10年ぶりに西の丸庭園へ…

2013.03.29.17:07

あちこちで桜が咲いたとの声が聞かれ、今日は暖かいし…と思いながら
少し早目の昼食を終えて、マイ自転車でまず大阪城公園へ…(笑)

いつものコースへ入ると、もう7~8分咲きではと思える位でした。
それと金曜日の午後なのに人の多さにビックリしました。
CIMG0478.jpg

やはり折角なのでまずお城にも挨拶をして…(笑)
でもさすがこの辺りは団体客が凄く多かったです。
CIMG0482.jpg

大阪城公園にはよく行くのですが、今日は10年は行っていない「西の丸庭園」に。
天守閣の西にある広さ約6.5haの西の丸庭園は、約半分が芝生におおわれ、
有名重要文化財に囲まれ、梅林と共にに人気を集めています。
CIMG0459.jpg

豊臣秀吉の正室・北政所の屋敷があった場所とされている西の丸庭園は、
昭和40年(1965)、総面積約64,000平方メートルの芝生庭園として開園。
周囲を樹木に囲まれ、天守閣や掘の石垣が美しく眺められる有料庭園。
CIMG0446.jpg

春はソメイヨシノを中心に約300本のサクラが咲き競い、花見の名所としても有名で
開花期間は観桜ナイターも開催され、大勢の花見客が訪れます。
CIMG0453.jpg

CIMG0450.jpg

今年は4月4日(木)から4月10日(水)までの7日間、通常は午後5時までの開園時間を
午後8時までに延長するとともに、庭園内の桜をライトアップされるそうです。

約6.5haの広大な敷地の約半分33,000平方mは良く整備された芝生庭園となって
いて、子供がまだ小さかった頃は私もよく行きました。

芝生の上で思いっきり羽根を伸ばせるのが売り物の一つで、園内で遊ぶ子供の姿を
見て私は何十年前小さかった2人の子供も走りまわっていた事を想い出しました(笑)
CIMG0461.jpg

桜以外にも初夏のツツジ、秋の紅葉、冬のサザンカ、寒椿など一年を通じて季節の
草花を楽しむ事が出来るのもここの特徴です。

又、園内最北端に新設された「大阪迎賓館」が1995年APECのメイン会議場として
使用された事もあります。

そして現在の西の丸庭園内には、大阪管区気象台指定の桜の標準木があり毎年、
大阪地区の桜の開花の目安となっているのは有名な話です。

平日でもたくさんの人が花見に来ていました。
お弁当を広げている人も多かったです。

私が帰る途中…まだお昼の2時半頃だったと思います。
多分今夜の「夜桜見物」の為に席を確保しているのかな?と思われる風景も(笑)

今回「西の丸庭園」は城内の中でも少し、人が少なく感じました。
私はいつも東側から入ります。
それでも、いつも桜を充分堪能して帰るので「西の丸庭園」までは、最近では
あまり足をのばしませんでした(笑)

でも今日10年以上ぶりに入園してみて、懐かしい思いと他の城内よりチョット
落ち着いた気分を味わう事が出来ました。

今日大阪城へ行ってみて、木によっては6~7分咲き、満開に近いのもありました。

多分来週初めは、最高のお花見ができるのでは…と思って帰ってきた私です。
スポンサーサイト

とてもお洒落な美人なのに…

2013.03.25.17:05

先日地下鉄に乗った時です。

私が乗車した時は未だ少し席も空いていました。

空いている席に座りふと前を見ると、とてもお洒落で綺麗な女性が座っていました。
白と黒を基調にして、春らしく袖も短めのワンピースを着ていました。
そんな20歳過ぎと思われる女性を私は「とてもセンスが良い~」と見惚れていました。

でも彼女の座っている席は優先座席でした。
おまけに2人分の席を占領しています。
毛皮のとても大きなショールを少し膝にかけ、横の席に綺麗に広げています。
余程大切にしているのかなぁ~(笑)

その時はまだ立っている人は、ほんの少しでした。

次の駅で私と同世代の女性が乗ってきて、その席に座ろうとしたのですが…
高価そうな毛皮に遠慮したのか?違う方向へ行って立っていました。

若い彼女はスマホを触り、知らんふりをしています。

地下鉄は中心地に向かって走っているので駅に停まる度に乗車する人は増えてきます。

洋服も見るからに高価そうななものだったけど、バックも靴も時計も私でも知っている
「ブランド物」を身につけていました。
でも嫌味な気がせずとても似合っているし、上品にも見えました。

薄化粧で顔立ちもホント良い雰囲気のとても美人でした。
次々に乗車してくる人たちも何となくその席に座る事を遠慮しているようでした。

最初は彼女の「センスの良さ」に目を奪われていたのですが、いつの間にか彼女の
態度に私は「イライラ・ムカムカ」してきました(笑)

私はジーと彼女を睨んで、「美人なのにとても残念な人だな~」と思いながらも…
もし私より年上の人が来たら、ちょっと大きな声で「どうぞ」と席を譲ろうとか(笑)

やがて私が下りる手前の駅で乗ってきた1人の年配の女性が彼女の前で「スミマセン」
と言いながら手で毛皮のショールを除けて下さいという仕草をしました。

彼女はチョット戸惑いながらも、ショールを自分の膝に乗せました。
私は思わず心の中で「拍手」を送りました(笑)
そして何となく気持ちがスッキリしました。

若い人が優先座席に座っている光景は今までも見た事があります。
ちゃんと座ればもう一人座れるのでは…と思った時も…

私もそうなのですが、地下鉄は基本的にそんなに長時間乗るものではないので
あえて座らなくても…と思っている人もいる様です。

だから、今回の様な事にも見て見ぬ振りをするのかも知れません。

でも黙って見ていたり、避けるのではなくだけでなく、あの年配のご婦人のように
穏やかに意思表示するのが良いのかも…と思った私です。

CIMG0363.jpg




視力がアップした??

2013.03.21.17:18

一昨年の8月に目に違和感があって眼科へ行き白内障と診断されました。

それまでは、全く眼科には縁がなかったので…
私は急に黒い糸くずの様なものが飛んでビックリしました。

先生から「加齢からくる白内障で、飛蚊症も出ていると…」と言われショックだった事を
ブログにも書きました(笑)

何人かの人から遅い位だとか、心配ないよ~と励ましのコメントやメールも頂きました。

先生からは「歳を重ねて白髪になるようなものなので…」と説明され
「なるべく進行しないように」と通院と目薬を続けるようにに言われました。

その後2カ月に1度検査と薬を頂きに通院して1年半以上経ちました。
先日眼科へ行っていつもの視力検査をした時、自分でも「今日は調子良いなぁ~」と。
担当者からも「今日は、より良く見えていますね」と言われました。

又カルテを見て「前回も良くなっていたけど、今回は裸眼で左目が1、0ありますよ」と。
以前は大体0、6~0、7で、レンズを入れて1,2でした。

私は、やはり嬉しくなって「そんな事有るのですか?考えられる事は?」と尋ねると
「その日の体調にもよるけど、前回よりさらに良くなっているので良い事です」と…

その後先生の診察を受けたのですが、やはりまだ目に濁りはあるけど…
白内障は進行してないようですと言われました。

先生も「このまま通院と薬を続けて、何か変わった事があったらすぐに来て下さい」と…
私も悪くなっていたら、もっと色々聞いたと思うけど…
素直に「ハイ、分かりました」と言って帰ったきました(笑)

今まで正直、目薬を注すのを忘れる事もあります。

特に食生活が変わったわけでもないけど…
以前から、目に良いという緑黄色野菜)を摂る事を普段から心がけてはいるが…
そしてヨーグルトには、ブルーベリーを入れて食べている事ぐらいです。

それと、昨年の10月から友達に聞いた「豚足からコラーゲン」を取って何度か
料理に使うという事は今も続けていますが?…(笑)

以前から目は良く、今でも新聞は老眼鏡もなく読めます。
ただ細かい地図や数字を見る時だけは、老眼鏡を使いますが…

昨夜もチョットした縫物も白糸だったので老眼鏡なしで針にすぐ通った(笑)

今は白内障も進行を止めているようだし、飛蚊症の症状も全く出ていないし…
視力も一時的かもしれないけど、アップ(?)しているのは確かなようだし、
私は今回の検診ではとても気分も良く、嬉しくなりました。

歳を重ねると視力が良くなる?と聞いた事もあります。
でもホント何となく自分でも「良い感じ」を実感しました。

これまではPCをチョット続けると「眼が疲れた」と感じる事があったので
最近ではPCを触る時間も結構少なくしている事?

そして、嫌な物はなるべく見ず、好きな物や綺麗なものをよく見るように心がけて
いるのが良いのかな~と一人で勝手に思っている単純な私です(笑)


DSC02545.jpg

「ひとめ2万本 海の見える梅林」

2013.03.18.17:02

先日「ひとめ2万本 海の見える梅林」がキャッチフレーズの綾部山梅林へ
行ってきました。

昨年にも月に1度一緒に歩いている彼女と行ったのですが梅は未だ2~3分咲きでした。

眼下に広がる 瀬戸内の家島群島、小豆島、淡路島等、遠くは四国を望む景色に、
私達は、きっと又もう一度梅が咲いている時に行こうと約束していました。

山陽電鉄の網干駅から約15分バスに乗って24haの広大な綾部山広陵の梅林へ…
平日だったのですがバスもかなりの人が乗っていました。

黄色い菜の花畑の向こうのバス停に着きました。
入場券を買って梅林に入ると梅の香りと見事に咲いた梅の花が…
CIMG0326.jpg

梅に囲まれて、緩やかな坂道を歩きます。
CIMG0325.jpg

一面に見事な満開の梅の花が観えました。
青空にも映えてとても綺麗でした。
CIMG0331.jpg

CIMG0427.jpg

チョット横道に入って梅のトンネルの中も歩きました(笑)
CIMG0419.jpg

CIMG0344.jpg

CIMG0343.jpg

少しずつ高く上がってきました。
やがて瀬戸内海が観えてきましたが、やはり霞んでいました。
CIMG0335.jpg

12時過ぎお腹も空いてきたので地元の「婦人部食事所」で昼食を頂きました。
その近くに「島津久子の歌碑」がありました。
春の訪れとともに梅の花の美しさに魅了され…詠まれたと…
CIMG0341.jpg

 こそ乃春 友のさそい乃 梅が香に 引かれて来つる 綾部山さと

食事の後「甘酒コーナー」で甘酒のサービスも受けました。
そして又私達は絶景地に向かって歩きました。
CIMG0358.jpg

何処を見ても梅の香りと見事に咲いている花に酔いました(笑)
そして人も思い思いの場所で座り込んだり立ちすくんで観梅を楽しんでいました。
CIMG0379.jpg

勿論私達も座り込んで眼下に見える景色を楽しみました。
CIMG0383.jpg

CIMG0368.jpg

CIMG0364.jpg

又遠くにはバス停の近くで見た菜の花も観えました。
梅林から見ると黄色いパッチワークのようでした。
CIMG0398.jpg

私達は3時間以上綾部山を歩きました。

お天気にも恵まれ昨年とは全く違う景色に感激し、何度も「綺麗ね~見事だね~」と
言う言葉がお互いの口から出ました(笑)

私は行きのバスを降りた時点で歩数計を「ON」にしました。
帰りのバスに乗ってすぐに確認すると約「11000歩」を記していました(笑)

私達は「ひと目2万本、海の見える梅林として西日本一といわれる 綾部山梅林」を
観梅しながらハイキングした事になるのかな?(笑)


 

梅は満開、桃はあと一息!

2013.03.15.17:27

今年は、何処も梅の開花が遅れているとの事でした。
家から近い大阪城はいつでも行けると思いながら…
やっと先日自転車で行ってきました(笑)

内濠の東側、約1.7haの広さに約1,270本近くの梅が植えられています。
CIMG0222.jpg

梅林近くになるとすでに、色とりどりの見事な梅と訪れた人達で賑わっていました。
CIMG0281.jpg

梅林に入るとすぐ目についたのが「夫婦梅枝垂れ」
CIMG0226.jpg

そして「豊後」が満開でした。
CIMG0242.jpg

「玉垣枝垂れ」も綺麗でした。
CIMG0231.jpg

「紅千鳥」は、園内にかなりたくさん有りました。
CIMG0266.jpg

CIMG0235.jpg

「玉拳」も見事でした。
CIMG0239.jpg

「八重揚羽」は見応えありました。
CIMG0273.jpg

「東錦」も満開でした。
CIMG0237.jpg

「春日野」は人気がありいつも人が多かったです。
CIMG0259.jpg

「思いのまま」の近くでは若い女性何人かで面白い名前だねぇ~と(笑)
1本の木に白と赤の2色が咲いていました。
翌年も同じところに同じ 色が咲くとは限りらず、赤だけが咲いたり、白ばかり
咲くこともあるそうです…だから「思いのままに」だという事だそうです。
CIMG0295.jpg

遠くに大阪城も見えました。
CIMG0278.jpg

先週半ばから季節外れの陽気が続き、予想通り梅林の状況は大きく変わっていました。
先週まで見頃だったと思われる寒紅梅、八重野梅など早咲きの花たちは散り去り、
緑萼、鶯宿、古城、白加賀といった普通咲きの花達も花弁こそ残っていたが
見頃は過ぎていました。
変わって豊後、八重揚羽、東錦など遅咲き種の花たちが満開となっていました。

それでも平日なのにかなりの人でした。
そして園内には私も含め、多くのアマチュアカメラマンがいました(笑)

私は、ふと城内の「桃園」も思い出し行ってみました。
CIMG0298.jpg

梅林と違って人も少なく、やはり桃の花は未だほんの少ししか…
それでも何種類かの桃の花を観る事が出来ました。

「関白」
CIMG0299.jpg

「矢口」
CIMG0305.jpg

「寒緋」
CIMG0312.jpg

OBPの高層ビルを背景にどれも可愛い花をつけていました。
桃園全体が見頃になるのは、もう少し先だと思います。
又その頃に来てみようかなぁ~と思いながら帰ってきた私です。




 

今年も1日だけクリスチャン(?)に…(笑)

2013.03.12.17:03

今年もクリスチャンの妹との年に1度の集まりに行ってきました。

いつものリーガロイヤルホテルでの講演と会席です。

平日の行事なので仕事を辞めた後、妹から声がかかり今年で4回目の参加でした。

10時から開会されて、まずピアノ演奏と綺麗なコーラスから始まりました。
CIMG0033.jpg

主催者代表の挨拶の後、今回はスペシャル・タイムとしてルーマニアの
オペラ歌手アマリア・ネクラエシェさんの「音楽とトーク」と題しての
楽しい歌とお話を聞く事が出来ました。

さすがに声量たっぷりで素晴らしい歌声は350名の会場は、みんな彼女の歌声に
酔いしれていました。

歌詞は英語と何曲かの日本語でしたが、心に響きさすがプロだと思いました。

又彼女のトークも聞く人の心に素直に入ってきました。
CIMG0039.jpg

10年前に色んな事があり日本に逃げてきたそうです。
何年か前には声も失ったとか…

でも今は日本人のご主人と7カ月の坊やの3人で新潟に住んでいるそうです。
そして子供が今の自分の支えだとも話していました。
勿論上手な日本語で…

その後は私が楽しみにしていた会食が始まりました。

クリーミーなボストン風ハマグリと帆立貝のチャウダー
CIMG0044.jpg

牛フィレ肉のナヴァラン風 春のお野菜と共に
写真撮り忘れました(笑)

季節のサラダ
CIMG0047.jpg

デザート(ビスタチオのムースリース、グリョットソース)
    (苺のシャーベット)
CIMG0052.jpg

コーヒー
CIMG0056.jpg

どれも美味しく頂きました。

食事の後、アマリア・ネクラエシェさんが最後の1曲を…
やはり会場の人は彼女の歌声にしっかり耳を傾けていました。

私は今回で4回目の出席でした。
妹は洗礼を受けています。
毎週日曜日には教会にも通っています。

私は年に一度この会に出席させてもらい、姉妹での楽しい時間も持っています。
音楽や講演を聞きながらや会食の時間にはお互いの話で近況も知ります。

勿論時々会ったり電話やメールなどで連絡も取り合っています。
でも今では年に一度の姉妹の行事として、3月の予定にしっかり入れている私です。

青春切符で四国高松へ

2013.03.09.16:45

昨日サークル「楽しく歩こう」で3度目の青春切符っを使っての旅へ…

列車を乗り継ぎ今回は四国高松へ行ってきました。

参加者6名が大阪発7時56分の電車に乗って姫路・相生・岡山と乗り継ぎ
私が初めて乗ったマリンライナーでは穏やかな瀬戸内を観ながら…
車内からカメラを向けるのですが、どうしても鉄橋が…(笑)
CIMG0214.jpg

11時49分に着いた高松には、ナビ仲間の香川に住むKさんが笑顔で迎えてくれました。
CIMG0208.jpg

私達は早速、Kさんの案内で香川の名物「讃岐うどん」を頂く事に…
「竹清」はすでに何人かの人が並んでいました。
 
私達も並んで待ちました(でも時間にすれば10~15位かな)
やがて順番が来て1人ずつ注文をして会計を済ませ、おうどん(半玉~)をもらって
大根おろし・ワカメ・ネギ・生姜等を自分でトッピング、空いてる席で食べていると
このお店での一番人気と言う事で注文した半熟卵と竹輪の天ぷらがきました。
お値段はおうどん1玉(140円)と天ぷら2個(90×2)で計320円でした。
CIMG0079.jpg

食べ終わったらすぐお店を出ます(笑)
話には聞いていましたが…
私は何もかも初めての経験でした。
美味しいのに、あまりにも安いお値段にもビックリしました

でも普通、観光客は1日でこういうお店何カ所か周りおうどんを食べるそうです。
私達は一軒でお腹いっぱいになりました。

昼食を終えた後、高松を訪れた観光客は、まずたいていは訪れると言われている
四国を代表する名園の一つ栗林公園へ行きました。

「栗林公園」は今から約370年前、当時の高松藩の藩主であった生駒高俊公の別邸
として作られたことに始まり、その後黄門様で有名な水戸光圀公の兄 松平頼重公が
高松に移封されて本格的な造園が施され、以降代々の藩主の丹精によって完成された
様式美を誇る天下の名園となったものだそうです。

園内は、高松の街の真ん中にあるとは思えない見事な緑に包まれていました。
CIMG0084.jpg

CIMG0133.jpg

CIMG0171.jpg

又この時期園内には南梅林と北梅林の2箇所に見事な梅が咲いていました。
CIMG0090.jpg

CIMG0091.jpg

CIMG0183.jpg

CIMG0174.jpg

まるでこの日私達を迎える為に、綺麗に咲いてくれているように見えました…(笑)
本当に見事な梅の花にみんな見入って感激のため息を…

又栗林公園の平庭には約1,400本の松があるそうです。
その内、約1,000本の松は手入松、でたくさんの見事な松を見る事が出来ました。
CIMG0119.jpg

CIMG0117.jpg

又園内には6つの池があり、鯉を見る事も出来ました。
CIMG0142.jpg

そしてお殿様気分を味わえる舟遊びも・・・
CIMG0138.jpg

又「飛来峰」と呼ばれる高台からは園内随一の眺望景観を眺める事が出来ました。
CIMG0157.jpg

約75haあるとされている敷地を、Kさんの案内で歩いたのですが広さに圧倒
される事もなく、隅々まで繊細に目の届いた調和に満足出来たのは、やはり
国の特別名勝だと感心しました。

私は栗林公園には、30年以上前に一度来た事があったのですが、園内の何処を
見ても全く覚えていませんでした(笑)

今回高松での4時間は、地元のKさんの案内で私達は凄く心強かったです。
そして、高松を堪能する事が出来ました。

帰りは高松駅で各々駅弁を買って、何度も手を振ってくれているKさんに見送られ
予定より30分早いマリンライナーに乗車しました。

大阪駅には19時半に着き、無事解散しました。

昨日の青春切符を使っての往復約8時間の四国への旅は、お天気にも恵まれ
時間もお金も有意義に使っての、とても楽しいオフ会でした。

今回参加された皆さま、お疲れ様でした
そしてKさん本当にお世話になり、ありがとうございました。







人混みは避けた~い!

2013.03.06.17:08

先週土曜日の午後、久しぶりに娘と買い物に梅田へ出ました。

お互い見たい物があるので、行きの地下鉄では2人で回るコースなども相談(笑)

まず最初の目的のお店へ…
娘が友達2人の誕生日プレゼント用の品物を私も一緒に選びました。
私も知っている相手なので彼女達をイメージして、それなりに楽しい時間でした。

その後阪急百貨店へ・・・
私達が入った地下の入口からすでに人混みでした(笑)

エレベーターにもかなりの人が並んでいました。
私はエスカレーターで3階靴売り場へ、普段スニーカーを履く事が多いので
ちょっとお洒落で歩きやすそうな物を探すつもりでした。

なんとか2足試着したのですが…結局買いませんでした(笑)
店員さんも心地よく対応してくれたのですが、お客が多いためかサイズの
在庫確認にも時間がかかりました。

2人で春物の服やバック、雑貨、小物なども一応見たのですが…
とにかく殆んどの階に人がいっぱいでした。

私は逸れまいと、娘の腕を掴んで歩きました(笑)

チョットお茶を飲もうとしても何処も人で埋まっていました(笑)

土曜日の午後と言う事なので仕方ないのかな?
よく考えると最近ではこういう所にはあまり来ないし、来るとしても平日です。

娘にも「折角付き合わせたけど又今度平日にゆっくり来るわ」と言いました。

一度は百貨店を出て「ティータイム」をとも思ったのですが、何となく疲れて2人とも
何かおやつを買って、家でゆっくりお茶しようと意見が即一致しました(笑)
 
阪急のパン売り場で美味しそうなパンを買って家でゆっくりコーヒーを飲む事に…

阪急百貨店梅田本店が全面リニューアルして3ヶ月は経つと思います。
ソロソロ混雑もなくなっているかな?と思い行ったのですが…
休日という事もあってか、まだかなりの混雑ぶりでした。

確か、世の中不景気なはずなのですが…(笑)

今でも自然の中や山道なら、かなりの距離や時間を歩いても平気な私ですが、
今回やはり人混みはダメだとつくづく思いました(笑)

でも以前だったら少々混雑していても、買い物に執着したと思うけど…
欲しかった物より、思わず人混みから逃げる事を選んだ私です(笑)


DSC02467.jpg



聖地の熊野古道を歩きました。

2013.03.03.16:58

今日は歩くと決めて朝も早く起き、日の出も見ようと…(笑)
宿泊したホテルの部屋に「翌朝の日の出時間6時34分」と書かれていました。

5時半に起きてまず温泉に入った後、ホテル内の日の出が見える場所へ…
朝陽がとても眩しかったです。
CIMG9933.jpg

しっかり朝食を頂き那智山へ…
まず石畳が美しい「大門坂」をスタートしました。
いきなりの登りでした。
CIMG9939.jpg

CIMG9940.jpg

やがて、樹齢800年の夫婦杉が…
夫婦杉に近寄ると、その大きさに圧倒されます。幹の周囲は8mあるそうです。
CIMG9954.jpg

ほどなく「多富気王子跡」と…
CIMG9941.jpg

CIMG9943.jpg

苔むした石畳の石段をどんどん登っていきます。
道の両側には百本以上の巨大な杉並木が連なっていました。
CIMG9945.jpg

CIMG9949.jpg

CIMG9952.jpg

苔むした石段と杉木立は熊野古道の雰囲気も満点でした。

やがてかなり上がってきたと実感する。
CIMG0009.jpg

やがて那智大社・那智山青岸渡寺への参道の石段が見えました。
かなり長い石段ですが、途中お土産店等を覗きながら登っていきました。
登り切って朱色の鳥居をくぐると、熊野那智大社です。
CIMG0007.jpg

CIMG9993 (0)

CIMG0003.jpg

見晴らしも良く、三重の塔の向こうには「那智の大滝」も見えました。
CIMG9987.jpg

又境内には天然記念物の「那智の樟」を観る事が出来ました。
やはり、大きさに圧倒されました。
CIMG9997.jpg

CIMG9999 (0)

その後は又かなり有る階段を下り「那智の滝」へ
CIMG9977.jpg

滝の近くでは平成23年台風第12号で被害を受けた復旧作業が行われていました。
以前のように近くまでは行けませんでした。
CIMG9968.jpg

大門坂入口~熊野那智大社~那智の滝~大門坂まで約3キロのコースでした。
石畳や杉木立に囲まれた苔むした石段は、熊野古道の雰囲気も満点でした。

この日はお天気も良く、ほど良い距離を歩きました。
私は、やっとそれなりに歩いた事に納得と満足をしました(笑)

落ち着いた素敵な空間に身を置き、私は何度もこの時とばかりに思いっきり
その空気を吸いこみました(笑)

聖地とも言われ、パワースポットでも有名な熊野古道への旅は私にとって
とても心地よい2日間でした。


熊野古道へ…

2013.03.01.16:53

先日、熊野古道へ行ってきました。

熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)
へと通じる参詣道の総称です。

主に以下の5つのコースがあるという事。
紀伊路(渡辺津-田辺)
小辺路(高野山-熊野三山、約70km)
中辺路(田辺-熊野三山)
大辺路(田辺-串本-熊野三山、約120km)
伊勢路(伊勢神宮-熊野三山、約160km)

平安時代に始まった「熊野御幸:くまのごこう」の参詣道が2004年「紀伊山地の
霊場と参詣道」として「世界文化遺産」に登録された事は有名です。

ほんの一部でも熊野古道の雰囲気を味わいたくて…
まず熊野本宮大社へ。
確か何年か前にツアーで来た事があるのですが…
CIMG9869.jpg

CIMG9870.jpg

熊野本宮大社には3つの社殿があります。
向かって左手が牟須美、速玉の両神、中央は主神の家津美御子神
右手は天照皇大神を祀っています。
決まった参拝の順番があるようなのですが…私は後で気付きました(笑)

神社によってご参拝の時は「二礼・二拍手・一礼」であったり「四礼・四拍手・一礼」で
あったりしますが熊野本宮大社では「二礼・二拍手・一礼」がお作法だという事でした

お参りを終えて帰りは「祈りの道」とあったのでそちらに廻りました。
結構急な石段でした。
CIMG9885.jpg

CIMG9886.jpg

その後、熊野速玉大社へ…
ここは全く初めてでした。
CIMG9912.jpg

CIMG9907.jpg

境内には推定樹齢1000年の、国の天然記念物に指定されている「梛(なぎ)の大樹」
平安末期に熊野三山造営奉行を務めた平重盛(清盛の嫡男)の手植えと伝えられ
梛としては日本最大だという事です。
CIMG9898.jpg

梛は熊野権現の御神木で、その葉は笠などにかざすことで魔除けとなり
帰りの道中を守護してくれるものと信じられているようです。

先に行った本宮大社とは違った雰囲気の速玉大社でした。
この日は、熊野三山の二つの神社へお参りしました。

それなりにしっかり熊野古道の雰囲気は味わいました。

その後この日の宿、勝浦温泉へ…
美味しいマグロやクジラ料理を堪能し、太平洋を望みながらの温泉も満喫しました。

1日目は早足で2か所を廻りましたが、次の日は大門坂~熊野那智大社、那智の滝へ
のコースを、ゆっくり歩く予定でその日は早めに床につきました。

そして翌朝出来る事なら、日の出も見たいと思いながら…(笑)
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR