3人に会って私も元気がもらえたような気がしました。

夕方帰る時3人で津駅まで送ってくれました。

車を下りた私に孫が後ろから「ばあちゃん又絶対来てね」と言う
言葉に再度元気をもらい大阪行きの特急に乗り込みました。


写真は東京へ旅行行った時、孫の携帯から私の携帯に
送信されたものです。
2012081511490000_convert_20120820130412.jpg                     
                                               
             2012081514440000_convert_20120820130517.jpg

2012081412350001_convert_20120820131804.jpg


月曜日の今日も朝6時何分かに集合場所に集まり、電車で試合会場に
行き3試合すると聞いています。

今頃はきっと又一段と日焼けして、試合も終えている頃かな?と
思いながらこの記事を書いている私です。



















嬉しい対応

2012.08.16.15:57

私と娘はお風呂が大好きなので夏でも浴槽に入浴剤を入れて
ゆっくりお湯に浸かります。

入浴剤も大体同じものを使っています。

A製薬の白く濁ったもので香りも気にいっています。

約1か月足らずで一缶使います。
ここ2カ月位前から残量が後少しという頃に、濁りが薄くなって
いると感じていました。

今までこんな事なかったのに…と思いながらもあまり気にもせず…

8月に入って又新しいものを使い出したのですが、今度は半分も
使用していないのに、殆ど透明です。

量を多く入れてもあの白い濁りはありません。
香りも薄らいでる感じがします。

チョットおかしいなぁ~と思い表示されている説明を読みましたが
成分、効能、使用方法や注意などは書かれているのですが…

娘と2人で「永く在庫していて古い?」「今までこんな事なかった」
「毎月同じ薬局で1缶づつ買っているし?」
「でもこれで3か月同じ事続いているし?」など議論(笑)

今度薬局に行った時ちょっと聞いてみようかな?とも思いましたが
入浴剤の説明書きの一番下に「お客さん窓口」とあり、
フリーダイヤルの電話番号が記載されていました。

以前何処かで分からない事はメーカーに直接質問した方が良いと
聞いた事を思い出し…思い切って電話してみました。

電話番号をプッシュしている途中でも、何百円の商品の事で…と
迷ったのですが、すぐに電話が繋がり女性の声で応答されました。

私が経緯を説明すると、丁寧に「何処に保管されていますか?」と
質問され「浴室に」と私は答えました。

白く濁る入浴剤は吸湿すると濁らない事がありますと…
特に湿気の多い夏場には考えられますねと。
浴室ではなく洗面所などで保管して頂きたいという事です。

私は「分かりました、では今度からそうします」というと、
先方は今使っている商品を引き取り代替品を送りますと。

「いいえ今回は私の方に責任があるので…」と私は断わったの
ですが注意の記述もなかったし、今後の参考にしたいのでぜひ
協力をと言われ、私も従いました(笑)

世間ではお盆休み中にもかかわらず翌日早速代替品は届きました。
丁寧な文面の封書も添えられていました。

そして、こちらから返品した商品は今後の開発の参考にすると
明記もされていました。

私の電話に対応された女性の名前と上司だと思われる人の印鑑も
押されていました。

私は言われた通り途中まで使った商品を宅配便の人に預けました。

初めは何百円の商品だし…窓口に電話するのはどうかな?という
戸惑いもありましたが、丁寧な対応に接しとても爽やかな気分に
なりました。

そして又商品の表示されている「お客さん窓口」が本当に機能されて
いる事を初めて知り、勉強にもなりました。

結果的には思い切って電話して良かったなぁ~と納得。

今後もこの商品をぜひ使っていこうと思った単純な私です(笑)

01hirugao1.jpg







チームワークに感動して…

2012.08.13.11:15

今朝未明全競技を終え最後のイベントの閉会式を最後に
ロンドンオリンピックが終わりました。

私は今回かなりテレビ観戦しました。
リアルタイムで見た競技も幾つかありました。

判定が覆った場面や、無気力試合と判定されたり…という事も
あったけど、日本のどの選手も一生懸命持ってる力を出している
ように私の目には見えました。

印象に残っている素晴らしい競技もたくさんありますが、
今回特に「チームワーク」の良さに感動した事がいくつか有りました。

勿論個人競技にも懸命でしたが特に団体競技に対する結束力の強さ
に私は感心しました。

まず水泳陣は男女とも本当に「良いなぁ~」と思いました。
男子のメドレーリレーが終わった直後のインタビューでのコメント
で「27人で取ったメダルです。27人で一つのリレーをしていた」と
いう言葉には感動しました。

又リレーでの北島選手の頑張り、そしてコメントにも清々しい
思いがした私です。

サッカーでも男女とも監督も含めたバッチリのチームワークを
感じたし、体操やバトミントン、卓球、フェイシング、バレー等も
特に団体戦の試合にはとても素晴らしい「チームワーク」を見る事
ができました。
その団結力が素晴らしい結果をもたらしたのではないでしょうか。

バトミントンの2人で顔を見合わせて「笑顔で楽しんだ」と
いう言葉にはコンビの絆を見る事ができた様に思いました。

又バトミントンの佐藤さやか選手は決勝トーナメント1回戦で
リードしている途中左足を負傷(じん帯損傷)をし、本人は試合続行
しようと立ちあがったが、コーチから棄権申告が出されました。
その時の彼女の悔しそうな表情には私も涙しました。
彼女は宮城県出身なので…思いは痛いほど分かりました。

実は私30年位前にバトミントンをしていた時期がありました。
だから余計気になって一生懸命見ていました(笑)

勿論オリンピックとは全くレベルが違いますが…(笑)
子供の小学校の父兄サークルです。
それでもコーチも付きそれなりに上手な人や大会に出てる人も…

決して運動神経が良いとは言えない私ですが、一生懸命していたし
今思い出すと懐かしく、とても楽しかったです。
私達でもその時のコンビの息で試合が左右されました(笑)

練習が終わった後の飲み会?も目的の一つでしたが…
(食事の時も、お茶だけの時も有ったけど…)
しっかり週に一度笑顔で楽しんでいました(笑)

又重量挙げの「三宅父娘」やレスリングの「伊調千春・馨姉妹」の
家族愛にもとても感動しました。
4年に一度の大会にあれほど集中できるとは…と思いながら
父娘、姉妹二人三脚でのメダルに対する思いに素直に拍手を
送りました。

又卓球の福原愛ちゃんの3歳からの「オリンピックでメダルを」と
いう夢を叶えた努力と根性にはみんな何かを教えられたのでは
ないでしょうか?

なでしこジャパンの決勝戦は4時半に起きて後半はリアルタイムで
見ました。
大きなアメリカの選手と正面からぶつかって戦っている姿には
感動しました。
立派な「銀メタル」だと誰もが思ったことでしょう。

今回メダルを取った人、取れなかった人、みんな一生懸命でした。

又試合直後のインタビューの中で昨年の震災の事を胸に戦ったという
言葉に胸が詰まりました。

本当に心の中にあったから試合後すぐに出たのでしょう。

今回のオリンピックを見て「一つになる、なれる」事の
素晴らしさ強さを感じました。

目的の為一つになったから成功したし、勝てたのでしょう。
チームワークが団結力をより強くするのかもしれません。

又周りの人や家族の応援や協力にも胸が熱くなりました。

以前は私もメダルには拘らず参加する事に意義があるのではと思って
いた時期がありました。

でも今回のオリンピックを見てメダルという目的が人を成長させる
のかなと感じました。

今までもオリンピックは見ました。
でも今回ほどテレビの前に釘付けになった事はなかったと思います。

昨年から震災や暗いニュースやばかり映し出されている時はテレビを
見る気になれなかった時もありましたが…

自分たちの権力や都合の為、同じ党でも争い事が絶えず、
各党間でも駆け引きや思惑ばかりが露出しています。
国民の為?にと考えた事あるの?…と首をかしげたくなる
何処かの政治家さんにぜひ見習ってほしいなぁ~

そして、しっかり結束して日本国民の為に行動して欲しいものです。
そんな姿が見えた時、きっと国民みんなが今回のオリンピックの
ように応援するのではないかなぁ~などと思った私です(笑)

7月25日になでしこジャパンが好発進してから19日間、殆ど
毎日感動をもらう事ができました。

そして、このような平和の祭典が長く続くよう祈りたいと思いました。

選手の皆さん感動をありがとう~本当にお疲れさまでした。

CIMG6538.jpg



高校時代の夏休みの想い出。

2012.08.11.17:38

先日から第94回夏の高校野球が始まりました。
私はこの時期、高校球児を見ると想い出す事があります。

高校へ入学した最初の夏休みに中学時代の友達から手紙が来ました。

私は男女共学の公立高校、手紙をくれた彼女は私立の女子高でした。

手紙の内容は文通友達を紹介したいという内容でした。
当時文通が流行っていたと思うのですが…

女子高の彼女の学校と私立の男子校の学校が交流あるらしく、
お互い文通したり、また文通相手を紹介しあったりしていました。

彼女は私にO高校の野球部の男子を紹介したいと言ってきたのです。
当時O高校の野球部は甲子園までは届かなかったけど…
大阪大会ではベスト8に進む事もよく有りました。

紹介者の彼女も信用できたし1学年上でO高校の野球部のレギュラー
と聞いた私は喜んで文通をOKしました(笑)

名前は確かT君だったと思います。

彼から最初にきた手紙を見て、ビックリ…
詳しい字は覚えていませんが、高校生?と思う字で誤字も多く…
今思えば失礼な事ですがとにかく笑ってしまいました。

でも友達にも悪いし…書いてる内容は分かったし興味ある野球部の話
も聞く事ができたし、月に2回位のペースで文通を続けました。
郵便が届くのを楽しみにしていた事もありました。

携帯やPCを誰もが使っている今では考えられない事ですが…

特に野球部の厳しい練習や先輩後輩の付き合い方等の話はとても
面白かったし文面での話も次第に弾みました。

当時浪商の尾崎行雄投手の剛速球の事はよく話題になりました。
実際に対戦した先輩がいるとか、いつか自分も対戦したいとか…
あの頃大阪では「浪商の尾崎投手」は有名人でした。
私もあの雄姿には憧れていたので、よく覚えています。

でもいつも手紙の内容は野球の事ばかりでした(笑)
当時から野球観戦が好きな私は嫌ではなかったのですが…

そのうちに彼からの封書の中に写真が入っていました。
やはりユニホーム姿でバットを真剣に構えている写真でした。
結構決まっていました(笑)
顔は覚えていませんがポーズはなんとなく覚えています。

私の写真も送って欲しいという事でした。
恥ずかしいし、どうしようと思いながら…これしかないと言って、
紹介してくれた彼女との中学時代の2ショット写真を送りました(笑)

年が開けると、今度は私の誕生日が近いからと「ピンクのボールペン」
が送られてきました。
最初お互いの自己紹介の時に生年月日を書いたので…

男性から初めてもらった誕生日プレゼントだったと思います。
そこには春になったら一度会いたいと書き添えられていました(笑)

当時とてもウブだった私はそんなことは出来ないと、必死で断わりの
手紙を書きました(笑)

「あくまで文通友達でいたい」「会ったりすることは考えていない」
「貴方は野球を頑張って欲しい」等書いたと思います。

事実彼は打順も4番で野球選手としては実力者だったようです。
裕福な家庭で大学でも野球を続けたいと思っていたようでした。

結局新学期が始まって、彼も3年生になり大学進学に向けて
頑張って下さい、応援していますと私は最後の手紙を…

その後の事は全く分かりません。

8カ月位の短期間の文通友達でしたが、私にとっては初めての事
ばかりだったので今でも覚えているのでしょうね。

あの時彼に会っていたらどうなっていたのかなぁ~(笑)

夏の高校野球の時期になると今でも想い出す50年前の高校生時代
のとても懐かしい私の想い出です。

060714-asagao-thumb.jpg

G,Nコンビでランチと笑談!

2012.08.09.13:25

先週ナビのサークル「楽しく歩こう」の管理人Gさんから
久しぶりに「ランチしない~」とお誘いがありました。

勿論私は「は~い、楽しみにしています~」と即返事。

9月のサークルの予定も立てたいし…という事でした。

そして先日いつもの待ち合わせ場所で11時半に会いました。
1カ月ぶりに会う2人でしたが「うぁ~久しぶり~」と早速ランチに…

まずは最近のお互いの情報交換から始まり、色んな話が次々と…

しばらくして席を喫茶店に移し、やがて今回の本題に入りました(笑)

まず先月の「一周年の食事会」が無事終わって良かったねと…
そして今月の「青春切符」を使っての電車の旅も楽しくなるようにと…

9月からの秋の予定がまだ全く決まっていないので、どこか候補地を
考えてくる事とお互い宿題を出していました(笑)

早速お互いの宿題を披露…2人ともメモをとりこの時は真剣です(笑)
「9月は未だ暑いから、きつくないコースが良い」
「でも山の上は涼しいよ~」「みんなが喜ぶコースは?」
「やっぱり紅葉は京都かな?」等…
大阪、京都、奈良、和歌山方面と各々2か所位次々候補地が上がった。

2人で顔を見合わせ9,10,11月でこんなには行けないよと言うと…
じゃ~何箇所はオプションにしましょうかとも…(笑)

あまりにも候補地が多く上がったので…気の早いGさんは
「今年は京都に初詣行ったので来年は奈良にしましょうか?」
「え~もう来年の事、鬼が笑うのでは~」と2人で大笑い!

正直、会を立ち上げた当時は二人で「何処が良いかなぁ~」と
思案した事もありました。

ホント最近では面白いほどお互い意見や案が出る!
「いつも、みんな喜んでくれる」 「みんなの歩ける脚力も分かった」
「今では気心が知れて、とにかく楽しい~」と…見解が一致(笑)

最初の頃は「健康のために無理せず5~6kを楽しく歩こう」という
のが会の趣旨でした。
でも実際歩いてみると、皆結構歩けます。それも元気に楽しく…

最近では8~10kの距離や平坦な道より少し山道を…選択する事も。
特に参加男性陣の笑顔がいつも私達を気持ち良くさせてくれます。

殆んど私より年長者の彼らを「可愛い子供」と勘違いする時も(笑)

ハイキング行った後には掲示板に写真を投稿し、お互いコメント等も
入れ2度楽しみます。(掲示板を提供してくれているYさんに感謝)

又コースについても協力してくれたり、アドバイスしてくれる人も…
とにかくチームワークが良く皆さん協力的です。
なによりも1年続いたのはこのようなみんなの協力があったからだと
改めて2人で確認しました。

話の途中でも以前下見に行った時、筆記用具や歩数計、地図等は
持って行っても途中で調達するつもりだった昼食の用意を忘れた
失敗談(それも2度)や、とても親切な人に会った事等を思い出し、
反省したり又笑ったり…

時々笑いすぎて顔のシワが気になります(大笑い)

サークルの話が終わった後はガールズ(?)トークもあったり…
でも話の中身は内緒で~す(笑)

結局ランチしてお喋りして2人で楽しんでいるのかも…(笑)

4時過ぎ、9月に入れば今回候補にあがったコースを、少しづつ下見
に行く約束をしてその日2人は別れました。

蜑」螻ア_convert_20120808093539



姪っ子の引っ越し。

2012.08.07.17:25

先週末近くに住む姪が子供を連れて私の家にきました。

2009年の3月に結婚して私の家の近くで住んでいます。

半年早く結婚した彼女の姉も同じ区に住んでいました。

子供の時からとても仲の良い姉妹でした。
今でもお互い子育てしながら仲良く助け合っているようです。

彼女達が結婚した当時は両親が北海道に住んでいた事も有り、
こんな頼りない叔母の私でも、嬉しい事に多少頼りにしていて
くれたようです(笑)

今までにも何度か姉妹揃って訪ねて来てくれた時も有りました。
出産前は時には私を含めた3人で「女子会」のようなトークも…(笑)

でもよく出かける私と彼女たちとはお互い都合の良い日が合わず…
残念な時も有りました(笑)

数ヶ月前に姪っ子から今度引っ越す事になったと報告を受けました。

新築のマンションを購入して、8月には引っ越す予定だとも…
聞いた時はまだ8月までは日があると、あまり実感なかったのですが
先日来た時には、この中旬に引っ越す手配も出来たと聞いて、やはり
少し淋しい思いがした私です。

昨年1月末にできた赤ちゃんも、早1歳6ヶ月を過ぎ可愛い盛りの女の子です。
先日来た時も機嫌よく遊び、時間の経つのもあっという間でした。

姪母子とは近いという事で乳母車乗って出かけている途中や近くの
スーパーでも偶然何度か会いました。

今思えばこの姪の姉の方が仕事辞めて、しばらく毎日どうして時間
を過ごそうかと思案している私にPCを薦めてくれました。

当時彼女は「ブログ」を書いていて、時には私の事も…
私も何度かコメントを入れました。

今私がブログを書いているのも彼女の影響もあるのかも…
そして今は彼女が私のブログを読んでくれています(笑)

ちょうど母が認知性のまま亡くなった後でもありました。
彼女の後押しもあってPCを始めた私でした。

PCの操作は近所に住んでいて今度引っ越す妹に私は何度か
「ヘルプ」をお願いしました(笑)

私の方が姪っ子達にお世話になっていたのかも…

聞けば今度の引っ越し先は、去年の春北海道から大阪に戻った
親(弟夫婦)の近くだという事です。

私も安心しました。

姉の方も来春には新居に引っ越す事が決まったと報告受けています。

どちらも今は子供(共に女の子)にも恵まれ親子3人仲良く暮らして
います。

ちょっと寂しくなるけど、2人とも念願のマイホームを持てたのです。

叔母の私としては「おめでとう」と笑顔と拍手で見送りたいと思っています。


CIMG6342.jpg

屋上から二か所の花火を…

2012.08.05.13:59

先日マンションのエレベーター内に張り紙がありました。

「8月1日屋上を開放します、PLの花火を観ましょう」と!

10年以上住んでいるけどこんなの初めてです。
6月末に終わった大改装の時に屋上に柵を取り付けた事もあっての
ことらしいです
以前最上階の11階からは毎年花火が見えると聞いていました。

私の住んでる8階からは何年か前までは天神祭の花火も見えましたが、
今は高いビルが増え、「ドォ~ン」という音が聞こえるだけです。

淀川の花火は今でも遠くに見えます。

大阪では8月1日は「PLの花火」と言われて有名です。
1953年から行われている行事です。
毎年25万~30万人の人出があると言われています。

正式名は「教祖祭PL花火芸術」というそうです。
近くで見る迫力はすごく、特に最後は夜空一面真っ赤になった
光景を覚えています。

今年も25000発の花火が打ち上げられるという事。

昔、堺に住んでいた頃には何キロか離れた場所から見ました。

大阪市内に来てからも何度か行きましたが、とにかく車でも電車でも
帰りの混雑が凄く最近では行っていません。

ここ大阪市内から富田林まで、直線距離にして25Km位は有る
(車では約1時間はかかる)PLの花火がどんな風に見えるのか
8時ごろ屋上に上がってみました。

すでにかなりに人が集まっていました。
そして「うぁ~見える~」という声も…聞こえました。

屋上全体が解放されているわけではないのでほぼ満員に近い
状態でした(笑)

カメラで撮っている人もかなりいました。
「私のデジカメで撮れるのかな?」と思いながら部屋に
カメラを取りに戻りました(笑)

「これだけよく見えたら、嬉しいね~」「さすがに音は…」
「でもかすかに音も聞こえるよぉ~」

何度も「うわぁ~綺麗~」「スゴイ~」と歓声も上がる。
私の後ろにいる人は「以前二上山の上から観た事ある」と。
「南海の金剛から観た」「毎年2万発は上がるらしいよ~」
など誰となく話している声も聞こえました。

1日の日は強い風で暑さも感じず、普段入口には鍵がかけられ
上がる事のない屋上からみんなで花火を楽しめました。

若い家族や子供たちが多かったけど…
マンション内の親睦もはかれたのかなと思いました。

カメラでは上手く撮れませんでしたが、私の目にはしっかり
PLの花火を観る事が出来ました。

やはり、かなり遠くからの花火観賞でしたが、私も含めマンションの
みんなは大満足し、とても喜んでいました。

それで昨日の淀川の花火も…という事で誰かが理事会の役員さんに
お願いして、再度屋上を開放してもらいました。

今回は音もかなり聞こえ、大きく花火を観る事もできましたが
前回より人も多くカメラに収める事は難しかったです(笑)
CIMG6500.jpg

8階からでもなんとか見える私は部屋に戻りベランダからゆっくり
見る事にしました。
屋上ほどではないけどビルの間から綺麗な花火を観る事ができました。
向かって右手の小さな灯りが花火です(笑)
時々はもっと高く大きく見える事も有りましたが、見る事に夢中になり
残念ながら写真に撮る事は出来ませんでした。
CIMG6519.jpg

最近では夜、人混みに出る事はさすがに躊躇していたのですが、今回
マンションの屋上からの「花火観賞プレゼント」に思わぬ夏の風物詩
を何年振りかにニ度も楽しむ事が出来た私です。




西日本第二の高峰へ…

2012.08.02.17:23

ハイキング仲間との旅行2日目は日本百名山の1つ徳島県の剣山へ!

剣山は標高1995m、西日本第一の石鎚山(愛媛県)に続き
第二の高峰です。
以前から石鎚山は厳しいが、剣山は名前とは裏腹に初心者でも
大丈夫なコースだという事を聞いていました。
(車と登山リフトで標高1700mまで行けるので…)

少し早めにホテルを出発…
国道438号線で標高1400mのリフト乗り場の見ノ腰駅まで、
いくつかのヘアピンカーブを進みました。
途中クーラーを切り車の窓を開けると心地良い風が…

やがて見ノ腰駅に到着。
歩いて登っている人もいましたが、私達は勿論リフトへ(笑)

約15分間で最初はかなりの傾斜ですが、段々緩やかになり
途中の景色を楽しみながら一気に終点西島駅へ。
CIMG6276.jpg

リフトを降りると色鮮やかな花が目に入りました。
CIMG6330.jpg

ロープウエイの足もとにもたくさんあった南国クガイ草。
CIMG6278.jpg<

シコクフウロ
CIMG6324.jpg

ここからは私達の予定しているコースは片道約1Kです。
でもやはり少しキツイ坂道が…
CIMG6323.jpg

歩くと汗も出るが、休憩に立ち止まると爽やかな風が顔に当たり
とても気持ち良いです。

やがて中間地点に到着…後560mで~す。
CIMG6288.jpg

頂上に着きました。
CIMG6294.jpg

山頂は木歩道になっています。
以前は自由に歩く事が出来たのだが、そのためにハゲ山になり
土や岩がむき出しで一面が茶色にだった。
歩道を作った事により今は笹(ミヤマクマザサ)が生えて緑が
復活したという事です。
CIMG6295.jpg

最頂上では少し曇っていましたが、それでも空の青さと雲の近さを
実感する事が出来ました。
思わず「気持ち良い~」と声が出ました(笑)
CIMG6296.jpg

CIMG6298.jpg

CIMG6313.jpg

私が楽しみにしていた山頂のお花畑には殆んど花が無く…
アザミやシコクフウロが少しだけ…

この時期、宮尾登美子の小説「天涯の花」のモデルになった
キレンゲショウマが観えると楽しみにしていました。

帰り、リフト乗り場で係りの人にその事を尋ねてみました。
最近は夜、山頂は鹿に花を荒らされる事が多いとの事でした。

でも帰りのリフトから少し見えますよと教えてもらい、
私はしっかり目を開いて下ばかり見ていました(笑)

見えた~とシャッターを押しましたが…
CIMG6337.jpg

でもニッコウキスゲは足もとにたくさん見る事が出来ました。
行きも見えたはずだが…前方の上ばかり見ていたのでしょう(笑)
私達は帰る時間でしたが、今から登る団体さんがいました。

ところが見ノ腰駅へ帰ると…お店の前にこんなサービスが…
鉢植えの「キレンゲショウマ」が…(笑)
CIMG6340.jpg

そして写真のサービスも…キレンゲショウマ

今回以前から憧れていた剣山の頂上に立つ事が出来、
とても嬉しかったです。

やはり大阪からでは簡単に来る事の出来ない山に又一つ良い
思い出ができました。

そして暑い中、長い距離を2日間安全運転をして下さった仲間に
心から感謝した私です。

プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR