今年もありがとうございました。

2012.12.27.17:21

今年も、はや後4日を残すだけです。

何も大した事しない私ですが、なんとなく慌ただしい気がします(笑)

25日には年賀状を投函し、昨日はクリスマスツリーも片づけました。
大掃除と言うほどでもないが換気扇や気になる所の掃除も進行中です。
そして少しづつお正月の買い物もしています。

最近ではスーパーでもお正月用品の売り出しが以前に比べ段々早く
なっているような気がするのですが…

今年はロンドンオリンピックや金環日食、東京スカイツリーの開業等
楽しい事が多く有りました。

その反面、子供のいじめ問題や尼崎連続変死事件等とても悲しい
ニュースも有りました。

又年末には選挙で政権が変わったり…

私自身は今年は、とにかくよく歩きました(笑)
色んな所へも行きました。

冬は初めて金剛山で樹氷を観て感動しました。
CIMG3751_convert_20121226154657.jpg

城南宮の枝垂れ梅も今でもしっかり目に焼き付いています。
CIMG4342_convert_20121226154110.jpg

桜も何カ所かで観ました。
CIMG4612_convert_20121226155808.jpg

5月になると藤にも癒されました。
CIMG5360_convert_20121226160725.jpg

梅雨時は紫陽花や菖蒲が綺麗でした。
CIMG5813_convert_20121226160153.jpg 
      CIMG5796_convert_20121226160102.jpg

夏には以前から行きたかった剣山にも登りました。
CIMG6307_convert_20121226164203.jpg

見事な仏隆寺の彼岸花にも会えました。
CIMG6926_convert_20121226160938.jpg

京都で萩巡りも出来ました。
CIMG6977_convert_20121226161239.jpg

そして今年の綺麗な紅葉は何カ所かで堪能しました。
CIMG8448_convert_20121226161445.jpg

他にも温泉や色んなグループの旅行にも参加しました。
今までで一番出かける事が多かった1年だったと思います(笑)

私にも自分の人生を「どうして…?」と嘆いた時期ももありました。
でも身内初め色んな人に支えられなんとか今に至っています。

いつもブログを読ませてもらっている中には、悲しい事辛い事を
体験されている記事を読む事も有ります。
私はどうコメントしたらいいのか分からず…
読ませてもらっているだけですが…

又一生懸命お仕事をされている方もいます。

その人たちは私より若い人が殆んどです。

私はいつも心の中で「頑張ってね~そのうちきっと良い事が…」
と応援しています。

それと勉強になったり、共鳴したブログの記事も多くありました。
「へぇ~そうなんだ~」とか「やっぱり一緒の思いだ~」と読み
ながら刺激される事も多々あります。

読んでいてこちらまで楽しくなった事もありました。

又ブログ内やギャラリーでも見事な作品に感動し、たくさん
目も楽しませていただきました

私は4年前に仕事を辞め「これからどうして、時間を過ごそう」
と思った時から今まで行きたかった所へ行ったり、観たり…と
同時にPCを始め、今では日記がわりにボケ防止を兼ねて
拙いブログを書いています(笑)

おかげで今年も多くの方に応援して頂いた事を励みになんとか
書き続ける事が出来ました。

又ブログやオフ会を通して新しく嬉しい出会いも有りました。

本当にありがとうございました。

今年も年末からは息子の所で過ごします。
元旦はお嫁ちゃんの作ったおせちで新年を迎えます。

又来年も私なりのブログを書いていけたらと思っています。
よろしくお願い致します。

どうぞ皆様良いお年をお迎え下さいね。







スポンサーサイト

1年ぶりの再会!

2012.12.24.17:13

昨日ナビ友の四国に住むKさんと昨年の11月以来逢いました。

彼女とは昨年8月のナビの「大阪オフ会」と11月の「サークルオフ会」
の2度会った事があります。

年齢も近く、とても明るい彼女とは「そのうちに」と言いながら1年
以上会えませんでした。

昨日参加したのは彼女を含め4人でした。

天王寺のお洒落なイタリア料理のお店で待ち合わせました。

お店は賑やかな通りから少し離れたところにあり、異国情緒溢れる
店内で、街の喧騒を感じさせない穏やかな空間が広がっていました。

ランチを頂きながら久しぶりに会った分だけ会話も弾みました(笑)
懐かしい話、近況報告等とても楽しい時間でした。

CIMG9047.jpg
CIMG9048.jpg

席を替えての喫茶店では話は一段と熱が入り色んな話題が出ました。
広い庭のある家に住む彼女はマンションに憧れ、反対に私は
庭付きの家が良いなぁ~等、お互いの利点や欠点などを論じたり(笑)
前向きな老後の話なども出ました(大笑い)

時間も4時前になったので一応解散する事になったのですが
折角この時期、大阪に来たので「中の島のイルミネーション」が
観たいという彼女に家が近い事と時間のある私が案内する事に…

2人で地下鉄で本町まで行き御堂筋を淀屋橋に向かって歩きました。
歩きだすと、すぐにイルミネーションが点灯され彼女は「綺麗~」
と何度も感激したり写真を撮ったり・・・

やがて大阪市役所近くまで来た頃はすごい人でした。
観るコースも完全な一方通行だし、人の波に自然と流されそうに…

2人はしっかり腕を組んでまるで恋人のように歩いていました(笑)
CIMG3037.jpg

私も以前にも何度か来ているがこんな混雑に会ったのは初めてです。
思えば3連休の真ん中だし、クリスマス前日なので人が多いのは
仕方ないなぁ~等と2人で納得したり…

でも、何度も彼女が「綺麗~来て良かった~」の言葉に私も
嬉しかったです。

私達は東へと進み天満橋に着き彼女は出来たら「お好み焼き」を
食べたいと…
2人でお好み焼きと焼きそばで再度乾杯をしました。

何カ月も前から「会いたい、会いたい」と心待ちにしていた再会に
話していると時間の過ぎるのはあっという間でした。

普段飲めない私ですが小ジョッキー1杯を空けてしまいました(笑)
とても気分が良くホント美味しかったです。

案内をしてもらったのでぜひ「お礼」にと言う彼女の強い言葉に
気持ち良くご馳走になってしまいました。

先に別かれた2人とは今年も何度かお会いし、いつも楽しい時間を
過ごして「またね~」と別れます。
1年ぶりに会った彼女とも昨日ホント楽しいひと時を過ごしました。
そしてやはり「又いつかね~」と手を振り別れました。

ホント何年も付き合っている友のように…

4人で会話している時も言ったのですが、私がこれまで付き合って
きた同年代の何人かの友達とは、年齢や環境の違う彼女たちとの
会話に今回も新鮮な感覚を感じる事ができました。

昨日も私より若い彼女達にイッパイ「若いエネルギー」を頂きました。
私にとってはとても良い「クリスマスプレゼント」でした。

そして今回もあらためて「ナビ」に感謝した私です。

淡路島で湯~食~離~

2012.12.21.16:37

いよいよ今年も後わずかという事で何処か近くでゆっく~り~したい
と友達と淡路島に行ってきました。

出来たら一泊で温泉と美味しい料理と、年末の慌ただしさから離れる
事ができたら良いね~と(笑)

家も朝ゆっくり目に出ました。
それでも12時過ぎには明石大橋を渡り淡路島に…
CIMG8970.jpg

早速昼食に海鮮丼を食べました(笑)
やはりお魚は新しくて美味しかったです。
CIMG8882.jpg

食後は兵庫県が平成10年4月から設置してる「花さじき」へ…
淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298~235mの海に向かって
なだらかに広がる高原に一面の花畑が広がります。(面積約15ha)
明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により
変わる愛らしい花々が夢の世界に誘い、眼下に広がる花の絨毯を楽し
める極上の見物席として、『あわじ花さじき』と命名されたそうです。
CIMG8893.jpg

でもさすがにこの時期「花の絨毯」というわけにはいきませんでした。
それでも展望はすごく良かったです。

次は温室である淡路夢舞台「奇跡の星の植物館」へ。
CIMG8908.jpg

奇跡の星の植物館は、自然の美しさ・巧妙さを五感で体感する
「五感軸」と、花・緑と共生する生活空間、都市の緑化を提案する
「共生軸」この二つの大きなテーマで構成されています。

ただ珍しい植物を単に展示するのではなく、すべての展示が
明確なテーマとメッセージをもっていることが特徴です。
年間を通じて、約3千種・3万株の植物たちに出会えるという事です。
CIMG8912.jpg

CIMG8924.jpg

この時期「クリスマスフラワーショー」が展示されていました。
館内は、とてもお洒落なクリスマスムードがいっぱいでした。
CIMG8927.jpg

少し早いクリスマス気分を充分味わった私達は今夜の宿の南淡路へ…
夕方4時前にチェックイン後、早速温泉へ…
露店風呂からも、鳴門海峡も望め大鳴門橋も見えました。
CIMG8929.jpg

ほっこり体が温まった後は、一番楽しみにしていた「ふぐ懐石」を…
先付けの白子豆腐やふぐの煮凝りから始まり、てっさ、てっちり、
唐揚げ、白子茶碗蒸し、フグ皮サラダ、雑炊…等美味しく頂きました。
CIMG8930.jpg

勿論その後も何度か温泉に入り床につきました(笑)

翌朝は、鳴門の渦潮を見えたらと思っていたのですが…
ホテルのフロントに聞いてみたのですが…船の時間が合わず…
でも折角なので大鳴門橋の近くまで行ってみました。
CIMG8939.jpg

CIMG8948.jpg

今回は、残念ながら渦潮は見る事は出来ませんでしたが、
間近に海を感じる事が出来ました。

神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターから明石海峡大橋までは
1時間かかります。淡路島は広いのだと感じました(笑)
CIMG8963.jpg

途中、未だ少し紅葉らしきものが残っている景色も楽しみながら…
淡路ハイウエイオアシスで昼食をとりました。
前日からお魚中心の食事だった私は、思わず淡路の玉ねぎを使った
ハンバーグを注文しました(笑)
CIMG8977.jpg

この年の瀬に、温泉に入り、美味しい物を頂き、年末の慌ただしい
時間(?)から2日間解放され、このようなゆっくりした時を過ごせた
事に感謝です。

そして今年1年を振り返り、色んな四季の自然も楽しめ、元気に
生活できた事にも感謝した私です。





10年目の「OSAKA光のルネサンス」に…

2012.12.18.16:47

昨日、滋賀に住む友達が大阪に来ていると連絡がありました。

何カ月ぶりなので会って食事でも…と。
それと「光のルネサンス」行ったこと無いので、できたら行って
みたいとの事でした。

夕方少し雨も降っていたのですが、とりあえず天満橋で待ち合わせ。

軽く食事した後,運良く雨も上がっていたので、中之島に向かって
2人で歩き出しました。

天満橋を出てすぐの八軒家浜辺りから見える景色にも彼女は
「うぁ~きれい~」と…
私は「未だこれからだよう~」と!(笑)
CIMG3151.jpg

普通は淀屋橋から入る人が多いのですが、私達は反対のコース
を歩いたので、こちらに向かって歩いてくる人が殆んどです。

やがて芝生広場での一粒の雫に「明るい未来」という願いが込められ
ている「躍動」を表したイルミネーションへ…
幻想的な空間に彼女は酔っていました(笑)
CIMG8983.jpg

CIMG8984.jpg

やはりこの辺りは子供連れの家族やカップルが多くいました。
そして写真スポットもたくさんありました。

御堂筋で昨年大人気だったという「ハートのオブジェ」
CIMG8985.jpg

座って撮影すると、頭上に宇宙の様な光が写り込む仕掛けに
なっているという水都撮影スポットもありました。
CIMG8988.jpg

ここでは私達も周りに刺激されて2人で記念撮影をしました(笑)
でも彼女のカメラで写したので…ここでのアップは無しです(笑)

次に行ったバラ園の「シャイニング・シー」ではイルカが虹色に
輝くイルミネーションに映えていました。
CIMG8989.jpg

CIMG8990.jpg

やがて私達は中央公会堂付近へ進みました。
ネオ・ルネッサンス様式を生かした中央公会堂の壁画が幻想的に
輝いていました。
様々な模様やデザインが投撮され、立体感と迫力に魅了されました。
又彼女は中之島図書館には懐かしい思い出もあると、この場所では
しばらく立ち止まり「懐かしいわ~」と…
CIMG9009.jpg

CIMG9010.jpg

私達は普通はここから出発する市役所前に着きました。
CIMG9026.jpg

彼女「御堂筋イルミネーション」は昨年観ているというので…
淀屋橋から少しだけ歩いて雰囲気だけ味わいました。

今年もエリアごとに違った色の列柱と星屑がきらめいていました。

大阪の冬の夜を彩る風物詩として定着した「OSAKA光のルネサンス」
は水都大阪のシンボルである大阪・中之島で開催し、今年で10年目
を迎えました。

私は一昨年から観るようになり今回で3回目でした。
昨年は 329万人の人が来場したとの事。
年々大阪以外の人にも知れ渡り見物客も増えていると聞きました。

今は滋賀に住んでいる彼女も子供の頃は大阪に住んでいて、昨夜も
とても懐かしい思いがすると何度か口にしていました。
そして「来て良かったわぁ~ありがとう~」と喜んでいました。

案内人(?)の私としても、とても嬉しかったです。
何カ月ぶりに会ってのお喋りと、幻想的なイルミネーションを
昨夜は2人で楽しむ事が出来ました。

ママゴトみたいな忘年会!

2012.12.16.16:38

今年の9月まで月に一度2人でハイキングしていた友達が数か月前
から足の具合が悪くしばらく歩く事を止めていました。

でもお互い時々電話では連絡を取り合っていました。

先日彼女から連絡があり、やっぱり年内に一度会いたいと…
足はかなり回復しているがハイキングは未だチョットという事。

では2人で今年も忘年会をしようという事になりました(笑)
確か去年は京都を歩いて南禅寺で湯豆腐を食べたのですが…

何処が良いか2人で色々話し合っているうちに彼女が、急に
「家に来ない?、その方がゆっくり話もできるし…」と提案。

彼女の家はちょっと郊外の一軒家だし…と私はすぐに承諾(笑)
今までも何度か行っています。
でも、大そうな事はしないでね~と念を押しておきました(大笑)

そして先日彼女の家に行きました。
顔を見て「久しぶり~でも元気そうで安心したわぁ~」と言うなり
家にあがりこみ…
早速お茶を頂きながら賑やかなお喋りが始まりました(笑)

やがて12時前になったので、じゃ~と言いながら彼女は
ホットプレートを出して「お好み焼きをしようね、手伝ってね~」と

そして次々に材料を…出してきました。
キャベツ・小麦粉・卵・山いも・豚・イカ・牡蠣・エビ・揚げ玉・
ネギ・ピーマン・もやし・人参・カツオ・生姜など…
それに焼きそばの用意まで…

「2人でこんなに食べるの?」と聞く私に「そうよ、忘年会だから~」と

「え~食べられるかな?」「お好み焼きは一口サイズに焼くのよ」
「色んな味楽しめるし~」「組み合わせも楽しんで~」

1人がキャベツや野菜を切り、1人が生地を作りました(笑)

直径5~6㎝の生地の上に例えば豚・イカ・エビ・牡蠣等とお互い
好みの具材を組み合わせ入れていく、食べ終わればまた次に…
CIMG8881.jpg

次は「焼きそばにしましょうか~」と…
「そうね、やっぱり焼きそばも食べたぁ~い」(笑)
「でも1玉で良いよ~」「そうね~じゃぁ~野菜たっぷりで…」

おそばの姿が見えない位、野菜たっぷりでした(笑)

お好み焼きや、焼きそばを食べながら今年行ったハイキングの場所
を思い出しながら…色んな話ができました。
1月には中山寺~清荒神、2月末には綾部梅林に行ったが未だ早く
梅を見る事ができず、3月に行った城南宮では、見事な枝垂れに
感動した事も2人で思いだしました。

4月初旬には少し足の調子が悪く彼女の家の近くで桜を観ました。
確かその時も2人でチラシ寿司を作ったと思います。

でも平坦な道なら歩けると中旬にはチンチン電車で浜寺公園へ…
そして5月には奈良の萬葉植物園で藤を楽しみ
6月は山田池公園で菖蒲や紫陽花も観る事が出来ました。

7月にはケーブルを使って六甲山に…9月には余呉湖も歩きました。

話の途中コーヒーや果物なども頂きながら…
2人であんな事も有った、こんな事も有ったと1年を振り返り
時間の経つのも忘れる程思い出話に花が咲きました。

気がつけば時計は3時半を過ぎていました。
10時半過ぎに来たので、約5時間喋っていた事になります(笑)

参加者2名、アルコールではなくジュースとお茶で自分達で作った
お好み焼きと焼きそばで、まるでママゴトの様な忘年会でした(笑)

でもとても楽しかったし、彼女の笑顔もたくさん見えました。

別れる時私が「来年の春からは、きっと又一緒に歩けるね」と言うと
「うん大丈夫~山道は未だ無理でも平地なら歩けると思う」と彼女。

軽い坂道だけど約20分かかる距離を彼女は駅まで送ってくれました。
でもその足取りはしっかりしていました。
ただ階段には少し慎重になっているようでした。

春までまだ数カ月あります。
きっと又2人で歩ける事を信じ、楽しみにして帰ってきた私です。

師走の京都伏見を「歩こう会」

2012.12.13.17:01

12月のサークル「楽しく歩こう会」は通天閣界隈を歩いて
その後プチ忘年会をする予定でした。
でも年末という事もあってか4名の参加でした。

4名の忘年会もチョット淋しいのでは?と思いいつも通り歩く事に…

行き先は伏見周辺を散策する事にしました。

京都市の南の玄関口「伏見」は、桂川、鴨川、宇治川の3つの川に
沿った平野部と桃山丘陵を 南端とする東山連峰の山並みから
構成されています。

「伏見」の歴史は古く、『日本書記』には「山城国俯見村」と
して記されています。

また「伏水(ふしみず・ふくすい)と呼ばれる名水が豊かな伏見は
日本を代表する酒どころとしても有名です。
CIMG8807.jpg

CIMG8809.jpg

CIMG8808.jpg


私達は、まず「月桂冠大倉記念館」へ…
CIMG8763.jpg

中庭には酒造りの命の水とされている地下約50mからこんこんと
湧き出ている「さかみず」
とても、まろやかで美味しかったです。
CIMG8764.jpg

又展示室には、明治・大正・昭和期に酒造りの現場で実際に使われて
いた伝統的な酒造用具等を工程にしたがって展示されていました。
CIMG8772.jpg

CIMG8775.jpg

CIMG8788.jpg

そして最後にはお酒を試飲させて頂きました。

つぎに私達は明治維新の立役者坂本龍馬ゆかりの「寺田屋」へ…

寺田屋内の部屋、騒動の際に残された刀傷や、おりょうが駆け上った
階段や有名なお風呂も見る事が出来ました。
又当時の様子を伝える写真の展示などがありました。
CIMG8815.jpg

CIMG8819.jpg

CIMG8824.jpg

寺田屋は、現在でも素泊まりで宿泊可能という事です。

その後龍馬通りという商店街で昼食を済ませ「御香宮神社」へ…
さすがに重要文化財に指定されている境内は心が落ち着きました。

御香宮神社を出て今度は明治天皇陵へ向かいました。
とても広い陵内は人も少なく何となく皆で「パワーもらえそうだね~」
なんてお喋りしながら歩いていました(笑)
するとパワーもらったのか…
確かカヨワイ彼女が男性を引っ張っています(大笑い)
いったいどんなパワーをもらったのでしょうね~
CIMG8851.jpg

墳丘は、上円下方墳で、下段の方形の一辺約60メートル、
上円の高さ6.3メートル。
CIMG8862.jpg

またここから見える宇治方面は素晴らしい眺めでした。
CIMG8860.jpg

その後来た道を引き返し、途中コーヒーで休憩タイムもとり
最初に行った「月桂冠大倉記念館」で各自お土産のお酒、酒粕
奈良漬等を買って帰途につきました。

今回は急に行き先を変更してのコースでした。
男性陣2人は地図を見ながらしっかりコースをリードしてくれました。

昨日は風もなく、お天気にも恵まれました。
歴史を感じたり、色んな風情も味わう事が出来ました。
途中のお喋りも冗談を交えながらの楽しいトークが炸裂したり
とても楽しい「忘年会ハイキング」になりました。

可愛いヤ・キ・モ・チ

2012.12.11.16:38

先日マンション内の小さな公園で顔なじみの母子の姿が見えました。

3歳になるお兄ちゃんがママに叱られて大声で泣いていました。
1歳の弟は機嫌良く砂場でおもちゃを使って遊んでいます。

「あら~どうしたの?」と聞くと最近お兄ちゃんが弟の
おもちゃを取り上げたり喧嘩すると…

ママの話では弟が手にする物を次々に取り上げるとか…
どうもヤキモチ妬いていると思うのだけど…と!

弟が生まれた時は可愛がっていたのですが最近になって…と
ママは話していました。

やきもちだよね~
よく有る事だと思うよ~

つい育児に忙しくてお兄ちゃんには我慢をさせていたかも…と
たまにはお兄ちゃんも甘えさせないと…
そのうちに又元の良いお兄ちゃんになると思うけど~等と2人で
話していました。

でも、ふと見るといつの間にか兄弟2人で仲良く遊んでいました(笑)

赤ちゃんができたら、上の子はやきもちを妬くという話は昔から
よく聞いた事があるし、可愛い成長期の出来事だと思います。

私この光景を見てある事を思い出しました。

私達世代にもやきもちは有るのです。
いつだったか、いつも仲良くしている友達と何人かで出かけた時
その日彼女は私に対してどうも態度と言葉が違うのです。

「おかしいな~どうしてだろう~でも気のせいかな?」と思いながら
別れて家に帰りました。

いつもだったら「お疲れ様~」というメールも来るのだが…

数日後電話か直接話そうかな?とも思ったのですが、言葉だと
感情的になるかも…と思い私からメールしました。

「先日何か態度おかしくなかった?私何か気分損ねることした?」と
一応自分では丁寧な文でメールをしたつもりです(笑)

早速来た彼女の返信メールを見てビックリしました。
「最近貴女は他の友達の付き合いを優先してる」というのです。

確かに、今年は私色んな所へ出かけました(笑)
そういえば彼女の誘いを「すでに予定が入っている」と断った事も…
私が何処かに行って、何気に言った「楽しかった~、良かった~」と
いう言葉も彼女は気になっていたと…

私も又すぐ返信しました。
確かに誘いを断った事もあるけど、色んな人と付き合いもしてるけど
貴女との付き合いは大切にしているつもりですとハッキリ書きました。
そして今後もそのつもりですと…

彼女からすぐに「ゴメンナサイ、やきもちで~す」と返信が…(笑)

古い付き合いの彼女とは今までも本音で話してきたつもりです。
その事は彼女も分かっていました。

今ではお互い生活環境が違う事は確かです。

なぜかタイミング良く?出かけている時に限り電話やメールが
有った事も有りました(笑)

会うと最近どうしてる?今度何か予定有る?等と聞かれ、つい正直に
「〇〇へ行った、今度〇〇へ行く」と言ってしまう私が悪いのかな(笑)

でも今回決して私が彼女との付き合いを避けているのではない事を
ハッキリ告げたので、解かってくれました。

その後、会った時は2人とも何も無かった様に笑顔で会えました。
そして今も機嫌良くお付き合いしています。

今思えばあれは何だったのかな?と思います(笑)

お互い長い付き合いで分かりあえていると思っていた私ですが
あらためて人間の「心」を見たようにも思いました。

あの3歳の僕と友達、2人の可愛いヤキモチに何となく同じような
物を感じて「クスッ」と笑った私です。

CIMG7962.jpg

しばらく睨みあって…♪

2012.12.08.16:12

昨日お墓参りを終えて、バスに乗りました。
2時前頃だったので乗客は10人弱でした。

私は終点まで乗るので後部座席へ…
乗った時からずぅ~とこちらを見ている人がいます。
なんだか私を睨んでいるようにも見えました(笑)

「あれっどうしてかな?」と思いながらも心当たりないし…
時間にして10数分でしたが…
私と同世代らしい女性も同じ駅で先に下りました。

後から下りた私に「もしかして○○さん?」と旧姓で呼ばれました。
「え~ はい」と答えると「Nです~同じ中学校だった」と…

「えっ、あぁ~Nさん?」「うわぁ~懐かしい~~」

小学校は違ったけど中学で1年だけ同クラスになった事がある
同級生でした。

「今日は何処へ行ってたの」「実家のお墓参りに…」「Nさんは?」
「友達の家に…」と…下りたバス停の前で(笑)

「時間ある?」「少しぐらいなら…」と近くの喫茶店へ入りました。

「でもビックリしたわ~、私の事ホント睨みつける様に見てたし~」
「ゴメン、多分○○さんと思ったけど…もし間違っていたら…」と(笑)
「私そんなに変わった?」「だって何年経った?」

中学校卒業以来だから50年は会っていません。
特に仲良しと言うほどではなかったけど…(笑)
10代の中学生が60代のシニアになっているのです。
偶然会ってすぐに分からなくて当然かも…

彼女とは小学校は違ったので先日の同窓会では会っていません。
でも今でも地元に住んでいる彼女は私達の同窓会が有った情報は
掴んでいました(笑)

「どうだった?」「楽しかったし、懐かしい人いっぱい、いたよ~」
「○○さん来た?」「皆変わってた?」「あの子は?」と…

お互いの今の生活の話も出ました。
元気で暮らしている事を喜んだり、「ホント懐かしいわ~」
「偶然やったね~ビックリしたわ~」と何度行った事か!
途中話もあちこちへ飛びます(笑)

時間を見たら3時を過ぎていました。
彼女も私もまだ用事も残っていたので…お互い電話番号とメルアドの
交換をして又いつか会う事を約束して別れました。

年が明けたら、何人かの同級生にも声をかけて会おうね~と…

2人が卒業した中学校はお墓のすぐ近くです。
同級生と会っても不思議ではないけど、でも偶然の再会にチョット
驚き、やはり興奮してしまいました(笑)

10月末の同窓会の時、皆に会った時と同じ感激でした。
又1人同級生に会えたラッキーが本当に嬉しかったです。

昨日はお天気も良く、ここ数日の中では穏やかな1日でした。
土曜日か日曜日にしようかとも迷っていましたが、昨日行って
良かったなぁ~と思いました。

彼女も何度も「会えて良かった~楽しかった~」と…

そして、こんな小さな出来事にも最近では喜びと幸せを感じる
様になったのは、やはり歳なのかな~?と思った私です(笑)

CIMG8757.jpg

私のお祖父ちゃん

2012.12.05.17:05

昨夜なぜか祖父の夢を見ました。

最近普段でもあまり夢は見ないのですが…

夢の中では私は小学生ぐらいでした(笑)
そして、ただ頭を撫でられているだけなのですが…

そういえば祖父は、昔よく私の頭や背中を優しく撫でてくれました。
風邪を引いた時も、何かで泣いている時も…
そして、何か褒めてくれる時も…

初孫だったせいもあり、一番可愛がってもらった様に思います。
父方には私が生まれた時、すでに祖母はいませんでした。

祖父は何回も四国88箇所巡りをしていました。
お遍路さんの衣装や用具?を見た事もあります。

明治8年生まれで昭和40年に亡くなりました。
確か90歳位までの長生きしました。
当時私は19歳だったのでお葬式の記憶も有ります。

いつだったか子供の頃亡き母に聞いた事があります。
満州から引き揚げる途中で産気づいた時はお祖父ちゃんが
一緒にいてくれて本当に助かったと…
だからアナタは無事生まれる事ができたのよ…とも!

10年位前かな?
信心深い友達とある所へ一緒にお参りした時、そこの先生から
言われた事があります。
「貴女の後には、いつも誰かが守ってくれている人がいる」と。

言われた私は少しビックリしましたがなぜか素直に…
「あ~、きっとお祖父ちゃんだわ~」と思いました(笑)

最近では殆んど夢を見る事はありません。
昔生活が大変だった時は父母は夢に出てきた事はありましたが(笑)
でも祖父の夢を見た記憶はありません。

祖父の命日は12月1日でした。
母も12月9日が命日なので毎年大体12月初旬にお墓参り行きます。
今年も今週中にはお参りに行くつもりです。

そして墓前でしっかり、父母とおじいちゃんに
「ありがとう~元気で機嫌良く暮らしているよ~」と言って
こようと思っている私です(笑)


CIMG8369.jpg





通天閣は高い~と思っていたが…

2012.12.03.17:37

先日友達と電話で一緒にご飯食べようと話していた時、何となく
「ジャンジャン横丁~通天閣」へ行ってみない?と…

最近ナビ内のブログやギャラリー、サークル等で「通天閣」を
よく目や耳にしていた私は即OKをして翌日行きました(笑)

今では通天閣は近くを通った時に眺めているだけ…でした(笑)

通天閣界隈といえば「串カツ」、串カツといえば「だるま」という
のは大阪人なら殆んどの人が知っています。

でも「だるま」はいつも行列が出来ているというのも有名です。
CIMG8740.jpg

当日時間が5時半という事もあってか、ラッキーにもすぐ席に
着く事が出来ました。

案内されたカウンター席にはすでにかなりのお客が並んでいました。
早速注文し、揚げたての串カツが目の前に…
「ニ度づけ禁止」とやはりしっかり表示されていました(笑)

私の隣の席の男性は関東から来たらしく、作法?を店員さんに
「初めてなので…」と関東弁で聞いていました。

他にも若い女性4人グループも他県から大阪見物に来ているらしく
「ここがネットで見た店」などと話していました(笑)

味は揚げたてで、ソースもまぁ~まぁ~美味しいと思いました。
でも、ゆっくり食事…というわけにはいきません。

30~40分位で店を出ました。
その頃はやはり少し行列ができていました。

聞けばお昼はもっと混雑するという事でした。

目の前が通天閣です。
折角なので展望台にあがる事にしました。

大阪のシンボルでもある通天閣は、新世界界隈に建つ展望塔です。
2007年5月15日に、国の登録有形文化財となりました。
今は二代目で高さは100m、大阪の観光名所として有名です。

「通天閣」とは、「天に通じる高い建物」という意味だそうです

5階の展望台にいるビリケン像は、とんがり頭につりあがった目をして
いて、何ともユニークな姿をしています。

「ビリケンさん」と呼ばれて親しまれており、足の裏を撫でながら
願い事をすれば、合格祈願から縁結びまで何でもかなえてくれる
幸福の神様だと言われています。
 
アメリカの女流美術家が考え出したもので、当時ビリケンさんは世界中
で「福の神」として大流行していたそうです。
 
そこで、日本でも遊園地のルナパーク内に「ビリケン堂」を造り安置
したことで、新世界の名物となったのが始まりだそうです。

勿論私も願い事をしながら足を撫でました(笑)

通天閣は 明治45年に庶民が楽しめる娯楽都市を目指して開業。
途中、火災で焼失するなど存亡の危機に立たされたこともあったが、
商店主らが力をあわせて再建し今年、開業100年を迎えたという事。

展望台からは夜景が観えました。

でも最近ではもっと高い色んな場所から夜景を観ている私には
「う~ん、通天閣ってこんな高さだったかな?」と思いました。

と言っても私は40年以上前に一度上がったきりですが…(笑)

でも子供の頃、高いといえば「通天閣」でした。

こんな、しりとり歌?がありました。私も皆で歌った事が…

何か欲しい物があれば「〇〇買うて〜〇〇は高い〜高いは通天閣」…
そして最後はたしか、光るは親父の禿げ頭…と(笑)

通天閣を出て私達はすでに夜で閉鎖されている動物園や
天王寺公園の横を歩き、あっという間に天王寺駅に着きました。
この辺りは昔と違ってかなり整備されていました。

途中、やはりこの時期イルミネーションが綺麗に見えました。
大阪に住んでいながら何十年ぶりに通天閣に登りました。
ず~と気になっていたジャンジャン横丁の有名店で串カツも
食べました(笑)

子供の頃は通天閣は一番高い~と思っていました。
今年はその6倍以上の高さを誇るスカイツリーが建ちました。
今でもすごい人気で混雑しているという事です。
やはりそのうちに私も行ってみたいと思っています。

でも大阪人の私にとっては通天閣には特別な思いもあります。
これからも大阪人のシンボルである「通天閣」を遠目でしっかり
眺めていたいな~と思った私です。

(当日通天閣上手く撮れなかったので、画像頂きました)
tutenkaku12.jpg











プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR