滝畑ダム~滝畑四十八滝を楽しく歩きました。

2012.09.29.16:38

昨日「楽しく歩こう」オフ会で3ヶ月ぶりのハイキングに行きました。

コースは河内長野の滝畑ダム~滝畑四十八滝.

参加者は今回初参加の2名を含む6名でした。

難波駅のホームし集合、予定時間より早い急行に乗車。
約30分で河内長野に到着しました。
CIMG7163.jpg

次にバスで滝畑ダムサイトまで…
バスの中から実った稲穂や棚田、あぜ道の彼岸花を観ながら…
CIMG7164.jpg

30分強でバスを降りて、ダムを右手に観ながら歩きました。
とても良い風景でした。
CIMG7167.jpg

CIMG7172.jpg

CIMG7171.jpg

お天気が良くチョット暑いけど木陰に入ると、とても気持ち良い。
又道端には色んな花が咲いていました。
CIMG7183.jpg

CIMG7182.jpg

CIMG7191.jpg

青い秋の空にススキやコスモスも映えます。
CIMG7198.jpg

CIMG7220.jpg

ガードレールの上では赤トンボも私達を迎えてくれました(笑)
CIMG7200.jpg

やがてお昼になりみんなでお弁当を食べました。

今回初参加したHTさんが家で栽培したハーブや抽出したハーブ水等
をみんなに持参してくれました。
食後その中の「レモングラス」と「ステビア」でいつもご家庭で
飲んでいるというハーブティを作ってくれました。

ちょっと甘くて、とても美味しかったです。
CIMG7203.jpg

食後もみんなで歩きながら「ムカゴの木」や「落ちてる栗」を見つけ
ては昔の子供の頃の話に花を咲かせながら滝を目指しました。
CIMG7201.jpg

とてもお水が綺麗でした。
キャンプ場やバーベキューがで出来る場所も有りました。
CIMG7289.jpg

やがてチョット、キツイ坂道を行くと滝が見えました。
CIMG7272.jpg

CIMG7262.jpg

マイナスイオンをたっぷり吸った私達は帰りの道を歩きました。
CIMG7231.jpg

今回初参加の2人の人達とも初対面とは思えない位和気あいあいの
雰囲気の中、周りに見える山や田園風景を楽しみながら心地よく
秋の一日を歩く事ができました。

6時頃、難波に着いて用事のある1人を除き5人で食事した後
久しぶりの楽しいハイキングオフ会を終えました。




スポンサーサイト

萩を追いかけて京都へ…

2012.09.26.16:48

昨日Gさんと萩を観ようと京都に行きました。

まず京阪出町柳駅から100mの所にある萩の寺として有名な常林寺へ。
CIMG6971.jpg

境内には身も隠れるほどの紅白の萩が覆いつくしていました。
CIMG6987.jpg

CIMG6977.jpg

CIMG6985.jpg

CIMG6983.jpg

CIMG6986.jpg

前には鴨川が流れ、京都らしい風情が感じられます。
この日は風が強く柳も…
CIMG6996.jpg


私達は鴨川を渡り20分位歩き、今度は萩の宮と言われる梨木神社へ。

梨木(なしのき)神社は京都御所の東隣りに位置し明治18年に創建され
萩の宮と言われ萩の名所です。
境内には数百株の萩が植えられているそうです。
CIMG7057.jpg

CIMG7041.jpg

境内の萩には一般の人が詠んだ俳句の短冊がたくさん見られました。
17日の敬老の日には「府市民俳句大会」が行われたようです
CIMG7036.jpg

CIMG7047.jpg

CIMG7005.jpg

CIMG7008.jpg

CIMG7017.jpg


又境内に沸きでる染井の水は京都三名水のうち唯一現存する名水です。
この日もペットボトルを持って何人かの人が水を汲んでいました。
私達も一口だけ頂きました。
甘くてまろやかな味でした。
この水で入れるお茶はきっと美味しいでしょうね。

時間を見るとちょうど12時になっていました。
私達は昼食場所を見つけ、ゆっくり昼食をとりました。、

今回は4か所の萩を見て回る予定でした。
午前中の「常林寺」「梨木神社」ともしなやかに垂れた枝が風に
揺れる萩はとても優美な姿でした。

萩は万葉集で最もよく詠われる花だという事が分かるような
気がした私です。

午後はバスで移動し「真如堂」と「迎称寺」へ行きました。
この2か所でもとても趣のある萩に会う事ができました。

残り2か所の萩は又次回にアップしたいと思います。


彼岸花の名所仏隆寺へ

2012.09.23.16:12

19日に彼岸に入ってから、やっと秋の気配が感じられるようになり
以前からこの時期彼岸花の名所と聞いていた奈良県宇陀市の仏隆寺
へ一昨日行ってきました。

仏隆寺は春には、樹齢900年を越える千年桜でも有名なお寺です。

又空海が唐から持ち帰った最古のお茶を栽培したと言われ
大和茶発祥の地ともされています。
国道から外れ細い道を山の方へ入って行くと、200段あるとされている
石段の両側に彼岸花が見えました。
やはり、この日もかなりのハイカーで賑わっていました。
CIMG6939.jpg

CIMG6926.jpg

20110924113105_convert_20120922210635.jpg


やがて山門が見えました。
CIMG6890.jpg

中へ入ると黄色や白の彼岸花が…
CIMG6891.jpg

本堂へお参りした後、お抹茶を頂きました。
CIMG6894.jpg
CIMG6907_convert_20120921232259.jpg
         CIMG6902_convert_20120921232833.jpg

お抹茶を頂きながらお寺の人に聞いたところ後3~4日で彼岸花は
満開になり、石段の両側を真っ赤にするとの事でした。

それを聞いた私達にはチョット残念でしたが、10万本あるとされる
彼岸花の郡生地を充分楽しむ事ができました。

子供の頃は親から彼岸花は有毒だと聞かされ、田んぼやあぜ道で
見かけても遠くから眺めていただけでした。

いつだったか、あんな綺麗な花が毒性だと言う事に納得がいかず
「どうして?」と聞いた事があります(笑)

父親から「ノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを防ぐために」
彼岸花の毒性のある球根を植えたと聞きました。

触れると吐き気や下痢を起こしひどい時は神経をマヒさせ
死に至る事も有ると…驚かされた事も。

彼岸花を堪能した後も、大和路には秋を思わせるコスモスや
ススキも見る事ができました。
CIMG6950.jpg


長かった夏も終わり、久しぶりに郊外で心地良い秋風を全身で
受け、大和路での秋の花と田園風景をたっぷり目でも楽しむ事
ができ、大満足して帰ってきた私です。










夫婦喧嘩は犬もくわぬ…でした。

2012.09.20.17:03

先日昼食を済ましてしばらくした頃、友達から慌ただしい声で
「今からチョットお邪魔していいかな?」と電話がありました。

「いいけど…どうかした?」と聞くが「行ってから話す」と…

30分ぐらいで彼女は到着しました。
「どうしたの?」と聞くと「主人と大喧嘩して、家を出てきた」
「暫らくは帰らない」と言うのです。

私は「まあ~落ち着いて」と冷たいお茶を出しました。
一息ついたようでポツリポツリと彼女は喋り出しました。

喧嘩の原因は昼食に出した煮物の味付けの事だと言うのです。
彼女のご主人は元々血圧が高く又最近では血糖値、コレステロール
中性脂肪の数値が上がりお医者さんからも食事療法をすすめられて
いるとの事。

彼女は毎日気を使って食事を作っているが、どうしてもうす味に
なり、ご主人の好きなお肉等も控えてるとか…
食事の度に「味がうすくて美味しくない」と子供のように駄々を
こねたり「寿命が短じまっても良いから好きなもの食べたい」と。

それにご主人はお酒は飲まず、甘いものが大好きです。
勿論甘いものも控えているらしい。

ご主人も頭では分かっていても自分の好きな物を食べられない事に
ついイライラして奥さんに八つ当たり?するようです。

身体の為に…という奥さんの言葉にも「お前はそればっかり」と…
こんな事もあんな事も言われたと一気に話していました。

ご主人は職人さんで今でも家でお仕事は少しづつ続けています。
24時間顔を突き合わせているので…大変だと思います。

でもどこへ行くのも2人で私から見れば仲の良い夫婦です。
どちらかといえば旦那さんが奥さんをリードして旅行等行っています。

子供たちも独立してとても優雅に暮らしている家庭です。
実家が九州の奥さんを両親が健在な時は長期間里帰りをさせてくれた
と彼女もいつも感謝していました。

今の不満を一気に話した後、少し落ち着いたのか以前の良かった
楽しかった出来事を話し出しました。
私も「そうだったね~」「羨ましいと思っていたよ」と…

途中熱いコーヒーを入れた頃には彼女の顔に笑顔が戻っていました。
そして「でも最近主人の数値はかなり良くなってるのよ」と…

「貴女が頑張ったからでしょう、じゃ~もう少し頑張って~」
「ご主人もきっと分かってくれているよ」という私の言葉に
「うん、そうやねぇ~私がしないと誰もしてくれないし」と彼女。

その頃から彼女は時々携帯を見るようになりました。
そして「もう4時過ぎやね~」と…(笑)
チョット里心?ついたかな?と思いながら
私は「うちは時間大丈夫だよ~」と(チョット意地悪かな?)

それからしばらく世間話などしている時彼女の携帯が鳴りました。
「お父さんからやわ~」と私の顔を見ながら電話にでました。

私は一瞬ちょっとドキッとしたのですが…
「うん大丈夫、今○○さんのとこ、もうすぐ帰ります」だって(笑)

電話を切って私に「ゴメンね、心配かけたけど…やっぱり」と
照れくさそうに言う彼女に「分かった、やはり帰った方が良いよ」
と私も言いました。

それでもチョット心配だった私は「ご主人なんて言ってた?」と
尋ねると「大丈夫か?今何処に?もう5時やで」と言ったそうです(笑)

勿論それからすぐ彼女は帰る態勢に入りました(爆笑)

何時間か前に来た時の表情とは全く違って柔和な顔になっていました。

色んな事を吐き出したから?ご主人から電話有ったから?
多分そのどちらもが彼女の表情を変えたのでしょうね。

彼女の話を聞きながら、少し時間が経てば多分大丈夫だとは思って
いましたが、やはり心配な面も有ったので、私もホッとしました。

3時間強の家出で一件落着したようです(笑)

「ゴメンね、迷惑かけたね~ありがとう」と言いながら無事家に帰る
彼女を見送りながら「夫婦喧嘩は犬もくわぬ」とはまさにこの事
なんだとつくづく思いました(笑)

彼女夫婦とは私が40歳頃からの付き合いです。
10年位前までは私が色々話を聞いてもらったり、お世話にも
なりました。時には家に食事を招待してくれた事も…

今回のような形で彼女が私の家に駆け込んだのは初めてです。

私がお世話になった分から見れば、ほんのほんの少しですが
なんだかチョットだけでも役にたてて恩返しできたかな?と
自分一人で思っている私です(笑)

そして改めてこの年代の健康管理の大切さを痛感しました。

DSC00135.jpg

街中の可愛いギャラリー

2012.09.17.16:28

以前から私の住んでる区内に子供たちが書いた絵画のギャラリー
があると聞いていました。

1ヶ月位前に偶然テレビで紹介されているのも見ました。

先日その近くに所用があったので良い機会だと思い覗いてみました。

大阪市からの許可も得て、みんなの交流の場にと…
CIMG6875.jpg

護岸壁には思っていたより力作が、20m位に並んでいました。
小学生が描いた夢のある絵、元気をもらえる絵がたくさんありました。
CIMG6854.jpg

CIMG6862.jpg

CIMG6856.jpg

CIMG6853.jpg

CIMG6858.jpg

CIMG6857.jpg

CIMG6859.jpg

私は思わず見とれてしまい一度端まで行って、もう一度戻りました。
色使いも、とても明るく子供の素直な心が伝わるような気がしました。
どの絵も本当に何度見ても気持ちが明るくなります。

作品は時々変わって展示されるそうです。
また日が経てばぜひ行ってみたいと思いました。


このギャラリーは以前はコンクリートの壁面で汚れていましたが
堤防を綺麗に掃除して区民から将来の夢を募集して平成16年に完成
したと言う事です。

この近くには幼稚園、小学校、中学校もあり、大きな商店街も有り、
日ごろからかなりの人で賑わっている場所です。

又この辺りは車の通行量も多く交通事故も決して少なくないところです。

でもこの子供たちのギャラリーで大人も子供も気持ちが癒され温もりを
感じる事ができたら良いのになぁ~と思って帰ってきました。

そしてこの子供たちが今の素直で明るい気持ちを持ったまま
育ってくれる事を祈った私です。

エンディングノートについて…

2012.09.14.16:38

先日何カ月ぶりの友と会った。

久しぶりに大阪に来たのでランチした後、我が家に来てもらった。

滋賀県に住んでいる彼女とは最近では年に5~6回会う位です。
電話やメールでは時々連絡するのですが…

特に彼女は年に何度も海外へ行く。
今度もこの9月中旬からハワイで1か月過ごすようです。
滞在中1度位は長い文のエアメールが届く事も…
先日も別れ際に今度は「紅葉の頃に会おうね~」と約束しました。

会えばいつでも本音で話します。
お互いの生活も性格も理解し合っているつもりです。

その彼女が急に「エンディングノートって知ってる?」
「今から書いておくつもりだ」とも言うのです。

名前からは大体想像できたのですが…
私はよく知らなかったし、考えた事もなかった。

「エンデングノート」といえば昨年10月にドキュメンタリー映画と
して公開されている。
私は見ていないが当時話題になったという事です。


「まだ早いのでは?」と私は一瞬思いました。
彼女は私より4つ若いのですが、男の子はいないし
娘さん2人はすでに家庭を持っています。

私の「え~今からもう書いておくの?ちょっと早いのでは」という
言葉から、色々2人でかなりの時間語り合いました。

エンディングノートは遺言書と違い、法的効力はないけど
規定された書き方ではなく、自由に書き入れる事ができるので、
自分の気持ちを素直の書けるし、費用も1000~2000円位で済む。

勿論財産分けするものもない私には遺言書は関係ないが…(笑)

自分の延命治療や葬儀や納骨、供養等についても自分の意見や
要望等を書いておくと子供たちも迷わずにすむ事でしょう。

又残された人への想いやメッセージも書いておける…等と。

ではいつ書けばいいのかな?と2人で考えました。
毎年誕生日やお正月に書いて、定期的に見直し書き変えても…

私は話をしながら納得して行く自分を感じていました。

私も母が入院した時お医者さまから延命治療について聞かれた時
姉妹で話しましたが…やはり本人の意思が入っていたら私達も
スッキリしたと思います。

母は10年以上認知性でした。
まだしっかりしていた時の母の思いを知っていたらと思った事も。

以前彼女の父親の葬儀は立場上もあってかなり盛大なものでした。
それを見た90歳以上になった母親から、常々言われていたのは
「お葬式は身内だけでひっそりして欲しい、でもその分好きなお花
だけは式でもその後仏壇にも、たっぷり供えて欲しい」と言う事。

彼女は希望通り「家族葬」で母親の好きだった花をいっぱい供えて
見送ったのですが周りからはかなりの反発を受けたそうです。
私は当時の母娘を知っていたので「なるほど」と納得したのですが…

私も普段から子供には延命治療は要らないと口では言ってます。
でもチャンと書いたものを残していた方が子供の為にも良いのかも。

今回彼女と何時に無く、真剣に話しました。
いつもは遊びの事や他愛無い会話が多いのですが…(笑)

時間にすれば2時間近く話したと思います。
今回こんな話がでたのを機会に私も考えてみようかなと思いました。

今すぐでなくてもゆっくり時間をかけて…
自分の気持ちに素直に、考えや想いを書けたら良いのでは…

できたら子供や孫 妹弟、友達にも伝えたい事やメッセージなど
書いていても良いのかもしれない。

何年か毎に見直し又書きかえる事も出来るのではないか。

何も大げさに考えなくても…

もし自分が子供の立場だったら…等と
頭の中で思い巡らせながら話していました。


彼女はすでにノートも準備しているそうです。
書く事も大体決めているようです。

私は突然話を聞いてチョット驚き迷っているのも確かです。
折角2人で時間をかけて真剣に話したのだし…
まだちょっと早いような気もするけど…(笑)
別に既定のノートではなく何かに書いても良いのかもしれない。

でも近々実際に「エンデングノート」を一度手にしてみよう~
すぐに書けるかどうか分からないけど…
何かスッキリ?するかも知れないと今は思っている私です。

蜑」螻ア_convert_20120808093539





素敵な先輩からの贈り物。

2012.09.11.17:05

私は2年前の5月に「シニアナビ」に入会しました。

入会して1カ月後位にGさんから始めてメールを頂きました。

最初は1週間に1度位のペースでメールのやり取りをしていました。
お互いの紹介や出来事を書いたりしながら月日は経ちました。

メールで家族や友達の事、趣味なども紹介しあいました。
その頃からGさんは多趣味でした。
ピアノ、ジャズ、カードなど…
以前はカードの教室も持っていたが、ご主人の看病で教室を閉鎖
したことなども聞きました。

私との趣味の共通点は自然が好き、緑が好きという事でした。

去年の1月に初めて会い、ランチをしました。
その後は造幣局の通り抜けに行ったり、京都へも行きました。

6月3日(手帳に記していました)初めて吉田山~哲学の道など
4~5k一緒に歩きました。
その時ナビにも5~6キロ位楽しく歩けるサークルないのかな?
という話をしました。

私が冗談半分で「Gさんサークル立ち上げたら~私も協力するよ」と。

彼女は結構本気で「立ち上げたら全面的に協力してくれる?」と
私は「勿論します」と即答。

早速何度か会ったり、メール等でサークル名を考えたり…
色々企画を立てたり…

でも私自身半信半疑でした(笑)
Gさんは着々と行動を開始、名前も「楽しく歩こう」と決定。

一方私は3月頃から「ブログ」に挑戦しようか?迷っていました。
でも中々決心がつかず…
4か月位迷ったあげくやっと6月末に決意しました(笑)

1っヶ月足らずで何もかも決めて
昨年の7月1日サークル「楽しく歩こう」が誕生。

4か月かかって、やっと私も同じ日に「ブログ」デビュー(笑)

今年の7月でサークル「楽しく歩こう」は丸1年過ぎました。
Gさんの頑張りと私の少しのお手伝いで続けて来られたのかな
と思っています。


またGさんはブログ「Art Card Square」でカードをアップ。
季節の花や風物のカード お誕生日やお祝いカードなど
彼女のオリジナルの図案でたくさんのカードを作ってきました。

私も彼女がブログをアップする度に楽しませてもらっていました。
時には作った過程を聞いた事も有ります。

まず写真や実際の花等を見てデザインをイメージする。
(思いつくまでに時間がかかると聞いた事も…)

その後カッターナイフでカットしていくそうです。
(ゴメンナサイ、書くと簡単に思えるかもしれないけど…)
決してそんなことはないと思います。


そして今回オリジナル図案で作品を作り続けて10数年経ち
一区切りとして作品集をご自分で製作したという事です。

アルバムにするのに約1ヶ月かかったということです。
私は途中の苦労や大変さも聞いていました。
部数も約20冊発注し、出来上がったアルバムを家族や親戚
恩師に差し上げたという事です。

でもその内の一冊を私も頂きました。
40ページに及ぶアルバムには私が見た事のあるカードも…
CIMG6831_convert_20120910161503.jpg

秋カードの一部です。
CIMG6836_convert_20120910161332.jpg

CIMG6837_convert_20120910161418.jpg


何日か前私に「もらってくれる?」と言われビックリしました。
でも「頂けるなら喜んで…」と私も返事させて頂きました。

早速数日前に私の手元に頂きました。
とても嬉しいメッセージも添えられていました。
メッセージセーカードにはお互いハンドルネイムではなく本名で…
CIMG6843_convert_20120910161543.jpg


Gさんとはナビで知り合い2年足らずのお付き合いです。
今ではナビやサークル以外でも友人として色んな話もします。
彼女はとてもお姉さんです(歳ではなく)
行動力もあり、考えもしっかりしています。
なによりも前向きでいつもパワフルです。

また車が好きで一人で思いつきで信州まで行った事も有るとか…
私とも紫陽花見物や、時には2人でG太郎さんのギャラリーで見た景色
を追いかけて能勢に行ったり、Bさんが絶賛してた温泉に行った事も。

時々物事の判断力が男性ではないかと思う時も…(笑)
でも女らしい一面もあって、一瞬「若~い」と感じる事も…


Gさん昨日、今までのブログに区切りをつけ、新しくリニューアル
するとお礼と報告の記事を書いていました。

きっと又新たな「キラキラ」した内容のブログがアップされる
ことでしょう。

彼女が10数年かけて続けてきた貴重な手作りの作品集を頂いた
私はとても嬉しかったです。

前向きな生き方や行動力が若さを保っていると思われる彼女を
私もぜひ見習いたいと思います。

そして又これからも素敵な先輩としてお付き合いさせて
頂けたら嬉しいと思っている私です。









会えばすぐ笑顔になれる…

2012.09.09.17:37

何日か前にナビのSさんからメールを頂きました。

「8日の土曜日Bさんが大阪へ出張で来るので一緒に食事しない~」と

ナビでも人気者のBさんとは1年前の大阪オフ会で会って以来です。

私も久しぶりにお会いしたいと返信しました。

その後Bさんからも「楽しみにしています」とメールを頂き
昨日大阪駅の近くでお会いしました。

参加者のSさん、Gさん、Mさん、私の女性4人は約束の時間より
早めに集合。
少し遅れてこの日の主役でただ1人の男性Bさんが登場。

「大阪の粉モン」をというBさんのリクエストで
5人はまずお好み焼き屋さんへ…

Bさん翌日も仕事のお付き合いでご馳走を食べる予定とか…

お好み焼きと焼きそばを注文して、みんなで賑やかに…

女性4人はすでに何度か会っているメンバーです。

BさんとはSさんを除いた3人は一度1年前に会っただけなのに
まるで何度も会っているように会話も弾みました。

やはりブログなどで交流しているからかな?

お好み焼き屋さんを出て今度はBさんの宿泊先のホテルへ…

結構満腹だったのですがみんなでケーキセットを
Bさんにご馳走になりました。

やはりホテルの喫茶室は落ち着き、話は一層弾む(笑)

最初のイメージやオフ会で会った印象、その時の会話等を
思い出したり、お互いのブログの話題やBさんの大好きな温泉や
水風呂の話等…
青春切符の話も出て、若い時の話題も…(笑)

Gさんが今回作ったアルバムをみんなで見せてもらい感動したり…

時には冗談も言い合い、又声を出して笑う時も…
何を話してもみんな笑顔です。


私いつも思います。
今回の女性メンバーは今までにもサークル等を通じて何回かは
会っているのですが…

なぜか会えばすぐに何年来の友達のように「久しぶり~」と。
数分経てばすぐにお互い会話に没頭する(笑)

年代も多少違うのだが、まるで昔からの友人の如く…
何の違和感もなく…ホント不思議です。

そしてBさんも勿論しっかり輪の中に入って楽しい会話を…

気が付けばすでに時間は3時間以上経っていました。

「楽しかった、ありがとう~、またね~」と笑顔で挨拶を交わし
Bさんはホテルの部屋に、女性4人は各々自分の家に…

本当に楽しい時間でした。
Bさんご馳走様でした。
皆さまありがとうございました。


320x320_rect_6412213_convert_20120909155038.jpg
         
              CIMG6823_convert_20120909154409.jpg

あ~嫌になっちゃう~

2012.09.07.15:45

昨日、月に何度か行くドラッグストアーへ行きました。
その日はポイント「5倍ディー」の日でした。

この時とばかりにメモに何点か要る物を書いていました。

歩いて10分位のそのお店の向こうにもスーパーがあるので、
その日はそのスーパーにも寄ろうと、エコバックも入れて…

細かな日用品や洗剤などを何点か買ってレジに並びました。
さすがにサービスディーなので、行列ができていました。

5分位並んで私の番が来たので、商品の入った籠を差し出しレジに
打ちこまれている途中、私は財布がない事に気付きました。

「えっ」とバックの中を必死に探しても見つかりません。
後ろに次の人も待っています。

私は「スミマセン財布忘れたようなので、すぐ引き返してきます」と
レジだけ済まし商品を預けたまま家に帰りました(笑)

実は1か月前にもこのお店で同じような事がありました。
でもその時は普通の日だったので、レジは私だけでした。

お店の人も財布を探している私に「慌てなくても、ゆっくり~」
「家に忘れたのなら良いのですが…戻って確かめた方が…」
「又いつでもいらして下さい、商品は元へ戻しておきますから」と

後で行くと品物は籠に入れられたまま置いて下さっていました。
改めてレジをしてもらった帰ってきました。

2度も同じ失敗をしたお店では、きっと私の顔覚えているかも…(笑)

でもスタッフはたくさんいるし、レジは同じ人ではなかったし…
と自分で言い聞かせています(大笑)

買い物に行く時は買い忘れが無いようにメモして行きます。

でもそのメモを忘れた事は何度か有ります。
書いたものを思い出しながら…なんとか買い物します。
一度書いたので結構覚えています(笑)

でも今回のように財布を1カ月に1度の割合で忘れて行くなんて…
まだ残っている暑さのせいなのか?やはり歳のせいなのかなぁ?(笑)

最近はやはり「物忘れ」が多いです。
1日に何度も探し物をしたり、ハッとする事もよく有ります。
手帳や予定表もしっかり利用しているつもりなのですが…

ただ昨日財布を忘れたのはその後に出かける予定が入っていたので
チョット慌てたのかなと自分に言い訳している私です…(笑)

歳のせいだけにもしたくないし、最近緊張感が無いのかなとも思い
気を引き締める意味でも今日ここに書いてみました(笑)
効果がある事を期待して…


CIMG6701.jpg

神秘の湖「余呉湖」へ。

2012.09.05.17:22

昨日琵琶湖の北端に位置する余呉湖へ行ってきました。

月に一度一緒に歩いている友達との2カ月ぶりのハイキングでした。

大阪駅から新快速で約2時間、JR北陸本線余呉駅を下りると
約500m向こうに余呉湖は見えました。
もう稲穂は綺麗に色づき、早い所では稲刈りも…
私は新米が楽しみだなぁ~と思いながら歩いていました(笑)
CIMG6815.jpg

余呉湖は滋賀県長浜にある湖で(よごのうみ)とも読むそうです。

面積1、8km2(東西1,8k 南北1,8k 周囲約6,4k 水深13m)
この湖は日本最古とされる羽衣伝説の地として知られている。
天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖で別名鏡湖とも…

春夏秋はハイキング、冬はワカサギ釣りで賑わうそうです。

私達は湖の西側から南に向かって歩きました。
CIMG6715.jpg

左手すぐ近くにある湖を観ながら歩きます。
暑いのでなるべく木陰を…(笑)
CIMG6720.jpg

CIMG6731.jpg

道を挟んで反対側には畑があり野菜やお花を栽培しています。
私達が歩いていると農作業のお昼休みをしている人たちが…
「こんにちは~」と声をかけるとその中の1人のおばさんが、
「ここで作った枝豆食べてみて~塩がきいて塩分補給になるよ~」と
私達の手に茹でた枝豆をのせてくれました(笑)
かなり塩が効いていたけど…美味しかったです。
CIMG6734.jpg

CIMG6748.jpg

この辺りは水がキラキラしてとても美しい風景でした。
CIMG6739.jpg

同じ湖なのに場所や角度が変わると全く違う景色に見えます。
CIMG6753.jpg

CIMG6742.jpg

やがて少し湖から離れて車も通っている道を…
でも殆ど車は見ませんでした。

数分歩くと再び散策道に入りました。
湖はチョット遠くになりましたが木陰が多くとても気持ち良かった。
CIMG6762.jpg

CIMG6764.jpg

私達は持ってきたお弁当を頂き、休憩しました。
CIMG6774.jpg

その後、賤ヶ岳のハイキングコースへの案内が見えましたが
私達は今回そのまま湖沿いを歩きました。
CIMG6784.jpg

賤ヶ岳(標高422m)といえば確か羽柴(豊臣)秀吉が柴田勝家との
戦いに勝利し、織田信長の権力と体制の継承者となる事を決定づけた
「賤ヶ岳の戦い」は有名だったねと、歴史の話等もしながら2人は
歩きました(笑)

又この辺りから目に入る景色は先ほどとは違いました。
CIMG6799.jpg

CIMG6777.jpg

CIMG6771.jpg

その後国民宿舎の喫茶店でコーヒータイムを…
とても美味しいコーヒーでした。
CIMG6787.jpg


駅から湖を一周し、距離にして約7kを約3時間強かけてゆっくり
景色を楽しみながら歩きました。
歩いている途中桜の季節や、紫陽花の時期等も良いだろうなあ~と
思われる箇所もたくさんありました。
一緒に行った彼女は雪の季節に一度来て良かったと言っていました。

羽衣伝説で有名な「余呉湖」は以前から一度行きたい場所でした。
まだ暑かったけど、風が通る木陰はかなり涼しく気持ち良かったです。

秋を思わせる赤とんぼもかなり飛んでいました。
久しぶりのハイキングに満足し、又2時間電車に乗りながら
車中で来月の計画を話しながら帰ってきた私です(笑)










プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR