綺麗に咲かせた花も好いけど・・・

2012.10.26.17:02

私は自然の中を歩くのが大好きです。
そして実際よく歩いています(笑)
CIMG7509.jpg

CIMG6951.jpg

普通のハイキングコースや時には山道を…
歩いていてチョット疲れたなぁ~と思っている時に何気に
咲いている野の花を観るとなぜか元気をもらえます。
名前も知らない花が殆んどです。
CIMG5502.jpg

CIMG7529.jpg

CIMG7592.jpg

CIMG7540.jpg

CIMG7748.jpg

CIMG7747.jpg

CIMG7638.jpg


私は踏みそうになるとどんな小さな花でも慌てて避けます。
そしてカメラを向けます(笑)
CIMG1024.jpg

CIMG7704.jpg

CIMG7692.jpg

CIMG7639.jpg

CIMG7739.jpg

街中で観るとただの草花かもしれないけど…
地味かもしれない可愛い花にホッとさせられます。
そして懸命に生きている花たちの逞しさにいつも感心ます。

たまにはこんな可愛いいたずらにもお目にかかります(笑)
CIMG4804.jpg

又時にはこんな贅沢な道を歩く事もあります。
CIMG4858.jpg

どれも今年歩いて今までに出会った花達です。
元気をもらいましたし、癒されもしました。
決してどれも上手くは撮れていません。
でも私にとっては大切な歩いた時の想い出なので…

周りの雑草や草むらを除き花だけを切り取りアップする事も考えた
のですが、やはり自然の中で…という事でありのままで…

普段騒がしい街中に住んでいる私にとって自然の空気と野の花は
最高の癒しなのかなと思います。

庭で心をこめて育てた見事な花にも心を奪われます。
お店等で見る贈り物用の花は頂けるとすごく嬉しいです(笑)

でも私には自然の野の花が一番心癒され、好いのかも…

だから自然の中に行く事が止められない私かもしれません(笑)
スポンサーサイト

私には関係ない?と思ったけど…

2012.10.23.16:31

先日マンションの理事長に呼び止められました。

週末に集会場で説明会があるのでぜひ出席して下さいと…
あいにく私は予定があると答えると、ではパンフレットを後で
配布しておきますと言われました。

その時立ち話で簡単な説明を受けました。
7月にこのマンショんで一人暮らしの70歳代の人が亡くなり
数日後に発見されるとるという事があったので…、

高齢者の家庭を対象にした「緊急通報システム」に
ついての説明会だという事でした。

マンション内の65歳以上の家庭には声をかけていると…
私は今は娘と同居しているけど、この際一応声をかけて
下さったそうです。

配布されたパンフレットには「おまもりコール」とありました。
ある会社が昨年から高齢者向けの緊急システム事業を開始し
自冶体向けに提供し、最近では個人にも案内しているとの事。

セキュリティサービスを申し込むと24時間サポートやサービスが
受けられるという事です。

 利用者の自宅に専用ボタンを設置(3つの使い分けができる)
  スピーカー  
   直接会話ができ、応答ない時は警備員がかけつける。
  相談ボタン
   センターの看護師、保健師に体調など相談できる
  緊急ボタン
   ナースコールセンターに緊急通報が入り、24時間365日
   看護師、保健師が待機利用者のデーターを元に対応。

大体以上の様な内容でした。

費用も初期費用として約15000円を現在管理組合で半額負担を
検討中という事です。
月額は2000~3000円程度が必要。
(オプションで1000円の差があるようです)

勿論大阪市でも「緊急通報サービス」はしています。
費用は安いですが、内容も少し違うし条件も有ります。

やはり高齢者にとっては安心できるサービスかなと思いました。
私も今すぐではなくても、いつかに考える様になるかも…
   
又最近管理組合から「居住者名簿」の確認を提出するよう
要請もありました。
緊急時の連絡先や親戚の連絡先なども…複数書くようにと。

7月の一件からマンション全体でみんなが考える事になったのは
やはり良い事だと思いました。

でも正直今の私には「緊急システム」に申し込む事には関係ないと
一瞬思ったのは事実です(笑)

理想は家族で見守り合いこんなサービスを頼らないで済めば
ベストだと思います。

でも考えようによれば良いのかも?とも思いました。

マンションという集合住宅に住んでいると気楽で便利なことも
多々あります。
しかし以前のような近所付き合いは確かに減っています。
無関心という事が良いのか悪いのかという気持ちにもなる事も…

でも折角の提案にやはり、自分には関係ないと思うのではなく
この機会に現実もしっかり把握しておくべきだと自分に
言い聞かせた私です(笑)

CIMG6845.jpg

今回も楽しかったぁ~

2012.10.20.16:31

昨日はサークル「楽しく歩こう」のオフ会でした。

前日、前々日と雨が続いたのですが、ありがたい事に晴天の中
参加者5名がJR道場駅から千苅貯水池を目指した歩きました。
CIMG7344.jpg

途中のんびりした田園風景を観ながらのハイキング。
下見に来た時とは周りの色が変わっていました。
CIMG7906.jpg

CIMG7895.jpg

やがて以前にも感動したダムが見えました。
やはりこの日も水模様に酔いました(笑)
今回は少し高い所まで上がって見ました。
CIMG7909.jpg

CIMG7917.jpg

しばらく休憩を兼ねてダムの前で各々自由行動…
男性陣は皆好きな場所でダムを楽しんだりカメラマンになったり(笑)
何分かするとみんなが寒いと口々に…

休憩後は覚悟していたチョット険しい道に…
1350645238_1_convert_20121020115304.jpg

CIMG7416.jpg

かなり細い道が続きます。
下見したのに途中道を間違えて引き返したり、前日の雨で滑る道を
足元を気にしながら懸命に歩きました。
「気をつけて~」「ゆっくりねぇ~」「そこは滑るよ~」と。
そして今度は「暑いね~」と、言いながら…(笑)

やがて見晴らしの良い昼食予定の場所に到着。
早速敷物を引いてのお弁当タイムです(笑)
CIMG7930.jpg

CIMG7933.jpg

食後は身体を横にしてお昼寝タイム?
青空を仰いで気持ち良いよ~と言われ私も…(笑)
やはり、険しい道に疲れたのかも・・・
でもその様子を撮るとんでもないカメラマンも…(笑)

いつもよりゆっくりめの昼食タイムを終え、来た道を下りました。

もう一度ダムの前を通り道場駅に向かいました。
CIMG7944.jpg

途中柿がたくさん成っている木を見つけみんなで写真を撮っていると
ご主人らしき人が「柿持って行けば良いよ」と言って下さいました。
初めは「ありがとうございます~」と言いながらも遠慮がちに
「じゃ~1個づづ頂きます」と言うと
「もっとたくさん、持って行きなさい、甘いよ~」と。

じゃ~と女性2人でしっかり頂きました(笑)
CIMG7950.jpg

早速家に帰り、頂きました。
小さかったけど、おっしゃる通りとても甘い柿でした。

今回は最初6名の参加予定でしたが、急に体調が悪くなり5名の参加
になったのですが、今までの中で一番道が険しかったかも…

途中、暑かったり寒かったりの繰り返しでしたが
みんなが「久しぶりにこんな道歩いた」 「面白かった~」
「こんなコースを女性2人でよく下見したねぇ~」等と…
最後には「楽しかった~」と帰りの電車に乗る事ができました。
そしてお土産も有りました(笑)

次回はきっと本格的な紅葉が楽しめると思います。
じゃ~又来月に…と言ってみんなと笑顔で別れた
今回も、とても楽しいオフ会ハイキングでした。

水都大阪フェス2012

2012.10.17.16:51

昨日の午後「水都大阪フェス2012」に行ってみました。

今年は「水辺のまちあそび」と題して「めぐる、たのしむ、つなぐ」
という3つの視点の水都プログラムに府民市民が積極的に参加する事
を通じお互い楽しみを分かち合い水辺を使いこなし水都大阪に愛着
を持つ環境を創造する事を目標としているという事です。

まず淀屋橋から東に向かって歩きました。
中央公会堂辺りから色んなお店や人が目立ちました。
CIMG7765.jpg

やがてバラ園へ…秋バラが綺麗に咲いていました。

マルゴコスター(オランダ)
CIMG7770.jpg

バターカップ(イギリス)
CIMG7774.jpg

ザアルンウィックキャッスル(イギリス)
CIMG7778.jpg

セッタードアイル(イギリス)
CIMG7813.jpg

他にもたくさんの種類のバラを観る事ができました。

バラ園を充分楽しんだ私は次のスポットへ…
見えました水辺に浮かぶ巨大な「ラバーラック」が…
CIMG7782.jpg

又横にはなぜかこんな車が。
CIMG7785.jpg

そしてグッズ販売もしていました。
可愛い僕がTシャツを買ってもらって嬉しそうにしていました。
ママとおばあちゃまとまだ1歳になっていない妹も一緒でした。
なぜか私と仲良くなりました。
私が「かわいいTシャツだね~」と言うと「ウン写真撮って~」と
側にいたママに私が確認すると「撮ってあげて下さい」と言われ
彼もチャンとポーズをとってくれました(笑)
llNXwzB7qShl4w3_1350381101.jpg

又他にも水上散歩という遊びをしている大人達。
そして輪唱の〇という木琴で遊ぶ小さな子供達。
らせん状に組まれた木でできた楽器にボールを転がしたり…
CIMG7841.jpg

他にも中之島公園に隠れている「グラサンパンダ」を探す
スタンプラリー等とても楽しいイベントが満載でした。
CIMG7847.jpg

公園の芝生には家族でお弁当を食べたり、くつろいだりしていました。

大人の私が見ているだけでとても楽しい光景でした。
私はそのまま東へ歩いて天満橋方面へ…

途中、歩道橋から見ると銀杏もかなり紅葉していました。
CIMG7857.jpg

大川沿いを歩いているとこんな風景も見る事ができました。
CIMG7869.jpg

CIMG7874.jpg


平日の午後だというのに、予想以上の人出でした。
みんな生き生きした顔でいろんなイベントを楽しんでいました。

土、日にはもっとイベントやプログラムも多いようです。
又夜は会場全体がライトアップされ違う雰囲気も味わえるかも。

平日の昼間に、のんびりとゆったりとした空間を楽しみ
都会の中から広がる贅沢なひと時を過ごせたかも…

思いつきで1人で何となく出かけたのですが、とても楽しく
さすが「水の都」と言われてる大阪を改めて認識した私です。


散策路は緑・黄・赤色だった。

2012.10.14.15:33

晴天の一昨日、大阪駅から電車で15分そしてバスに乗り換えて
15分のある場所に散策に行きました。

バスを降りるとまず緑が目に入ります。
しばらく歩くとまだコスモスを観る事ができました。

その向こうには黄色い稲穂も見えました。
刈り取られる順番を待っているようでした。
CIMG7643.jpg

CIMG7708.jpg

何箇所かに柿の木もありました。
CIMG7637.jpg

CIMG7649.jpg

やがて水がとても綺麗な川に沿って歩きます。
CIMG7657.jpg

CIMG7661.jpg

CIMG7658.jpg

時々すれ違う人とも話しながら、少しアップダウンも楽しみました。
途中小さな滝にも会いました。
CIMG7674.jpg

緑に囲まれて、とても気持ち良く歩いていると、時々紅葉してる?と
思われる木々も目に入ってきます。
CIMG7705.jpg

CIMG7729.jpg

すでにしっかり紅葉?している木もありました。

CIMG7699.jpg

6~7kの道のりを川の流れの心地よい音を聞きながら、
コスモスのピンクから始まり、赤く実った柿、緑の木々、
そして稲穂の黄色、少し色づいた桜最後には、すでに紅葉?
したモミジも観る事ができました。

又桜広場という、とても見晴らしの良い広場も有りました。
その近くにモミジ谷もあるという事。
ゆっくり昼食のとれる場所も確認しました。

来月になればきっと、もっと綺麗な紅葉を観ながら楽しく
ハイキングできるでしょうと、Gさんと2人で笑顔で話し合い
この日の「摂津峡」の下見を無事終えました(笑)


久しぶりの登山でした。

2012.10.11.17:08

涼しくなったので先日久しぶりにトレッキングシューズを履き、
登山ストックを持って山登りをしてきました。

行き先は約50年ぶりの岩湧山(標高897m)への登山です。
ススキが綺麗なこの時期に以前から行きたいと思っていました。
CIMG7471.jpg

まず岩湧寺へお参りして…
CIMG7624.jpg

高さ13mの多宝塔は国の重要文化財に指定されています。
CIMG7623.jpg

登山口に入るとやはり、かなりキツイ山道が…
CIMG7504.jpg

CIMG7618.jpg

少しだけですが沢歩きもしました。
CIMG7485.jpg

やがて途中の展望台に…はるか向こうの方にPLの塔も見えました。
CIMG7493.jpg

展望台で少し休憩をした後又階段を歩き出しました。
CIMG7513.jpg

CIMG7511.jpg

やがて尾根に入り・・・やはり楽に歩けます(笑)
CIMG7514.jpg

なぜか時々千両が…
CIMG7525.jpg

でも又すぐにキツイ階段が…でもあと一息です。
CIMG7530.jpg

やがて見えました…一面にススキが。
CIMG7548.jpg

CIMG7605.jpg

途中休憩しながらも、岩湧寺から2時間半位でやっと山頂へ・・・
山頂は、まさに花ススキで覆われていました。
CIMG7552.jpg

向こうには和泉山脈の山々も綺麗に見えました。
これが見たかったのです。
CIMG7586.jpg

CIMG7579.jpg

時間的にはお昼だったのでたくさんの人がお弁当を食べていました。
勿論私達もここで昼食をとり、ススキと遠くの山に囲まれ休憩を…
CIMG7583.jpg

コースは一般向きと健脚向きがありました。
やはり私達は、行きも帰りも一般向きを選択。
それでも帰りにはこんなきつい道を登ったのかとあらためて
ビックリした箇所も有りました(笑)
それでも帰りはストックを使いながら約1時間で下りました。

晴天の中、高校時代に行って以来約50年ぶりの岩湧山への登山で
山いっぱいのススキも堪能する事ができました。

標高900m近い山を時には厳しいな~と思いながらも、途中自然
を楽しみながら美味しい空気も吸い頂上へ上がった時の充実感は
やはり今回も最高だと思って帰ってきた私です。





ギラギラではなく「キラキラ」と…

2012.10.09.17:07

私はシニアナビに入って2年半近く経ちました。

今までもオフ会やサークル等で何人かの人と出会いました。

シニアの会と言っても年齢は様々です。
50~70代の方々との交流はとても楽しく、刺激を受ける事もあり
今まで自分が付き合ってきた友達とはまた違う感覚も有ります。

先日もSさんからのお誘いで関東にお住まいのCさんとお会いする
事ができました。(お二人は以前一度お会いしてるとのこと)

ご主人と京都見物をして、大阪市内に住んでる息子さん宅へ来られた
機会に会いましょうという事でした。

Cさん、Sさん、Mさん私の4人であるホテルのロビーで待ち合わせ。

勿論CさんとはMさんと私は初対面でしたが、すぐにお互いまるで
以前からの知り合いの様な…

お二人さんのブログ読んでるからなんとなく初対面の気がしないとの
Cさんの言葉になんとなく私達も納得しました(笑)

早速4人でランチをしながらお喋りしました。
CIMG7464.jpg

私の向かい側に座ったCさんの目はとてもキラキラしていました。
きっと今とても充実した生活を送っているのだるうな?というのが
私の第一印象でした。

やはりお話し聞いて私の印象は間違いではありませんでした。
ご主人とも仲良くお仕事もされているとのこと…

お土産に心のこもった手作り味噌も頂きました。

その後席を替えコーヒータイムに…
4人の「ミニオフ会」はとても楽しい時間でした。

Sさん、Mさんは今まで何度かお会いしています。
そして会う度によりお互いを知ることも出来ているように思います。

今回は女性4人でのお喋りです。
やはり各々家族の事や女心の色んな会話も有りました。
なぜか子供や孫の話になると、みんなの表情も緩みます(笑)
趣味などについても語りました。

4人で色んな会話をしている途中に私は気付きました。
3人とも「今もしっかり希望と学ぶ心を持っている」と。

私は以前ある人から聞いた事があります。
人間は決してギラギラではなくキラキラ光る事が大切」だと

今回その言葉を思い出しました。

とても爽やかな気持ちになり、会えて良かったと思いました。
そして笑顔で「ありがとう~またね~」と言って別れました。

今までにもナビの中でブログ、オフ会、サークル等を通して
素敵な出会いが幾つか有りました。

ブログを通して、生き方や考え方を学んだことも有ります。

シニア時代に入ってからも新たな発見や感動も体験できました。
今後も自分にとってプラスになる事は吸収したいと思っています。

そして又機会があれば色んなオフ会にも出来るだけ参加して
みたいと思います。


多数入会しているナビの中には色んな人もいるでしょう。
でも自分自身で見極め、自分の判断と責任で交流する事が
大切だと思います。

そしてこれからも出来る事なら「ギラギラではなく、キラキラ」と
生活する事を心がけたいと思った私です。

CIMG7470.jpg







綺麗なダムとスリルあるハイキング。

2012.10.07.16:53

先週末久しぶりにGさんと下見を兼ねたハイキングに行きました。

JR道場駅を下りて千苅貯水池を目指した歩きました。
CIMG7344.jpg

CIMG7346.jpg

駅を下りて歩き出すと、とても長閑な風景でした。
CIMG7463.jpg

私達は川の流れを目と耳で楽しみながら歩きました。
CIMG7453.jpg

道の両側には色んな花も楽しむ事ができました。
CIMG7357.jpg

CIMG7461.jpg

15分ぐらい歩くと「えっ行き止まり?」
よく見ると小さな標識が…
CIMG7370.jpg

急に道幅が狭くなり人一人通るのがやっとです。
CIMG7374.jpg

しばらく歩くと水音とダムが…近づくと綺麗な水の流れが…
まるで水のカーテンのようだね…と2人で話しました(笑)
CIMG7378.jpg

CIMG7433.jpg

2人はあまりの迫力と綺麗さに暫くボー然と見惚れていました。

その後上から貯水池を観たいと思いハイキングコースを見つけて
歩きだしました。

みるとかなり険しい道に見えましたが…
距離的には険しい道は少しです。
CIMG7419.jpg

又道中には木が倒れていたり…トカゲには何度も会いました。
ヘビを見た時は2人で一瞬固まり動けませんでした(笑)
でもよく見ると小さな子供の様なヘビでした。
向こうのヘビの方が私達を怖がっていたかも…(大笑い)
CIMG7410.jpg

やがて「うわぁ~」というぐらい素晴らしい景色が目の前に…
千苅水源地のダム湖です。
CIMG7390.jpg

CIMG7392.jpg

私達はこの景色を見ながら持参したお弁当を頂きました。
目の前には松の木が…松ぽっくりもたくさん付いてます。
CIMG7396.jpg

食後私達は又前進しました。
道は相変わらず狭くアップダウンもかなり有りました。
いつもはお喋りしながら歩いていた2人ですが、足元があまりにも
険しい時はどちらかが「暫らくお喋り禁止」と命じる事も…(笑)

それでも途中目の保養もしっかりしました。
CIMG7424.jpg

変化にとんだ道をかなり歩きました。
でもその時行き止まりに…

途中で大岩ヶ岳に行くコースを見つけ少し歩きだした2人ですが
時間的にも距離的にも私達の足では無理だと判断して引き返しました。

アップダウンを楽しみながら通った道を確認しながら戻りましたが、
「え~こんなに歩いたのかな?」と2人で驚きました(笑)

途中何度か休憩もしながら又ダムが見えるところまで来ました。
もう一度綺麗なダムの前で水の流れをしばらく観ながら
「何時まででも観ていたいよねぇ~」と呟いた2人です(笑)
CIMG7380.jpg

時計を見ると時間は3時半になっていました。
私達はもう一度綺麗な景色を楽しみながら道場駅に向かいました。

気が付けば、今回のハイキング中に出会ったのは女性2人組と
1人歩きしている男性の2組のみでした。
トカゲや小さなヘビには出会ったけど…(笑)

道幅もかなり狭くチョット油断したら落ちそうな際どい箇所もあり
時にはカメラも手には持たずリュックに入れた事も有ります。

でもあのダムの綺麗な水の流れはチョット緊張した私達の気持ちを
充分癒してくれたと思います。

私達はダムの右手を歩きましたが左手には「光明寺」へと標識も。
さすがに今回はそちらには廻れませんでしたが…

又本番のお楽しみに…

家に帰って万歩計を見ると20000歩を越えているのを表示、
えっ、そんなに歩いたの?とビックリした私です(笑)

「ボク、おにいちゃんやから~」

2012.10.05.18:18

最近、とても若~いボーイフレンドができました。

彼の年齢は4歳で幼稚園へ行っています(笑)
名前はケンちゃんです。

出会いは3週間位前のエレベーターの中です。

彼はママと7カ月の妹と一緒でした。
買い物に行ったらしく引きずるように荷物を持っていました。

私が「うわぁ~力持ちやね~」と言うと「うん、僕お兄ちゃん」と
「そうなんです~最近お兄ちゃんよくお手伝いしてくれるのよ~」
とママが笑顔で私に話しました。

妹を抱っこしてるママの荷物の1個を持っていたのです。
先に5階でエレベーターから「バイバイ」と下りました。

次の日、ゴミ出しに行く私と幼稚園へ行く彼と偶然又エレベーター
で会いました。
彼は「おはようございます~」とぺこりと頭を下げて挨拶を…

マンションの前に来る幼稚園の送迎バスを待っている間に私は
ママともお話しました。

このマンションに引っ越してきてもうすぐ3ヶ月だという事です。
私もあまり見たこと無いなあ~とは思っていたのですが…

お迎えのバスが来ると彼は妹に「おにいちゃん、行って来るね~」
「帰ったら又遊んであげるからね~」と言って私にも笑顔で手を
振ってバスに乗り込みました。

ママの話によると出産前から、「おにいちゃん」になる事を心待ちに
いていたらしく普段からとても妹を可愛がり、よくお手伝いもして
いつも「おにいちゃんだから~」と得意げに言ってるそうです(笑)

その後もマンション内の小さな公園で遊んでいるのを見かけた事も
有ります。
会えば大きな声でいつも笑顔で「こんにちわ~」と…

先日私がスーパーで買い物をして両手に荷物を持ってマンションの鍵
を開けようとした時、内側から走ってきてドアーを開けてくれました。

「ありがとう~荷物持ってたから、助かったわ~」と言う私に彼は
「おにいちゃんやから~」…と(笑)

最近では会うと「おはよう~」とか「こんにちわ~」と言いながら
彼は飛び上がって、私は少し腰を屈めて「ハイタッチ」をします(笑)

ママの話によると最近では幼稚園などでも新しいお友達も出来たと
いう事です。

このマンションへ引っ越して約3ヶ月経ち色んな事にも慣れてきた
事でしょう。

言葉使いもチャンとしています。
お行儀も良い子です。
妹思いのとても優しい子です。

きっとその内にこの近くにもいっぱいお友達ができるでしょう。
彼と同年代の…(笑)
私も心からそう願っています。

作日も私が出先から帰ってきた夕方、公園の砂場でお座りして
一緒に仲良く遊んでいたケンちゃん兄妹を見ました。

その時30年以上前にお兄ちゃんが妹を自転車(ピーターパン)の
後ろに乗せて遊んでいた今は40歳代になっている我が子の小さかった
頃の事を懐かしく思い出した私です(笑)

CIMG7155.jpg


安野光雅が描く「洛中洛外展」を観て…

2012.10.03.16:43

作日大阪高島屋7階グランドホールで行われている
安野光雅が描く「洛中洛外展」を観てきました。

私は以前から彼のほんわかと描かれている「風景画」が好きです。

絵本でもなじみ深い彼の絵のファンが多くいるのでしょうね。
平日だというのにかなりの人が来ていました。

本展では、産経新聞連載中の古都・京都の寺社、町並み、祭り、風景
等を描いた「安野光雅が描く 洛中洛外」の作品約30点を中心に
「日本のふるさと奈良」「日本の原風景」「繪本歌の旅」といった
日本の風景画に加えて「風景画を描く」「野の花と小人たち」や
初公開の「絵のある自伝」等から厳選した約120点を展示していた。

会場に入るとまず「洛中洛外」の作品が目に入りました。
京都の見慣れた風景がたくさんあって、私が実際に行った事のある
嵐山、鞍馬寺、平等院、清水寺、銀閣寺、南禅寺、加茂川、嵯峨野、
先斗町、南座等に見入ってしまいました。

哲学の道、二年坂、祇園祭や伏見酒蔵も描かれていました。

中でも錦市場の沢山の野菜を描いた中に「お買得品」と「値段」の
標示を見つけた時は、ウフッと笑みがこぼれました。

二年坂 (勿論場内は撮影禁止なので4枚は頂いたパンフレットから)
94ebad7730d409926819f8a84e0e21c3.jpg

祇園祭り
c8bb79bb9a5c01497986bfa1177ed2ecS祇園祭り


次に「日本のふるさと奈良」のコーナーに…
粟原の里、耳成山、東大寺ニ月堂、大仏殿、吉野山矢倉の桜等が
描かれていました。
又明日香村の長閑な田園風景も心地よく描かれていました。

そして「奈良には歴史が詰まっている」と評していました。

日本の原風景」では、風景画と共に
両親や友達のこと、山河の事みんな含めての想い出は原風景です。
それは方言に似ています。
学んだわけでもないが方言は心に沁み込んでいる
と記していた言葉に私はなるほどと納得しました。

又「繪本歌の旅」では赤とんぼや、香川県小豆島の浜辺の歌、
そしてふるさと笛吹川等が描かれていました。そして
子供の頃うたった歌は当時の写真と一緒に密封されていて缶のふたを
開けると、その時代のいろんな時間などと一緒に戻ってきます。
賞味期限というものはなく紙袋に入れて投げていても傷んだり
腐ったりはしない…と!

赤とんぼ
6735659057cbbc030d8701b1e1bbdf31赤とんぼ

風景画を描く」では又違う世界が広がり新鮮な感じを受けました。

野の花と小人たち」には
すみれ、ほたるぶくろ、アザミ・タンポポ・、なずな、つくし
りんどう(写真)等が描かれていました
0b5e158c47672fa656ae7c7359681e34リンドウ

そして、私達人間よりはるかに長い歴史を持ち、もう何十万年も
同じ事をくりかえしている…と

絵心は皆無な私ですが絵を観る事は好きです。
特に風景画に魅かれます。

専門的なことは全く分かりません。
でも今回気が付けば会場に2時間以上いました(笑)

安野光雅といえば「旅の絵本」が思いだされます。
「まほうのくすり」「ふしぎなのり」など絵の中にストーリーが
隠されていたり考える事の楽しさを味わえました。

今回も展示された絵の横に解説や彼の思いが書かれていました。
私は絵とその文章を照らし合わせて観ていました。

今回絵を観ながら懐かしかったり、遠い昔が甦ったりしながら
ほんわかと描かれた水彩画に芸術の秋を楽しんだ私です(笑)

又招待状を下さって機会を与えてくれた人に感謝した1日でした。
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR