今年も「大阪女子国際マラソン」を見学しました。

2013.01.28.10:28

昨日お天気も良いし、風もあまり無く、昨年初めて実際この目で見た
「女子マラソン」の迫力を又感じたくて現場に行ってみました。

昨年は 大阪城公園内で、私の前をトップで走り抜けそのまま優勝
した重友選手を見る事ができ、感動しました。

12時10分長居競技場のスタートを確認して約10分後に家を出ました。
途中、交通規制や監視役のお巡りさんや警備員、大会関係者の人の
姿もたくさん見ました。

森ノ宮の交差点に到着した頃はすでに応援の人がイッパイでした。

15k地点になるこの辺りの通過予定時間は13時頃でした。
後10分位あると思った私は少し北の方へ歩きました。

ちょうど給水のテーブルが何個か目の前に見えたので、一番遠い
テーブルの前で選手を待つ事にしました。
CIMG9340.jpg

やがて上空にはヘリコプター、先導のパトカーの姿も見えました。
CIMG9394.jpg

CIMG9328.jpg

やっと数名の先頭集団がみえて日本人の有力選手の確認は出来たの
ですが…興奮して「がんばれ~」と声掛けたり、あまりのスピード
に全くカメラには写っていませんでした(笑)

みんな思い思いの声援をしていました。
次々に目前を走る選手に応援の声はいつまでも続いていました。
CIMG9338.jpg

今回私は選手たちの給水姿を目の前で見る事が出来ました。
見ていてハラハラする事もかなり有りました。
番号や名前を連呼する人、チョット立ち止まる人、係りの人も
とても協力的でした。
CIMG9345.jpg

CIMG9359.jpg

上手く給水出来ると「良かった!」と声をかける見物人も…(笑)
でもその気持ち、私もよく分かりました。

そして飲んだ後の「ピシッ」と処分する音は迫力がありました。
私の目の前にも何度かビックリする位の勢いでボトルが…(笑)
CIMG9362.jpg

でもそれをすぐに、後片付けされている世話人さんも…
本当に色んな人の協力で大会が成り立っているのだと思いました。
CIMG9372.jpg

CIMG9386.jpg

もうかなりの人が通過した事を確認して、今度は27k地点になる
大阪城公園内に移動しました。
CIMG9412.jpg

CIMG9391.jpg

ここでも福士選手を含む先頭3人は写真撮れませんでした(笑)

先頭グループに少し遅れてきた渋井選手はやっと撮れました。
CIMG9398.jpg
一般選手も上位で頑張っていました。
CIMG9405.jpg

CIMG9406.jpg

CIMG9407.jpg

CIMG9408.jpg

今回はアテネオリンピックで金メダルの「野口みずき選手」が出場
すると思っていたのですが…

退会2日前に、以前から患っていた急性胃腸炎の為、昨年に続き欠場
が決まったのはとても残念でした。


昨日の結果は30キロ手前で先頭に立って独走態勢を築いた福士選手を
ロンドン五輪5位入賞の実力を持つタチアナ・ガメラシュミルコ選手
が猛追、残り1キロを切って追いつくと、一気に振り切った。

ガメラシュミルコ選手は2時間23分58秒で初優勝。
福士選手は2時間24分21秒で2位でした。

又3位にはマラソン2回目の渡辺選手、4位には小崎選手
そして渋井選手も8位という成績でした。

どの選手も一生懸命走っている姿が、とても印象的でした。
そして、みんな綺麗で良い顔に見えました。

昨年、それまでテレビでしか見なかったマラソンを生で見て迫力に
圧倒され今年も自分の目でしっかり観る事が出来ました。

又途中ボランティアの人に何度かコースの状況等も聞きました。

選手を見たい気持ちが勝ってカメラには上手く撮れませんでしたが
テレビでは見る事が出来ない裏方さんの苦労や、関係者の協力等を
実際に見たり感じたりする事が出来ました。

少しだけ雪がちらつく場面もありました。
カイロを付着しての見学でしたが、やはり寒かったです。
でも心はとても温かくなって帰ってきた私です。

スポンサーサイト

良かったぁ~~

2013.01.25.17:01

数年前から月に1度ハイキングしていて、昨年の秋から足の調子が
悪なってく以来ハイキングを休んでいた友達に電話しました。

今年の年賀状には「又一緒に歩いてね~」とは書いてあったけど…

私からあまり「足はどう?」と催促するのも…等と思いながら
彼女からの連絡を待っていたのですが…

昨日チョット戸惑いながらも電話をしました。
電話に出た彼女は「ちょうど、こちらから電話しようと思っていた」と
とても元気な声でした。

「ホント~良かったわぁ~」という私に「ありがとう~」と言った後
一気に話しだしました(笑)

数日前、昨年1月に2人で歩いたコースの一部を1人で歩いてきたと…
「どうして?誘ってくれれば良かったのに…」という私に彼女は
「とにかく自分で足を試したかったし、思いつきで行ったし…」と

昨年の今頃「清荒神~中山寺」のコースを2人で歩きました。
7~8キロのコースだったと思います。

今回彼女は「清荒神」を往復して一度電車に乗ったが、もう少し歩ける
と、「中山寺」でもう一度下りてお参りしたと…(笑)

結局5~6k歩いたがその後、数日経っても足は大丈夫だった。
という内容を明るい声で話しました。

聞いていた私も嬉しくなって「じゃぁ~又一緒に歩けるねぇ~」と…

やはり、まだ山道は自信無いけど平地なら6~7kは歩けるとの事。

それではという事で早速来月なら「梅が観える」と何箇所か候補地が
上がりました(笑)

お互いもう一度行き先は検討する事と日も再度確認すると約束して
昨日は電話を切りました。

昨年末、彼女の家で「お好み焼き忘年会」をして以来、やはり今度は
いつ一緒に歩けるのか気になっていました。

正直もしかしたら、以前のようにハイキングはもう無理なのかも…
早くても、もっと暖かくなってからでは…等と内心思っていました。

彼女とは価値観も近く、話してても気持ちが穏やかになります。

足の具合が悪くなってからも、彼女なりに色々努力していた事は
私も知っていました。

長年の付き合いでお互い性格が分かっているので、今回も慎重に
自分の脚力の回復を確認してからという気持ちや私に迷惑や心配
をかけたくないという彼女の心遣いが痛いほど分かりました。

電話で話している途中何度も「良かったぁ~」とか「ありがとう~」
「嬉しい~」という明るく元気な言葉が気持ちを表していました。

今回電話で話していて本当に嬉しかったし、こんなに早く又2人で
ハイキングできるようになった事に感謝した私です。

DSC02496.jpg

健康寿命

2013.01.22.16:55

先日,3ヶ月に一度送られてくる小雑誌の記事に目が止まった。
編集発行元は私が何年か前に「PC教室」でお世話になった
NPO法人のシニアネットからです。

記事には健康寿命が、大阪府は全国平均で男性が下から4番目
女性も下から3番目だと非常に低いデーターがあると…

男性 1位 愛知 71、74歳   女性 1位 静岡 75、32歳
   2位 静岡 71、68歳      2位 群馬 75、27歳
   3位 千葉 71、62歳      3位 愛知 74、93歳
        ・              ・ 
        ・              ・
        ・              ・ 
   44位 大阪 69、39歳     44位 福岡 72、72歳 
   45位 長崎 69、14歳     45位 大阪 72、55歳
   46位 高知 69、12歳     46位 広島 72、49歳
   47位 青森 68、95歳     47位 滋賀 72、37歳

 健康寿命とは、介護を受けずに日常生活が送れる期間の事。

 つまり 健康寿命=平均寿命-介護期間という事です。

健康寿命をのばす為には…
まず起因1位の癌になりにくくする事と早期発見
そして癌を減らすためには5つの健康習慣があるとのこと。
 禁煙、節酒、減塩、運動、適正体重を守る事だと…

男性の場合2つの実行で癌にかかる確率が86%に減り3つの実行で
72%、全部では57%に減ると記されていました。

次に心臓病や脳卒中にならないよう糖尿病を予防する事。

他にもかかりつけの医を見つけて健康管理をする事。
社会活動に週2日以上出かけるのも良いという事でした。

又健康寿命男女ともに上位の静岡県の調査では、運動、栄養、休養、
社会活動が健康長寿の柱だという結果がでているという事。

つまり、バランスの良い食事を摂り、1人で家の中や近所で運動する
だけではなく、社会活動に参加する事も大切なのかも…

又要介護になった原因として
 1位 脳血管疾患 2位 認知性 3位 老衰 等とされている。


大阪に住んでいる私にとってはちょっと気になるデーターでした。
どうしてかな?
お好み焼きやたこ焼きなど、粉もん好きで炭水化物のとり過ぎ?
でも塩分多いとは思えないし(笑)
チョットせっかちですぐカッとするので、血圧が高い??(笑)


昨年の日本人の平均健康寿命は
男性:70、42歳(平均寿命79、55歳)
女性:73、62歳(平均寿命86、30歳)という事です。

やはり男女とも約10~12年は要介護という事かな。

でも私の周りには元気な70歳代の人がかなりいます。
だからこのデーターを見ても正直ピンとこない。

特に大阪は独り暮らしのお年寄りや、夫婦とも高齢の世帯が
多いと聞くので深刻な問題かも…

約10年前から女性の平均寿命は85歳を越えていると聞いているが…
介護されている期間が10年も有るのだと思うとなんか複雑です。

記事にはスペシャリストの先生方の言葉が色々記載されていました。
参考になるお話もたくさんありました。

出来る事なら寿命=健康寿命でありたいけど…
そんな訳にもいかなくても、たとえ少しでも健康寿命を長くできる
よう心がけたいと思った私です。

CIMG3600.jpg

今年初めての「歩こう」オフ会でした。

2013.01.19.16:33

昨日はサークル「楽しく歩こう」の今年最初のオフ会でした。

11時に近鉄奈良駅に6名が集合。
CIMG9242.jpg

まずみんなで少し早目の昼食をとり、この日の予定コースを相談。

Hさんの案内で、若草山や生駒山そして奈良市街地を見渡せるという
県庁屋上展望台へ…

屋上に上がってみると360度のパノラマでした。
五重の塔や大仏殿等も綺麗に見えました。
CIMG9245.jpg

CIMG9247.jpg

みんな展望の景色に大満足して、やはりまずお参りからという事で
春日大社へ向かいました。

道中一人の人がこの辺りには「ムクロジ」の木が有るはずだと…
しばらくすると、まるで私達の声が聞こえたのではないかと思う
タイミングで見えました(笑)
CIMG9253.jpg

CIMG9254.jpg

私は初めて見ました。
幹の空洞から竹が伸びていました。
奈良公園の名物樹木になっている巨樹だという事です。

やがて参道を通って春日大社へ…
この頃から少し雪もチラチラし始めました。
CIMG9263.jpg

春日大社は、春日山原始林を背景に奈良公園内にある神社。
世界遺産「古都奈良の 文化財」であり、 奈良時代に平城京の守護と
国民の繁栄を祈願する為に創建され藤原 氏の氏神を祀っている。
また神が鹿に乗って来たと言い伝えもあるとの事です。

しっかりお参りした私達は若草山の裾野を通って…
みんな歩きながら昔の子供の頃の懐かしい話等もしながら…
CIMG9272.jpg

CIMG9271.jpg

今度は3月堂や2月堂に向かって歩きました。
CIMG9275.jpg

途中こんな土壁に風情も感じながら…大仏殿へも・・

CIMG9292.jpg

CIMG9312.jpg

その後、私達は「おん祭と春日信仰の美術」が開催されている
「奈良国立博物館」へ…
exhib_onmatsuri.jpg

会場では、おん祭りを描いた江戸時代の屏風や絵巻、そして
春日信仰を支えた神官の家である社家の文芸活動について、日記や
和歌集、懐紙などの資料も展示されていました。

続いて今度は「仏像館」に入場し、大きく4つのグループ分けられる
「如来、菩薩、明王、天」の色んな仏像に癒されました。

特に私は菩薩の、あの優しいお顔が大好きです。

博物館を出た私達は興福寺(南円堂)等を通り…
CIMG9320.jpg

時間を見れば、すでに3時半を過ぎていました。
最後に「猿沢の池」を通り奈良町の喫茶店でお茶をしてこの日の
オフ会は終了しました。
CIMG9323.jpg

今年初めての今回のオフ会はちょっと遅い初詣も兼ねていました。

自然と文化財が一体となった冬の奈良に凛とする空気を感じる事が
出来ました


そして今回のオフ会たくさん得る物も有り、6人でとても楽しい
時間を過ごせた事に大満足して帰ってきた私です。

参加した皆さまありがとうございました。








今日も仏壇の前で…

2013.01.17.17:27

毎朝8時前に私は仏壇の前に座る。

今日は義父の命日です。
H7年1月17日の震災で亡くなりました。

その2年後のH9年1月27日に義母が亡くなりました。

その1年後に夫は家を出ました。

義母の3回忌には夫はいませんでした。
仏壇は私のマンションにありました。

私と子供たちで3回忌の法要はしました。

なんとか両親の7回忌、13回忌と私なりの法要はさせてもらいました。

一昨年の父の17回忌の時に母の17回忌も一緒にしました。
本当なら今年だったのですが…
2人はとても仲の良い夫婦だったし…

毎朝食後、仏壇に手を合わせ、ロウソクと線香に灯をつけ、
自己流の般若心経をあげるのが私の日課です。

でもまず決まって、自分が食事してからというのが…(笑)

仏前で「いつも護ってくれてありがとう~今日もよろしくね~」と…
それ以外のお願いはしない。

正直最初の頃は愚痴ったりした事も有りました。
でも今では「今日は寒そうだよ~」とか「○○へ行って来るね~」とか
私1人で一方的に会話もする(笑)

以前住んでいた家と今のマンションは徒歩で5分かからない所です。
やはり亡き両親の為にも遠くへは引っ越せませんでした。
勿論私自身も友達も多くいたので…

だから電話番号もそのままです。
引っ越してしばらくは、元夫関係の電話もかなり有りました・
今では、もうそんな電話もなくなりました。

今朝も仏壇の前に座ると、やはりあの18年前の地震の時の事が
思い出されました。

父の無念さや、寒さと余震に身を震わせながら目前で亡くなった父の
事を凄く悲しんでいた母の姿は今も私の脳裏に焼き付いています。

だから未だに、復興の兆しが見えない「東日本大震災」には心が痛みます。

今朝も、父への思いと同時に一日も早い復興と、もう絶対あのような
惨事が無い事を願って仏壇の前で手を合わせました。

でも、こんな事を思いながらも…
色々あったけど、今では仏壇の中にいる両親に毎日見守られている
のではないかと思える私です。

CIMG4352.jpg

10年前から好きな人。

2013.01.14.17:08

私10年位前から憧れて好きな人がいます。

その人は冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんです。

彼は、平成15年に当時世界最高齢の70歳でエベレスト登頂に成功。
この頃から私は彼のファンになりました。

又平成20年には不整脈などの持病を乗り越え、75歳での登頂を
果たしています。

今年5月80歳で3度目のエベレスト(チョモランマ、8848メートル)に
挑むという事を昨年知りました。

過去2回の遠征はいずれもネパール側のルートだったが、今回は
チベットから世界最高峰を目指すということです。

いつだったか彼の記事で読んだ事があります。

目的の達成に大切なのは日々の積み重ねです。
でも人間は自分では分かっていても、気持ちが後ろ向きになったり、
目標を見失ってしまう時もあるが…
そういう時は無理をせず、今日はサボって明日にしようと、素直な
気持ちに身を任せる事も大切だと…

休みたい時には休んで、もう一度やってみようという気持ちが湧いて
きた時にまた挑戦すれば良いと…

目標が近づくにつれて、自然に頑張れる時が来ると…

そして、人生も登山と似ていて途中で休んだり引き返したりしながら
前進すれば良いと言っていた彼の言葉に私は納得しました


彼の「トレーニングは歩く事が基本」と実際彼は外出時には
片足1,5kの靴に2,5kのアンクルウエイトを装着して20 kg近い
リュックを常に背負うという事です。

今回も3度目の挑戦に向け、昨年10月から次男でモーグル元五輪選手
の豪太さんらと、ネパール・ヒマラヤの6000メートル峰に登り、
高度順化などのトレーニングや体調のチェックを行い、その後、
国内での準備を経て春に日本を出発。
5月に豪太さんらととも再び地球の頂点を目指すと聞いています。

私は先日雪景色を見て、なんとなく又彼の事を思い出しました(笑)

10年位前に彼の行動に感動してファンになって以来彼の記事を
見つけると興味深く読んでいます。

私が「健康の為に歩く事」から「歩く事に楽しみ」を見つけたり、
登山を人生に置き換えたりしているのは多少なりとも彼の言葉に
影響されているのかも…(笑)

以前何冊か本も読みました。
一番印象に残ったのは家族の絆が強いことです。
親子3代でモンブランを滑降したりエベレストに二男・豪太さん
との日本人初の親子同時登頂も遂げました。

今年5月の3回目のエベレスト登頂を無事成功して元気に日本に
帰って来られる事を私も祈っています。

私はスキーもしないし、ハイキング程度で登山というような規模を
歩く事はありません。

今日もかなり大阪も冷え込んでいます。
この時期特に雪を見るとなんとなく彼を思い出すと同時に
又雪山に行きたくなる私です(笑)

CIMG3712.jpg

(写真は昨年金剛山へ行った時のものです)

雪景色を求めて…

2013.01.11.16:57

昨日4人で青春切符を使って雪景色を楽しんできました。

大阪駅から湖西線で琵琶湖に沿って走ります。

近江今津を過ぎた頃からは、車窓から雪を見る事が出来ました。
車内で4人はこの様子だと「敦賀に着く頃は楽しみだねぇ~」と
CIMG9089.jpg

CIMG9086.jpg

やがて敦賀に到着。
CIMG9096.jpg

私達は駅前に出て見ました。
この日は雪は降っていませんでしたが…
CIMG9095.jpg

30分後位に私達は小浜線に乗車。
発車までに時間があったので仲間の1人が持ってきて下さった
お湯でコーヒーを作ってもらい車内で美味しく頂きました。
パンの差し入れも有りました。

やがて電車が発車しました。
このコースは昨年8月にも通っています。
あの時も小浜線から観える車窓には感激しました。

私達は今度は雪景色が観える…と楽しみにしていました。
確かに雪の降った後はあるのですが…チョット期待外れかな?と
CIMG9105.jpg

CIMG9109.jpg

1時間ほどで小浜駅に到着。
私達の願いが通じたのか、その頃には雪がチラチラしてきました。
CIMG9115.jpg

小浜で下りてお昼を予定していた「若狭フィシャマンワーフ」へ
タクシーで向かいました。
2階の食事処で昼食に海鮮丼を頂きました。

窓からは日本海が一望できました。
蘇洞門(そとも)めぐり遊覧船も就航してしていましたが…
あいにくこの日は欠航でした。
CIMG9117.jpg
CIMG9120.jpg

その頃にはほんの少しですが雪が雨に変わっていました。
皆雨具は持ってきていたので、食後の散歩を兼ねて駅まで
小浜の景色を楽しみながら、ぶらぶら歩きました。
CIMG9129.jpg

駅へ着くと10分後に来る「東舞鶴」行きの電車に乗りました。
5分もすると車窓から観える景色に思わず「うぁ~雪が…」と
列車が進むにつれて…望んでいた雪景色が目に入ってきました。
CIMG9138.jpg

雪がちらつく光景も見る事ができました。
車窓から観る景色に「綺麗~でも生活してる人は大変でしょうね」等
と話しながら…
CIMG9159.jpg

CIMG9171.jpg

やがて列車が東舞鶴駅に近づく頃には銀世界に近づいていました。
CIMG9174.jpg

CIMG9177.jpg

CIMG9190.jpg

東舞鶴では、こんな出迎えも受けました。
CIMG9215.jpg

下車した私達は帰りのコースを考える事に…
小浜では米原を廻り帰ろうかな?とも思っていたのですが…
夏と同じ福知山から帰る事も考えたのですが、駅員さんにも相談して
時間的に早い綾部~園部~京都~大阪へというコースをとりました。

綾部からの車窓は先ほどまでの雪景色が嘘のようでした(笑)
CIMG9221.jpg

昨日の朝JR大阪駅7時47分発の敦賀行きで出発。
敦賀~小浜~東舞鶴~綾部~園部~京都~大阪駅と約半日かけて
電車を乗り継いでの楽しい旅でした。

今回のメンバーはサークルの4名の仲間でした。
12月のオフ会の時に何となく話が出て切符を手配してくれたHさんの
リードでとても楽しい「青春18切符」の旅でした。

大阪駅に6時半過ぎについた私達は最後に伊勢丹の10階で夕食をとり、
各自家路につきました。
CIMG9241.jpg

皆さん、ありがとうございました。




やはり油断と横着はイケマセン!

2013.01.08.17:15

3日久しぶりにブログをアップし、昼食も終えほんの少しのつもりで
ホーム炬燵でウトウトしてしまいました。
娘からの「ママ、風邪引くよう~」の言葉も無視して…(笑)

そのせいかどうか分からないけど、4日の朝辺りから喉がイガイガ
してきました。そして軽い咳も…

やはり風邪引いたのかな?と思いながらもその夜は常備薬の風邪薬
を飲んで早めに床に着きました。

5日の朝も別に身体がシンドイわけでもないし、勿論熱も有りません。
ただやはり喉には少し違和感と、人と話したりすると咳も出ました。

でも、牛乳や少し欲しい物があったので…
全く化粧もせず、朝起きて顔を洗って化粧水だけつけたまま…
マスクをし、普段着てるコートとマフラーをぐるぐる巻きにして
数分で行けるスーパーへ行きました。

時間はお昼の12時前だったし、多分誰も会わないだろうと…

でもスーパーの入口で知り合いとぱったり会ってしまいました(笑)
勿論今年初めてなので、「明けまして、おめでとうございます」と

彼女は年始に行った帰りだという事でお洒落していました。
突然の事に私は慌てて、マスクを外し、挨拶を…(笑)

その途端彼女が「あら~かなり具合悪いの?顔色良くないね」と
私は「あ~チョット風邪気味で…」と答えたのですが…

自分では「そんなに体調悪いわけでもないけど」と思い帰って
鏡を見て納得しました。
全くのスッピンの顔はやはり、病人に見えてしまっても仕方ないなぁ
と思いました(笑)

やはり口紅位はつけていくべきだったのかも…
マスクをして行くのでという気も有り…(笑)

そういえば、何カ月か前、起きたままの顔でごみをマンションの下に
持って行く途中管理人さんに会って「今日は顔色良くないけど…」と
言われた事も有りました(笑)

私は普段からもそんなにお化粧をしっかりしている方ではありません。
でもやはり、全くのスッピンはもう通用しないのかも…(笑)

今思えば、休みの日にほん近くのスーパーなどに行く時には
お化粧はしなくても薄く口紅位はひいていました。

今回チョットした油断が風邪をひき、喉の痛さと咳もかなり出ました。
そしてちょっと横着してショックを受けてしまいました(笑)

その上、娘にもきつく叱られるし…(笑)

新年早々大いに反省して、ここ数日大人しく家にいた私です。

でも昨夜は殆んど咳も出ず、ぐっすり眠る事ができました。
そして今日は喉の違和感もなく、ホッと安堵した私でもあります(笑)

DSC02478.jpg











年賀状の想い出。

2013.01.05.17:12

今年も何人かの人達から年賀状を頂きました。

私自身年々、頂くのも出すのも年賀状の枚数が少なくなっています。
それでも懐かしい人や年に一度賀状だけの交流の人も何人かいます。

年賀状見て「あ~元気で過ごしているのだ~」と確信できる事も…

15年位前まで、毎年年賀状を出していた高校時代の恩師がいました。
卒業してしばらくは何人かの先生には年賀状も出していましたが…
そのT先生には30年以上賀状を出させて頂いていました。

先生から返信が来るのは大体10日過ぎでした。
いつも年賀ハガキではなく、官製ハガキにびっしりと万年筆で
書かれた文字が詰まっていました。
きっと1人づつ丁寧に返信していたのだと思います。

時節のこと等が書かれたり、いつもきちっとした返信言葉が
認められていました。
短歌で世の中を詩っていた時も有りました。

私はいつも先生からの返信を心待ちにしていました。

勿論私も、いつも年賀状には「現状報告」も書きましたが…


高校は公立の普通科でした。
当時2年生からは進学コースと就職コースに分かれました。

就職コースだった私はその時、T先生に簿記を習いました。
クラス担任でもありました。

授業時間は、簿記そのものよりも色んな話をして脱線すり事も(笑)
授業中、戦争の話や恋愛の話等の講義も受けました。

簿記は週に1度の時間割だったので、先生はそれでは検定も難しい
だろうという事で、早朝週に何度か希望者に補習授業も…

勿論私も受けました。
10数名だったかな?

でも結局簿記検定2級に合格したのは2名だったと思います。
私を含め何人かは3級だけ合格しました(笑)

いつも生徒の将来を思っていてくれました。
実社会の厳しさや楽しい事も教えてくれました。

高校卒業して何度か先生を交えてクラス同窓会をしました。
その最初の同窓会の時の事を今でもはっきり覚えてています。

社会人になって皆お給料も頂くようになっていました。
皆で会費を設定して、先生は招待という事に…(普通そうですが)

その旨を幹事が伝えると、先生が大声で怒りました。
「俺をバカにするな、まだ俺の方が給料多いのだぞ~」
「それに皆は俺の生徒なんだ…何十年早いわ~」と

そして私達の会費の何倍もの金額を入れた祝儀袋を差し出し
「皆で2次会に使え」と言って先生は先に帰りました。

勿論私達はお言葉に甘えました(笑)

その後も何回か同窓会はしましたが…
誰も先生には逆らいませんでした(笑)

言葉は乱暴な時も有りました。
でも今思えば熱血先生でした。
同級生の中には卒業後も色々相談したり、仲人をお願いした友も。

私もちょうど息子が中学3年の時に同窓会で会い、先生から
「高校は何処を?」と聞かれアドバイスを受けました。

その時期先生は大阪府立高校の夜学で教えていると…
そして夜学んでいる生徒の事情や様子等を熱く語っていました。
やはりT先生らしいな~と思いました。

その後も年賀状のやり取りはあったのですが…
15年位前に私が生活状態や引っ越しで、つい便りをしづらくなり…

何となくT先生には辛い便りや嘘は書きたくなかったので…
それに心配もかけたくなかったし…

高校の同窓会にはその頃から参加していません。
というより住所変更しそびれてしまって…

私から何人かの人は連絡取ろうと思えば取れるのですが…

でもよく考えれば先生もすでに90歳前後にはなっていると思います。

今でもお元気でいらっしゃる事を願って今年もこの年賀状の時期に
T先生を懐かしく想いだしている私です。

FU8DnWttztL9VAZ1357198651_1357198719.jpg


今年のお正月。

2013.01.03.11:58

明けまして、おめでとうございます。
新しい年が明けて、すでに3日です。

今年も年末から息子の家へ行き、元旦を津で迎えました。

孫が中学生になって迎える初めてのお正月でした。
大晦日には孫は、やはり紅白歌合戦を楽しみにしている様でした。
テレビの番組表を見てお風呂へ入るタイミングを計ります(笑)

8時頃にはお風呂の用意ができていたのですが…
テレビの進行具合を見て「ばあちゃん一番先に入って…」と(笑)

番組表を見ると、なるほど若い歌手が続くようです。
「その後は,ばあちゃんが喜ぶ様な歌手が出るし…」と(笑)

食事の時もママと一緒に私の事を気遣ってくれます。
私は何事も甘えっぱなしでした(笑)

元旦の朝は、お雑煮で祝った後いつもの神社に初詣。
お昼はママ手作りの美味しいお節を頂きました。
CIMG9059.jpg

CIMG9063.jpg

今年もかまぼこ以外は全部手作りでした。
何でもしたい孫が、盛り付けをしていました。
(後でチョットママが手直ししてたけど…)
親が言うには「やはり、子供にお正月の伝統を伝えたくて…」と。

去年までは、お年玉で「福袋」を目当てに自分の好きなお店に
直行していました
でも今年は自分の欲しい物をじっくり見たいと言って
女3人でショッピングモールへ…(笑)

3人で「あれが良い~」「こっちの方が…」「うん似合ってるよ~」 
等ゆっくりお買い物をしました。
孫とママはブーツや洋服などを買っていました。
私もつられて2点ほど買い物をしました(笑)
勿論2人に「うん似合ってるよ~」と言われて…(大笑)

夜は、すき焼き鍋を囲みながらの賑やかな時間でした。
その後、孫宛に来た年賀状を、ゆっくり見ながら…
まだ子供らしいものや、孫との親密さを感じられたり、感心する賀状等
私にはとても興味深く楽しむ事が出来た時間でした。

又学校での出来事、部活やテストの事等も話してくれました。
やはり中学生になると、今までとはちょっと違うのかなと思いました。

今回、居間にこんな張り紙がありました(笑)
CIMG9049.jpg

私が「どうしたの?」と聞くと「孫が書いた」と…

今は部活にも懸命だし、色んな事に興味がある孫に、ママが
「何でもするのは良いけど、する限りは一生懸命にしてね~」と

それを聞いた孫が自分で教材の筆と墨を持ってきて書いたそうです。
よく見ると半紙を3枚張った用紙でした(笑)

「まぁまぁしっかり書けている事」と「書いた事を忘れないように」
と思い居間に掛けたとの事でした(笑)

それを見たパパも「ほぉ~なるほど」と笑っていたそうなので、ママは
「家訓にしようと思っている」と笑いながら私に言っていました。

でも私から見れば孫は何事も一生懸命しています。
部活のソフトも一年生で、ほぼレギュラーだし、勉強だって頑張って
いるし、今回もwiiのゲームも一生懸命していました(笑)

お正月からチョット「祖母バカ」かもしれないけど…(笑)

でも何よりも孫やパパ、それに私の事をいつも、しっかり見ながら
家庭管理してくれているママが一番「一生懸命」を実行しているのかも…

そしてパパにも、お仕事頑張ってね~というメッセージにも思えました。

勿論私にも…「家訓だから守らないとね~」と言いました(笑)

3日間何度も居間でこの言葉が目に入りました(笑)
13歳の孫と私では「する事」が違うかもしれません。
でもそれなりに頭の片隅に入れておこうと思いました。

我が家だけの「手作りの家訓」と「手作りの料理」に身も心も
何となく温まり笑顔になりました。

今年も新年に元気をもらい、良いスタートをきる事ができたかなと
思い昨夜帰ってきた私です。























プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR