「歩こう」今年最後のハイキング!

2012.11.28.17:21

昨日はサークル「楽しく歩こう」の今年最後のハイキングでした。
コースは京阪宇治駅から天ヶ瀬ダムに向かって歩くコースです。

今回は風邪で直前に残念ながら参加できない人が2名いました。

当日5人で京阪宇治駅を出発。
CIMG8549.jpg

前日の雨で心配されたお天気も晴天になり気持ち良く歩きました。
CIMG8554.jpg

宇治川に沿って朝霧通りを…
向こうには十三重石塔も見えました(帰りのコースに行く予定)
CIMG8561.jpg

まもなく興聖寺に…琴坂のモミジは有名です。
CIMG8562.jpg

私達は又川沿いに戻り歩きました。
水が青くてとても綺麗でした。
CIMG8576.jpg

やがて天ヶ瀬吊橋を渡りダムへ向かいました。
CIMG8582.jpg

CIMG8606.jpg

ここで氏名を書き入る事が出来ました。
天ヶ瀬ダムは和39(1964)年にできた高さ73m、幅254mの
ドーム形アーチ式のダムで、ダムの湖は鳳凰湖という愛称で呼ばれ
湖に面して天ヶ瀬森林公園があるのですが、今は落石などがあり
ここからは通行止めでした。
CIMG8602.jpg

CIMG8604.jpg

私達は今回は寒いという事でいつものようにお弁当は持たず、後で
温かい物を食べる予定で、ここでは各自持参の軽食をとりました。
そして来た道を引き返し、吊橋は渡らず予定ではなかったモミジ谷
に行く事にしました。
CIMG8630.jpg

CIMG8631.jpg

前日の雨で道は泥るんでいましたがハイキングコースらしい道に
満足しながら歩きました。

やがて民家が見えちょうど居合わせた人に聞くと、折角ここまで
来たらぜひ「白山神社に行きなさい」「大砲の弾もあるよ~」と
言われ私達は行きました。
CIMG8652.jpg

CIMG8654.jpg

やがてあじろぎの道へ帰り、やっと茶そば屋さんに入りました。
店内からは宇治川や綺麗な紅葉が見え風流な雰囲気も味わえました。
ここで温かい天ぷら茶そばを頂きました。
CIMG8679.jpg

身体も温まり中之島~朝霧橋を渡り宇治神社~世界文化遺産の
「宇治上神社」へ…
CIMG8690.jpg

小さな山寺を思わせる門をくぐると、正面に拝殿が見えてきます。
これは神が降りてくるときの依り代となるものとされています。
とても大きな拝殿で、1215年頃に造られたとされています。
鎌倉時代の建築技術を知るための手がかりとしてはとても優れた
もので、神社でありながら住宅建築を思わせる造りの建造として
注目されているという事です。
CIMG8695.jpg

殿の裏手に回ると幅の広い石段があり、その上に本殿があります。
実際は覆屋で、その中には左殿、中殿、右殿と三つの社があり、
1060年に造られたことがわかり、神社としては日本最古のもの
であるということが確認されたという事です。
CIMG8703.jpg

やがて神社を出て歩きだした私達の目にまだまだ見事な紅葉が…
CIMG8710.jpg

CIMG8721.jpg

CIMG8718.jpg


駅に近づき、かなり歩いたなぁ~と感じた私の万歩計は22000歩に…
最後のご褒美にお洒落や喫茶店でケーキセットを…(笑)

昨日で今年のサークル「楽しく歩こう」のハイキングは最後でした。
お天気にも恵まれ、紅葉も私にとっては見納めだったのでは…(笑)

残念なことに管理人のGさんと後1名は風邪で、いつも元気に参加して
いるYさんは所用でご一緒出来なかった事がとても残念でしたが…

宇治川の綺麗な紅葉と世界文化遺産の「宇治上神社」予定外の
モミジ谷~「白山神社」等を楽しむ事が出来ました。

家に帰り万歩計を見ると22700歩となっていました。
今年最後のサークル「楽しく歩こう」をしっかり歩いて
良い締めくくりが出来たと思った私です(笑)










スポンサーサイト

2日目も見事な紅葉を~~

2012.11.25.16:52

7人会の2日目の朝は、旅館のバスでJR亀岡駅に送ってもらい
亀岡~二条~蹴上とJR、地下鉄を乗り継ぎ南禅寺へ…

やはり大勢の観光客で賑わっていました。
CIMG8428.jpg

東照宮の紅葉も綺麗でした。
CIMG8416.jpg

CIMG8417.jpg

境内を「綺麗ね~」とゆっくり歩きました。
CIMG8424.jpg

CIMG8441.jpg

途中大勢の人がカメラを構えて撮影会?らしい物が見えました。
撮影OKのようだし、美男美女だったので…私もカメラマンに(笑)
CIMG8439.jpg

疏水の方にも行ってみました。
CIMG8436.jpg

ちょうど昼食の時間だったので湯豆腐を食べようと「奥丹」へ
凄~い行列だったので私達は諦めて永観堂の方へ・・・
又々ため息が出るような紅葉が目に入ってきました。
CIMG8448.jpg

CIMG8447.jpg

この後は哲学の道へと歩く予定です。
その前に先ほど食べそこなった昼食を通りかかったお店に
「湯豆腐ランチ」が有ったのでそこで頂きました(笑)

昼食休憩をした後哲学の道へ…
川沿いには桜のイメージがあったのですがモミジもかなり有りました。
CIMG8470.jpg

CIMG8454.jpg

CIMG8453.jpg

CIMG8457.jpg

哲学の道を歩き終えたところで全員、出町柳までも歩けると…
それではという事で5人は途中でお茶をして出町柳駅まで歩きました。
CIMG8472.jpg


今回は久しぶりの「7人会」の旅行でした。
結果的には家族や本人が体調悪く都合のつかなかった人が2人いて
5人の参加でしたがお天気にも恵まれ、初日は友達のご主人の好意で
車でしか行けない場所の紅葉も楽しめました。

2日目は定番の場所の紅葉も確認?出来ました(笑)

温泉とお喋り、そしてお腹と目に頂いたご馳走に大満足した私です。




一泊旅行で紅葉をたっぷり~~

2012.11.22.17:13

先日以前から予定していた7人会(子供の元PTA仲間)で
一泊温泉旅行を楽しんできました。

行き先は亀岡の「湯の花温泉」と決まっていました。
今回は5人の参加になりました。

行く直前にメンバーの1人のご主人が車で送ってくれる事に…
コースも当日に聞かされました(笑)

まず、順番に迎えに来てもらい私が最後でした。
阪神高速で池田~能勢~るり峡~亀岡というコースで出発しました。

るり渓は園部川が高原の斜面を侵食してできた長さ4kmの渓谷です。
両岸は広葉樹やアカマツが四季折々の色彩を添え、
特別天然記念物のオオサンショウウオも生息しているという事です。。

最上流部には人造湖「通天湖」がありました。
CIMG8355.jpg

CIMG8352.jpg

峡谷を楽しんだ私達は車に戻り紅葉を楽しみながらドライブ…
CIMG8358.jpg

やがて友達夫婦の案内で昼食のレストランへ…
英国カントリーサイドが広がりました。
コテージレストランでランチを頂きました。
CIMG8361.jpg

CIMG8365.jpg

庭園内にはのんびりとしたウサギや羊がいました。
CIMG8368.jpg

昼食を終えた私達は亀岡の穴太寺へ(私がネットで調べておきました)
CIMG8378.jpg

境内の見事な紅葉に私達はうっとりしました。
CIMG8371.jpg

CIMG8369.jpg

CIMG8374.jpg

穴太寺で綺麗な紅葉に満足して、車に乗り込もうとした私達に
地元のタクシーの運転手さんが1枚のパンフレットを手渡して下さり
ぜひ行ってみて下さいと「神蔵寺」を薦めて下さいました。

「神蔵寺」は延歴9年(790)伝教大使最澄が延暦寺根本中堂を建立
された頃この地を訪ね建立されたのが始まりと言われているそうです。
夕暮れにライトが灯されると、夜の闇に鮮やかにモミジが浮かび上がり
幻想的な雰囲気を漂わせると…(残念ながらこれは見えませんでした)
CIMG8380.jpg

CIMG8383.jpg

CIMG8387.jpg

車中~るり峡~穴太寺~神蔵寺と紅葉をたっぷり楽しんだ私達は
その日の宿の「湯の花温泉」の旅館へ。
CIMG8409.jpg

友達のご主人とはここでお別れしました。
これからは、思いっきり女子トークができるかな?(笑)

4階の広い(15畳+3畳)の部屋に案内されました。
落ち着いた和室で展望も良かったです。
CIMG8388.jpg

CIMG8396.jpg

お茶を頂き、一息入れた後早速温泉へ…
大浴場や露天風呂、薬草湯等で、ちょっと冷えた身体を温めました。

6時からは食事処でご馳走を頂きながら賑やかに昔の話をしたり、
今話題になってる世間話等に花が咲きました(笑)
CIMG8394.jpg

お部屋に戻った後は、明日南禅寺~哲学の道の予定コースを決め
寝る前にもう一度温泉に入り床につきました。

お布団に入って、誰かが言いました。
「今日は車で楽な移動だったけど、明日は自分の足でしっかり歩かないとね~」と(笑)








母の七回忌を終えて…

2012.11.19.17:38

先週土曜日母の七回忌の法要をしました。
雨の一日でした。

命日は12月9日ですが姉弟の都合で少し早目の法事でした。

子供だけでお寺で法要を済まし、後は皆で食事をする事に…

こういう事でもないと最近では姉弟が集まる事も少なくなりました。

食事席では母の想い出話もしながらも、私達姉弟の今現在の話に
花が咲きました(笑)
昨年北海道から大阪に帰ってきた弟夫婦の話が中心でした。
どうもこの弟が雨男だったようです(笑)

久しぶりに姉弟が揃っての会食はやはり楽しい時間でした。
CIMG8349_convert_20121118162403.jpg


帰宅して落ち着いた後、私はある時期の母を想い出しました。

私が嫁ぐ時、母にハッキリ言われました。
「嫁いだら私の事より姑さんを一番の母親だと思いなさい」と。

私自身は実母と姑さんの区別は分かっていたつもりです。
1人息子で娘を持った事のない姑はホント私を実の娘のように
可愛がってくれました。

今でもそれは有難いと思っているし、私自身も姑さんは好きでした。

昔実家へ里帰りした時「姑さんと仲良くしてるし可愛がってくれる」
と報告したら母はすごく喜んでくれました。

ところが父が亡くなり1人し暮らしになり母の行動が変わりました。
未だ認知性とは私達も気づかず、診断もされていない頃でした。

物がなくなったと騒いで妹や私に電話して来たり、
真夏に遠出をして知り合いに保護されたり…

オカシイと思った私達は病院で診断してもらいました。

その頃の話です、母が妹に電話して…
「私が近くまで来ているのに実家には来ない」
「毎日そこまで来ているのに寄りつかない」
「やっぱりあの子は〇〇のお母さんの方が大切なんだ」
 「前からあの子は私より姑さんの方がきっと好きなんだ」と(笑)

その頃私はお勤めをしていたし、行っても土日にしか姑にも母にも
会いには行きませんでした。

妹は母があまり何回も言うので母の家に行き
「今日も姉ちゃん近くに来てる?」と言うと「ほら、あそこに…」と
部屋の窓から見える公園で小さな子供を遊ばせている若い母親を
見て私だと言ったそうです。

当時私は確か50才前でしたが…(笑)

「ほら、いるでしょ、今日もきっとここへ寄らずに帰るよ」と
妹が「あれは姉ちゃんじゃないよ」と言って慰めたとか。

妹に聞いてビックリしたり、戸惑ったり、ショックも受けました。

確かに姑さんは好きだったし仲良しでした。
でも心の中ではやはり実母の事が一番気にしていたと思うのですが…

その時、私はすごく悲しい思いになりました。
あの嫁ぐ前の「姑さんを一番の母親だと思いなさい」と言う
言葉は何だったのか?本心ではなかったのか?と複雑な思いを
した事を覚えています。

やはり本心ではなく、親としての娘に対する心得を語ったのかな?
人には本音と建て前があるのだとも思いました(笑)

でも私が姑さんに可愛がられ仲良くしていた事を凄く喜んで
くれていたのは確かです。

当時呆けかけて本音が出たのかと思うと複雑な気持ちでした。
その後だんだん症状は酷くなり、10年以上何ヵ所かの養護施設の
お世話になり6年前に母は亡くなりました。

私も今になってやっとその時の母の言葉が理解できたように思えます。

きっと、嫁ぐ前に言った言葉も、チョットやきもちを焼いたのも
その時の母の正直な気持ちだっだのでしょう。

7回忌を終え、ふと当時の事を想い出しそんな出来事を今では
笑い話に出来るようになり、懐かしささえ覚えた私です。


CIMG8345.jpg


新しい自転車に乗って…

2012.11.16.17:11

先日、十何年ぶりに自転車を買い換えました。

今まで乗っていた自転車は運よく当たった景品で頂いた物でした。
でも有難い事に十年以上乗る事が出来ました。

最近家の近くに出来た自転車屋さんに行って選びました。
早速何処かへ乗って行ってみたくなり15分位で行ける大阪城公園へ

いつも通り森ノ宮の方から入りました。
綺麗な菊の花壇が迎えてくれました。
CIMG8296.jpg

この辺りは春は桜の綺麗なところです。
CIMG8298.jpg

やがて東外濠に沿って自転車を走らせました。
とても軽快に気持ち良く…(笑)
CIMG8344.jpg

この辺りから遠くに大阪城やビジネスパークのビルも見えました。
CIMG8301.jpg

CIMG8300.jpg

CIMG8304.jpg

青屋門を潜り内濠へ、自転車を止めて少し階段を上がると
桜並木の紅葉が観えました。
CIMG8307.jpg

CIMG8338.jpg

3月に行った梅林も覗いてみました。
CIMG8336.jpg

濠の石垣にも紅葉を観る事が出来ました。
CIMG8328.jpg

CIMG8331.jpg

やがて正面桜門から城内へ…
CIMG8325.jpg

天守閣内3・4階展示室では特別展「秀吉の城」を開催していました。
何人か外人さん達が入場している姿も見ました。
CIMG8314.jpg

『秀吉はその生涯にいくつもの城を築き、初めて城主となった長浜城を
築いて以降、中国攻めの城、京都の西の入口の山崎城、そして大坂城等
目的に応じて次々に新しい城を建設しました。
関白となった後も豪壮華麗な聚楽第や伏見城など築城し、人々を圧倒。
秀吉は自らの権力を誇示する装置として城を建設したのです。
この展覧会では、秀吉が築いた多くの城の資料から、それらの城の役割
を見なおしているという事です』


nene(インドネシア語でおばあちゃん)を名乗っている私は今回
同じ「ねね」と言う事と、大阪城を勝手に自分の庭(ゴメンナサイ~)
だと思っているので、つい秀吉を宣伝してしまいました(笑)


いつもは自転車で行っても何処かへ停めて公園内を歩きます。
でも今回は新車なので…試乗も兼ねてずっと一緒に行動しました(笑)

おかげで大阪城公園内を広く廻る事が出来ました。
目につくままに行動をし、もう一度戻って見たりもしました。

大阪城は桜、イチョウ、ケヤキ、ハゼの木が紅葉します。
特に桜の木の紅葉は今が見ごろでした。
綺麗な色の木々の下を自転車で気持ち良く走る事が出来ました。
でも正直何回も自転車を停めては思うままに歩いた私です(笑)


無理に頑張らないで…

2012.11.13.16:37

今月初め、以前勤めていた時の友達から「近くまで行くので…」と
電話があり、我が家の近くでお茶しました。

6才年下の彼女とは1年近く会っていませんでした。

会って開口一番「最近すごくストレスが溜まっているの~」
「気も弱ってるし~」と言うのです。

私が「どうしたの?何か生活変化あった?」と聞くと…

母親の認知性が益々酷くなり、姉妹でも言い争いする事が多いと。

彼女の実母が認知性なのは、私が勤めていた時から聞いていました。

その頃は私の実母もかなりの認知性だったので、会えば2人でよく
その症状等を話して「そうそう~」とか「やっぱり~」と
言い合いました(笑)
でも彼女の母親の方がかなり未だ症状は軽かったのですが…

インド商社に勤めていた彼女の会社と私の会社が取引があり
彼女の事務所へ行った時や仕事帰りに待ち合わせお互い
愚痴ったり励まし合ったり…
勿論楽しく食事した事も何度かありました。

私が先に退職し、その1年後ぐらいに彼女も退職しました。
退職後も何度かランチしたり、電話やメールもしています。

聞けば最近では妹さんと協力して認知性のお母さんのお世話を
殆んど2人でしているとか。
介護施設には順番待ちで入れず、姉妹で実家に行き面倒を見ている
そうです。
父親も母親の世話を多少はしているようですが、やはり高齢なので
最近は気が弱り何かと娘達を頼ってくると…

妹さんが実家のすぐ近くなので、その分妹さんに負担がかかって
いるという事です。
彼女はその点はよく理解して以前から妹さんには感謝していました。

でも妹さんも毎日の積み重ねでかなり疲れていて、今まで何とも
無かった事がつい姉妹喧嘩になる事もあるとか…

それに2人とも各々の家庭も有り、旦那様にも気を遣うとの事。
かなり最近では気も弱っているし、ストレスがたまっていると…

一通り話を聞いた私は以前ある講座でストレスについて講義を
受けた事を思い出し、言いました。

心が弱いからストレスが溜まるのではなく、頑張って無理
するからストレスが溜まる
」と以前講義受けたよと私が言うと
彼女はじっと私の顔を見て「あ~」と一言。

そして「そうやわ~、妹も私も最近無理してるわ~」
「特に妹はかなり無理してると思うわ~」と。

「そうよ~あまり優等生にならなくても良いのでは…」
「妹さんにもそう言ってあげれば…」という私に素直に
「ホントそうやわ~ありがとう~」と彼女。

私も彼女の話を聞いて、思わず以前の講義を思い出し何となく
言っただけなのですが…(笑)

彼女の反応にチョット驚きました。
そしてあの講義が今役立った事にも…(笑)

又講義では無理しない事に加えて誰かに「ヘルプ」する事も必要
だとも教えられました。

彼女は私に決してへプルをした訳でもないと思うけど、
正直に姉妹の気持ちや家庭の現状を打ち明けた事で少しは気持ちが
楽になったのかな?とも思いました。

久しぶりに会って、私も教えられた言葉が少しでも役立ち帰りには、
彼女の顔にほんの少し笑顔が見えた事がとても嬉しかったです。

「無理しないでねぇ~又連絡してねぇ~」と言って別れました。

思えば私も全く同じ経験をしています。
介護施設に入所していた母を家が近いという事と私が仕事してる
という理由で妹にかなりの負担をかけました。

だから彼女の気持ちがよく解かります。
今回会って話した事が少しでも友達姉妹の為になれば、本当に
良かったと心から思いました。

数日前彼女からメールがありました。
妹さんとも又以前のように仲良くし、よく話をするようになったと…

私もとても嬉しくなりました。

そして改めて「決して何事も頑張って無理はしないでおこう」と
自分に言い聞かせた私です(笑)

CIMG7863.jpg


摂津峡で紅葉を楽しみました。

2012.11.10.16:40

昨日はサークル「楽しく歩こう」のオフ会ハイキングでした。

今回初参加2名を含め計7名で高槻摂津峡へ…
CIMG8263.jpg

JR高槻駅からバスで上の口駅で降りて歩きだしました.
下見に来た時とは景色の色は変わっていました。
川沿いに水の流れを聞きながら所々紅葉された木々を観ながら…
CIMG8221.jpg

CIMG8225.jpg

やがて滝へ…ここで少し休憩しました。
再度、川に沿って歩きだしました。
CIMG8231.jpg

この辺りから段々紅葉が多く感じられるようになりました。
みんな口々に「綺麗~」と言いながらカメラを…
CIMG8243.jpg

CIMG8229.jpg

やがて桜広場に到着、ここで昼食をとりました。
CIMG8278.jpg

昼食後皆でもみじ谷へ…
CIMG8261.jpg

真っ赤な、もみじに「綺麗~~」とため息も…
CIMG8262.jpg

モミジ谷で紅葉を堪能した私達は谷を下り今度は川沿いの道を…
川には仲良しカモの姿も…
CIMG8266.jpg

川と桜の木の紅葉の中をみんなで歩きました。
CIMG8271.jpg

CIMG8292.jpg

この後バスに乗ってJR高槻駅へ…
最後に喫茶店でお茶をして解散しました。

今回は約6k位のハイキングでした。
お天気にも恵まれ最高の紅葉ハイキングでした。
時期的には、やや終わりつつある桜の紅葉とソロソロまっ盛りを
迎えようとしているモミジの紅葉を楽しむ事が出来ました。

参加した皆さまお疲れ様でした。

サークルでは、この11月末にもう一度今度は京都宇治へ最後の
紅葉を楽しみに行く予定です。

お洒落な宿でお淑やかに…

2012.11.08.20:12

昨日女性5人で京都嵐山へ行きました。
内1人は関東からの参加です。
阪急嵐山駅を下りると紅葉も始まったかな…という感じでした。
CIMG8098.jpg

CIMG8100.jpg

阪急嵐山駅近くのホテルで11時に待ち合わせました。
昨年10月にオープンしたこのホテルは前々から行きたいと思っていた
のでとても楽しみにしていました。
CIMG8101.jpg

やがて5人が揃いフロントに荷物を預け嵐山を散策に行く事に…
CIMG8107.jpg

まず渡月橋を渡りました。やはり橋から観る紅葉は後2週間位かな?
CIMG8111.jpg

やはりこの時期でも京都は色んな観光客でかなり賑っていました。
私達は昼食を済まし嵯峨野巡りで「竹林の小径」「野々宮神社」へ…
CIMG8136.jpg

その後も皆でとても気持ちが落ち着く雰囲気が良いようね~と
言いながら「落柿舎」「ニ尊院」と歩きました。
CIMG8124.jpg

そして誰となく「チョット休憩しましょう」との声がでて…
各々好きな物を頼んでしばらくの休憩タイムに…(笑)
CIMG8128.jpg

甘い物で元気を取り戻し私達は再び歩きだしました(笑)
いつの間にか愛宕街道に入り「あだし野念仏寺」に…
CIMG8131.jpg

CIMG8138.jpg

やがてお土産や和紙の店など雰囲気のある家並みを歩いたら
見覚えのある赤の鳥居が見えました。
鳥居本の愛宕神社まで来てしまいました。
CIMG8141.jpg

一瞬私は「ありゃ~遠くまで来てしまった~」と思い、お店の人に
バス道を確認しました(笑)

5分ぐらいでバス停に着いたのですが運よくタクシーが…
「嵐山まで5人乗れますか?」と尋ねると気持ちよくOKだと…

タクシーを降りた私達は口々に「いつの間にか良く歩いたね~」と
言ってホテルへ向かいました。

3時過ぎ、帳場でチェックインと同時に、お茶又はジュースで歓迎され
西陣織や鼓の意匠を目で愉しみ、靴を脱いで畳の廊下へ。
CIMG8105.jpg

又自分で選べる浴衣のサービスも女性にとって嬉しかったです。

和風の旅館でありながらホテルの機能性を併せていました。
お部屋は勿論京の風情を基調に、家具・寝具などの調度品等も
「京」を感じる事が出来ました。

お部屋で少し落ち着き各々自分の選んだ浴衣に着替え早速温泉へ…
まだ4時前だったので私達5人の貸し切り状態でした(笑)

温泉で気持ち良くなり夕食の席へ
写真の先付前菜から始まる「四季夕膳」はとても美味しかったです。
次々に運ばれる料理に、この後はカメラは閉まったままでした(笑)

お食事処で、リラックスしゆっくり美味しい食事を頂きながら
日ごろの家事から解放された5人は至福のひとときを過ごしました。

お部屋に帰った私達は早速お喋りタイムに入りました。
まずはアメリカ大統領選挙の結果をテレビで確認し、日本の政治に
ついても熱く語り合いました(笑)

又、亡くなったご主人のチョット悲しい思い出や愛情の深さに
ほろっとしたり、子供や孫の話などに笑いあったり…

床に着く前にもう一度温泉へ、又その後夜食のサービスも受けました。

翌朝はトロッコに乗ろうと嵯峨野駅へ、運良くチケットも取れました。

トロッコに乗った5人は子供の様な笑顔で電車から見える保津川下りの
船に手を振ったり景色の写真を撮ったり…
CIMG8161.jpg

CIMG8181.jpg

CIMG8190.jpg


やがて亀岡に着き今度はJR馬堀駅から京都駅へ出ました。

今度はタクシーで清水寺へ…
CIMG8201.jpg

CIMG8205.jpg

さすがに清水寺は多くの人で賑わっていました。
紅葉もかなり楽しめました。

やがて私達は清水寺~二年坂~三年坂~八坂の塔を歩いた後
京都駅へ戻り伊勢丹でちょっと遅めの昼食をし解散しました。
CIMG8206.jpg

今回のホテルはく色んな心遣いがとても有難かったです。
純和風を感じさせ廊下も畳張りでスリッパは履かず宿の何処へ
行くのも足袋か素足で歩きます。

可愛い浴衣やお風呂に行くのも専用籠が用意されたり…
目にする調度品やお部屋の和の雰囲気に私達のしぐさも
自然にお淑やかになりました(笑)

今回ナビで付き合っている仲間5人の旅でした。
旅は数ヶ月前から企画、計画されていました。

でも5人の内1人は残念ながら今はナビのメンバーではありません。
でも今回予定通り実行され、とても楽しく和気あいあいの2日間
でした。

又いつか彼女がナビのメンバーとして戻ってくれる事が私始め
参加したみんなの気持ちでした。

そして、きっと他にも私達と同じ気持ちの人が、かなりいるのでは
ないかと思っている私です。

奈良暗峠~人気蕎麦屋さんへ…

2012.11.05.16:51

いつも土曜日にモーニングしているメンバーの一人が何日か前
「暗峠の近くの美味しいお蕎麦屋さんに行かない」と提案。

彼女は以前にその蕎麦屋さんにはご主人と車で行った事が有ると。
最近テレビでも紹介され、タレントさんが暗峠~蕎麦屋さんへ
ハイキングしているのを放映してたとか(笑)

早速ハイキングに行ってみようと話し先週行ってきました(笑)

4人で近鉄枚岡駅から国道308号線を歩き暗峠を目指しました。
国道と言っても車はあまり通らず、かなりの坂道です.。

やがてかなり登り、大阪の街並が見えました。
CIMG8007.jpg

次第に風景も変わり田畑が見えました。
CIMG8024.jpg

CIMG8022.jpg

木々も少し色づいていました。
CIMG8027.jpg

CIMG8028.jpg

CIMG8033.jpg


やがて奈良県に入り、すぐに暗峠と表示されていました。
CIMG8030.jpg

CIMG8031.jpg

峠の辺りにはお店も何軒か有りました。
やがてこの辺りからは下りが続きます。
秋の気配をいっぱい感じながら4人で歩きました。
CIMG8041.jpg

向こうの方から2人の若者がリヤカーを押しながら歩いてきました。
元気な声で「こんにちは~峠の茶屋はもうすぐですか?」と。

「もうすぐですよ~」と答えてしばらく立ち止まり話しました。
聞けばリヤカーで日本一周リレーをしていると言います。

ブログにもぜひ載せて下さいと手作りのプリントした紙を渡して
写真をと…旗をとりだしポーズもとってくれました。
CIMG8093.jpg

宮城県東松島からスタートし徒歩と船のみでリレーをし期間は無制限
で「人とのつながり」をテーマに廻っていると言っていました。
この日の最終目的地は私達がスタートした枚岡という事でした。

そして伝言されました。
「もし、何処かでこのリヤカーを見つけたら声をかけて下さい」
もし見かける事があったら皆さんぜひ応援してあげて下さいね。

「ぜひ頑張ってねぇ~応援してるわね~」と言って別れました。
若者の後ろ姿に私達も何か元気を貰った様な気がしました。

1時半頃、私達はやっと目的のお蕎麦屋さんに着きました。
CIMG8070.jpg

平日だというのに満席でした。
でも友達が予約していてくれたので、すぐ席に着けました。
女性客が多くとてもお洒落なお店でした。
前菜     CIMG8078_convert_20121101214428.jpg
そば団子の吸物CIMG8080_convert_20121101214549.jpg
お蕎麦    CIMG8082_convert_20121101214650.jpg
デザート   CIMG8083_convert_20121101214734.jpg

どれもとても美味しかったです。
お店からは最寄りの駅までは、約20分もあれば歩けるので私達は
1時間以上かけてゆっくりお喋りしながら食事を頂きました。

いつものハイキングならお昼は、おにぎりが定番ですが今回は
いつもと違ったご馳走に私のお腹もビックリした事でしょう(笑)

約7kの道のりを4人で楽しくお喋りしながら歩きました。
さすがに峠の辺りは寒かったです。

途中、リヤカーの若者たちとも出会い清々しい気持ちにもなりました。
そして、ぜひ彼らが期間はかかっても無事「日本一周リレーの旅」を
成し遂げる事を願った私です。

コラーゲンを作ってみました。

2012.11.03.16:26

先日久しぶりに会った友達から最近自分でコラーゲンを
作っていると聞きました。

以前体調を崩していた彼女は元気になっていました。
お肌も少し若返ったように見えました。

コラーゲンといえば、やはり「美肌」と誰もが思いつきます。
シミやしわ、くま、乾燥肌もコラーゲンの減少から起こると。

又コラゲーンが減ってしまうと、軟骨が磨り減ってしまって、
関節痛が起こるようです。
そして、血管というのはコラーゲンによって作られていて、
血管に出来てしまった傷などはコラーゲンによって治されるので、
コラーゲンが減ってしまうと、動脈硬化などになる事も…
動脈硬化の予防としても、コラーゲンが効果的なんだそうです。

豚足には、コラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸やビタミンB1が
多く含まれており、良質のタンパク質と、ビタミンB1を併せて
摂取出来るとのこと。

又豚足は牛肉と比較すると約10倍のビタミンB1が含まれており、
コラーゲンとビタミンB1の供給源として最適な肉と言われています。

ビタミンB1は、糖質の代謝や神経の働きに関係していますので、
イライラを防いだり、疲労回復にも効果があるとされています。

勿論サプリメントでもコラーゲンやビタミンなども売られています。

今までも知識としては知っていたつもりです。

時々コラーゲンたっぷりの食品だと認識して食べる事はありますが
でも現実には特に何もしていませんでした。


今回早速友達に教わり私もコラーゲンを作ってみました。

①豚足4本用意(今は下処理した物売っています)水できれいに洗う。
②鍋に豚足がたっぷり浸かる位の水を入れて煮る。
③煮汁が半分ぐらいになるまで煮詰める。(約2時間煮ました)
④足を取りだし、煮汁はペーパーでこして冷まします。
⑤冷ました後、冷蔵庫に入れると固まってゼラチン(コラーゲン)
 ができる。

体内でコラーゲンを作るのには、ビタミンC、亜鉛、鉄が必要なので
野菜をたっぷりと入れることで、バランスの取れた摂取ができるとの事

早速次の日カレーに使いましたがとても美味しく出来ました。

又取りだした足皮にもコラーゲンがいっぱいと聞いたので細く裂いて
マヨネーズにしょうゆ、からしを入れて食べると美味しいと教えられ
ましたが…私はあまり好きではありません(笑)
でもカレーにも細かく切って入れてみました。

その後野菜スープや八宝菜も作りました。

今後も野菜の煮物、鍋やラーメン等に使おうと思っています。

CIMG7753_convert_20121014161815.jpg

CIMG7754_convert_20121014161935.jpg

金額的には今回700円弱でした。
あまり大量にとり過ぎると栄養過多になってしまいます(笑)
冷蔵庫に保管して少しづつ使っていくつもりです。

シニアの身体に良い事は確かです。
それにどの料理もより美味しくなりました。

でもお肌がツルツル、プルプルになるのかな?どうかな?と
思いながらも、ちょっと期待している私です(笑)

プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR