大阪人も並ぶのがお好きかな?

2013.09.30.17:12

この6~9月中旬までの暑い時期工事をして「猛暑の中の作業は大変だな~」と思い
ながらも道路を隔てた目の前のマンションのベランダから眺めながら開店を心待ちに
していた大型スーパーがオープンして10日以上経ちました。

スーパーは食料品と少しの日用品だけです・

オープンの日は9時開店なのに、8時前から何となくザワツキが聞こえ、ベランダから
見ると、すでに何人かの人が並んでいました(笑)

「え~未だ1時間以上あるのに~」と思わず声が出ました。
でも私は気になって時々様子を眺めて確認していました(笑)

9時前には、かなりの行列が…お店側は9時を待たずにお客を入店させていました。
すぐに入場制限をしているようでした。

私も予定では10時頃に行こうと思っていましたが、あまりにもの光景にどうしようか
迷いながら時々様子をうかがっていました(笑)

お昼前になっても並んでいる列は見えていました。
でもチョット少なくなっているようにも見えたし、気になるし、行ってみる事に…

一応列の後ろに並んだのですが、すぐに入店する事は出来ました。
やはり店内は、かなりの人で混雑していました。

私も入口の特売品を何個か籠に入れたのですが、ふとレジの方をみると凄い行列が…
暫らく様子を見ていたのですが…レジのスタッフも慣れていない感じだし…
お客もかなりの人が凄い量の品物を籠に入れてるし…
広い店内の数カ所では、我先にと殺気立っている雰囲気も…(笑)

見てるだけで疲れそうだし、今から買い物を続けてレジに並んだら早くても
1時間以上はかかるのでは?と思い、買った数個の品を元に戻し…店を出ました(笑)

後で同じマンションの人に聞くと、その日は殆んどの人がレジで1時間近く待ったとの事。

その数日後も正午前に行ってみたのですが、初日ほどではないけど、結構人が多くて…
目当ての物だけゲットして、レジに10数分程並びました。

平日は午前中に洗濯と買い物は済ませておくというのが私のパターンなのですが…
その後は行く気がしなくて、丸10日以上経った昨日の昼過ぎ娘と2人で始めて
ゆっくり店内を廻りました(笑)

やはり、新しい店内は綺麗で気持ち良く、その日の目玉商品もあり魅力有ります。
それに品数も豊富だし、野菜や果物も新鮮です。魚コーナーも充実しています。

でも私は、人混みとレジで長時間並ぶのは苦手です(笑)

今でも店の前では、9時前に開店を待っている人が何人かいます(笑)
10時頃になれば駐車場にはかなりの車が有ります。

日中は駐車場の出入り口には3人の警備員が常駐しています。
夕方も混んでいるようです。
駐輪場はいつも混雑しています。

ずっとベランダから見ながらオープンを心待ちにしていた私ですが…
娘には午後からの空いている時間に行けば…と言われるけど…
今でも、以前使っていたスーパーに行く事が多いです(笑)

でもその内に混雑も少しずづ無くなるのではと思っていますが…


先日も、ドコモのiPhoneの販売時には東京では何日も前から、
大阪でも、かなり前から並んでいる人をテレビで見ました。

以前、関西人は関東人に比べて何時間も並ぶことは少ないと、聞いた事があるけど…
今回の行列を見て、チョット理解できない気持ちとあの根気良さに感心しました。

新しくオープンした店や、テレビで話題になった物に、時間をかけて並んでも
すぐ飛びつくのは、やはり人間の心理なのかな??

以前にもダイエットに効くという納豆やバナナ、寒天等が店頭から無くなったり…
最近ではサバ缶の水煮も一瞬だけだが、殆んどの店頭から消えたと聞いています。

今回の混雑と多くの人が並んでいる様子を見て、1970年代のオイルショックによる、
トイレットペーパー騒動を何となく思い出し、あの頃は若かったし並んだ記憶もあるけど…
今はもう、なるべく行列や混雑は避けたいと思った私です(笑)


CIMG3147.jpg
 (先日 八幡山で撮影)
スポンサーサイト

サークル「ララ♪ハイキング」スタートしました。

2013.09.24.17:15

一昨日は、再スタートしたサークル「ララ♪ハイキング」のオフ会でした。

再スタートを切って始めてのコースは近江八幡散策でした。

今回の世話役のYさんからの指定の電車に各々の駅から乗り込み京都で
参加者7名が最後尾の車内で合流しました。

10時前に近江八幡駅に到着した後2台のタクシーで市立資料館へ。

早速1000円の「観光パスポートを」を購入、地元のボランティア観光ガイドさんの
案内で私達7人と後1グループの計10数名でまず「郷土資料館」「歴史民俗資料館」へ

資料館の中では近江八幡開町の歴史や八幡商人の商人魂をも見る事が出来ました。
CIMG3058.jpg

CIMG3055.jpg

CIMG3065.jpg

その後私達は伝統的建物郡保存地区とされている街並みを散策
やがて「旧西川家住宅」へ
CIMG3076.jpg

CIMG3079.jpg

CIMG3080.jpg

住宅の主屋は京風で質素な中にも洗練された意匠を残していました。
「座敷玄関」などもありました。

「松前屏風」も見事でした。
CIMG3089.jpg

住宅を出た後は八幡掘へ…
CIMG3098.jpg

CIMG3104.jpg

堀沿いを散策して、やがて八幡宮へ…
この辺りは人も車もかなり多く、さすが3連休だと思いました。
CIMG3121.jpg

ガイドさんとはここでお別れして昼食をする事に…
でもお目当てのお店はかなりも待ち時間が必要だったので、諦めました(笑)

でも運良く綺麗な庭もあるお店の、広い座敷でゆっくり昼食を頂く事が出来ました。
CIMG3130.jpg

食事をしながら、今後の計画や予定も充分話し合う事も出来ました。

この日の最初の予定では午後は「水郷めぐり」をと計画していたのですが、
先日の台風で増水等で乗船は前日に中止にしました。

食後は八重山ロープウエーで八幡山へ…
ロープウエーを降りると気持ちいい木陰が…
又山頂からは琵琶湖や街並みが一望できました。
CIMG3133.jpg

CIMG3137.jpg

CIMG3145.jpg

CIMG3152.jpg

山上ではちょっぴり秋の気配も感じる事が出来ました。
CIMG3155.jpg

最後に私達は村雲御所瑞龍寺にお参りしてロープウエーで下りました。
CIMG3159.jpg

その後白雲館でティタイムを…その間希望者何人かででかわらミュージアムヘ。

7人揃ったところでバスでJR近江八幡駅へ出て新快速に乗り、帰途に着きました。

22日はお天気にも恵まれ再スタートした、サークル「ララ♪ハイキング」でした。
参加者7名で和気あいあいと「近江八幡散策ウオーキング」を楽しむ事が出来ました。
そして10月、11月、12月の予定も決まりました。

来月にはKさんの担当で天理から「山の辺の道」散策計画を詳しく報告されました。
そして11月にはHさん担当で「犬鳴山ハイキング」も予告を受けました。

又12月には、メンバーの中では飛びぬけて若いSちゃんが忘年会を企画してくれる
と言う事です。

会が再スタートした時の「企画、トピックUP,催行はメンバー持ち回りで」と
いう取り決めをしっかり実行されてるなぁ~と思いました(笑)

そして管理人のHさんは、いつも「会の広場」を楽しく開放して下さっています

今回の久しぶりのサークルの集まりで、又きっと楽しくハイキングができると
確信して家に帰ってきた私です。















切ない気持ちの帰り道でした。

2013.09.20.17:07

7月の父の命日には妹が、そしてお盆には弟2人が車で参るので、暑い中電車を乗り
継いでのお墓参りはしなくて良いと連絡をもらい、私はその言葉に有難く甘えました。

そして少し涼しくなった、昨日久しぶりに両親のお彼岸のお墓参りに行ってきました。

父は19年前に亡くなり、母は昨年七回忌を終えました。

さすがに父の事はすでに思いだす事も少なくなったけど…
やはり母の事は丸7年近く経った今でも折に触れ思い出します。

特に長年認知症だったのでとんでもない事を言って、周囲を笑わせたり、
時には色んな人に迷惑をかけたり…

父が亡くなって間もなく行動に疑問を感じられたので…10年以上です。
未だ最初の時期は多少軽かったのですが…
病院で認知性と診断されました。

養護ホームも3回変わりました。

母が最後にお世話になっていたホームとお墓へ行く電車の駅は同じです。
お墓には電車を降りてからバスに乗ります

お墓参りの後は15分ほど歩いて又バス~電車~地下鉄に乗り継いで帰ります。
いつも自己満足かもしれないけど…
帰る途中、両親の笑顔を想い出しながらとても清々しい気持ちで…

でも今回はなぜかチョットいつもと違う気持ちでした。

最近ある記事で老人ホームの、ほのぼのとしたホームの内容を読んだ時は
ホッとし、介護のお仕事の有難さと大変さを改めて感じていました。
でも時々書いている内容が母と重なり複雑な気持ちになる事がありました。

母もおトイレの場所を勘違いし、とんでもない所で用を足した事も…
「大切なあれがない、これがない」と、周りを騒がした事もありました(笑)

普通では考えらえない事を言ったり、行動をした事も…

母の場合は「特別養護老人ホーム」だったので施設内はもっと大変でした。
私が逢いに行った時も、色んな光景を見ました。

私を含め、どの家族も職員さんには慌てて謝ったり、本当に申し訳ないと何度も
頭も下げている光景を何度も見ました。
でも職員さんは、いつも平静に笑顔で対処して下さり、心から感謝しました。

母だけではなく他の入居者の方の言動も色々見ました。
ある時ホームをを訪問して、母を探している私に向かって男性が近づき
「何をしているのだ!チャンと席に着きなさい」と大声で怒鳴られた時も…(笑)

ぼうと立っている私に職員の方が「ごめんなさい~」と慌てて来て下さいました。

話を聞くと「元高校の英語の先生だったので」…と説明されました。
その時私は大きなバックを持っていたのでかな?等と2人で話したのを覚えています。
でも職員さんがその時あまりスミマセンと私に気を使うので…
私は「この歳で学生に間違われたなんて光栄です」等を冗談言った事も覚えています。

私はその時その男性を責める気にはならず職員さんの大変さ、有難さを実感しました。
そして、きっといつもこんな事が…と職員さんやホームに感謝もしました。

やはり今でも特にホームの近くを通ってお墓参りすると…何となく
「色んな事有ったなぁ~あんな事言ったなぁ~あんな事していたなぁ~」等と…(笑)
それでも最近では、懐かしく好い想い出になりつつあります。

でも今回墓参後、バスを降りて母の入所中よく通った駅辺りで、足取りが重くなり…
何となく今まで素直に感謝していたホームの事を思いだし、いつもニコニコ対処
して下さった職員さんは、顔と心は違っていたのかな?、やはり心の中で嫌な思いを
されていたのかな?いくら仕事とはいえ迷惑かけたのだろうな~等と…

でもいくら懸命に思い出しても「感謝」しかないのですが…

母がお世話になったホームにはかなりの入所者がいました。
症状により各階に分けられていました。
どの階もアットホームで、とても雰囲気が良かったです。
時には母もみんなと洗濯物をたたんだり、テレビを見て笑っていた事もありました。
その時は私も嬉しかったり…ホッとしたり…
そんな様子を今もハッキリ覚えています。

ホームには妹と2人で行った事も何度もあります。
特に最後のホームでは期間も長かったし、一番お世話になったので2人で
何とかお返しをしたいと話し合い…
当時、私はお勤めもしてたし、距離的にも近い妹が確か週に1~2度そのホームの
シーツ交換等雑用のボランテァに行っていました。

特にクリスチャンの妹は常に感謝の気持ちを表していました。
数年前に体力的に辛くなり辞めましたが…母が亡くなってからも何年か続けていました。

環境が痴呆の本人を守れず、仕方なしに施設へ…というケースが殆んどだと思います。
認知性も病気です。
だから特別養護老人ホームのお世話になりました。

私も何度ホームに預けている事に心が痛んだか知れません。
でも家族では24時間の介護はどうする事も出来ず…

お世話して頂いたホームやスタッフには、本当に心から有難いと思い感謝しました。
そして今も介護に携わっている人のご苦労や大変さは充分理解しているつもりす。

私も初めは、記事を「やはり、そうだろうな~」等と思いながら読んでいました。
時にはクスッと笑ったり…納得したり…でも時々内容によっては悲しくなります。

当時の母を見て辛かった時を思い出し、改めて家族として申し訳ない気持ちと
それ以上に切ない気持でイッパイです。

昨日は綺麗な青空の下を歩いているのに、なぜか久しぶりのお墓参りの後の無性に
切ない気持をどうする事も出来なかった私でした。

CIMG6926.jpg


「きょういく」と「きょうよう」

2013.09.17.17:12

先日友達とハイキングして帰る途中の電車の中で、彼女が言いました。

私達シニアには「きょういく」と「きょうよう」がとても大切なことだと…
そして私に向かって「neneさんは実行してるね~」と!

「え~どういう事?私教養なんてないよ~」「教育と言っても高校までだし…」
と言うと彼女が説明してくれました。

「きょうよう」とは教養の事ではなく「今日も何か用事を作る事」で「今日用」
「きょういく」とは教育ではなく「今日も何処かへ行く事」で「今日行」だそうです(笑)

「家から出る事」や「何かをする事」を億劫に思ったり、面倒だと逃げないで
積極的に行う事が何よりもボケ防止や健康の為に良いと言う事だそうです。


確かに若い時より行動力が無くなっているかも?
つい、用事も後回しにする事が多いかも…
お尻も重くなっているかも…(笑)

彼女も誰かに聞いたようなのですが…何となく2人で納得しました。

そしてお互いこれからも「今日行く」に協力し合おうね~と(笑)

関西独特の「冗談」と「シャレ」かもしれないけど…
何となく分かるし、楽しいなぁ~と思い記事にしてみました。


私自身は、今の所よく出かけてるし、何かとしているかな?と思いながらも…

同居してる娘に色々雑用も頼まれるけど…文句を言わず…
これからは「今日用」をもらったと思うようにしよう~

時々家の中での力仕事や電気関係の事をする時「男手があったらなぁ~」と
思う事もあるけど…「今日用」が増えたと思い、頑張って自分でしよう~

そして、これからは季節も良くなるし…大好きなハイキング等に…
もっと「今日行」を実行しようかな~と思っている私です(笑)


2d00ff2a2800ca7eeb6c5d77211c5a43ee0e3911.jpg



skypeで…

2013.09.13.17:07

先日、お嫁ちゃんと久しぶりにskypeをしました。

今までも時々2人でお喋りを楽しんでいます。

話の内容は、やはり中学2年生の孫の事が一番多いです。
学校の成績の話も少しはするが、やはり一番話題になるのは孫が今一番
力を入れている「ソフトボールクラブ」での話です(笑)

先月の8月から新キャプテンになったとの事。
現在ポジションは捕手そして4番打者だという事を聞いて…
一瞬私は「うぁ~ジャイアンツの阿部と一緒なぁ~」と(笑)
(私はジャイアンツファンではないけど…)

8月で3年生が去り、今回新メンーバーになったので捕手も4番打者も
断定では無いようですが…(笑)

夏休みも殆んどクラブ活動に時間を費やしてたようです(笑)
そして前メンバーの最後の大会では地域で準優勝したそうです。

11月末から始まる都道府県対抗に出場する三重県で1チーム(18人)を作る為の
セレクションも行われて、孫の中学から4人が代表で出場したようですが…
何故か孫1人が一次予選を通過したようです。

でも多分、ここまででしょうというのが本人と家族の見解です(笑)

他にも最近の出来事や、仕事が大変だけどなんとか頑張っているという息子の事等
色んな話もできました。

今までは、毎年夏休みには数日津の息子の家に行くのですが…
今年は何かと皆の予定で日程が合わず津には行きませんでした。
でも、この夏も一層真っ黒にに日焼けした孫の顔は想像できました(笑)

今回夏休みには、残念ながら会えなかったけど…
孫の現状をしっかり知る事が出来ました。

夜7時過ぎに話出したskypeは、気がつけば9時前になっていました(笑)

孫も小学生の時までは「ばあちゃん、ばあちゃん」と何かと甘えたり、
一緒に遊んでくれたり…(笑)
夏休みや、お正月にも「いつ来るの?」と催促の電話があった事も…(笑)

中学生ともなると、忙しくて…なかなか会う機会も少なくなりました。
でも、今年も年末からは津に行ってお正月を一緒に迎える約束はしています。

息子は今では仕事で家を空ける事も多いようです。
でもお嫁ちゃんはいつも家庭を守り、母親としてもしっかり子供にも接し、
私にも時々孫の様子などを今回のように知らせてくれます。

そして先日も2人で親バカ、ばばバカをお互い笑ってskypeを終えました(笑)

CIMG3032.jpg

揚梅(ようばい)の滝

2013.09.11.17:07

昨日、JR湖西線の北小松駅で降り大津市北部の北小松、高島市との境界近く
にある「楊梅の滝」へ行ってきました。

大阪駅から約1時間で北小松駅へ到着。(私は初めて下りた駅です)
CIMG3034.jpg

駅を出るとすぐ標識が有りました。
CIMG2923.jpg

暫らく緩やかな坂道が続きます。
途中栗や柿の木等を観ながら…車道ですが殆んど車は通りませんでした。
CIMG2925.jpg

CIMG2926.jpg

CIMG3006.jpg


やがて比良元気村の入口に…でも私達は通過しました。
この辺りから後ろを振り返ると琵琶湖が観えました。
CIMG2934.jpg

やがて揚梅の滝の入口に…
CIMG2940.jpg

滋賀県下一の落差を誇るこの滝は、比良山系の北東方向きの琵琶湖に流れる
滝川上流にかかっています。

雄滝・薬研滝・雌滝の3段に分れ、合計の落差は76mあると言う事です。

楊梅(ようばい)とは、高さ15m程の高木ヤマモモのことです。
山中に光る水柱をヤマモモの木に見立てたのか、又は中国江西省に楊梅山という山が
あり、その故事に因んだのかは分からないと言う事です。

湖上船やJR湖西線の車内など、かなり遠くからでも眺めることができ、その景観が
白布を垂れかけたように見える事から「布引きの滝」という別名もあるそうです。

何日か前の雨で水の勢いも良く…
私達は水の音を聞きながら、沢に沿って横の石段を登りました。
CIMG2946.jpg

時々石段にも水が溢れ、まるで沢歩きをしているようで、気持ち良かったです(笑)
CIMG2988.jpg

かなりの石段を登り、やがて雌滝に到着。
CIMG2971.jpg

CIMG2976.jpg

滝の近くにナナカマドの木があり、葉の先が少し紅葉していました。
CIMG2980.jpg

私達はここで平らな石の上を見つけお弁当を広げました(笑)
木々に囲まれ、水音と時々少しだけ心地よい水しぶきも浴びながら…
食後、あまり人もいないし解放感から敷物の上で寝ころび空を見上げると…
こんな景色が観え、とても気持ち良い~~(笑)
CIMG2978.jpg

昼食後、滝の下の石を渡り雄滝・薬研滝へも行こうかな?と相談したのですが…
そんな私達の目の前で同年代位の一人で来ていた男性が足を滑らし転倒…
頭大丈夫かな?と思うぐらい上向きに勢いよく?…

私達はビックリしてかけより「大丈夫ですか?」と声をかけましたが
「大丈夫です、私は地元の人間なので…時々来て転ぶ事も…」と?

この日は特に水が多かったようですが…
私達は、やはり女性2人で無理は止めようという事に…(笑)

結局来た道を戻りました。
それでも、やはり下りの足元は気をつけないと滑りそうに…

「元気村」辺りで私達が行く途中で「気になっていた」喫茶店へ入りました。
室内もあったのですが気持ち良いので外のテーブルでコーヒーを頂く事に…
とても雰囲気の良い庭になっていました(金曜日以外は営業しているとの事)
CIMG3000.jpg

庭には花の様にも見え、実が鳴っているようにも見える木が有りました。
お店の人に聞くと「ゴンズイ」と教えて下さいました。
CIMG3003.jpg

休憩後、駅に戻り時間もあるので、反対側の琵琶湖の水辺に行こうと…
10分も歩くと、目の前に広い琵琶湖が観えました。
私達は近づき手で水の冷たさを感じたり、方向を確認したり…(笑)
CIMG3025.jpg

楊梅の滝へは私達が昨日行った沢に沿って登るコースと、
峠へ登る尾根道コースとがあるそうです。

昨日はお天気にも恵まれ、やはり歩くと少しは暑かったけど…
途中赤とんぼを見かけたり、ほんの少し葉の先に紅葉?と思われる木もありました。
水の音が耳にとても心地良く、木々も多く未だ少し暑さが残っているこの時期には
とても良いコースでした。

ちなみに今回の歩数計は13000歩でした。

昨日はちょっぴり秋を感じながら、久しぶりに友達とのハイキングを楽しんだ私です。








 






一年ぶりに可愛いギャラリーへ

2013.09.08.16:43

先日、区役所に行く用事が有り自転車で行きました。
20分位の距離です。

ただこの方面に行く事はあまり無く、1年に数回程度です。

ちょうど昨年の今頃も今回と同じ用件で行き、その途中区内に子供たちが
画いた絵画のギャラリーがあった事を思いだし今回も覗いてみました。
CIMG2907.jpg

昨年テレビでも紹介された事が有りました。
でもちょうど1年前だし未だ同じ絵が画かれているのかな?とも思いながら…

今回も護岸壁には力作が、20m位に並んでいました。
でも昨年とは殆んどギャラリーの絵は変わっていました。
ただ何作品は観た事有るなぁ~と思いましたが…
CIMG2900.jpg

私は一点づつゆっくり観せてもらいました。
独りで「わぁ~上手~ 好いなぁ~」など呟きながら…(笑)
CIMG2889.jpg

CIMG2883.jpg

CIMG2898.jpg
CIMG2903.jpg

CIMG2905.jpg

CIMG2912.jpg

CIMG2919.jpg

このギャラリーは以前はコンクリートの壁面で汚れていましたが 堤防を綺麗に掃除して
区民から将来の夢を募集して平成16年に完成 したと聞いています。

絵は時々画きかえられるとは聞いていたけど…
1年後に、ここまできちんとした作品の入れ替えが出来ている事に私は驚き、
常に管理している人達に同じ区民として感謝しました。

出来る事なら、いつか子供たちが画いている現場が見たいなぁ~と思いました。
そして今回も又心地良い温もりを感じ、子供達の夢や思いを描いた作品に拍手を
送って帰ってきた私です。

可笑しな電話。

2013.09.05.17:17

昨日、朝8時半過ぎ家の電話が鳴りました。

知らない番号だけどチャンと電話番号表示されているし、私は電話に出ました。
男性の声で「Oさんのお宅ですか?Oさん居ますか?」と…
「ハイ私ですが…」と私が答えると…

「貴女はOさんの奥さんですよね、Oさんをお願いします」と…

咄嗟の事なので「え~あの~」と返答に困っていると…
「同級生で怪しい物ではありません、出かけているなら携帯番号教えて下さい」と。

どうしようもないと思い「10年以上前からここには住んでいません」と言うと…

「えぇ~、でもこの電話番号はOさんの家の番号ではないのですか?」
「今の連絡先を分かったら教えて下さい」等と…

私が少し強い口調で「いいえ分かりません!」と言うと「別れたのですか?」

「はい、そうです」とはっきり答えたのですが…

その後も電話を切ろうとしないで「全く連絡取ってないのですか?」とか…

ちょうど未だ通勤前の娘が、電話の会話を聞いて相手に聞こえるように
「どうしたの?誰からの電話?」と声を出してくれました。

それが聞こえたのかどうかは分からないけど、やっと「分かりました」と
電話を切りました(笑)

でも以前も同級生の男の子からの電話があった事もあるけど…
必ず名前は名乗ってくれたし…
それに呼び名も「Oさん」ではなく「O君」だったけど…

それに今回用件には全く触れず…?連絡先を教えてほしいと…
表示された先方の電話番号は大阪ではなく、中部地方の番号でした。


電話を切った後、私は以前にもこんな様な電話があった事を思いだしました。
もうかなり前、私が勤めていた時の事です。

事務所には私一人でした。
電話は4回線ありました。
何回線か保留にしながら応対した事も…やはり景気が良かったのかも(笑)

1つの回線を保留にして、電話に出ると確かゴルフの会員権などを薦める会社
だったと思うけど…いきなり女性の声で「○○△△社長お願いします」と。
苗字の○○は合っているが名前の△△の読み方が違っていました。

その上、その社長は先代で、すでに亡くなってかなりの年数が経っていました。

あまりにもいい加減で横暴な言い方に聞こえたので「○○社長は、今はいません」と私。
私の言い方もきつかったのでしょう…(笑)

相手は「そんな言い方ないでしょ、何処へ行ったか何時に帰るかを言うべきでしょう」と。

何年も前にすでに亡くなっている人を、おまけに名前の読みを間違えて電話に出せと
言うのが許せないし、一瞬腹が立ったので…私は
「何年も前に亡くなった○○社長は事務所に帰ってきませんし連絡も取れません」と。

さすがに先方は慌てて「スミマセン」と電話を切りました(笑)

その後事務所に帰ってきた当時の社長(息子)には一応、電話の内容と私が言った
言葉も報告しましたが…(笑)

当時は景気も良かったので色んな勧誘も有りました。
それにしてもあまりにもいい加減な資料?での電話勧誘に呆れました。

久しぶりに世の中には可笑しな電話をする人があるものだと少々困惑しながらも…
やはり日時が経っている電話等の連絡はチョット慎重にしてほしいなぁ~とも

でも最近、世間を騒がしている××詐欺の電話では無かったので良かったかな?とも
思った私です(笑)


CIMG2596.jpg



善は急げだったかな?

2013.09.02.17:06

先日8月の初めに「月下美人の会」として3年以上振りで4人集まり、
月末に早速約束していた琵琶湖ホテルで一泊しました。

折角病後何年ぶりに家を出て、一泊しようと言う気持ちになったHさん。
私達は良いと思った事は躊躇わず、即実行する事にしました(笑)

正午に最寄りの駅で4人待ち合わせ。
特にHさんはカラオケが、とても上手で大好きな事もあり…
カラオケ+ランチのレストランで昼食をとりました。
喋って、食べて、歌って…2時間を過ごしました(笑)

勿論Hさんは久しぶり~と言いながら、楽しく歌っていました。

私はカラオケは苦手だし、この様なシステムは初めての経験でしたが…
それなりに楽しい時間でした(笑)

3時頃ホテルにチェックイン。

一度7階のお部屋に落ち着き、早速4階にある温泉で汗を流しました(笑)

このホテルは天然温泉です。
今までも私がお勤めの時期にも、温泉と言う事で新年会や忘年会等何かと
このホテルを使いました。

勿論月下美人でも何度か来ています。

温泉から雄大な琵琶湖の景色を眺め、そして露天風呂では新鮮な外気に触れ
かなりの時間温泉を楽しみました。
imghsp1.jpg
(お風呂はカメラ持ち込めないので画像拝借)

たっぷり温泉を堪能した後、部屋から琵琶湖をゆっくり眺めました。
向こうに先日横断した比叡山も観えました(笑)

すでに化粧も落とし、浴衣姿や各々自分の好きなスタイルで部屋に座り込み
未だ夕食の時間にはチョット早かったけど、ホテルに入る前に皆で買ってきた
豪華な(?)お弁当や飲み物を広げ、宴会が始まりました(笑)

一人Kさんだけは、ビールが大好きですが後の飲めない3人も、いかにも今から
飲むぞう~という雰囲気で大声で嬉しそうにカンパイ~と(大笑)

3年以上ぶりに叶った4人の一泊旅行です。
話の話題も次々飛び出し、部屋は4人ではなくもっと多くいるのでは…と
一瞬思うぐらいの賑やかさでした(笑)

それでも誰かが「うわぁ~日が暮れてきたぁ~」「ミシガン綺麗だよ~」
「8時になれば、前の噴水がライトアップされるよ~」と言うと全員ベランダへ…
CIMG2817.jpg

CIMG2822.jpg

4人で行った楽しかった旅行の思い出話は勿論、今まで知らなかった幼い時の話や
結婚当時の話等もでました。
チョットだけど今は亡き姑さんとの辛かった確執話も…(笑)

寝る前にもう一度温泉に入る予定だったけど…
気がつけば夜中の12時が過ぎていました(笑)

温泉は朝にして、その夜は床に着きました。

グッスリ寝て、早速早朝の琵琶湖を眺め…
CIMG2828.jpg

まず温泉に入り朝食後はみんなで散歩。
ホテルを出て湖岸を気持ち良く歩く。
やはり昨夜の景色とは違うような気がしました。
CIMG2829.jpg

CIMG2842.jpg

CIMG2864.jpg

CIMG2852.jpg

CIMG2865.jpg

お昼12時にチェックアウト。
タクシーで瀬田の方のランチも出来るショッピングモールへ行きました。

夜あれほどお喋りしたのに…又たっぷりお喋りタイムをとりました(笑)
勿論少しですが、ショッピングも…

今回の一泊旅行は何年ぶりかの「月下美人」の集まりでした。
でも、もう一つ病気が原因で何となく、何年も家から出る事を躊躇してたHさんを
引っ張り出す事が目的の一つでした。

前回4人集まって、多少勢いもあったけど…
即一泊しようと話が纏まり…「善は急げ」と即実行(笑)

行き先は偶然サービス券があった事(笑)
予算も急なことなので無理のないように…
そして何よりも暑い時期に身体にも無理のないよう等から、琵琶湖ホテルに…

目の前に観える広い琵琶湖と比叡の山々という雄大なロケーションも私は好きです


家が近いHさんと私は最寄りの地下鉄から一緒でした。
最初は久しぶりの乗り物を使っての外出に「やはり人が多いねぇ~」等不安な
様子を覗かせていましたが、4人が集まる場所に着いた辺りから笑顔も多くなり…

カラオケでは一番良く唄い、ホテルでは一番喋っていたかも…(笑)
そして何をしても「久しぶり~」と…
二日目のショッピングモールでも一番買い物をしていました。

私と別れて家についた頃、すぐに明るい声で「楽しかったぁ~ありがとう~」
「自信ついたわぁ~」と電話が有りました。勿論他の人達にも…

最初Hさん自身未だ病後の不安が拭えて無いのかな?と見える時もありました。
私も、やはり内心久しぶりの遠出に「大丈夫かな?」とも思っていました。

先月の集まりからすぐに一泊旅行に…と言うのはチョット強引だったかな?と
多少思ったのも事実です。

でも今回の2日間をみる限り「もう大丈夫」だと…4人が確信しました(笑)

今回月下美人の再スタートも嬉しいけど、やはりHさんがこの機会に元通り
元気になってもらえた事が何より嬉しいと思いました。

そして今回改めて、健康の有難さと気持ちの持ち方の大切さを感じた私です。



プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR