急な行き先変更も大正解!

2013.11.27.16:58

昨日、月に一度ハイキングしている友達と11月にはすでに笠置山を歩いているし…
今回はしっかり紅葉を楽しもうと京都の光明寺へ行く約束をしていました。

10時に阪急梅田駅で待ち合わせ。京都線で長岡天神で下車するつもりでした。

乗車して暫らくして2人が「光明寺はきっとこの時期、きっと混んでるよね~」と…
お互い以前に行った時の記憶を思いだしました(笑)

光明寺はモミジの寺として知られ、広大な境内を数百本のモミジが紅に染め、
参道の石畳はモミジで埋め尽くされるというので有名です。
この時期かなりの混雑が予想されます。

彼女が躊躇いながら何日か前、嵐山に「千光寺」という紅葉の穴場があると聞いたと…
でも嵐山も混むのでは?と私が言うと渡月橋は渡らず反対側だから…と。

じゃぁ~2人とも行った事のない所にしようと言うことになり嵐山へ行き先変更(笑)
嵐山駅に降りると予想通りの人出でした。

でも、辺り一面綺麗な紅葉を観る事が出来ました。
CIMG4486.jpg

やがて渡月橋が見えました。
2か月前の事を思いだし、元の姿の戻っているのを見て嬉しくなりました。
CIMG4490.jpg

私達は渡月橋を渡らず、南岸を上流に歩きました。
対岸には多くの人の姿が見えましたが…
こちらはかなり人は少なく、時々行きかう程度です。
CIMG4511.jpg

CIMG4518.jpg

CIMG4517.jpg

目前に保津川下りの船を見ながら熱いお茶と軽食で少し休憩しました。
CIMG4520.jpg

やがてこんな標識?が…思わず期待しよう~~と思いました(笑)
CIMG4519.jpg

暫らく行くと入口が見えました。大悲閣 千光寺(だいひかく せんこうじ)とありました。
そしてかなりの階段が…
CIMG4524.jpg

CIMG4528.jpg

ここでやっと入山料を払います。屋根に思わずカメラを…
CIMG4529.jpg

CIMG4530.jpg

その後もつづら折りの石段を登ります。
でも、段々期待できそうな雰囲気が感じられました(笑)
CIMG4533.jpg

CIMG4535.jpg

やがて山門へ…
CIMG4536.jpg

見事な絶景が観えました。
遠くに見えるのは比叡山です。保津川も見えました。
でもこの時は残念ながらすこし曇っていました。
CIMG4544.jpg

CIMG4557.jpg

CIMG4540.jpg

晴れている日は京都の市内が一望され、遠くには比叡山、大文字山をはじめ
東山三十六峰も見え、まさに絶景だと言う事です


それでも、絶景を堪能した私達は元の道を引き返しました。
その頃は晴れてきて、川の水も青くキラキラ光りとても綺麗でした。
CIMG4567.jpg

途中、茶店を見つけあまりにも景色が良いので温かい鍋焼きうどんを食べる事に…
予定では渡月橋を渡ったところで、ゆっくり食事する予定だったのですが…(笑)
CIMG4575.jpg

CIMG4580.jpg

結局今回は保津川は渡らず観ただけですが…
この風景が戻ったのを見て安心しました。
CIMG4575.jpg

CIMG4586.jpg

私達はお腹もイッパイになり、あまりにもの青空に、もう少し歩こうと
川沿いを、一駅向こうの松尾駅まで歩く事に…
「嵐山東公園」の中をとても気持ち良く歩きました。
人は凄く少なく、360度何処を見ても凄く良い景色でした。
ゆっくり左右を観たり、時々後ろを振り返ったりしながら…(笑)
CIMG4588.jpg

CIMG4591.jpg

CIMG4598.jpg

CIMG4602.jpg

家を出る時は「光明寺」で紅葉を堪能する予定でした。
距離を歩くつもりもなく、歩数計も持って行きませんでした。

嵐山に…と決めた時も千光寺の後は天龍寺辺りへ…と相談していたのですが
何度か来ているし、結局人混みを避けしっかり歩いた2人でした(笑)
多分、距離にして5~6kは歩いたと思います。

奈良の「千光寺」は知っていたし、今年の7月に行きました(笑)
でも京都・嵐山は何度も訪れているのに「千光寺」は全く知りませんでした。

「大悲閣千光寺」は、渡月橋から約1kmあまり上流へ行った所にあり、
江戸時代の豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)が、大堰川を開削する工事で
亡くなった人々を弔う為、嵯峨の中院にあった千光寺を移転し建立させたもの。

源信の作といわれる千手観音菩薩を本尊としています。
境内にある大悲閣は、大堰川の切り立った岩肌に建つ観音堂で、
嵐峡の絶景を眺める事ができます。

昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で、大悲閣、千光寺とも半ば倒壊し、長年
千光寺は仮本堂、大悲閣はワイヤーに支えられていましたが、2012年より
大悲閣の改修工事が始まり、10月に回りの足場が撤去されようやく、その姿が
見られるようになり2012年11月1日より一般公開されたと言う事です。


CIMG4560.jpg

「大悲閣千光寺」を芭蕉も詠んでいます。
「花の山 ニ町のぼれば 大悲閣」と。 


直前で行き先変更をしたり、その時の思い付きで行動した事も有ったけど…
上手く人混みを避けて、復活した嵐山全体を見ながら気持ち良くハイキング
気分で紅葉を堪能する事ができました(笑)

そして、今度は新緑の頃にも来てみたいなぁ~と思い帰ったきた私です。












スポンサーサイト

「時空の広場」はもうクリスマスムードでした!

2013.11.22.17:28

先日、久しぶりに会う同級生の友達とランチしました。
彼女は堺市に住んでいます。

大阪市内に住む私に、久しぶりに繁華街で食事したいと…(笑)
出来たら南(難波)より北(梅田)が好いわぁ~と!
その後百貨店での買い物も付き合ってねぇ~とも。

彼女と会う時は大体難波が多いのですが…
今回は梅田で午後1時に待ち合わせ、ランチをしました。

久しぶりのお喋りはあっという間の時間でした(笑)
「懐かしい話」や今後の「こうありたぁ~い」という話等…

その後デパート巡りをして…
休憩にお茶を飲んで…時計を見ると夕方6時前でした(笑)

今日は主人の夕食は作らなくて良いので、もう少しゆっくり出来ると彼女。
私は彼女が、まだ行った事ないと言う大阪駅の「時空の広場」を案内しました。

今年で3回目を迎える大阪ステーションシティのクリスマスイルミネーション。
「光り輝く天空の城」をテーマに時空の広場が煌びやかな光に包まれていました。
CIMG4206.jpg

CIMG4212.jpg

CIMG4200.jpg

CIMG4202.jpg

CIMG4208.jpg

私カメラはバックに入れていたのですが、この時カメラの存在を思いだしました(笑)

広くて天井も高く、爽快感いっぱいの広場のイルミネーションはとても良い眺めでした。   
彼女は思わず「うわぁ~綺麗~嬉しい~初めて~」と叫んでいました(笑)

2人で暫らくイルミネーションを見上げてうっとりしていました。

彼女は「12月に主人と一緒に来るわぁ~」「でも彼は喜ぶかな?」等と…(笑)
最後に「今日はありがとう~、素敵なオマケも有って良かったわぁ~」と…

久しぶりの2人のランチでしたが、充分お喋りも楽しみ、その後思いがけない
イルミネーションにちょっと早いクリスマス気分を味わう事が出来た私です。


もし良かったら、近くへ行った時は立ち寄られては如何ですか!
私の写真よりきっとイルミネーション綺麗です!

トワイライトファンタジー ~光り輝く天空の城~

期間  2013年11月06日~2014年01月19日

時間  17:00~23:00 初日のみ18:30頃
    ※一部装飾は、12/1~12/25

場所  大阪駅 5階 時空の広場

今年は「光り輝く天空の城」を空間コンセプトとし、お城をモチーフに
「時空(とき)の広場」を約12万5千球のLEDで彩っています。
メインのドーム屋根からイルミネーションを吊るとともに、床面にもLED装飾を
施し、来場者を光の空間で包みこんでくれる事だと思います。

寒くなった途端に…

2013.11.18.17:12

何日か前から急に寒くなりました。
今日も大阪はかなり寒く、風も冷たかったです。

国道に面し200m位南に区域の消防署出張所がある私のマンショんでは、
最近すでに消防車のサイレンの音が何度か聞こえました。

昨夜も夜7時過ぎマンションの前を何台かの消防車がサイレンが…
でもその何台かが一度通過しただけなので、ちょっとホッとしました。

大した火事でなくボヤ程度の時もかなり有るようですが…

でも時には、他の場所からも出動した何台もの消防自動車が連なり、あまりにも高い
サイレンの響きに、やはり方向と何処かが気になりベランダから覗きます(笑)

確か昨年もこの近くで2件の火事がありました。

その内1件は、マンションのかなり近くの東側で結構大きな火災でした。
マンションの殆んどの人が廊下に飛び出し火の方向を確かめました。
炎や煙も見えました。

私も一瞬「ドキッ」としたのを覚えています。
夜だったけど、そんなに遅い時間では無かったと思います。
何人かの人は現場に行き、不安な私達に鎮火したと報告してくれました。

昨年の住宅火災件数は、1,914件で、前年の1,864件に比べ50件増加していると。
又住宅火災による死者数は86人で、前年と比べて25人の増加となったという事。
特に1月から3月までに多く発生しているという事です。

火災の原因は悲しい事に放火や煙草の火の始末が多い様ですが…
続いて、たき火やコンロ、ストーブも原因になっていると…

11月中旬だというのに、寒くなった途端すでに消防車の出動サイレンを
何度か聞いています。

車の騒音や救急車の音には、かなり慣れっこになっている私ですが、
寒さが増すこれからの時期、又消防車のサイレンの音が多くなるのではと…
でもその回数がこの冬、少しでも少なくなる事を願いたいと思います。

普段から火の始末等には、気を付けているつもりですが…
これからも火の元には充分気を付けようと改めて思った私です。


CIMG8302.jpg

(大阪城公園での桜の紅葉です)

「えぇ~」と思うばかりの一日でした!

2013.11.14.17:03

先日、木津川の南岸にそびえる笠置山へ友達と行く約束をしていました。
チョット紅葉には早いかな?とも思いながらJRの関西本線の駅で待ち合わせ。

とにかく笠置へは電車の本数が少ないので、乗り継ぎをしっかり調べて…
加茂駅へ着くと笠置に行く電車がすでにホームに入っていました。
ここからは単線で一両編成の電車です。

後数分で発車と言う時、車内アナウンスで「亀山駅まではICOCAは使えません」と。
いつも通りICOCAカードで乗車している私達は「えぇ~」と思いながら運転手さん
に伝えると「証明書」の様な物を発行して下さり…処理の仕方も教わりました。

笠置駅に着いて同じ関西本線なのになぜ「ICOCA」が使えないか分かりました。
笠置駅にはカードを処理する機械がまだ設置されていないのです(笑)
CIMG4280.jpg

駅に降りると一瞬「寒い!」と感じました。
とりあえず、お手洗いは済ませておこうと…
でも「水洗ではなく」…臭いもかなり…やはり少し「えぇ~」と(笑)
今までも山道の途中なら経験してるけど…

笠置山(標高289m)は春は桜のお花見、秋は紅葉の名所として有名です。
また京都府立自然公園にも指定されています。

JR笠置駅をスタートして登山口へ…
行きは東海自然歩道を笠置山上に…1,300年の 歴史のある笠置寺を目指しました。
結構急な山道でしたが、距離的には笠置寺まで約2キロ位です。
CIMG4284.jpg

CIMG4292.jpg

少し寒さを感じながらも、周囲の景色に後少しでもっと綺麗な紅葉が観えたかな?と
思いながら歩いていると身体もかなり温まりました。

やがて笠置寺に到着、山門をくぐり入山料を払い境内へ…
CIMG4304.jpg

CIMG4305.jpg

まず私達はモミジ公園へ…すると真っ赤な紅葉が…
CIMG4319.jpg

CIMG4320.jpg

CIMG4321.jpg

途中チョット早かったかな?と思いながら歩いていたので思わず「うわぁ~」と2人で
見惚れていると、この場所には似合わないスーツを着た男性が声をかけてきました。

「〇〇新聞の者ですがチョット協力してもらえますか?」…と。
そして私達が紅葉を観てる姿を写真に撮りたいと…
ただそのまま立っているだけで良いと…(笑)

顔は写さないし後姿だけ…と言うので私達も何か分からないけど…
「えぇ~」と思いながらもOKをしました(笑)

それでも多少は「もう少し右を…」とか、「ちょっと後ろへ」とか指示されました(笑)
時間にしても数分は、かかったと思います。

撮影(?)が終わった後はインタビュー(?)されました(笑)
同時に名刺も頂きました。3大新聞のの1つ名前がしっかり書かれていました。
どのコースを歩いて来たのですか?今回で何度目ですか?
他に何処の紅葉を見に行きますか?お住まいはどこですか?
苗字だけで良いので名前は?お歳は?・・・等と…

必ず掲載するかどうか分からないけど、住所知らせてくれたら新聞を送ると…
でも私達はそれは丁重にお断りしました(笑)

このモミジ公園でお弁当を食べるつもりだったけど、何となく私達の気持がモミジ
と同じく高揚?してしまい、先に霊場巡りをする事にしました(笑)
CIMG4361.jpg

笠置寺境内にはかつて一大修験行場として栄え、今では行場めぐりとして名を
とどめる周回コースがあり、大磨崖仏を拝み、岩のトンネルをくぐる(胎内くぐり)
太鼓石、ゆるぎ石、蟻の戸渡りなどを楽しむ事が出来ます。
(大磨崖仏)CIMG4362.jpg

(胎内くぐり)CIMG4354.jpg

(太鼓石) CIMG4347.jpg

(ゆるぎ石) CIMG4331.jpg

(蟻の戸渡り)CIMG4334.jpg

一番高い場所に上がり観る景色は最高でした。遠くに木津川も観えました。
CIMG4338.jpg

CIMG4343.jpg

石の隙間やトンネルを潜ったり登ったりしている時に何かが起これば…
「えぇ~どうなるのかな?」等と思いながらも充分修行場巡りを楽しんだ後、
もう一度モミジ公園に戻り、綺麗な紅葉の下でお弁当を食べました(笑)

でも座っていると寒くなり、食後は早々に引き揚げました。
CIMG4374.jpg

CIMG4372.jpg

その後、後醍醐天皇行在所跡を廻り、帰りは車道を降りることにしました。
CIMG4386.jpg

車道と言っても眺めは良いし、下りる間に通った車は2台だけでした。
CIMG4393.jpg

CIMG4395.jpg

CIMG4394.jpg

私達はもう少し歩こうと駅を通り越し、木津川沿いを少し歩く事に…
CIMG4415.jpg

CIMG4406.jpg

その後、駅の近くで電車待ちの時間を利用して温かいコーヒーを飲んで帰ってきました。

今回は何度か「えぇ~」と思う事がありました。
でも一番驚いたのは、やはり新聞社の人に声をかけられた事です。

人も多くはなかったけど、それなりに何人かいました。
なぜ私達だったのかは分かりません(笑)

ただ後ろ姿だけなので…顔や年齢は関係なかったのでしょう~
私達は咄嗟の事に、正直に年齢を言ったのですが…その時はチョット相手が
「えぇ~そんなお歳なのですか?もう少し若いと思っていました」と(笑)

きっと私達が協力したことに対するリップサービスかも知れませんが…(笑)

私は今回初めて行った笠置山でしたが「モミジの絨毯」とまではいかなかったけど
一部だけでも綺麗な紅葉も観る事が出来ました。

上着も厚手で手袋なども用意して行きましたが、やはり大阪市内よりは、かなり
冷えていた様に思いました。

最後に降りたJRの駅で「ICOCAカード」は出発した駅からの分を全部清算して
駅員さんに気持ち良く無事処理もしてもらい、17000歩のハイキングを終えた私です。














1年半ぶりの母娘ハイキングで…

2013.11.11.17:17

ハイキング行く度にお弁当を作ったり、写真を整理してブログを書いている私を
見ている娘は時々「楽しそうだね~私も一緒に歩こうかな?」と言って…
1年半位前の春に一度母娘でハイキングに行きました。

何日か前に娘が「9日の土曜日、久しぶりに2人で何処かハイキングしよう~」と
そして今回も「いつも作っているおにぎりのお弁当も持って行こうねぇ~」(笑)

私は大体いつもハイキングに行く時は簡単ですが自分でお弁当を作ります。
それを娘はいつも羨ましそうに見ています…自分はお弁当に無縁なので(笑)

先日も休日にしては、チョット早起きして、ご飯を炊き梅干し入りのおにぎりと
卵焼きウインナー、前日の残り物等で簡単なお弁当を作りました。

お弁当の他に熱いお茶と常温のお茶、おやつ、ミカンなどもリュックに入れて…
大の大人2人がまるで子供の遠足です(笑)

時間や距離的なこと等を考慮して池田の五月山方面に…
私は5月に行っているのですが、11月には又違った景色が観えるのではと…

五月山の方向に向かって歩く途中、広くて綺麗な公園を見つけ、入ってみると
「池田城跡公園」とありました。

室町時代から戦国時代にかけ、池田市域一帯を支配していた地方豪族・池田氏の居住
跡地を公園として整備を進め、平成12年4月にオープンしたと言う事です。

立派な大手門を入ると綺麗に整備された庭が観えました。
庭園内では菊展も…
CIMG4215.jpg

CIMG4218.jpg

CIMG4220.jpg

でも今日の目的地は五月山だと思い直し…10数分程度で公園を出ました(笑)
以前歩いたコースを思いだしながら日ノ丸展望台を目指しました。
CIMG4223.jpg

暫らくはちょっとキツイ階段が続きます。
CIMG4229.jpg

20分も歩くとかなり高台に…眼下に池田市街が観えました。
CIMG4233.jpg

少し休憩をして、歩き出すと秋色が目の前に広がりました。
CIMG4237.jpg

CIMG4239.jpg

CIMG4241.jpg

CIMG4245.jpg

時間は未だ12時前だったけど見晴らしの良い所で昼食をする事に…
食後はちょっと道幅は狭いけど、とても気持ち良く歩けます。
やなり高い所はモミジも、かなり色付いていました。
CIMG4253.jpg

CIMG4252.jpg

CIMG4255.jpg

ヤマハゼは、とても色鮮やかでした。
CIMG4259.jpg

CIMG4256.jpg

桜の紅葉は、もうすでに少し遅いと感じました。
CIMG4262.jpg

モミジの全体的な紅葉は未だだったけど、青いモミジの中に色付いたモミジが
とても綺麗でした。
CIMG4279.jpg

今回1年半ぶりの2人での7k位のハイキングでしたが、普段家でする会話と比べて
自然の中での会話は花や木の名前、見ての感想そしてお互いの健康の話等…
何となく新鮮に感じる会話も有りました(笑)

電車移動の時も、車内では私が座れる席を娘は探します…
電車は20分、地下鉄は10分位なので立ってても大丈夫です
私一人だったらまだ「優先座席」は殆んど座らないのに…(笑)

山道では何度も足元気を付けてね~そこは滑りやすそうだよ~と
言葉は嬉しいけど、私の方が「まだよりしっかり歩ける」と自信があるのですが…

娘の目には私に老いがみえているのかな?とチョットだけ僻んでみたり…(笑)

普段は結構言いたい事言ってるのに、娘の口から出る言葉が柔らかく優しく感じます(笑)
そして帰る途中「帰って家で食事作るのも大変だから、何か買って行こう」と。

お弁当を食べる時は「やっぱり大した物でなくても手作りは美味しいね~」と
言っていたのに、夕食は通りがかった阪急百貨店でお惣菜を数種類買ってくれました(笑)

何となく可笑しかったけど…
これも疲れているのではとの、娘の気遣いだと思うようにした私です(笑)

物は試しと言うけれど…

2013.11.08.17:07

先日7人会(今は6人)で一泊旅行に行きました。

行き先は片山津温泉です。

以前から最近色んな所で宣伝している「〇快リゾート」を一度経験しようと…
みんなで話していました(笑)

私も凄く料金が安いので、やはり何もかもそれなりなのでは?若い子が殆んどでは?…
等と思いながらもチョット興味がありました。

以前行った人の話では、料金の割には良かったと言う人、やはり安いだけ…という人
私達6人の中の何人かは色んな噂を聞いてた人もいました(笑)

でも今回会費の積立回数も少なかったし、やっと6人全員が参加できると言う事で
色んな意味で「みんなでゆっくりする事」が第一目的だったので…

私達は「片山津温泉の女性専用温泉旅館」を選び大阪からの往復バスを利用する事に…

大阪駅を9時にバスは出発して…途中トイレ休憩と昼食休憩をして2時過ぎにホテルへ…

建物を見た瞬間「かなり古~い」と思いました(笑)
でもホテル内は明るく清潔にしていました。

施設の使い方等の説明は、個人グループではなく、バスで着いた全員が揃ってから!

鍵をもらって部屋に入るとすでに6人分のお布団が敷かれていました(笑)

でも広くて6人が時間を過ごすのにも、ゆったりできる空間も有りました。
部屋のお茶やお菓子のサービスも以前私が行ったホテルと殆んど変わりません。
ただセルフサービスですが…(笑)

皆は「誰も入って来なくて良いねぇ~」「好きな格好でいれるしねぇ~」…等と(笑)
4階のお部屋からの眺めも良かったです。
CIMG4112.jpg

部屋内を確認した後、早速ゆっくり温泉に入りましたが…
大浴場も広く露天風呂には写真で見たレモン風呂なども有りました。
やはり古い感じはしたけど、清潔にしていて備品やアメニティも豊富でした。

食事は勿論バイキングなのですが…
品数もかなり豊富だし味も良かったです。
私達は保険も兼ねて、やはり少し美味しい物を食べたいし、予算も有るので
プラス2000円で「松茸入りすき焼き」もお願いしておきました(笑)

でもその必要が無かったようです。
勿論お肉と松茸は残さず食べましたが…
バイキングは一度しか席を立たなかったです(笑)
CIMG4114.jpg

CIMG4116.jpg

カラオケも楽しみました。
チョット薄暗い照明の中、細かな字に悪戦苦闘しながら選曲しました。
誰も老眼鏡持たずにカラオケルームに行ったので…(笑)

翌朝起きて、温泉に入っている頃は曇っていました。
CIMG4118.jpg

私達は少し雨が降る中、前日ホテルで申し込んだ金沢周遊バスで兼六園へ…
バスの座席が運良く一番前だった私は綺麗な紅葉に車内から思わずカメラを…
CIMG4124.jpg

兼六園散策は雨を覚悟したのですが…
バスが着く直前に雨が止み青空も…
小立野入り口から入った私達はガイドさんも付き久しぶりの兼六園を楽しみました。
CIMG4184.jpg

竜石
CIMG4179.jpg

「花見橋」を渡り、「根上松」や「明治記念之標」等も案内してもらいました。
CIMG4178.jpg

CIMG4131.jpg

CIMG4134.jpg

ガイドさんは一生懸命案内して下さるのですが私達を含め30名ほどいた人達は
この頃から思い思いの場所へ行ったり、写真を撮ったり…(笑)
CIMG4140.jpg

CIMG4139.jpg

やはり霞ヶ池辺りは一番人が多く写真は中々撮れませんでした。
CIMG4152.jpg

CIMG4154.jpg

CIMG4158.jpg

その後は各自自由となって時間までにバスに戻るよう言われ、私達も6人で散策。
CIMG4172.jpg

CIMG4175.jpg

CIMG4168.jpg

続いてバスは金沢といえば有名な金箔生産のお店へ…
秀吉の「黄金の茶室」をモデルに再現した部屋の前で金箔の入ったお茶を頂きました。
CIMG4188.jpg

CIMG4187.jpg

他にも工芸品等いくつかの作品も見学、又箔打ちの工程等も実際に観る事が出来ました。
CIMG4193.jpg

CIMG4192.jpg

その後私達は片山津温泉まで帰り、バスを乗り換え大阪に戻りました。
観光地とホテルそしてバスとお互い連絡していました。

今回初めて安い料金(7800円)の「〇快リゾート」という物を利用しての温泉旅行
でしたが、思っていたよりホテルも良く、お料理も満足そしてスタッフは少なくても
テキパキこなし、接客も良かったです。

案内にうたっていた、飲み物やカラオケ、そして他のサービスも皆その通りでした。
やはり若い女の子のグループが多かったけど、私たちの同年代の女性のグループの
姿も結構見ました。

建物は確かに古かったけど、お掃除は行き届いていました。
以前行ったホテルで調度品などは立派でもお風呂の脱衣所等の隅が汚れたいた事も
ありました。

私達は大満足して帰ってきました。

同じ「〇快リゾート」でも場所によって食事等も違うかもしれません。
でも今回私達は「良かった~期待以上だった~又行きたいね~」と…

おかげで予算も少しあまり、その金額で来年ランチ新年会をすることになりました(笑)

今回6人とも初めての利用でした。
以前から皆で「どうなんだろう~?」「あまり安いと何か気持ち悪いよねぇ~」等…

でも今回思い切って試してみて…良かったと思うと同時にしっかり納得した私達でした(笑)


6人で「山の辺の道」をララ♪ハイキング!

2013.11.05.10:02

3日の日曜日サークル「ララ♪ハイキング」で山の辺の道・南コースを歩きました。

(南コース 7,6k)
天理駅~石上神宮~内山永久寺跡~夜都伎神社~竹之内環濠集落~
萱生環濠集落~衾田陵~念仏寺~長岳寺トレイルセンター~柳本駅



家を出る時はかなり曇っていました。
朝方には雨も降ったようです。
私は、やはり雨を覚悟してとリュックにはしっかり雨具を用意していました。

曇り空の中、近鉄天理駅に6人が集合。
CIMG3972.jpg

大きな商店街の天理本通り~天理教の巨大な神殿を見ながら…
まず「石上神宮」(いそのかみじんぐう)を目指します。
CIMG3974.jpg

CIMG3982.jpg

「石上神宮」は古事記・日本書紀に記される最古のお社。
CIMG3992.jpg

CIMG3990.jpg

又現在約30羽のニワトリが参道をはじめ境内の各所にいて石上神宮の一番の
人気者だと言う事です。
CIMG3991.jpg

境内は、杉の古木をはじめ緑深い木々が生い茂り、古代にタイムスリップした
ような雰囲気がただよっていました。
CIMG3995.jpg

次のに目指した「内山永久寺跡」は、奈良県天理市杣之内町にかつて内山永久寺
として存在した寺院で、興福寺との関係が深く大和国でも有数の大寺院であったが
廃仏毀釈の被害により明治時代初期に廃寺となり今は、池が残っているだけだった。
CIMG4003.jpg

私達は雰囲気のある道を次の「夜都伎神社」(やつぎじんじゃ)に向かいます。
CIMG4005.jpg

CIMG4010.jpg

CIMG4014.jpg

茅葺きの屋根が印象的でした。
CIMG4015.jpg

夜都伎神社を後にして歩きだすと、この時期にも色鮮やかなコスモスが…
遠くに霞んだ山々も観え、さすが山の辺の道だと…
CIMG4020.jpg

途中まだ雨も降ってないしちょうど良い休憩所を見つけ少し早い昼食をとりました。

「竹之内環濠集落」(たけのうちかんごうしゅうらく)  
「萱生環濠集落」(かようのかんごうしゅうらく)
萱生環濠集落とその北の竹之内集落は、奈良県で最も高所にある環濠集落で
両集落は今も濠の一部が残っていて、その近辺は昔の面影を色濃く残していました。

外敵を防ぐため、周囲に用水路を兼ねた水濠を巡らせた集落は一般に環濠集落と
呼ばれていると言う事です。
CIMG4025.jpg

山の辺の道歌碑の一つ 出典「万葉集」  作者 柿本人麻呂
あしひきの 山川の瀬の 響るなべに 弓月が嶽に 雲立ち渡る 
CIMG4040.jpg
(山から流れ落ちてくる川の瀬の音が高く鳴り響くにつれて、弓月嶽には一面に雲が立ち渡ってゆく)

みんなで長閑な景色を楽しみながら歩きます。
CIMG4034.jpg

CIMG4031.jpg

「衾田陵 」(ふすまだのみささぎ )
CIMG4042.jpg

CIMG4049.jpg

CIMG4044.jpg

和古墳群の中の中山支群の盟主的存在の前方後円墳。
全長220mあり衾田の陵と呼ばれているという事です。


山の辺の道には柿や野菜等を売るこのような小さなお店が沢山あります。
この頃には私のリュックは、少し重くなっていました(笑)
CIMG4052.jpg

「念仏寺」
山側の大和平野を見おろす高台に共同墓地があり、見晴らしもよく
念仏寺にふさわしい情景となっていました。
CIMG4057.jpg

CIMG4054.jpg

そして最後の予定だった「長岳寺」の大門をくぐりました。
CIMG4074.jpg

CIMG4077.jpg

隣接している「長岳寺トレイルセンター」では、サービスのお茶を頂き
しばらく休憩をしました。
CIMG4079.jpg

予定ではこのままJR柳本駅へ向かう事になっていたのですが…
同じ方向の途中にある「天理市立黒塚古墳展示館」に寄る事に…
展示館ではボランティアガイドの人に説明を受けました。
CIMG4082.jpg

CIMG4090.jpg

(復元された竪穴式石室)
全長約8、3mの長大な規模で後円部の中央に前方後円墳の主軸に直交して作られ
川原石と板石を用いた合掌式の特殊な石室である事が分かったとの事。
CIMG4092.jpg

(三角縁神獣鏡)
背面に神獣を配し周縁が山形に鋭く尖る形をしているためにこのように呼ばれている。
私も持ちあげましたが…凄く重かったです。
CIMG4093.jpg

その後私達は展示館を後にしてJR柳本駅へ…
時間は3時半ごろでしたが…この頃から雨がポツポツと降りだしました。
全員口を揃えて・・・「やっぱり天気予報通りだぁ~良かったぁ~」と(笑)

「JR万葉まほろば線」の柳本駅から電車に乗ると車内には卑弥呼さんが…
思わぬサービスにびっくりした私達ですが…男性陣は大喜びでした(笑)
CIMG4101.jpg


私は「山の辺の道」は10年位前に桜井~天理の16kのコースを歩いた事が有ります。
その時も、今回より紅葉が進んだ奈良盆地の東に連なる美しい青垣の山裾を縫う
ように続く沿道を古代ロマンをも感じながら歩いた事を思い出しました。

沿道には今も、万葉集ゆかりの地名や伝説が残り、神さびた社や古寺、古墳などが
次々に現れて古代ロマンの世界へと誘われたような気がしました。
 
今回のオフ会は最初は10月16日を予定し、次は25日…いずれも台風で中止になり
3日の日はやっと皆の念願が叶い3度目の正直になりました(笑)

今回お世話して下さったKさんの案内で出発した頃はチョット空模様も気にして
いましたが、午後からはチョット明るい陽がさした瞬間も有りました。

私は今回歩数計を忘れて行ったのですが、帰りの電車で隣の席のHさんに聞けば
20000歩を超しているとの事でした。

歩いている間は殆んど雨にも遭わず「山の辺の道」を堪能する事が出来ました。

管理人さん、今回コースを企画して下さったKさん、そして参加された皆さん
ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

私が今回道中で買った品物です(柿 里芋 さつま芋 サンド豆 キュウリの古漬)
どれも一袋100円で合計500円の買い物でした(笑)
CIMG4108.jpg

久しぶりに天守閣へ!

2013.11.03.17:00

昨日、そろそろ大阪城も銀杏が色付いている頃だし紅葉も始まっているだろうし
この3連休には「秋のイベント」や「特別展」もしていると聞いて行ってきました。

公園内に入るとやはりイチョウはかなり黄色く色付いていました。
CIMG3814.jpg

桜の木もかなり赤く色づき始めていました。
CIMG3823.jpg

CIMG3960.jpg


まず特別展が開催されている天守閣に上がる事にしました。
CIMG3954.jpg

CIMG3926.jpg

3連休中ということで、かなりの人出でした。
CIMG3923.jpg

すぐに「重要文化財 金明水井戸屋形」が…
CIMG3835.jpg

入口から入ってまず5階までエレベーターで上がる事に…
降りると真田幸村隊VS松平忠直隊の「大坂夏の陣図屏風」が掲げられていました。
あまりにも細かな描写に観ている人はみんな感心している様子でした。
CIMG3844.jpg
       CIMG3843.jpg

他にも「大坂の陣 ゆかりの地」の写真等も見る事が出来ました。
CIMG3845.jpg

ここからは階段を使って、上がります。
CIMG3847.jpg

6階では大坂夏の陣図屏風に描かれた武将達も見る事が出来ました。
CIMG3883.jpg

7階では「秀吉の生涯とゆかりの人々」と題して細かく秀吉の真説太閤期記が
展示されていました。
CIMG3853.jpg

やがて8階の展望台へ上がり、まず西の方向を…
真下に西の丸庭園を見る事が出来ました。
CIMG3861.jpg

北の方向です。
CIMG3864.jpg

次は大阪城ホールが見える東です。
CIMG3869.jpg

そして南にはKKRホテル等が見えました。
お天気が良ければ、この方向には遠くに金剛山が観えるはずなのですが…
CIMG3875.jpg

その後、階段を使って1階まで降りました。
途中3階展示室において10月5日(土)から11月24日(日)まで
「史跡・重要文化財指定60周年記念 特別展 大阪城はこの姿―戦災からの
復興、整備、そして未来へ―」を開催されていましたが、撮影は禁止でした。

この特別展は、昭和28年(1953)に大阪城域一帯が文化財保護法に定められた
「史跡」に、又同年に城内の13の古建造物が「重要文化財」に指定され、今年その
指定から60周年を迎えるのを記念して開催されているようです。

60年前の大阪城と、60年間の復興・整備事業および史跡公園化の歩みを示す写真や
資料が多数展示され、そのときどきの大阪城の姿を見る事が出来ました。

又2階では兜陣羽織試着のコーナーがあり若者たちが楽しんでいました。
CIMG3910.jpg

CIMG3908.jpg


天守閣下の広場ではステージイベント「大阪城天守閣の秋まつり」が行われていました。
CIMG3941.jpg

関西大学北陽高等学校ジャズバンド部のジャズ演奏
CIMG3828.jpg

大阪市音楽団は大阪を歌った曲を…
途中聞いているお客さんも一緒に手拍子などをする場面も有りました。
CIMG3932.jpg

他にもこのイベントでは、大阪城の歴史と空間にふさわしい音楽伝統芸能や
高校生の和太鼓演奏、未来からやってきた消防隊員「大阪市消防局セイバーミライ」
の登場等、盛りだくさんの内容だったようです。

帰る途中にはイロハモミジもかなり赤くなっていました。
CIMG3970.jpg

CIMG3967.jpg


昨日は午後から少し曇っていましたが、いつもは眺めている事が多い、大阪城の
天守閣に上がり、展望台から久しぶりに大阪の街を観る事ができました。

私は普段は平日に散歩を兼ねて公園を歩き四季の景色を楽しむ事が多いのですが…
今回は休日ということで、家族連れや若者そして多くの観光客もいました。

又天守閣には、いろんな国の言葉が私の耳に聞こえてきました。
青い目をした若い人が秀吉や信長の事を語ったいるのを近くで聞いて、何となく
可笑しいような、嬉しいような気分になった私です(笑)

今年も秋バラに会ってきました。

2013.11.01.16:52

先日、今年も秋バラを観たくて梅田へ出たその足で中之島公園に行きました。

淀屋橋から大阪市中央公会堂の横を通りバラ園へ…
CIMG3642.jpg

CIMG3643.jpg

CIMG3661.jpg

10月末という事で時期的には少し遅かったけど、園内には甘い香りが漂っていました。

アレックス レッド(イギリス) 香りがとても良く、大輪で花弁数40枚以上の
                  ボリューム感のある赤バラ。
   CIMG3679.jpg

フレンチ レース(アメリカ)  その名の通り繊細で優美なバラ、直立性の枝に幾つも
                  分かれ咲き、フランスのイメージながら作出はアメリカ。
   CIMG3685.jpg

ブルー シャトー(日本)    青バラ特有の甘い香りで整形花が得られやすいので
                  切花が好きな方に好適です。
   CIMG3692.jpg

ナエマ(フランス)   明るくエレガントに咲くソフトピンクのディープカップ咲きで、香り
             育てやすさ、大きさ花色、花形、バラの良いとこ取りの品種です。
   CIMG3708.jpg

カスク ドール(フランス) 直立性のブッシュタイプ。秋は花弁が剣弁から丸弁へ変わる。
                フランス語で「カスクドール」とは「金色の冠」の意で、
                幸運をもたらすものとされている。
   CIMG3726.jpg

エドガー ドガ(フランス) とてもエレガントなセミダブルの花は、5枚葉で中心が金色。
               波立つ花弁は、踊り子達のスカートのチュールがさらさら音を
               立てているように見える。
   CIMG3700.jpg

ブラス バンド(アメリカ)  微妙な花色の花をたくさん咲かせます。
                気温の低いうちの一番花は温かい橙色で、高温になる
                二番花はすっきりした杏色の花色になります。
   CIMG3730.jpg

リッチフィールド エンジェル(イギリス) ディープカップ咲きから始まり、徐々に整った
                        カップ型のロゼット咲きになります。
                         レッチフィールド・エンジェルとは、イギリスの
                        リッチフィールド大聖堂で近年発見された、
                        8世紀ごろ石版画に描かれた天使のことです。
   CIMG3754.jpg

ジュビリー セレブレーション(イギリス)  愛らしく深みのあるピンクの大輪は、ドーム型
                         花びらの裏側がほのかにゴールドに輝きます。
                         ひとつひとつの花が葉の上で 優雅に咲き誇り、
                         大輪にはめずらしく次から次へと 花を咲かせ
                         ます。
   CIMG3747.jpg

今年も鶴見緑地や万博公園で少しだけバラ園を見たけど…
やはり少し時期は遅かったけど、中之島公園のバラが一番見応えありました。
CIMG3762.jpg

ここ何年かは10月になれば、秋バラを観ようと家から一番近い中之島バラ園へ
行っています。

今年は気にしながらちょっと行く機会を逃していましたが…
先日も園内を名前などを確認しながら、ゆっくり散策しました。

今回は10月末になってしまい、チョット遅かったかな?という感はあったけど…

今年も公園中央の東西約500mにわたり、約310品種、3,700株あったとされている
都会のオアシス中之島公園の秋バラに癒されて帰ってきた私です。







プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR