やっと言えます「おめでとうございます!」と。

2013.05.29.16:43

今年の1月に私は「10年前から好きな人」というブログを書きました。

それ以来ずっと私の好きな三浦雄一郎さんが、この5月に史上最高齢80歳で
エベレスト(標高8848m)登頂へ挑戦中される事を見守っていました(笑)

22日21時(現地18時)現在最終キャンプC5(8500m)に到着と聞いた時は
私は胸が熱くなりました。

そして、ついに翌日未明、3度目のエベレスト登頂へ…
勿論テレビの速報も流れました

出発時間は午前1時30分以降の予定で天候次第で出発が遅れる可能性も…
順調にいけば23日正午~午後3時に頂上に着く見込みだとニュースで知り…
23日は正午からテレビで頂上へ到着する瞬間を確認しようと…
私はテレビの前で待機。

テレビ放送でも野口健さんの解説で家族も三浦さんの到着を待っていました。

やがて日本時間12時15分過ぎ山頂に立つとの連絡が有った時は、私は興奮しました。
そして安心もしました。
でも野口さんは「その後下山してベースキャンプに戻った時が本当に安心できる」と。

「なるほど」と思った私は、無事ベースキャンプに到着する事を祈り、
その後は何度も情報を確認していました。

23日に頂上に立ったこの日は17時間、翌24日は13時間もかけて歩いたと言う事。
標高6500mのキャンプ2で夜を明かし、25日は13時間以上かけて下りる予定だった。

でも疲労の蓄積と氷の滝のようなアイスフォール崩落の恐れで急きょ予定が変更され、
ヘリで標高5300mのベースキャンプまで下りることが決まった。
しかし25日は天候が悪くてヘリが飛ばず、翌26日になってやっとベースキャンプまで
無事ヘリで移動したそうです。

私はMIURA EVEREST 2013の「最新の日記」「最新のニュース」をいつも開いて
何度も三浦さんの姿を動画で見たり、コメント等も確認していました(笑)

ここでは「豪太日記」で色んな予定や息子としての思いも綴られていました。

24日のニュースのコーナーでは、三浦さんのこんなコメントが掲載されていました。

世界最高の気持ち。
なんとか80歳でエベレストの頂点に立ちました。
世界最高齢80歳でまさかここまで着けるとは。
疲れましたけど、80歳でもまだまだいける。
体はこれ以上ないというくらい疲れているけど、本当にみなさんありがとう。
ヒマラヤの景色。眼下に8000m級の山が並んでます、応援ありがとう
頑張って、頑張って、頑張って、地球のてっぺんにたどり着きました


私は涙が出ました。

そして最終定期連絡の5月27日にはこんな報告がされていました。

C2に撤収作業に上がっていたシェルパが無事にBCに到着しました。
これでアイスフォールを通過することもありません。
三浦雄一郎、豪太をはじめとする三浦隊は日本人メンバー、
およびシェルパ全てが元気に下山することができました。
これを持ちまして、三浦隊の山での活動は終了いたします。
と。


そして今朝 三浦雄一郎さん、豪太さん、大城ドクターの3名は無事羽田に到着。
2か月ぶりに日本にようやく戻り、家族やお孫さん、生徒さん等に迎えられ…
3名とも少しは疲れは見えているがすごく元気だと言う事です。

又他の日本隊メンバーは昨日BCを撤収し、ペリチェまで下りて、天気をみて
シャンボチェからヘリコプターにて31日以降にカトマンズへ戻る予定だと…

今回、下山にヘリコプターを利用したことについて、ネット上で登頂成功と
言えるか議論になっているそうです。

私には難しい記録等は解かりません。
でも三浦さんが80歳で頑張って頑張って、エベレスト登頂に挑戦し、
最高峰に立ったという事実。

私を始めどれだけの人を勇気づけ、感動させたことか…

下山の際に安全を期して、一部ヘリを使った事なんて…
どんな冒険でも、「無事安全に帰り着いてこそ成功」と言えるのでは!

私は23日山頂に立った時は、未だ無事下山するまではと思い、言えなかったけど…
今声を大にして三浦雄一郎さんに言いたいと思います。
「おめでとうございます~本当にお疲れ様でした、そしてありがとう~」と!

同行された方々、そして日本でずっと、無事を祈って待っていた家族の皆さまにも
心からお疲れ様でしたと言いたいです。

又最後に他の日本人隊員も三浦さん同様、近々無事に帰国される事を
私は心から祈っています。

今日午後には高校の東京キャンパスで記者会見すると言う事です。
多分夕方のニュースで見る事が出来るでしょう。
その時何を語るのか、何を聞けるのかと今から楽しみにしている私です。


nepal_yb_tour_2l.jpg

 


スポンサーサイト

素敵な2人とステキな空間。

2013.05.22.17:12

以前から散歩の途中感じの良い、気になるお店が有りました。
この辺りは普段はあまり通らず、たまに散歩で足を延ばしたする時位しか…

前を通りがかると、かすかに良いコーヒーの香りもします。
綺麗なお店の表には「アートギャラリーカフェ」とありました。

でもチョット奥間っていて、覗くだけでは中は見づらく…
いつもただ遠目に見ているだけでした(笑)

5月の初めにある人から「はがきの案内状」頂きました。
なんとなく見て「あれっ」と思いました。

私が以前から気になっていたお店の案内状でした。

案内状には「1959年4月に大阪市立の高校・図案科に入学して以来54年間
ズ~と一緒に遊んでいる仲良しおじさん2人の作品です」
と有りました。

チョット気になっていた私は案内状を保管していました(笑)
先日、後少しで終わりだと気付いた私は思い切って店に行ってみました。

お店に入ると、ちょうど良いスペースに作品が展示されていました。
残念ながら作者は不在でしたが店主の人が気持ち良く「どうぞゆっくり…」と。

作品の簡単な説明もして下さいました。
1人の人の町の風景を中心に出展されていた切り絵は見事でした。
私の知っている場所の物もありました。
         G2BxPmcjMgDOHFX1369044636_1369044696_convert_20130520192429.jpg

びっしりと緻密に切り抜かれた鋭い線が織りなす独特の雰囲気と空間。
カメラで撮った写真から切り抜いていくという私から見たら気の遠く
なるような作業をされているようでした。

日本の景観や風景を文字通り「切り取った」作品を見る事が出来ました。

もう1人の作品は大和川で収集してきた流木から、その形を生かして鳥のオブジェ
を制作されていました。
収集した流木は顔とくちばしをつけるだけでさまざまな鳥に変身していました。
          Ypli5kOEujAV_1x1369034774_1369035035_convert_20130520190748.jpg

河口に流されてきた様々なごみの中から木切れを拾い集め、眺めて…
それらを自分の感性で変身させる…
まさに遊びの天才だと何処かに書いていたのが解ります。

私が行った時はカフェにはもう1人作品を見に来ている男性がいました。
店主さんと私と3人でコーヒーを飲みながら作品談義などもしました(笑)

年齢は70歳に達してる2人の作品にかける思いには感心します。
そして54年間という長い年月を2人は「一緒に遊んでる」という表現にも私は
「良いなぁ~素敵だなぁ~」という思いと「男のロマン」かな?とも…

時間にすれば1時間ちょっとだったと思います。
先週は出かける事ばかりでした。
新緑の中よく歩いたり、野球場で歓声をあげたり…(笑)

素敵な作品に囲まれての空間で、コーヒーを飲みながらのゆったりした時間…
たまにはこんな時間の過ごし方も良いなぁ~と思いました。

いつも眺めていただけのお店は「レンタルアートギャラリーカフェ」でした。
これからも作品や写真の展示、時にはコンサートなどのイベントもあると聞きました。
カフェっで出された「オーガニックコーヒー」もさっぱりして美味しかったです。
9SG8lIIFV1uskUI1369120698_1369120781.jpg

チョット散歩の足を延し気が向けば、今度は迷わず入ってみようと思った私です。

昨日は、ラッキーな土曜日でした!

2013.05.19.12:03

昨日急に友達から「甲子園の切符1枚余っているので…」と誘われ、
初めて甲子園での交流戦を見に行きました。

タイガース交流戦3連敗中だし…
前日メッセンジャーで負けてるし…

でも一応、予告先発投手だけ確認して1時頃家を出ました(笑)

ソフトバンク攝津投手は抜群の安定感を誇る鷹の鉄腕エースですでに
今シーズンも4勝しているとの事。

一方タイガース小嶋投手は現時点で1勝1敗で、私の記憶では昨年まで制球面で
チョット課題がある投手だとしか…(笑)

でも彼の背番号29番は、以前あの「井川」がつけていた背番号だと…
と言う事は三振を奪える速球のサウスポーだという事かな…等と
勝手に想像しながら甲子園に向かいました(笑)

甲子園に着いたのが試合開始の10分前でした。
チケットには、8号入場口からと…
CIMG1800.jpg

この時点で「きっと良い席」だと確信しました(笑)
指定番号の席に着くとバックネット裏の少し一塁側で前から2段目の2列目。

一瞬「うわぁ~近いしよく見える~」と叫びました(笑)

きっと暑いだろうと日除けの装備バッチリで行ったのですが、日陰で安心(笑)

席に着くとすぐに始球式が始まりました。
この日は投手に子役で今人気のとても可愛い「小林星蘭ちゃん」
そして打者にはあの「川籐幸三氏」…勿論球場は大歓声
CIMG1805.jpg

早速試合開始、ヒットこそ打たれたが、なんとか1回の表は無得点。
いよいよタイガースの攻撃でなんといきなり西岡の先頭打者ホームランで1点。
その後新井良の満塁ホームランで、打者一巡…初回にまさかの5点(笑)
何となく浜風に助けられたかな?(笑)
CIMG1826.jpg

1回の裏、もう場内には六甲おろしが聞こえました(笑)
2回には私の好きな鳥谷のタイムリーで1点を追加…この時点で今日は勝てると…(笑)

でも3回には、李杜軒の2ランと内川のホームランで3点取られ、続いて4回にも松田の
ホームランで6-4に…

私も「何か嫌な予感が…」そして席の周りでも何となくため息も…
何人かの人から「ピッチャー交代」と言う声も聞こえました(笑)

でも5回には相手の暴投と新井貴の懸命な走りなどで1点を追加で7-4に。

又6回には鳥谷の2ランで9-4になった時はやっと安心して…今日は勝てると(笑)
CIMG1838.jpg

ちょうど私の前では次の打者が素振りしているのが良く見えました。
新井兄がバッターボックスに立っている時は弟が出番を待っています。
CIMG1835.jpg

「ラッキ7」には恒例の風船飛ばしが…


又交流戦ならではのこんな場面も…
CIMG1852.jpg

CIMG1850.jpg

8回に又内川にバックスクリーンへのホームランを浴びたが…
なんとか9回を無事無失点に終えて試合終了。
CIMG1863.jpg

CIMG1865.jpg

CIMG1867.jpg

そして最後は西岡と新井良のヒーローインタビューでした。
CIMG1874.jpg

3連敗中のタイガースでしたが…勝てました。

今回ソフトバンクのエース・摂津を打ち込んでの勝利は、やはり嬉しかった。
広い甲子園で浜風に助けられたとは言え沢山のホームランを見る事が出来ました。
勿論相手方も含めて…特にWBCの代表の内川はさすがだと思いました。

ただ昨日も5人登板した投手陣にはチョット不安もあるが…(笑)

昨年の5月以来の甲子園でした。
交流戦に行ったのは初めてでした。
何となく甲子園の雰囲気もリーグ戦より柔らかかったような気がしたのですが…?

今までも何度かバックネット裏は行ったけど今回は一番良い席でした。
目の前で選手の動きをしっかり見る事が出来ました。

観戦している私達にも、昨日は心地よい風が吹き涼しかったです。
何度ものチャンスで大声も出しました。
応援バットもイッパイ打ちました。
最近のストレス、解消できたかな?と思うぐらい…(笑)

正直勝てると思っていなかった試合に勝つ事も出来、突然友達に声をかけてもらい
久しぶりに行った甲子園の特等席で本当に気分良く試合を観えてとてもラッキーな
土曜日だと思った単純な私です(笑)







今回のオフ会は「楽しく 登山」でした。

2013.05.17.17:12

昨日は、5月の「楽しく歩こう」のオフ会でした。

今回は参加者7名で能勢の妙見山「上杉尾根コース」を歩きました。

能勢電鉄妙見口駅で7人が合流した10時過ぎから歩き始めました。
とても長閑な景色に足も軽やかです(笑)
CIMG1701.jpg

CIMG1703.jpg

15分位歩くと「上杉尾根コース」への標識があり、やがて登山口へ。
CIMG1707.jpg

いきなり、つづら折りの上りが続きます。
「うわぁ~ちょっときついなぁ~」等もの声も聞こえましたが…(笑)
気がつけば私のカメラには、この間の写真が殆んどありませんでした(笑)
CIMG1708.jpg

かなり上がって行くと、所々に石塔が有りました。
CIMG1710.jpg

少し休憩も交えながら、みんなで声をかけ合いながら歩きました。
やがて里山・黒川の見事な眺望が…
全員思わず「うわぁ~キレイ~~」と。
CIMG1714.jpg

反対側にも綺麗な景色が観えました。
CIMG1717.jpg

やがて八丁茶屋跡に到着。
ちょうどベンチが有ったので腰掛けながら、雑談している時に、私が持っていた
コース地図を見た誰かが「もう6~7割歩いたよう~」と言うと…
「まだそんなもの?」「かなり来たねぇ~」などの声が聞こえました(笑)

この辺りからは、左右の眺望も良く尾根道に入ったので皆余裕で歩いていました(笑)
途中あちらこちらで、山藤等も観る事も出来ました。
CIMG1720.jpg

CIMG1722.jpg

CIMG1787.jpg

その後、また緩やかなアップダウンの道を歩きました。
やがて妙見宮の鳥居を潜り三角点へ…
その反対側の静かな公園で昼食をとりました。
CIMG1733.jpg

7人で賑やかに、各自持参のお弁当を食べた後は、自由行動の時間に…
少し上がると山頂(660m)からの綺麗な景色がが見えます。
食後すぐ行く人、しばらくゆっくり休憩する人。

私も暫らく休憩して行きましたが…
霞んでいて、あまり遠くは見えませんでした。
CIMG1729.jpg

山門の右左で県が違うのだけは確認しました(笑)
CIMG1728.jpg

たっぷり休憩した私達はリフト乗り場に向かいました。
CIMG1737.jpg

この時期見事に咲いた菜の花を、足もとに観ながらのリフト観光はとても気持ち
良く最高でした。
10分以上乗ったリフトは私達7人の貸切状態でした。
CIMG1754.jpg

CIMG1738.jpg

リフトを降りると「ふれあい広場」です。
まず美味しいと有名な「妙見の水」が目に入りました。
CIMG1770.jpg

その後私達はケーブル乗り場へ…
ケーブルを下りて振り返ると後ろに見える高い妙見山を見て、口々に
「今日はあの上まで上がったのだと…」言っていました(笑)

その後20分位かけて、ゆっくり能勢電鉄の妙見口駅まで歩いて今回の
「妙見山ハイキング」は終わりました。

今回のコースは、登り始めは急な坂が続きチョットしんどかったです。
でも途中からは眺望も良く、緑と下界を一望できる景色も楽しめました。

管理人のGさんと私は2月に妙見山の「新滝道コース」を歩いています。
今回のコースより距離的には短かったのですが、その分坂道が厳しかったのと
出来れば2人も違うコースを歩いてみたいと思い今回のコースに決めました(笑)

サークル「楽しく歩こう」は最近では距離は以前より伸びていますが、今回のように
標高660mの山へのハイキングは初めてでした。

今回はハイキングと言うより軽登山でした。

行きはしっかり山道を歩いて、帰りはリフトとケーブルを使っての初めての試みも
皆満足してくれたように思いました(私1人が勝手に思っているのかも…(笑))

さすがに歩いている時は暑かったけど、中腹から山頂は一瞬「寒い」と思われる
瞬間も何度かありました。

でも最後まで全員楽しく歩く事が出来ました。
皆さまお疲れ様でした。




「一年ぶりに山道歩けたぁ~」と…

2013.05.15.17:02

昨日、月に一度2人でハイキングしている友達と池田の五月山へ行ってきました。

昨年足を痛めて今年から又2人で歩き出したけど、4月までは殆んど平地でした。

でも、そろそろ軽い山道も歩きたいという彼女の申し出で五月山に…
彼女が4年前に行った事有るコースを思い出しながら歩くことにしました。

池田市の中央部にある五月山は標高315.3mで、昭和24年から公園として整備を
されたそうです。

園内は桜とツツジ、紅葉の名所として有名ですが私は初めてのコースでした。

幾つかのハイキングコースもあり動物園・都市緑化植物園などの施設もあります。

今回私達は一番東側の五月平コースの日の丸展望台を目指して歩くことに・・・
すぐに見事な新緑が目に飛び込んできました。
CIMG1587.jpg

CIMG1590.jpg

やがて急な上り階段が続きました。
ツツジはちょっと遅かったけど緑とピンクに囲まれて、階段も気にならないかな?
CIMG1595.jpg

時々休憩をしながら…
やがて日の丸展望台の標識が見えました。
CIMG1605.jpg

結構坂道を歩くと、やがて見事に視界が広がりました。
CIMG1607.jpg

大阪平野をしばらく眺めた私達は先へ進みました。
この辺りはホント気持ち良く歩けました。
CIMG1615.jpg

やがて見晴らしの良い昼食ポイントへ…
時間は未だ12時前でしたが…私達はここでお弁当を食べました。

少し長めの休憩後、今度は下り道へ…
この辺りは、やはり高いのでまだツツジも綺麗に咲いていました。
DSC00246.jpg

しばらく行くと「お花畑」とされていて…
1人の男性が懸命に一眼レフで写真を撮っていました。
私達が近づくと「金蘭が咲いている」と教えてくれました。
CIMG1634.jpg

CIMG1638.jpg

しばらく3人で「金蘭」について話が弾みました(笑)
私は初めて見たのですが…2人は花には、かなり詳しく…
やはり珍しいという事で「見れて良かった!」から始まり…

山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、高さ30-70cmの茎の先端に4月~6月に
かけて直径1cm程度の鮮やかな黄色の花を総状につける。
花は全開せず、半開き状態のままである…など。

私はただ横で聞いていました(笑)

又歩きだした私達ですが、段々道幅は狭くなりました。
近くにドライブウエイもあり、耳には車の走る音も聞こえるのですが…

しばらく行くと吊橋が見えました。
横にも道があるのですが…面白そうなので2人は吊橋の上に…
両端は鎖のチェーンで、足もとは丸太の木で出来ていました。
2人歩くとかなり揺れるのと、丸太が所々クルクルと動きます。
「え~」と思わず声を出しながらも結構楽しく渡りました(笑)

暫らく歩くと一旦国道173号に出て数分でこんな標識が見えました。
私達はひょうたん島コースへ…
するとすぐに真っ赤なシャクナゲの花が…
でもまだ蕾も多かったです。
CIMG1664.jpg

CIMG1663.jpg

緑や赤や山ツツジのピンクを楽しみながら、ゆっくり下って行きました。
CIMG1676.jpg

CIMG1677.jpg

CIMG1686.jpg

この五月山には、オーストラリアの珍獣ウォンバットやワラビ-、アルパカ等を
見ることができる小さや動物園があるのですが火曜日は残念ながらお休みでした。

植物園はチョットだけ覗きました(笑)
CIMG1688.jpg


昨日は、かなり暑かったけど新緑の中7~8kの山道を楽しく歩きました。

山野草(さんやそう)と言われる金蘭(キンラン)も観る事が出来ました。
吊橋では2人で子供みたいに、はしゃぎました(笑)

1年近くぶりに標高300m強の山道ですが、ストックを使いながらも歩いた
彼女は「自信ついたわ~」「良かった~嬉しい~」と何度か言っていました。

元々私より登山やハイキングの経験がある彼女は、やはり今まで足の事を
気にしていたのでしょう。

私も初めは内心チョット心配していたけど…彼女の足運びを見ているうちに
「もう山道も大丈夫」だと確信しました。

最後に池田駅近くの喫茶店で、冷たい物を飲みながら、今回のコースを振り返ったり
今後の予定等ミーティングをたっぷりして帰ってきた2人です(笑)

今回の私の歩数計は18200歩でした。

エコバックそんな使い方しないでぇ~

2013.05.12.17:16

最近ではスーパーの買い物には殆んどの人がエコバックを持って行きます。
私もいつも買い物に行く時は2個ぐらいを、小さなバックに入れています。

スーパーを2~3箇所をハシゴする時もあるので…(笑)

昨日、60歳代と思われる夫婦が私の前をスーパーの入口から入りました。
少し遅れて入った私は、何となく2人の行動が目に入りました。

これから買い物すると思われるのに…すでに何かが入っている大きなエコバック
と思われる袋を2つ持っていました。

そしてエコバックからトレー等をとりだし、店頭に設置している回収ボックスに入れた後、
今度はゴミ箱の前で2人でエコバックから先ほどより、かさ高い何かを取り出しています。

「あれっ」と思い見ていると、小さなビニール袋に入れたなんと家庭のごみを何個か…
奥さんがエコバックから取り出し、受け取った旦那さんがゴミ箱へ…
まさか生ゴミがあったかどうかはさすがに見えませんでしたが…

あっという間の見事な手際の良さに、私は驚くやらビックリするやらで思わず
「えっ~」と思いながらも呆気に取られて笑ってしまいました。

その後2人でカートに籠をのせ、何食わぬ顔で店内の買い物に…(笑)

行きはエコバックにゴミを入れて、帰りは買った物を入れる。
何となく合理的?な使い方なのかな?(笑)

私は偶然何となく2人の行為を見て、一瞬は笑ってしまったけど…
夫婦で仲良く買い物に来ている光景はとても微笑ましく良いと思うけど…
でもやはりチョット常識外れではないかと思いました。

折角仲良く共同作業?するのなら…そんな事はしないで~と言いたい。

自分達はスーパーの客だから許されると思っているのかな?
でも、やはりあの手早さは「悪い」と自覚いるからでは?

自分の家庭で出た普通ごみは大体、週に2回は回収に来てもらえるのに…

最近では公園やハイキングコースなどにもゴミ箱の設置は少ないです。
よくハイキングに行く私はゴミを持ち帰る事もあります。

サークルでハイキング行った時も、ゴミ箱が見当たらない時は必ず誰かが
好意で纏めて持ち帰っています(笑)

私も、スーパー等のゴミ箱を利用する時はあります。
でもわざわざ自分の家から持ってきて…なんて考える事もありません!

以前、ゴミ箱設置が少なくなったのは、家庭のごみを捨てに来る人があるからだ
と聞いた事があります。

まさか?と思っていた私ですが、今回の光景を目の当たりに見て
やはりそんな人がいるのだと…

私はいつもはゴミ箱の設置が少ない事に不満と疑問を持っていました。
今回チョット解かった様な気がしました(笑)

自分だけが良ければ…と思う気持ちは、どうなのかな?
よく「今の若者は?」なんて聞く事がありますが…

自分と同じような年代の人の行為を偶然見てしまい…複雑な気持ちになりました。

昨日の土曜日は、しとしと雨が降り続くお天気同様、何となくスッキリしない
気分でスーパーから帰ってきた私でした。


でも一夜明けた今日は、綺麗に晴れた青空と、津に住んでいるお嫁ちゃんから
今日の「母の日」にと贈られてきた「プリザーブドフラワー」を観て、
やっと気持ちが明るくなった私です。
Mちゃんありがとう~

DSC03655.jpg



何処の国のバラも仲良く綺麗に・・・

2013.05.09.17:05

最近ナビのブログやギャラリーで薔薇がアップされているのを見て、私も実際の目で
薔薇を見たくなり一番近い「中之島公園のバラ園」に行ってきました(笑)

中之島公園は明治24年(1891年)、大阪市で初めて誕生した公園です。
バラ園は2009年にリニューアルされました。

今回の散策は、淀屋橋から大阪市役所を横目で見ながらから堂島川と土佐掘川に
はさまれた道を川の流れを聞きながら中之島図書館や中央公会堂の前を通り…
CIMG1279.jpg

CIMG1281.jpg

CIMG1284.jpg

「バラの小径」からスタートし、メインのバラ園へとつながる細長い道を歩きました。

小径の左手堂島川沿いには、さまざまなバラが植栽されていました。
格子状の壁面に広がる色鮮やかなバラが、私の視界に飛び込んできました。 
       
シンバシー(ドイツ) 
       CIMG1298.jpg

 つるアンクルウォーター(イギリス)
       CIMG1313.jpg

つるホワイトクリスマス(日本)
       CIMG1296.jpg


やがて、広いバラ園内に…チョット良い香りも…
私は名前を確認しながら、ゆっくり観ながら歩きました。
アルシデュックジョセフ(フランス)
       CIMG1414.jpg

うらら(日本)
       CIMG1427.jpg

プリンセスアイコ(日本)
       CIMG1453.jpg

ナタリーニべルス(オランダ)
       CIMG1483.jpg

ロイヤルポニカ(フランス)
       CIMG1521.jpg

フレグラントアプリコット(アメリカ)
       CIMG1429.jpg

ゴールドバニー(フランス)
       CIMG1424.jpg

ルービング(フランス)
       CIMG1406.jpg

ブライダルピンク(アメリカ)
       CIMG1355.jpg

ロザンナ(ドイツ)
       CIMG1552.jpg

お天気も良く都会のビルやアーケードにも薔薇は映えていました。
CIMG1507.jpg
 
         CIMG1399.jpg


昨年は行ったのが少し遅かったので、今年はちょっと早いかなと思いながらも
昨日行きました。

さすがにまだ蕾が多かったのですが、あのピーク時の人混みは無く、表示されている
名前や国名を確かめながら、ゆっくり園内を散策する事が出来ました。
でも名前は中々覚えられなかったけど…(笑)

一見どのバラも一緒に見える事もありました。
「あれっさっきのと一緒では…」と思い、引き返す事も…(笑)

でもゆっくり気の向くままの「バラ園散策」はとても快適な時間でした。

後1週間もすれば、面積約13,000㎡の園内に約310品種3,700株の満開のバラが
都会のオアシスに見事に咲き誇るだろうなぁ~と思いながら帰ってきた私です。

ホントお疲れ様でした!

2013.05.06.16:58

先日30年以上付き合っている友達のお姑さんが亡くなりました。

彼女とはもう何年も毎週土曜日には一緒にモーニングしているので、
97歳の姑さんの様子はいつも聞いていました。

姑さん、自分たち夫婦、息子夫婦と孫2人という7人家族の家庭です。
私より2歳上の彼女は家事一切を仕切っていました。

何年か前までは主人の会社の事務所を手伝い、その後息子夫婦に会社を
譲ってからは、お嫁さんが事務所を、彼女は家事を引き受けていました。

昨年の4月までは、なんとか自分の足で歩いていたお姑さんが転んで骨折し、
手術の結果一度は歩くようになったが、やはりその後は何かと弱ってきました。

それまでも高齢のお姑さんの世話は結構大変でしたが、手術後はもっと大変に…

昨年までは週に何度かは、介護施設にお世話になったり、時にはショートステイ等も…
でも今年からは施設にお世話になるのも週に一度だけで…
自分では、おトイレも食事も出来ず…いつも補助が必要でした。
勿論紙おむつも使っていました。

小柄な彼女には、重労働な事もたくさんありました。
姑さんの体を支えるので、腰や腕が痛いといつも言っていました。

ちょっと出掛けても、いつも時間を気にしていました。
いつも3時にはおやつも用意していました。

私に会ってもよく「今日はおばあちゃん沢山食べてくれた」とか「食欲がない」と…
多分彼女の頭の中にはいつもおばあちゃんの事があったのでしょう。

でも時には「私の方が先に参ってしまうかも…」と弱音を吐いた事も…
ご主人もお嫁さんも、いつも協力はしていました。

でもやはり69歳になる彼女の負担が一番大きかったと思います。
時には「老老介護」について冗談半分に話したり、弱音を吐いた事もありました。

今回訃報を受けた瞬間はビックリしたけど…
お姑さんのご冥福を祈ると同時に…私は正直「ホッ」としたのも事実です。
これで彼女が楽になれるし、自由な時間も持てると…

お姑さんも最後は苦しむことなく亡くなって、彼女も安堵したと聞きました。

昔は嫁姑の争いが、あった事を聞いた時もありました。
彼女が泣いていたのも私は知っています。

それでもここ何年かは、本当に懸命に姑さんのお世話をしました。
そしてお姑さんも彼女を一番頼りにしていたようです。

無事お葬式を終えてすでに3週間は過ぎました。

その後何度か会ったっけど、やはりまだお姑さんの話が出る事が多いです。
でも時間に追い回されない事だけ確かなようです。

49日の法要を終えたら、夫婦でゆっくり旅行行く予定だとも先日聞きました。


「長い間本当にお疲れ様でした」と彼女に言ってあげたいです。

そして、まだしばらくは大変でしょうが、今はゆっくり身体を休めて…
その後は自分の時間を大切に過ごして欲しいと願っている私です。


CIMG1254.jpg









展望良し、緑好し、時雨も愉し…

2013.05.03.17:01

連休合間の一昨日Gさんと生駒山系北部の飯盛山(標高314m)ハイキングに…

学研都市線野崎駅で下りて、まず野崎観音(慈眼寺)へ…

この時期「野崎観音祭り」が行われていて、参道には沢山の出店が…
CIMG1117.jpg

又境内ではこんなイベントも…
ジャズの好きなGさんは歩きながら、リズムをとっていました(笑)
CIMG1124.jpg

ツツジも綺麗に咲いていました。
CIMG1122.jpg

私達は飯盛山へ向かうハイキングコースに…
早速向こうの方に山藤が観えました。
CIMG1128.jpg

やがて吊橋に…
ここからは展望が良く、眼下にこんな景色が広がりました。
CIMG1133.jpg

吊橋を渡ると、凄く道幅の狭い所を歩きました。
でも周りの新緑がとても心地良く…
時々ウグイスの「ホーホケキョ」という鳴き声も聞こえました。
CIMG1136.jpg

CIMG1138.jpg

CIMG1146.jpg

やがて七曲りコースを経て「辻ノ新池」へ…
CIMG1150.jpg

CIMG1154.jpg

CIMG1156.jpg

私達は野外活動センターに向かって歩きました。
CIMG1171.jpg

野外センターに接する池の畔でお弁当を食べて少し休憩する事に…
CIMG1180.jpg

昼食後は楠公寺~飯盛山山頂を目指しました。
杉木立の中を気持ち良く歩いて、やがて山頂の楠正行像が観えました。

チョット霞んでいたけど、遠くに淡路島や六甲の山並みも見る事が出来ました。
CIMG1198.jpg

しばらく休憩後、今度は帰る方向の四条畷神社を目指して…
足もとには、こんな可愛い物も…
CIMG1215.jpg

でもやはり下りはかなりキツイ道でした。
振り返ってみて「うわぁ~こんなんだったんだぁ~」と…(笑)

しばらく行くと見事に視界が広がり…180度~240度位の景色が観えました。
PLの塔~大阪の中心部~明石大橋まで…思わず2人で「すご~い」と声が出ました(笑)
CIMG1231.jpg

でもこの後20分位階段を下り続けました。
CIMG1238.jpg

この間急に雨が…でも青空が見えてるし、時雨れです。
すぐに止むだろうと思いながらも…
大きめの木の下でやはり雨除けの用意を…

私は雨傘を持参していたのですが、Gさんは何も無いというので…
「大丈夫よ~」「いざとなったら敷物のシートもあるし…」というGさんに無理やり
私の少し大きめの赤のタオルを「頭だけでも…」と

はじめはチョット躊躇していたのですが…濡れるとよくないよ~と私の言葉に
タオルを巻き、大したことない雨を確認して歩きだしました。
後を歩く私の方を振り返り「似合う?」「何となく気にいったわぁ~」と嬉しそうに…
私は「うん、似合ってるよ~」と言いながらも、可笑しくて…

雨はやはりすぐに止んだのですが、Gさんはそのまま赤いタオルを頭に「ほっかむり」して
楽しそうに暫らく歩き続ける姿に、私がカメラを向けるとポーズをとりました。

でも私はシャッターは押しませんでした(笑)

2人で、立ち止まってお腹を抱えて笑いました。

かなり続く長い階段を下りている時もウグイスの鳴き声が聞こえました。
Gさん思わず今の私には「ホーホケキョ」ではなく「ヨッコラショ」と聞こえるわぁ~と…
又2人で立ち止まり大笑い…

やがて懸命に下りた長い階段も終わり、ベンチを見つけたので休憩をしました。
ホッとして空を見上げるとこんな景色でした。
DSC02817.jpg

又思わず「キレイ~」と2人同時に叫んでいました(笑)

そして気がつけばすぐ四条畷神社が見えました。
でも今回は素通りして駅に向かいました。
CIMG1249.jpg


何日か前、お互いの連休の予定をスカイプで話した時、「新緑綺麗な季節」と言う会話
から急に飯盛山に行く事になりました(笑)

普段Gさんは、とてもしっかりしたお姉様で私は教えられたり、見習う事が多いです。

少しだけ、歩いている経験が多い私は事前にGさんに伝えました(笑)
今回、たとえ300mの山でもトレッキングシューズでストックも持参しましょう~
行きも、途中から私が乗る△駅〇時〇分の電車の一番前に乗車してね~
お弁当も持参しましょうね~…等。
勿論どれもしっかり実行してくれました(笑)

そして山道では、とても楽しそうに歩き、急に雨が降り出した時も私の言葉を素直に
聞き、その後「山は時雨れる事が有るのでお天気が良くても雨具の用意は必要」
だと言った時も「は~い、次回からそうします~」…と(笑)

今回のハイキングの途中何となく私が姉でGさんが妹の様な錯覚を起こした時も…(笑)

2人とも自然が好きと言う共通点があり、今までにも何度も一緒にハイキングしました。
景色を見て感激するポイントもほぼ一緒です。
いつもとても楽しく歩いています。

今回も最後は「愉しかったねぇ~又行こうねぇ~」と言う言葉で私が先に電車を降りて
ゴールデンウイーク中の楽しい一日は終わりました。

今回のコースは、そんなに人も多くなく、程良い人数の人と会いました。
何度か道を聞いたり、軽く会話も交わしました。
2人にとって何もかも最高でした。

Gさん、お疲れ様でした。
イッパイ笑わせて頂きました。
景色良し、緑も好しのとても楽しいハイキングでした。

ちなみに私の歩数計は19000歩になっていました。
(今回家からJRの駅まで20分の距離を往復したので…)




朝晩「ハーブ」でスッキリ…

2013.05.01.17:13

先日ランチや映画を楽しんだSさんと会った時、沢山のミントハーブを頂きました。
採りたてのハーブはとても良い香りがして…
帰りのエレベーターで一緒になったマンションの人に「良い香りですね~」と…
言われて「良かったらどうぞ~」と少しお裾分けしました(笑)

CIMG1083.jpg

娘はハーブティが好きなので喜びました。
私より知識もあります(笑)
早速2人で頂きました。

ミントは洗って水気を切り、茎の太いところはアクが強いので、葉だけを使う。
ポットに人数分のミントの葉を入れ、沸騰したてのお湯を注ぐ。
蓋をして3~5分待った後、温めたカップに注ぐ。
CIMG1095.jpg

ミントのハーブティは、何と言っても清涼感のあるスーッとした香りです。
朝飲めば頭もスッキリ、リフレッシュできるよ…と娘が強く薦めます(笑)

他にもミントの効能を聞かされました。
食あたりを防ぎ、花粉症や風邪のときの鼻づまりや不快感を和らげる。

頭痛の緩和や、花粉症や風邪のときの鼻づまりや不快感を和らげてくれる効能もある。

ミントのハーブティを食後にいただくと、消化を助けてくれます。
食後のデザートにミントの葉が添えられているのは消化促進という効能を考えての事。

又、消化促進のみならず胃腸の調子を整える効能があるので、消化器系の調子が
良くない時は、ミントのハーブティを飲むと改善されるそうです。

車酔いや船酔いなどで気分の悪い時には、吐き気や酔いが改善する。
時差ボケから立ち直るときにもミントの薬効成分が効能を発揮する…等。


Sさんに頂いて以来約一週間朝はミントの香りとお茶でスッキリしてからのスタートです。
そして午後にハーブティを飲む時は、時々気分で蜂蜜を入れてちょっと甘くして…

夜には、さっと洗ってそのままお風呂に浮かせます…
爽やかでさっぱりとした香りが広がり、リフレッシュ効果がバッチリ!

まだ後何日かはスッキリした朝晩を楽しめそうです。


又ナビの仲間で私とサークルでも交流のあるHさんはご自分のお家で沢山の
ハーブを栽培されています。

今までも何度か頂いたり、知識を教えて頂いたりした事があります。
その時も色んな効能を知ったり香りを楽しませてもらったり…
それにハーブにも綺麗な花が咲く事も知りました。

Hさんの、お話やギャラリーに投稿されている写真等を見て私も少しづつ
色んなハーブに興味を持ってきていました。

ハーブが好きな娘も、ミントも良いけどバジルなら肉や魚料理、
自分の好きなスパゲティ等にも使えるし…
ローズマリーやカモミールも良いなぁ~
ベランダに何種類かのハーブを育ててみようかな~?…なんて。

昨年までよくベランダに来ていた鳩も「鳩除けネット」のお蔭で来なくなったし…

でもマンショんの前は24時間、車が行きかい、すぐ近くには高速道路があり…
凄く空気の悪い場所ではどうなのかな??等…

連休もあったここ数日、2人で色んな話をしながら、あれこれ考えている私達です(笑)
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR