楽しむ事の大切さ!

2014.04.30.17:05

昨日「昭和の日」の祝日は雨だったし、朝からぼーとテレビを観ていました。
いつもはNHKの連続ドラマを観た後は、洗濯や朝の用事をするのですが…(笑)

その後も何となく観ているとサッカー日本女子 代表(なでしこジャパン)
佐々木則夫監督の対談場面が写されていました。

私は普段から彼の指導者としての手腕や実績に興味があったので、そのまま画面を…

対談の中で彼は「知・好・楽(ち・こう・らく)」という言葉が好きだと言っていました。
最初「ち・こう・らく」と聞いた時はピンとこなかったのですが文字で「知・好・楽」と
書くと、すぐには理解できなかったけど何となく…

昔から「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、
仕事でもスポーツでもまた、趣味でもその他どんな世界でも一芸に秀でる人は、
そのもの自体が大好きだと言う事。

すなわち、そのものを知っているだけの人は、そのものを好きな人にはかなわない。
さらにそのものを好きなだけの人は、そのものを楽しんでいる人にはかなわない
という意味だそうです。

私は意味を聞いて納得しました。

確かにどんな事でも、しっかりマスターしようと思ったら、
コツコツ努力を重ねる事で上達するものです。

でも、嫌々努力を重ねてもあまり効果はないものです。
やはりそのことが好きで楽しんでいると、努力を努力と意識することもなく、
時間もエネルギーもかけることができるのでは…

そして、その結果気づいたら本人もびっくりするくらい上達しているという事。
特にスポーツ選手はそうかもしれないと思いました。

短距離走者はわずかコンマ1秒を縮めるために、何年も懸命に練習すると聞きます。
甲子園を夢見て、雨の日も風の日も球児達は朝から晩まで練習に打ち込みます。

又趣味から初めて凄い作品を作る人もいます。

とは言っても、やはり年代によっては仕事や子育て等楽しんで…と
いうわけにはいかない時もあるかもしれないけど…
でも仕事や子育てなどを楽しく出来たらどんなに良いことでしょう。

昨日のテレビは全部見ていたわけではありませんでした。
チャンネルを合わせたときには、すでに対談は行われていました。

以前佐々木監督の指導は、あまり多くを指示せずに見守り、時には冗談を言って
選手の気持ちを和ませると聞いたことがあります。

そして彼はサッカーの指導も自分自身で楽しみながら選手達に接しているのでは…

いつだったか、心の状態を常に高く良く保っておく最良の方法は「楽しむこと」だと
何かで読んだ事もあります。

又自分が楽しんでいれば、きっと家族や周りの人にも波及するのでは…と思います。

今回、テレビを観ていて佐々木監督の考えや指導者としての素晴らしさを感じました。

そして「知・好・楽」と言う言葉から改めて「楽しむ事の大切さ」を知り、
自分自身も少しでもそうありたいと思った私です。


DSC04291.jpg



 
スポンサーサイト

北新地で女性3人の快食を…

2014.04.25.16:58

先日滋賀に住んでいる友達から電話がありました。
「急な事だけど明日大阪に出る用事があるので、夕方から逢わない~」と…

「は~い、明日は予定は入ってないし、私も久しぶりに会いたいわぁ~」と
話は決まり梅田で会う約束をしました。

彼女が最近、新地にしてはリーズナブルな値段の良いお店を見つけたこと。
その日は、彼女のお姉様も兵庫から偶然その日は梅田に出てくると言うこと。
お姉様には、今年も3月に美味しいいかなごを贈ってもらったままだし…

話は早く、次の日に3人で新地の和風居酒屋の個室で食事する事に…(笑)

友達とは今年になって初めてだし、お姉様とは1年以上逢ってなかったので、
久しぶりの食事は、とても楽しみにして出かけました。

6時に予約を入れてくれていた新地のお店はとても良い雰囲気でした。
早速個室に案内されました(お店の画像から拝借)
7502005.jpgt_006a.jpg

全国の生産者さんから取り寄せた無農薬野菜・有機野菜を中心にしたメニューが
多いと聞いていたので…

前菜の後 まず旬野菜の炭焼き 鹿児島直送鶏のたたき 旬野菜の天ぷら盛り合わせ  
海老ときのこのクリームコロッケ等を注文
CIMG7283.jpg
  CIMG7284.jpg
    CIMG7288.jpg
      CIMG7290.jpg
        CIMG7292.jpg

3人で早速、美味しく頂きながら、久しぶりのお喋りを賑やかに…
姉妹はアルコールも多少飲めるので、私も甘いお酒でお付き合いを…(笑)

その後も野菜サラダや野菜雑炊を頼んだけど…
話に夢中で写真を撮るのは忘れました(笑)

個室での久しぶりの集まりはホント色んな話がでました

なぜか子供を出産した時や子供が親の手から離れた時の事などかなり昔の話も…(笑)
話の話題は、正直決して楽しいことばかりではありませんでした。
最近チョット大変だった事、悲しかった事なども…

勿論楽しい話の方が多かったけど…(笑)

でも一人が湿っぽくなっても、他の2人がしっかり聞き、やがて笑い声も…
そして最後には今年中に3人で一泊温泉旅行に行く約束をしました(笑)

昔は「大阪・北新地」のイメージと言えば、接待、一見さんお断り、高級クラブ等…
私たちにはあまり馴染みのない場所でした(笑)

今回のお店は新鮮野菜を売りにしている小さな店でした。
味も良く、値段もリーズナブルでした。

北新地も最近では昔とは変わっているも聞いていましたが…
やはり、行き帰りにはそれなりの雰囲気の人たちにもすれ違いました(笑)

それとお店での最後のお会計では、明細は無く合計の金額だけを提示された時は、
やはり「新地」だと実感した私です(笑)









咲いた!咲いた!

2014.04.21.16:58

先日、2ヶ月に一度の7人会の集まりをこの時期、気候も良いという事で…
いつものランチではなく、チョット出かける事にして「鶴見緑地公園」へ。

私はいつもなら、自転車で行くのですが、今回はみんなで地下鉄で行きました。
CIMG7177.jpg

CIMG7179.jpg

CIMG7258.jpg

まず風車の丘へ、一面淡いピンクのチューリップが…
CIMG7189.jpg

CIMG7195.jpg

みんな今まで何度か来ているので、この時期どこに何が観えるか大体知っています(笑)

色んな花壇を楽しみながらの散策です。
CIMG7197.jpg

CIMG7224.jpg

CIMG7239.jpg

やはりこの時期、園内はチューリップが一番多かったです。
思わず誰かが「咲いた~咲いた~チューリップの花が…」と口ずさんだり…(笑)
CIMG7250.jpg

CIMG7233.jpg

CIMG7232.jpg

CIMG7235.jpg

みんな自分のペースで楽しむので、休憩も兼ねて時々皆が揃うのを待ちます(笑)
CIMG7256.jpg

また時には、こんな風景にも癒されて…
CIMG7223.jpg

所々にまだ桜も残っていました。
CIMG7207.jpg

広い園内は他にも色んな花を楽しむ事ができました。
「シャクナゲ」
CIMG7213.jpg

「マンサク」
CIMG7215.jpg

「リキュウバイ」
CIMG7245.jpg

「シャクヤク」
CIMG7244.jpg

「ツツジ」未だ蕾が多かったけど…
CIMG7199.jpg

園内ではチューリップをはじめ、この時期の花をかなり楽しむことが出来ました。

今回の参加者6人が、時々は自分の好きな場所で好きに行動したり、時間を使い
仲間を待ったり、待たせたりしながらの自由散策でした(笑)

花を観ながら「綺麗~」「向こうに○○が見えるよ~」「私はあっちへ行ってみるね~」…等

お昼は園内のレストハウスで食事をしながら、いつものお喋りタイムも…
みんなもランチから今回の鶴見緑地公園散策に変更した事を満足している様子でした。

この日の事を提案した一人でもあるので「良かった~」と思い、家に帰ってきた私です。

吉野宮滝万葉の道は…

2014.04.17.17:12

一昨日、いつもハイキングしている彼女と「吉野宮滝万葉の道8キロコース」を
歩いてきました。

近鉄吉野駅に着くとかなりの人でした。
吉野山は日本一の桜の名所として有名です。
桜の頃はもちろん、新緑・紅葉・雪景色…と四季それぞれの良さがあり、
やはり訪れる人も多く、魅力があります。
CIMG7046.jpg

吉野山は標高順に下千本・中千本・上千本・奥千本と四つの区域に分かれています。
駅からすぐのエリア下千本では、すでに満開は過ぎていましたが…
遠目にはピンク色が綺麗に観えました。
CIMG7048.jpg

先日も殆んどの人は、電車を下車後ロープウエイかバスで中千本~奥千本へ…
でも私達は勿論歩きました(笑)

2人で景色を楽しみながら、まず中千本から如意輪寺へ…
CIMG7054.jpg

CIMG7062.jpg

CIMG7056.jpg

CIMG7072.jpg

やがて如意輪寺へ…
CIMG7080.jpg

CIMG7081.jpg

如意輪寺を出た私達は吉野山道へ…
CIMG7084.jpg

CIMG7085.jpg

途中にワラビも…
CIMG7086.jpg

奥千本の方向を観ながらお弁当を食べた後、今度は奥千本を背に歩きました。
CIMG7100.jpg

山ツツジがとても綺麗でした。
CIMG7116.jpg

桜とツツジのトンネルの中を気持ち良く歩く事ができました。
CIMG7117.jpg

やがて段々山道へ入り、宮滝へ向かいました。
CIMG7134.jpg

CIMG7131.jpg

暫らくはチョット厳しい道が続きます。
CIMG7136.jpg

CIMG7137.jpg

やがて万葉の昔から流れていると言われている川のせせらぎの音を聞きながら
杉木立の道をたどると、象(きさ)の小川や宮滝など万葉ゆかりの地が…
CIMG7132.jpg

CIMG7142.jpg

CIMG7144.jpg

CIMG7146.jpg

CIMG7143.jpg

やがて、山道から舗装道へ入り長閑な喜佐谷集落へ…
CIMG7151.jpg

「桜木神社」とあり、とてもひっそりした神社でしたが見事な桜の木がありました。
CIMG7160.jpg

CIMG7165.jpg

やがて、今回のコースの終着点の宮滝遺跡へ…
CIMG7173.jpg

このあたりの吉野川の両岸は巨岩奇石でおおわれ、水の 流れはエメラルド色。
付近から縄文時代以降の遺構・遺品が出土しているそうです。

天武・持統天皇が度々訪れた吉野の宮跡といわれ、近年それを裏付ける建物跡の
一部が出土したと言うことです。

風光明媚なこの地は、『万葉集』や『懐風藻』にもその美しさが多く詠まれていると…
CIMG7170.jpg

CIMG7167.jpg

色んな景色を堪能した私達は宮滝バス停からバスで15分位で近鉄大和上市駅へ…
家に着いたのは7時半でした(笑)
CIMG7176.jpg

一昨日はお天気も良く、まだまだ満開の桜や綺麗な山つつじも観ることが出来、
大好きな山道に入れば、川のせせらぎの音を聞きながら杉木立の道をたどり…
チョッピリ万葉ゆかりの地にも触れる事ができ、とても充実した一日でした。

今回選んだコースは山道を含む8キロでした。
でも、気になる景色等があるとそっちへ行ったり横道に反れたり、戻ったり…(笑)

家に帰り歩数計を確認すると20000歩をかなり超えていました(笑)
平坦な道ならともかく、3K位の山道を含めて10Kは歩いたかな~と
感心しながらもチョット驚いた私です(笑)





ピカピカの一年生は好いなぁ~

2014.04.14.17:13

今年も4月には新一年生がたくさん誕生しました。

先日、私のマンションでも朝7時半過ぎになると、真新しい制服にランドセル姿の
新一年生を何度か数人を見かけました。

ランドセルが大きく、何となく見ていて「大丈夫かな?」と思う時も…(笑)
朝マンション内で会うと、どの子も元気な声で自分から「おはようございます!」と。

「行ってらっしゃい~車に気をつけてね~」と言うと「は~い、行ってきます」と
キラキラ目を輝かせ、気持ち良い返事が返ってきました。

そんなやり取りがあると、その日の朝は私も何となく元気がもらえます(笑)
そして「好いなぁ~今のまま元気で素直に育だってほしいな~」と思います。

この時期、小学生だけではなく、世間で見る新中学生、新高校生、新大学生、
そして新社会人も新一年生として、やはり初々しく見える様な気がします。

何日か前、ある場所で新社会人と思われる男女30人位の団体に会いました。
やはり真新しいスーツ姿で、綺麗に2列に並んで歩いていました。
特に行進しているのではなく、自然に歩いていました。

でも、あまりにもきちっと整列している大人の団体の姿に驚き、一瞬笑って
しまいそうになりながらも、何となく気持ち良かったです。

でも彼らも何ヶ月か前、大学生の時にはそんな行動をしただろうか?等と…
私は勝手に想像しました(笑)

そんな姿を見ながら、私自身もさすがに小学校入学時の事はハッキリ覚えてないけど…
新社会人になった時や何かを新たにスタートする時は「今から始まる!」と言う
心構えの様な物が、しっかり有ったのではと…(笑)

今回ここ1週間内に偶然見た光景に、とても清々しい思いと、人は「スタート時点」
では誰もが「ピカピカの1年生」に成れるのではないか?と思いました。

そして、そんなことを思っていると同時に思い出した言葉があります。
以前はこんな時に自然に使っていた、ことわざ「初心忘するべからず」と言う言葉を…

「人は物事に慣れてくると、慢心してしまいがちであるが、始めた時の新鮮で謙虚な
気持ちや志を忘れてはいけない」と私も以前から理解していたし…
その解釈が一般的だとも言われていますが…

何年か前、偶然読んだ本に「本当の意味」と解していて、ビックリした事があります。
このことわざのルーツをたどるとそんなに生易しい意味ではないと…
それで今回再度調べてみたので、参考に…

出典世阿弥の書「花鏡」の結びより…
「初心忘するべからず」この句には三か条の口伝が付随している。

①「是非によらず、修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず」
②「修行の各段階ごとに、それぞれの時期の初心の芸を忘るべからず」
③「老後に及んだのちも、老境に入ったときの初心の芸を忘るべからず」



ここでいう「初心」とは「始めた頃の気持ちや志」すなわち「初志」ではなく、
「芸の未熟さ」、つまり「初心者の頃のみっともなさ」が本当の意味だという事です。

この本当の意味?の内容をを知ってからは自分自身では「初心忘するべからず」と言う
言葉を何となく使い辛く、避けていたような気も…(笑)

でも今回のように初々しい光景を見ると、「未熟さ」ではなく私も一般的とされている
「始めた時の新鮮で謙虚な気持ちや志を忘れないで…」と解釈したいと思うのですが…
他の皆さんはどうなのかなぁ~?

今回、この春4月に偶然見た初々しい2つの好い光景から色んな事を感じたり、
思い出したり、そして考えさせられたりした私です(笑)


4VN9P4pOo7xlSm91397363094_1397363144.jpg

「京都衣笠辺り」をあそびました!

2014.04.11.17:03

昨日はサークル「京都であそぼっ!」の4月オフ会でした。

今回は京阪出町柳駅へ10時に3人が集合。
早速京都市バスで約20分の北野天満宮前で下車し、徒歩10分足らずで平野神社へ…
昨日4月10日は桜祭りが行われて、かなりの人出で賑わっていました。
CIMG6883.jpg

入ってすぐに綺麗な枝垂桜が…
CIMG6886.jpg

「平野神社は」古くから宮中と密接な関係をもつ神社で、江戸時代から桜の名所として
知られ50種400本を超える名木・珍種の桜が次々に開花し、3月下旬から5月の連休
までと、長い期間さまざまな桜を楽しむことができるスポットとしても有名です。
CIMG6927.jpg

CIMG6897.jpg

CIMG6896.jpg

又この「衣笠桜」など平野神社にしかない珍しい桜も見られました。
CIMG6904.jpg

「突羽根桜」…開花期は4月下旬という事です。
CIMG6912.jpg
   CIMG6911.jpg

やがて平野神社を充分楽しんだ私達はチョット早めの昼食をゆっくり取って
次の目的地「わら天神(敷地神社)」へ…

わら天神の名前で親しまれている敷地神社は、安産の神様で有名です。
又安産祈願のお守りとして授けられる「藁の護符」でも有名だそうです。
授けられた藁に節があれば「男の子」無ければ「女の子が生まれるとも…
CIMG6936.jpg

CIMG6940.jpg

CIMG6942.jpg
「安産は私達にはもう関係ないよね~」とGさんと言いながらお参りしました(笑)

次は「金閣寺」へ
CIMG6946.jpg

金閣寺は正式名称を「鹿苑寺」といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。
舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
CIMG6953.jpg

久しぶりに観た舎利殿は、やはり存在感がありました。
その後ゆっくり庭園を散策。

「陸舟の松」足利義満が手植えしたと伝えられる松で、京都三松の一 つです
CIMG6966.jpg

「夕佳亭(せっかてい」)は江戸時代の茶道家金森宗和が建てた数寄屋造りの茶室です。
夕佳亭は小高い位置にあり、夕暮れ時にここから眺める金閣(舎利殿)が夕日に映えて
殊の外美しいことから、夕日に佳い茶室夕佳亭と名付けられたそうです。
CIMG6993.jpg

「龍門の滝」は、鯉が登りきると龍に化するといわれるものだそうです。
CIMG6980.jpg
庭園は、他にも私たちの目を楽しませてくれました。

次の予定地は「不思議不動院(大北山大宝寺不思議不動院)」です。
その途中「身代不動明王」という標識を見つけ細い道を入って行きました。
金閣寺は結構人も多く、やっとハイキングできる道を見つけたと思い…(笑)
CIMG7002.jpg

身代不動明王の祠は古かったけど…あまりよく分からず引き上げました(笑)
CIMG7003.jpg

やがて氷室道より外れて坂道を登るとお狐山山麓にある「不思議不動院」に…
CIMG7011.jpg

この霊域は金閣寺の西一帯から原谷、蓮華谷へと続く一帯を占めていて
「不思議 之谷の不思議さん」「不思議さん」と親しまれ、正式名称を
「大北山大宝寺 不思議不動院」と言うそうです。

又境内には色んな祠堂が建っていました。
CIMG7006.jpg

CIMG7032.jpg

不思議不動院は、今から60年から70年前に建てられた真言宗の寺院です。
初代住職がこの地にやって来た時、何もない原っぱだったこの場所に、難渋苦労をして
いる人たちを救済するためにお堂を建て、持参したお不動様をおまつりしたことが、
不思議不動院の始まりといわれています。

私達はかなり高い所まで上がって景色を楽しみました。
山ツツジが綺麗だったので…もう少し奥へ…(笑)
CIMG7025.jpg

綺麗な山の景色と空気に堪能した私達は来た道を下り…(Yさんも楽しそうでした)
金閣寺前迄戻りバスで京阪出町柳駅へ…
CIMG7029.jpg

平野神社はじめ今回のコースの桜は何処も満開でした。
時には桜吹雪の中を歩く事も…

今回参加者は3人でしたが、時には予定外の行動をしたり…(笑)
金閣寺の休憩所では、3人でソフトクリームを食べたり…

私は金閣寺以外は今回初めて足を運びました。

昨日はお天気にも恵まれ、春の京都衣笠周辺で桜と歴史ある神社仏閣を充分
楽しんだ約16000歩の散策でした。

管理人のGさん、そしてYさんお疲れ様でした。

確かに綺麗に輝いていたけど・・・

2014.04.09.17:12

昨日近くの友達に誘われて夜桜を楽しもうと、夕方6時前に家を出て大阪城へ…

いつものように一番、東南の森之宮の方から入りました。
仕事終わりだろうと思われる何人かの団体が夜桜の宴を楽しんでいる姿もありました。

私達は外周を回るようにゆっくり歩き、先日行った桃園をもう一度確認して(笑)西へ…

時間は6時半前でしたが、振り返るとOBPのビルにも明かりが点り綺麗でした。
CIMG6791.jpg

この辺りから観える天守閣にもライトが…
(大阪城では昭和30年代から夜間のライトアップが行われています)
CIMG6793.jpg

やがて7時前にもなると周りの景色も変わります。
CIMG6797.jpg

やがて私達は「大手門」から城内へ…(私はここから入るのは何年ぶりかな~)
すぐに夜桜を楽しむイベント「大阪城 夜桜イルミナージュ」の会場「西の丸庭園」
入り口に着きました。
CIMG6804.jpg

いつも私は大阪市民で65歳以上という事で無料なのですが、今回は入場料500円で
チケットを購入して会場内へ入りました(笑)

さすがにパッと雰囲気が変わり思わず「お~綺麗~」と。
CIMG6863.jpg

CIMG6817.jpg

CIMG6816.jpg

CIMG6867.jpg

天守閣も観えました。
CIMG6839.jpg

CIMG6852.jpg

でも今回、いつも天守閣が一番良く見える場所には、仕切りがあって行けませんでした。
聞けば、プレミアチケットを持っている人だけだそうです(笑)
結構広いスペースも、平日でもあってか、人は少なかったけど…

会場では、猿まわしや大道芸人によるショー等のイベントも行われていました。
CIMG6826.jpg

又「飲食ブース」では、お店も出ていたのて…
私達は温かい「白玉ぜんざい」を食べて、その後しばらくしてから会場を出ました。

折角なので天守閣の下を通り、帰る事に…(笑)
CIMG6872.jpg

昨年末にも西の丸庭園では「大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション」
というイベントがありました。

テレビなどでも映像は見る事が出来、スケールの大きさ等少しは興味があったけど…
年末年始という期間、寒い時期、チケットが平日でも1600円だった事等々で…
結局行きませんでした(笑)

お昼間の桜も良いけど…久しぶりに夜桜も良いかなという思いと、家から近いし
桜のライトアップと10万球のイルミネーションにも興味があり、今回行きました。
確かに綺麗な桜のライトアップやイルミネーションは充分楽しめました。

でも普段入れる場所を制限するなど、お商売の臭いも多少感じられる事もあり…
正直、何となくすっきりしないところも…

普段から何度も行き、自分の庭だと勝手に思っている私の偏見かも知れないけど…(笑)
しかし今まで、ちょっと気になっていたイベントを確認できて納得した部分もあります。

そして、確かに人工的に作られた華やかな美しさも良いけど…
でもやはり自然の美しさが好きだなぁ~と思った私です。


(今回私のカメラではどれも上手く撮れなかったので1枚拝借しました)
  次々に色が変わりとても綺麗でした。
1396509006_b.jpg










 



斑鳩の里をララ♪ハイキング

2014.04.06.16:55

昨日はサークル「ララ♪ハイキング」で斑鳩の里を散策してきました。

お天気が心配だったけど3時ごろまでは何とか持つという予報を信じて…(笑)
幹事さんから指定された電車に次々乗車して参加者8人が10時20分に法隆寺駅へ。
CIMG6689.jpg

今回のコースは法隆寺駅~吉田寺~三室山~竜田川公園~龍田神社~
斑鳩文化財活用センター~藤の木古墳~法隆寺の予定でした。

私は法隆寺には、何度かお参りしていましたが、今回のコースは初めてでした。
CIMG6694.jpg

いにしえの街並み条里制が残っている田園地帯を気持ち良く歩いて…
まず最初の目的地「吉田寺(きちでんじ)」に到着。
CIMG6692.jpg

吉田寺は別名「ぽっくり寺」の名で親しまれ、私も以前から一度お参りしたいと
思っていました(笑)
CIMG6696.jpg

本尊の阿弥陀如来像と、境内にある承応元年(1652年)建立の多宝塔が
重要文化財に指定されているという事です。
CIMG6699.jpg

CIMG6702.jpg

しっかりお参りして(特に私)次は「花小路せせらぎの道」を竜田川公園を通り
三室山へ向かいました。川沿いの桜が見事でした。
CIMG6710.jpg

CIMG6716.jpg

見晴らしの良い場所で昼食をと…でも良い場所には、すでに人がいました(笑)
CIMG6717.jpg

場所を決めて、早速みんなでお弁当を広げました。
2人の人がコンロでお湯を沸かして下さり、温かいお味噌汁やコーヒーを…
他にも色んなデザート等も…みんなで、どれも美味しく頂きました。

お腹いっぱいになって…暫らくカメラの事忘れてました(笑)
CIMG6718.jpg

標高82mの三室山の「みむろ」は「御室」「三室」と書き、神の鎮座する山や森を
表するということです。

又 麓を流れる竜田川沿いと山の半分を覆う約300本の桜は見応えがありました。
CIMG6724.jpg

その後、私たちは総延長約2kmあるとされている竜田公園の川沿いを歩き
龍田神社を目指しました。
CIMG6729.jpg

CIMG6741.jpg

やがて「龍田神社」に到着。
この龍田神社は聖徳太子が竜田明神(法隆寺の守護神)から、法隆寺を建立する地を
示してもらったお礼に建立した鎮守社だという事です。
CIMG6745.jpg

CIMG6746.jpg

境内には、県指定 天然記念物とされている「ソテツの 巨樹」がありました。
CIMG6751.jpg

つぎは「斑鳩文化財活用センター」へ…
CIMG6758.jpg

外には朱塗りの石棺模型が展示されていました。
CIMG6756.jpg

展示室の、展示ケースの中には、藤ノ木古墳の主な出土品のレプリカ(馬具類・刀剣類・装身具類・土器類)が展示され、職員の説明も受ける事ができました。

展示室には、実物大の凝灰岩製の石棺レプリカもありました。

又映像ホールでは藤ノ木古墳や斑鳩の歴史や文化について映像で見る事が出来ました。

そして、その後実際「藤ノ木古墳」へ…
CIMG6761.jpg

現在は、地名を「藤ノ木古墳」と古墳名にしているが、かつては
「陵山」(みささぎやま)と呼んでいたとか…

斑鳩に関する歴史を、チョッピリ学習した私達は、西里の古い町並みを歩き…
気がつけばこの頃には青空も見る事が出来ました。
CIMG6763.jpg

やがて法隆寺へ…今回は時間の都合もあり拝観はしませんでした。

でも、この日の斑鳩散策の最後に、別名を斑鳩寺という法隆寺の雰囲気を味い
ハイキングを終える事ができました。
CIMG6769.jpg

CIMG6770.jpg

CIMG6773.jpg

CIMG6779.jpg

やがて法隆寺駅近くで、いつものようにコーヒータイムを取り、
今後の予定等を話し合いました。

今回、古い雰囲気が残っている斑鳩の里で見事な満開の桜を観ながら幹事さんの
案内で中味の濃い、素敵なコースをハイキングする事が出来ました。

又、昼食時には皆の好意いっぱいの差し入れなどでお腹もいっぱいになりました(笑)

お天気も午後~3時頃には雨も覚悟し、各自雨具も持参していましたが…
時々薄日も差し、最初はみんなで空を見上げ「せめてお弁当食べ終わるまでは…」や
「天気予報では夕方から…」等と天気を気にする会話もいつの間にか忘れていました。

少し雨が降り出したのは、私が家に着く寸前でした。

予定通り歩いた今回のコースは約8kだったという事ですが、私はつい綺麗な桜に
見惚れて何度も駈け寄ったり…
家から約1kあるJRの駅まで往復歩いたので、歩数計は25000歩を超えていました(笑)

お世話してくださった幹事さん、参加された皆様ありがとうございまいた。
そしてお疲れ様でした。



さくら・サクラ・桜…

2014.04.03.17:33

数日前、友達から電話がありました。
「家の近くの桜が咲き始めたので来ない~大阪城も良いけどこっちも良いよ~」と
私は早速、彼女の言葉に甘えて昨日行ってきました(笑)

電話で電車の時間を連絡していたので、彼女は駅まで迎えに来てくれていました。
家に向かう途中、折角なのでと言うことで、遠回りしながらも桜が観える道を…
いつもなら15分位で家に着くのですが、昨日は30分ぐらいかかりました(笑)
CIMG6627.jpg

晴天の下結構坂道を歩いたので、彼女の家に着くなり冷たい飲み物を頂きました。

そして、「昨日急に用事で出かけたので何も出来なくて…ごめんねぇ~」と彼女。
「今日はご馳走食べにきたのではないよ~桜を観にきただけだよ~」と私。

確かに、今まで何度か訪問した時は手料理を頂きました(笑)

「きっと、そう言ってくれると思ってお弁当買ってきたので外で食べよう~」「賛成~」
と言うなり2人で飲み物や敷物を持って家から1分位の見晴らしの良い場所へ。

目の前には、こんな景色を観ながら…
未だ値段の付いてるお弁当を2人で食べました。
CIMG6577.jpg

満開の桜に囲まれ、とても良い気分でした。
1時間以上かけてゆっくりお弁当を頂いた後、再度家に戻りデザートとコーヒーを
頂きながら…しばらくお喋りタイムを…(笑)

その後、案内したい場所が有ると言う彼女の言葉に私も同意、早速行動を…
東側の山のすそ野の方へ歩きました。

山道に入ると又先程とは違う桜を観ることが出来ました。
CIMG6592.jpg

しばらくすると本道から外れ、横道を彼女は下り出しました。
CIMG6601.jpg

5分位歩くと360度桜の木が…それも凄く長身の桜です。
「うわぁ~凄い~」と見上げる私に、「ここは大好きな場所で何かあったら来るの」と
彼女は言いました。

そして、暫らくしてから「ここへ着たらどんな季節でも何故か気持ちが落ち着くの」と…
一瞬戸惑った私は「よく来るの?」と聞くと「以前はね~、今日は久しぶり~」と。
やはり誰でも長く生きていると、色んなことがあるし、彼女が大変だった時期も知っている
私は「何となく落ち着く雰囲気だね~」と言いながら高い桜を暫らく眺めました。

確かに落ち着ける雰囲気は解るけど、私には正直ちょっと複雑な気持ちも…
でも彼女はとても良い表情をしていたので何となく安心しました。

大きな石が在ったので2人で5分ぐらい座り、その後立ち上がった彼女が今度は
「次は華やかな桜の園へ行こう」と…又歩きだしました(笑)

30分位で深北緑地公園へ着きました。私は初めて来た公園でした。

深北緑地公園は大阪府営の公園で面積約30.6haと、とても広く子供が遊ぶ広場や
スポーツ施設、そして春には約28種300本近い桜が咲き競う桜の園等があるという事。
CIMG6638.jpg

園内の満開の桜と雪柳のコラボも見事でした。
CIMG6653.jpg

時間は夕方4時過ぎでしたが、5時で閉鎖のバーベキュー広場等には未だかなりの人が…

もう少し早い時間に来れば良かったかな?と2人で呟きながら公園を後にしました(笑)
駅まで歩く途中にも未だ桜は続いていました。

昨日は天気も満開の桜も最高でした。
彼女の家の周辺から始まり、地元の人でないと行けない場所、彼女の大切な空間も…
最後はまさしく「桜の園」でこれでもかという位、彼女の案内で桜を堪能することが
出来ました。

たぶん、今まで一日で観た桜の数は一番多かったのではないでしょうか?(笑)
何度も「うわぁ~綺麗~」と声がでました。

そして昨日の彼女の告白?や、お互いの本音に「歳」かな?と思いながらも…(笑)
「桜三昧の善い一日」だったと思った私です

みんな春の陽気に誘われて・・・

2014.04.01.16:50

先週の土曜日のモーニングで、いつものメンバー5人の内の誰かが、
この日が最終回だったNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の話題で
「悠太郎さん帰ってきて良かったねぇ~」から話は始まり
「阪神折角先取点取ったのに、大負けしてしまい…」
「やっぱり今年も巨人強くて、阪神は弱いよね~」

話題は次々に変わり「来週は、いよいよ桜が咲くねぇ~」と(笑)
すると一人が「桜はもう少しだけど、今は桃が綺麗に咲いてるよ~」
「行ってきたの」「そう先日主人と散歩で…」他の2人も「私も行ってきたよ~」と。

私達みんなが、お互い自分の庭だと思っている大阪城公園の話です(笑)

先週は大掃除を頑張っていた私は、ちょっと取り残された感じが…(笑)
土曜日は朝から曇っていたし、夕方からと翌日の日曜日は雨の予報でした。

私は月曜か火曜日に行こうと心に決めてモーニングから帰ってきました。

家で用事を片付けて一息ついた頃、青空が出てきて時間は1時前です。
私は思わず「今から行こう」と決めて自転車に乗っていました(笑)

自転車置き場から、私は桃園へ直行しました。
9m7CRrJfHcd_5K81396090611_1396090657.jpg

園内に入ると紅、白、桃色の可愛らしい花が咲いてました。
CIMG6527.jpg

CIMG6528.jpg

「源平」が青空にとても映えていました。
CIMG6448.jpg

CIMG6495.jpg

「矢口」は一番多かったと思います。
CIMG6482.jpg

CIMG6509.jpg

「枝垂源平」
CIMG6529.jpg

CIMG6502.jpg

「羽衣枝垂れ」
CIMG6492.jpg

園内には色んな見物客で賑わってました。
CIMG6506.jpg

「照手(紅 白)」
CIMG6525.jpg

CIMG6481.jpg

大阪城公園の桃園は、梅林程には知られていません。
場所は外濠の外側の銀杏並木北側で、大阪城ホール北西の細長い敷地です。

開園は1999年3月、4400㎡の園内に12品種200本を超える桃の木を有し
桃園からは、城の天守閣は木の陰で見えませんが、大阪ビジネスパーク(OBP)の
高層ビルとの都会的な雰囲気も不思議と合っていると思うのですが…
CIMG6498.jpg

CIMG6485.jpg

桃園を堪能した私は川沿いを歩きました。
この辺りは雪柳や桜もかなり咲いてました。
CIMG6539.jpg

大阪城公園~中之島周辺の名所を、約1時間ゆったりと循環遊覧する
「アクアライナー」にはたくさんの人がクルーズを楽しんでいました。
CIMG6443.jpg

こんな風景も…船上からみんな手を振っていたので、私も応えました(笑)
CIMG6540.jpg

お城や内濠・外濠周辺の桜は未だったけど、所々満開に近い桜の木の下では、
すでに何人かのグループが上着も脱いで楽しそうにお花見をしていました。
CIMG6487.jpg

CIMG6548.jpg

CIMG6549.jpg

あまりにもの陽気に、こんな可愛い光景も…(笑)
CIMG6552.jpg

約2~3時間程の散策でしたが、日陰を探して歩くほど良いお天気でした。
春の陽気と共に公園内はうっすらピンク色に染まりつつありました。

桃の花も早咲きは終わり、遅咲きは満開というまでには行かなかったけど、雪柳や
早咲きの桜等、この時期の花でしっかり季節を感じて楽しむ事ができました。

特に桃は梅と桜の時期に挟まれチョット影が薄いかな?と思われがちかも…
未だ暫らくは「桃園」では綺麗な花を咲かせていると思われます。

私、昨年も確か桜の花見と一緒に、桃を楽しんだと記憶しています。
皆様も今週の桜のお花見のついでに、ぜひ桃園にも足を運んでほしいと思います。
(特に、桃園から頼まれたのではありませんが…(笑))

予想通り日曜日は雨、昨日は急に用事が出来、やはり土曜日に行って正解だったと
思うと同時に、今年も3月から梅~桃~と楽しみ、そしてまもなく大阪城公園や、
色んな場所に満開の桜が観える事を、今から楽しみにしている欲張りな私です(笑)




プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR