親切に感謝です。

2014.05.26.16:45

私を含め誰もが人様に親切にされた事は何度もあると思います。

先日、地下鉄を降りて改札へ向かっていると、私の後から人が追いかけてきて
「忘れ物ですよ~」と声をかけてくれました。
私、買い物した紙袋を忘れ下車したようです(笑)

ちょうど同じ駅で降りた人が気付き、私を追いかけて下さったそうです。
親切な人に丁寧にお礼を言ってから、自分のうっかりを猛反省…(笑)

又10日位前にも、とても親切な人に会いました。
2人でハイキングの帰り清荒神の駅前の喫茶店へ入りました。
暑かったし山道含めての8キロを歩き終え、友達と何とか喫茶店を見つけ
2人ともアイスコーヒーをお願いし、30分ぐらい休憩後、徒歩で数分の駅へ…

ホームに電車が入ってきているのが見えました。
走れば最後部に乗ることも出来たけど、10分も待てば次の電車が来ることも
分かっていたし急ぐ事もないので見えた電車は見送り、次の電車に乗ることに(笑)

前方に乗る方が梅田に着いた時都合が良いと考え、進行方向のかなり前のベンチに
座り電車を待ちながら2人で喋っていました。
するとホームの向こうの方から走ってくる女性が手に何かを持って、
「忘れ物~」と私達を呼んでます。

その瞬間友達が「あっ私の眼鏡~」と・・・(笑)
2人ともビックリして立ち上がり「スミマセン、ありがとうございます」と・・・
でも眼鏡を手渡すとその女性は「良かった~」と言いながら走り去りました。

私達は、その後姿に最敬礼しながらも、2人で顔を見合わせました。
そして状況をやっとしっかり把握する事ができました(笑)

わざわざ駅の改札を通り、ホームまで私たちを追いかけて下さったのです。
多分、駅の人に事情を話してホームに入ってくださったのでしょう。
そしてお店があるので、即引き返されたのでしょう。

お店は駅から20~30メートル位かな?
元々は市場だったようですが殆んどの店のシャッターは閉まり、その喫茶店を含め
何軒かだけが営業していました。

又喫茶店と言っても店の前にはお花なども少し並べていました。
コーヒーも420円で味もごく普通でした。
お店の人は私たちと同年齢と思われる追いかけてくれた彼女1人だったと思います。

店内も10数席で、お店の名前も思い出せません。
ネットで調べたのですが・・・分かりません。
でも私たちとすれ違いでお客さんも入ってきていました。

忘れ物をした当の本人はメガネを手にして何度も「ホント良かったわ~」と
「度付サングラス」で最近買ったものでそれなりの値段もした物だと・・・

そして友達は「もし家に帰って気づいたら、必ず喫茶店まで引き返したでしょう」と…
大切な眼鏡が無事戻り、改めて追いかけて下さった事に感謝していました。

2人ともその時は一瞬のことに驚き、ただ「良かった!」と喜んだのですが・・・
電車内で落ち着いて考えると本当に彼女の親切な行動に感動しました。

そして、急いで先の電車に乗らなかった幸運にも感謝しました(笑)

お店の名前は覚えてないけど、場所はしっかり覚えています。
「今度あの辺りに行けば絶対あの喫茶店行くわぁ~」と彼女。
「勿論私も誰と行っても、あのお店でお茶するわぁ~」と言いました(笑)

そして今回の2つの親切に、心から感謝すると同時に、これからは忘れ物には
本当に気をつけようと思った私です。

    
DSC02007.jpg




スポンサーサイト

突然デート?に誘われて…♪

2014.05.22.17:05

日曜日の朝、電話が鳴り「もし今日何も予定無かったら僕とデートしない?」と…(笑)
相手は30年以上前からお世話になってる歯科医院の医院長先生からです。

「特に予定は無いけど…何処へ?」と私が聞くと
「東大阪方面で行われてる患者さんの画展へ」・・・と。

突然の事にチョット躊躇っている私に、先生は
「案内状を見ると、会場も庭付きのお屋敷だし散歩を兼て一緒に観に行こうよ~」と。
CIMG7706.jpg

先生とは古いお付き合いだし、同世代という事もあり、最近では時々世間話や
お互いの趣味なども話す仲で、時々冗談なども・・・(笑)
近所という事もあり奥様とも時々スーパーなどで会います。

午後1時の待ち合わせ、運動不足でもあるしチョット歩こうと言う先生の言葉で
地下鉄2駅分を歩きました。私は日傘をさして2人肩を並べて…(笑)

歩く途中、韓国の船沈没事故や中国との関係等先生の意見を交えて色んな話をし…
やがて近鉄電車に乗り、会場がある吉田駅へ・・・

駅から5分位歩くと、それらしき藁葺きの屋根が見えました。
CIMG7702.jpg

CIMG7703.jpg

周りを半周すると入り口が見えました。会場の「美杜里乃屋」です。
CIMG7701.jpg

受付を済ませ中へ…結構人で賑わっていました。
CIMG7660.jpg

CIMG7651.jpg

室内には静かな雰囲気の中、春から夏の花の絵が展示されていました。
桜、カキツバタ、時計草、睡蓮、牡丹…などが描かれてました。
ただ普通の部屋なので写真では、作品にも電灯が写ります(笑)
CIMG7650.jpg

CIMG7644.jpg

CIMG7647.jpg

廊下に展示された「テッセン」の画はとても良い雰囲気でした。
CIMG7654.jpg

絵を観終わった私達は庭に回り、屋敷林散策路へ・・・
CIMG7663.jpg

CIMG7669.jpg

CIMG7696.jpg

竹林を通り抜けると、モミジ、ハナモモ、アンズ、サクラ、ヤブツバキなどの木を観る事ができました。
CIMG7679.jpg

CIMG7685.jpg

CIMG7695.jpg

日本の良さが凝縮した屋敷と屋敷林で日本画と落ち着いた庭を鑑賞し、夕方4時前頃
会場を後にしてゆっくり駅へ向かう途中、先生が一軒のお好み焼き屋さんをみつけ
「チョット夕食には早いけど、折角なので食べようよ」と誘ってくれました。

2人でお好み焼き1枚ずつと焼きそばを1人前、そして生ビールも注文して…(笑)
先生とこんな時間を持ったのは、初めてです。

お好み焼き等を食べながら色んな話をしました。
長年、歯科医として頑張ってきたけど、今後は古い患者さん達と「医者と患者」として
ではなく、古くからの知人として付き合って行きたいと思っていると語っていました。

4月にも、一度「明日の日曜日、数人でハイキング行くけど一緒にどう?」と電話で
誘われたのですが、残念ながら私は予定が入っていて断りました(笑)

今回も画を出品した御本人は、体調が悪く不在でしたが、奥様や2人の息子さんたちと
先生は和やかに会話されていました。
奥様も近々大阪市立美術館で作品展をされるそうです。

聞けば、先生は今までにも色んな会場へ何度か足を運んでるとの事でした。
又違う患者さんともすでに、ゴルフや飲み会にも行っているとか・・・

現在は息子さんが歯科医を継ぎ、先生は私を含め、古い患者さんを中心に診ています。
息子さんに期待はしているが、未だ完全に引退は出来ないと言っていました(笑)

先生は数年前から、これからは皆と同世代の仲間として交流したいと言っていました。
でも正直こんなに色んな人と、すでに交流を実行してるとは私は思っていませんでした。
以前は休日はお医者さん仲間とゴルフ等に行く事が多かったと思うけど…(笑)

そして最後別れ際には、私がよく歩いて事を知っているので・・・
今度は4~5人でハイキングに行こうね~と(笑)
勿論未だ先生も何かと忙しいので、何時になるか分かりません(笑)

以前から先生は「いつかデートに誘うからね~」と冗談半分に言っていました。
私は、まさか本当に誘われるとは思っていませんでしたが…(笑)

でも日曜日の半日を、落ち着いた日本画と庭の散策で目の保養が出来
その後は楽しい食事の時間を過ごし、アルコールは弱いのに少しおビールも頂き・・・
正真正銘のデート?だったのではと思い帰ってきた私です(笑)



珍しい花にも会えました。

2014.05.19.17:03

先週、月に一度2人でハイキングしている友達と中山寺~清荒神へ行ってきました。

中山寺や清荒神には何度かお参りをかねて周辺を歩いています。
でも今回のコース(8キロ)は2人とも初めてでした。

コピーした地図を持って中山観音駅(2013年12月21日に旧駅名の中山駅から改称)へ
駅からすぐの中山寺(安産の寺として有名)に…境内の中を通ります。
CIMG7526.jpg

境内に入ると紅白の「カルミア(別名アメリカシャクナゲ)」が綺麗に咲いていました。
カルミアは最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつくという事です。
又蕾は「金平糖」のような形をしています。
CIMG7530.jpg

CIMG7527.jpg

境内を抜けるとハイキングコースに入ります。
CIMG7537.jpg

CIMG7538.jpg

まずは「夫婦岩展望所」を目指します。
CIMG7542.jpg

道はチョット険しいけど、所々には山ツツジも観る事が出来ました。
CIMG7543.jpg

CIMG7544.jpg

やがて展望台に…かなり上がってきたので、チョット休憩。
CIMG7547.jpg

夫婦岩も観えました。
CIMG7551.jpg

次は奥ノ院を目指しました。
CIMG7550.jpg

景色を楽しみながら気持ちよく歩きました。
CIMG7552.jpg

CIMG7554.jpg

奥ノ院が近づくと急に道が険しくなりました。
CIMG7555.jpg

CIMG7558.jpg

やっと奥ノ院に到着するも工事中でした(笑)
CIMG7563.jpg

次は昼食の予定地にしてた「やすらぎ広場」に…
急な下りを降りると、途中にはツツジが綺麗に道路の端に並んでいました。
CIMG7565.jpg

CIMG7568.jpg

やがて、やすらぎ広場に着くと何人かの人たちがお弁当を広げていました。
CIMG7577.jpg

私たちもお弁当を食べた後、向こうに見える黄色い物が気になり近づきました。
CIMG7584.jpg

CIMG7587.jpg

CIMG7581.jpg

黄色くて光沢のあるとても可愛い花です。
「え~なんていう花かな?」と言う私に普段から花の名前に詳しい彼女は
「多分、金鳳花(キンポウゲ)だと思うけど…」と答えました。

家に帰り調べるとやはり正解でした。
別名「ウマノアシガタ」とも呼ばれ全国に自生する野草で日当たりのよい野原や
土手に咲くということです。

春に花が咲き、種子を 残し徐々に繁殖範囲は増えていくので、一つ一つの花は
小さいのですが、群生すると非常にキレイだと…

その後、清荒神へ出る道を探し歩き、やっと標識を見つけました(笑)
CIMG7594.jpg

CIMG7599.jpg

かなりキツイ下りです。人一人通るのがやっとです。
それでも時々空を見上げると、とても気持ち良かったです。
CIMG7601.jpg

CIMG7604.jpg

後2k強の所まできましたが、まだ道は険しいです(笑)
CIMG7603.jpg

CIMG7607.jpg

CIMG7623.jpg

CIMG7624.jpg

でもやっと眼下に町並みが、見えてきました。
CIMG7608.jpg

CIMG7609.jpg

CIMG7616.jpg

後少しです。
CIMG7617.jpg

やがて何度か見た事がある清荒神の駐車場が見えてきました。
私はいつもこの辺りから下ってくるハイカーを見て一度歩いてみたいと思っていました。
CIMG7630.jpg

その後参道を通り、駅前の喫茶店でコーヒーを飲み阪急清荒神駅から
電車に乗り帰って来ました。

今回は自分が思っていたコースとチョット違って、険しい道もかなりあったけど…
綺麗な新緑の中、いろんな色の花や珍しい花も観ることが出来ました。

特にやすらぎ広場で見かけた「キンポウゲ」はこんな機会でないと会えない花では
ないかと思い帰ってきた私です。

ちなみに歩数計は17500歩でした。
でも自分では,もっと歩いた気がしたのですが…(笑)


初めて見ました!

2014.05.15.16:48

先週、地域のある会でA新聞社大阪工場の見学に行きました。
CIMG7420.jpg

この工場ではA新聞の朝・夕刊をはじめNスポーツなどの協力各新聞を大阪市、
大阪府北部、奈良県、鳥取県などの地域へ向けて印刷・発送をしています。
CIMG7421.jpg

参加者25名で新聞が刷り上って、工場を発つまでの工程を見学する事が出来ました。

3階に上がり、読者ホール前でまず見学前の記念撮影を…
慎重に色々位置などを指示され、最後に「はいピース」とシャッターが押されました(笑)

撮影後は、読者ホールで見学予定コースを説明され
その後新聞ができるまでのDVDを鑑賞。

その後、2班に別れ印刷現場へ…(残念ながら撮影は禁止です)

1日2回、夕刊の製作時間帯にあわせて見学が出来ました。
私達は、この日2回目の午後1時55分から刷られて、その日の夕刊として
一般家庭に届くという過程のものを見学しました。

まず、真っ白な紙が瞬く間に新聞記事で埋まっていく様は圧巻でした。
そして、刷りたての新聞が頭上のベルトコンベアで、すごい速度で運ばれる様子を
見学デッキで、輪転機のうなり声やインクの匂いを体験しその迫力を実感しました。

目の前で走る新聞用紙があっという間に束になり私達の頭の上に流れてきました。


次は2階で印刷現場の中を歩き、紙面印刷をする印刷部と刷り上った新聞を梱包
するところを見学しました。

続いて1階で新聞になる紙「巻取紙」を取り付けるロボットAGVや、梱包された
新聞がコンベヤーで運ばれトラックに積み込まれる様子も見学しました。

他にも新聞印刷のやり方やカラー印刷の仕組みなどの説明を聞きました。
又オフセット印刷に使う「刷版」なども見せてもらいました。
そして昔と現代の違いなども…

見学を終えた後、再度読者ホールへ戻りビデオで記者が取材する時の苦労や
思いを見せていただきました。

そしてお土産には最初に撮った全員のピースサイン入り集合写真が大きくトップに
入った、その日付の「見学記念版」の新聞を頂きました。

さすがに色々指示されただけあって、みんな笑顔で綺麗に写っていました(笑)

他にも刷り上ったその日の夕刊やスポーツ新聞、ボールペンなどもお土産に頂きました。

約1時間半の見学時間はあっという間でした。
見学中、最新のさまざまな機械たちが すごいスピードで新聞が印刷されていく様子に
「わぁ~早い~」と声を上げたり、現在の印刷技術の説明にみんな「すごい~」と…
何度も驚きました。

初めて目の前で、凄いスピードでA新聞が印刷される様を見てビックリしました。

特に、一度に40ページの印刷が出来て、そのうち16ページのカラー印刷が出来
その上20ページの夕刊では1時間に16万部も印刷。
そして印刷されたら、自動的に折りだし、重ね合わせカットし最後は新聞の形に
なって出てくるという「高速オフセット輪転機」には感動しました。

今回の見学は本当に興味深く楽しい時間の連続でした。
ただ最後に我家はA新聞ではなく、30年以上M新聞を取っている事にちょっと
心が痛んだ私です(笑)


ハイキング♪+作品展鑑賞♪

2014.05.12.16:58

昨日はサークル「ララ♪ハイキング」の5月オフ会でした。
今回は、孝恩寺(国宝釘無堂)~水間寺~水間公園~熊取町中家住宅~
煉瓦館で作品展鑑賞というコースでした。

又今回「オープン参加」という事でサークル以外の人も参加してもらいました。

参加者11名が南海の貝塚駅に集合。

貝塚駅から水間寺まで、わずか10駅5、5キロを結ぶ水間鉄道で水間観音駅へ
CIMG7432.jpg

まず「孝恩寺(こうおんじ)」(国宝釘無堂)」を目指しました。
CIMG7444.jpg

「孝恩寺」は釘を1本も使わずに建てられた観音堂は「釘無堂」とも呼ばれ、
鎌倉密教様式の貴重な例として国宝指定とされています。
豊臣秀吉の紀州攻めでほかの堂は焼かれたが、この観音堂だけが 残ったということ。
CIMG7449.jpg

境内の一角には孝恩寺石像五輪塔(府指定文化財)などもありました。
CIMG7455.jpg

CIMG7456.jpg

次は水間寺(通称 水間観音)へ…
厄除け観音「みずまの観音さん」として有名。
天平年間(729~749年)聖武天皇勅願により行基が建立、
本堂は文化8年(1811年)に再建されたもの。
CIMG7462.jpg

大阪府内で唯一の三重塔は総欅作りで、初重の部分には鮮やかな十二支が刻まれている。
CIMG7460.jpg

やがて私達は裏手にある「水間公園」へ
CIMG7467.jpg

とても新緑が綺麗な中、かなりの階段を上がりました。
CIMG7468.jpg

水間公園は昭和51年にオープンした5.4ヘクタールの広大な公園です。
園内にはコジイ・アラカシの林が広がっており、アベマキ・コナラ・クスノキ等も
植えられています。又春には360本のソメイヨシノが美しく咲き誇ると言う事です。
CIMG7474.jpg

私達は、ちょうど良い場所を見つけて昼食と休憩を…
CIMG7473.jpg

昼食後は今回の世話役のHさんからくじ引きを…と言われ皆喜んで参加しました
私のくじには「2等」と書かれていました(笑)

各自に当たった賞品を頂きました。
CIMG7472.jpg
ちなみに「3本あるのが1等」で「1本写っているのが2等」です。
勿論どちらもHさん手作りの「ラベンダーのハーブ水」です。

そして、なぜか素敵なポーチがハズレでした(笑)
Hさんの心遣いに皆大喜びでした。

約1時間休憩して公園を後にして、約4、5キロ歩き今度は「中家住宅」へ…
CIMG7476.jpg

「中家住宅(なかけじゅうたく)」
泉南地域の由緒ある旧家である中家には、平安時代、後白河法皇が熊野行幸の際に
立ち寄ったとされています。
唐門は、御車寄せの御門を建ててお迎えしたことに由来して建てられたと言うことです。
CIMG7486.jpg

江戸時代初期に建てられたと考えられている住宅のうち、現存するのは
主屋・表門、唐門のみですが、大きな客室や長屋門などがあったのが
古図からうかがえます。
昭和39年(1964)には、国の重要文化財に指定されました。

私達は住宅内へ
CIMG7496.jpg

CIMG7489.jpg

隅々まで興味深く見ようと、こんな事をする人も…(笑) 写真掲載は了解済み
CIMG7495.jpg

次は隣りにある最後の予定地「煉瓦館」へ。
CIMG7503.jpg

煉瓦壁に囲まれレトロな雰囲気な中「アート展」が開催されていて
今回お世話をしてくださったHさんの作品も展示されていました。

私は入り口から順番にゆっくり作品を鑑賞させていただきました。
どれも力作でした。中でも私が一番良い風景だなあ~と思った作品です。
CIMG7517_convert_20140512091900.jpg

まもなく「あれっ観た事ある~」と思った2つの作品が…(笑)
Hさんの画でした。

サークルで2月に行った新神戸のハーブ園の散策後、神戸市役所24階展望ロビー
より南側ポートアイランドを望む絶景を描いた作品です。
約2ヶ月かけたということでした。
lUoKtoc19F_xJPm1399813388_1399813482_convert_20140511220658.jpg

そしてもう1つは「ミュシャの四季・春」
CIMG7508.jpg

2作品ともブログやギャラリーで以前に拝見しています。
でも、やはり実際に観ると迫力が違います。

Hさんの真剣に描かれた気持ちも伝わりました。

その後、会場内の落ち着いた喫茶店で賑やかに和やかにティータイムをしました(笑)
そしてティータイム後に10分位歩いたJR熊取駅で解散。
各自の方向の電車で帰途に着きました。

昨日はお天気にも恵まれ、国宝や重要文化財財、そして作品展を愛で
途中綺麗な新緑やツツジ等にも癒され、とても充実した一日でした。

そして今回は特別ゲストとして4名の人が参加されまいた。
又1人の方も、サークルに最近入会したばかりで初参加でしたが、彼やゲストの
4名も含め参加者11名がとても和やかムードだったと私には見えました。

今回お世話して下さった管理人さん、Hさん、そして参加された皆様お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。

可愛い~嬉しい~便利~

2014.05.09.17:15

先週お嫁ちゃんからメールがありました。

メールには、いつものように元気ですか?から始まり、孫の近況を詳しく書いた後
「いつもは、お花等が多かったけど今年の母の日は、先日雑貨屋さんで見つけた
「便利そう~面白~可愛い~と思ったキッチングッズ詰め合わせ」
にしてみました♪ 使ってみてくださいね~」とありました!

そして、ゆうパックで送りましたと…
私は「いつもありがとう~楽しみにしてるねぇ~」と返信。

早速その翌日届きました。
CIMG7389.jpg

私は、どんなものか気になり、すぐに開封しました(笑)
うわあ~確かに可愛い~と…(笑)
CIMG7391.jpg

「ののじサラダおろし」    
 早速、色んな野菜を何でもスライスしています。
 サラダの太さや食感を変えて楽しんでます。
 軽量で手にしっくりきます。

「ひつじの鍋敷き」      
 シリコンゴム製で熱に強くすべりにくい。
 ひっくり返すことで2つの大きさになります。
 私は時々ひっくり返し遊んでいます(笑)

「ラバーバンド」        
 開封済みの食品袋を簡単に可愛く保存できます。
 裏にマグネットが付いているので使用しない時は冷蔵庫の側面等に収納。
 でも3色の花が揃う時は殆んどありません(笑)

「ちょうちょの皿つまみ」    
 電子レンジで熱くなった食器を取り出す。
 磁石付きなので普段はレンジの壁面にくっつけています。 
 レンジには、いつもピンクの蝶がとまっています(笑)

「お弁当洗いブラシ」      
 タッパー等の蓋の溝や隅の細かな部分を洗えます。
 スタンディングでもフック掛け両方OK
 私は、顔の部分を必ず見えるようにおいてます(笑)

今では一応一通り使いました。
特に、サラダおろしは、すでに何度も使っています。


孫が来月で15歳になるので、お嫁ちゃんと母娘になって17年ぐらい経ちます。
毎年母の日には嬉しいプレゼントをもらっています。

やはり最初はカーネイションのお花でした。
花束だったり、ブーケだったり、植木鉢の時もありました。

又私が勤めている時は「事務所の皆さんで食べてね~」とチョット高価なお菓子
の詰め合わせなどを贈ってくれた時もありました。

毎年、姑に母の日の贈り物を考えるのは大変だと思います。
私にも何年か前まで経験あります。

娘は今は一緒に生活してるので、私の今必要な物は分かるし、こちらからも
希望も言えるので、現実的なものが多いです(笑)

お嫁ちゃんは、今年もきっと懸命に考えてくれたのだと思います。
今回の明るいアイデアは、やはり素直に嬉しいです。
それに毎日使うものだし…

いろんな便利グッズがある事は、私も知っていました。
でも自分では、こんな可愛い物は、きっと選びません(笑)
おかげで、今我が家のキッチンには、カラフルな羊や花や蝶がいます(笑)

そして、台所で何となく見る度に、クスッと笑ってしまう私です。


又昨年母の日に贈られた「プリザーブドフラワー」は今でも私を癒してくれています。
DSC03654.jpg


介護責任は・・・

2014.05.07.17:11

先日買い物に行く途中信号待ちしている時、とても怖い光景を見ました。
かなり、交通量や人も多い場所です。

年齢は70才過ぎかなと思える男女でした。
私の反対側で女性が大声で「危ないでしょ!」と男性の腕を取りました。
男性の方が信号が赤なのに渡ろうとしたようです。

聞こえた周りの人はビックリして、一斉に2人を見ました。
信号が青になったので私は2人が立ち止まっているほうに渡りました。

2人の会話がはっきり聞こえました。夫婦のようです。
でもチョットもみ合ったり、異様な雰囲気だったし、大声で言い争う声も…
何人かの人が2人の周りを取り囲み見守っていました。

そのうち奥さんの方がチョット落ち着いてきたようでした。
「お父さん、ここは車が多いし危ないから家に帰りましょ!」と奥さん
「でも俺は○○のところへ行かんとあかんねん」とご主人。
「じゃ~△△ちゃんに連絡して車で連れてってもらいましょ」
「あ~そうやな~」とやっと落ち着いた様子でした。

奥さんは周りの人に「お騒がせしてスミマセン、主人は認知症なんで…」と言った後
ご主人の手をしっかり繋ぎその場を去りました。

20年近く前の母の姿と重なった事もあり、私は2人の後姿を見て思わず涙が出ました。

母も最初の頃は徘徊をし、運よく知り合いに見つけてもらい大事には至りませんでした。
何ヶ月後に、特別養護老人ホームにお世話になったので家族は助かったのですが…

ホームに入所できるまでは、私たち子供が交代で母を預かった事もあります。
24時間、目を離せない大変さも経験しています。

それともう一つ、先月愛知県で、認知症のご主人(当時91歳)が徘徊中に列車に
はねられ死亡した事故でJR東海道が、遺族である妻(91)と長男(63)に
振り替え輸送代等の賠償責任を請求(約720万)したという記事を読んだ事を
思い出しました。

結果、控訴審判決で一審の判決での長男に対しては請求を棄却したが
同居妻には約360万円を賠償するように命じたとの事です。

裁判長は同居の妻を民法の監督義務者として「賠償責任を免れない」と指摘。
ただJRに対してもホームのフェンス扉が施錠されていれば事故も防げたのでは
と言及し、賠償額は請求の半分になったようですが…

事故は2007年のことで7年前になります。
奥さんは84歳だった事に…完全な「老老介護」です。

私はこの記事を読んで咄嗟に「どうして?」と思いました。

「家の出入り口にセンサーを作動させるという安易な処置を取らなかった」と
いうのが今回の判決につながったという事です。

センサーを設置しなかった事や、事故でJRや乗客に迷惑を掛けたのは事実です。
でも、やはり家族の認知症を見ている私にはすっきり納得は出来ませんでした。

現在では高齢化の進展とともに、認知症の人数も増加していると聞きます。
これからも考えられる事故です。

それに認知症の人を特別養護老人ホーム等受け入れてもらえる施設は待機者が
多く、仕方なく家族が介護するというのが現実です。

信号前で見た光景と今回の判決に釈然としない思いと、改めて認知症患者と
それ以上に家族の大変さを感じました。

先日も、かなりの人が夫婦の行動を見て取り囲みながらも「単に同情する人」
そしてチョット残念だけど「好奇心で見ている人」様々でした。

そんな様子を見て私は決して同情や好奇心ではなく、なによりも認知症患者や
その家族を理解して欲しいと思いました。

そして、あの信号前の奥様が、今後少しでも心身共に休まる時間が持てることを
心から願った私です。


DSC04224.jpg




これからは長崎弁多いに使ってね~

2014.05.05.16:41

私が普段歩いている事を知っている友人が先月から何度か…
「連休の一日どこか少し歩けて、新緑の綺麗な所に付き合って…」と。

条件は、距離はそんなに長くなくて坂も少なく、ゆっくり歩ける所をと…(笑)
数箇所候補地を挙げた中で「箕面公園」をリクエストされました。

彼女とハイキングするのは初めてです。

簡単なお弁当を持って、10時に地下鉄駅で待ち合わせ…阪急梅田から箕面駅へ。
さすがの連休中とあってかなりの人でした。

箕面公園は晩秋になると、大阪きっての紅葉で有名な場所です。
勿論、紅葉も良いのですが、私はこの時期の若葉が気に入って以前にも訪れた事があります。

特に私はカエデの若葉が好きです。

彼女の娘さんと私の息子が同級生で、PTAの時は結構親しく付き合っていました。
暫らく遠のいていたんですが、数年前から時々会ったり、お茶や食事もしています。

新緑を楽しみながら歩く途中色んな話をしました。
そんな時思わず「綺麗し~よか~景色ねぇ~」と長崎言葉?もでて
DSC01379.jpg

彼女は「いやでしょ~いまだに九州の言葉が出て…」と言うので
私は「どうして?良いと思うよ~」と言うと彼女が、一気に話し出しました。

結婚して大阪へ来た当時、どうしても九州弁がでる自分が嫌で長崎に帰りたかったと…
又長女が初めて小学校へ上がった時「私の言葉、なんか、みんなと違う!」
「お母さんの言葉が可笑しいせいや~」と言われた時はとても辛かったと…

思わず笑ってしまった私に「そんなに笑わないで~その時は真剣だったんだから~」と。

彼女が言うには、さすがに今は「ばってん」や「○○ばい」は言わないが
「よかね~」や「このへんば」「○○かんね」と言う言葉は今でもとっさに出ると…(笑)

でも、大阪言葉でよく使われる「おーきに」長崎の一部の地域では使われていたとか。
それに「○○をしていて」を大阪弁では「○○をやっといて」と言ったり
「会ってきた」を私もよく言う「おうてきた」という言葉は長崎の一部ではあるとか。

しかし、よく似た言葉でもアクセントやイントネーションが違うとも…

やがて大滝に到着。
何年ぶりだという彼女は滝ギリギリまで近づき、私は思わず「危ない~」と
咄嗟に手を掴みました(笑)


そして彼女の要望で、滝を観ながらお弁当を食べました。

食事中も2人で大阪弁と長崎弁についての共通点や違いを言い合ったり…(笑)
彼女が長崎で英語の教師をしていた青春時代や、インドへ一人旅した時の話など…
大阪弁と長崎弁を交えて…(大笑)

帰り道の途中も何度か休憩しながら、色んな話も…

私より4歳年上の彼女は、4人の子供をしっかり育て上げ、5年前に主人を亡くした
後は、1人でお花がいっぱいある庭付きの大きな家で優雅に暮らしています。

そして普段から自分の意見や考えはしっかり言うのですが
とても、物静かな喋り方をします。

私は心の中で憧れていたのかも…

2人だけで、こんな長時間話したのは初めてでした。
でも彼女の話を聞きながら、方言を気にしないで喋ると、言いたいことが的確に
表現でき、感情表現も豊かで、聞いてる方も親しみが湧くのではと思いました。

私は彼女に「気軽に話せて今日はとても嬉しかったし、楽しかったよう~」と
言いました。

彼女も笑顔で「ホント楽しかった~色んな事話せたし、ありがとう~」
そして「又今度どこかに2人で行きたいね~付き合ってね~」と…

箕面の新緑の鮮やかな景色が、とてもすがすがしいく素直な気持ちになり…
2人の会話が弾んだのかも…

距離的にも5k弱の今回のコースは私にはハイキングと言うよりチョット長めの
楽しい散歩でした(笑)

でも彼女と今後は、もっと親しく良いお付き合いが出来ると思いました

そして彼女が今後も誰とでも遠慮しないで長崎弁を話して欲しいなあ~と思いました。

ただ、私は今回カメラを忘れてしまいました。
何度か行ってるから?つい先日山科で新緑を堪能したから?かな~??(笑)

今回の2枚は彼女のカメラから拝借しまいた。
(一応携帯では撮ったのですが…良いのはありませんでした(笑))

新緑の京都山科であそぼっ!

2014.05.02.16:58

昨日はサークル「京都であそぼっ!」の5月オフ会でした。
JR山科駅に5人が集合。

山科駅からは暫らく閑静な住宅街を歩き、まず「毘沙門堂」を目指しました。
すでに新緑も綺麗だし、この時期住宅の軒先には藤の花を観る事も出来ました。
CIMG7294.jpg

CIMG7296.jpg

やがて「毘沙門堂(びしゃもんどう)」に到着。
思わず口々に「うわぁ~新緑 綺麗~」と叫びました(笑)
CIMG7297.jpg

長~い階段を上がって仁王門から本堂へ…
CIMG7299.jpg

CIMG7300.jpg

CIMG7301.jpg

毘沙門堂は七福神の一人、毘沙門天を祀る天台宗延暦寺派の門跡寺院
で戦火で焼失し、現在の建物は1665年建築されたものだそうです。

私達は拝観料を払い、本堂へ上がり…
御成之間や九老之間襖絵、辰殿襖絵、そして天井龍などを拝観しました(撮影は禁止)

又晩翠園等の見事な庭園に酔いました。
CIMG7310.jpg

CIMG7313.jpg

CIMG7306.jpg

次はお隣の双林院(そうりんいん)「通称 山科聖天」へ…
山 門を入って正面の不動堂には、明治16年に比叡山無動寺より
勧請された不動明王が安置されているそうです。
CIMG7317.jpg

境内の奥にはお滝不動があり、一本の清らかな水が落ちています。
CIMG7322.jpg

毘沙門堂と山科聖天を充分堪能した私達は琵琶湖から京都市内に
水を引く、琵琶湖疏水の分線である疎水の方へ…
CIMG7326.jpg

私は山科の疎水には10年位前桜の時期に行って以来でした。
四ノ宮~日ノ岡の約4.2kmの疏水沿いには桜並木が続き、
脇には遊歩道があります。

やはりこの時期、目に眩しい程の桜とモミジなどの新緑がトンネルを
作っていました。
私達はその下を気持ち良く歩きました。

又山科は盆地・京都を浅い器に例えるとフチと言える程度の高さがある
土地がらなので散策中も、時々樹々の間から京都東南部の町並みが遠く
まで望める事ができまいた。
CIMG7337.jpg

CIMG7341.jpg

途中、各自持参したお弁当を食べ、休憩後次の目的地「本圀寺(ほんこくじ)」へ…
CIMG7351.jpg

CIMG7353.jpg

本圀寺には布教の根本道場大光山本圀寺として、広い敷地の中にいくつもの
塔頭寺院がありました。
CIMG7360.jpg

本圀寺は歴史ある寺なのですが、「金は金を呼び 赤はパワーのもと」
の標語と共に境内に金ピカな部分が結構多かったのですが…
境内全体は清らかで、それ程派手な印象を受けませんでした。
やはり京都の土地柄かな?

本圀寺を出て暫らくすると急に雲行きが怪しくなり雨がポツポツと…
ちょうど喫茶店を見つけ入りました。間一髪セーフでした(笑)

5人でケーキとコーヒーで休憩しながらにわか雨の通り過ぎるのを待ちました。

30分位で雨も上がりその後は蹴上浄水場のツツジを…との案もでていたのですが、
一般公開は3日からだし…予定を変更して「天智天皇陵」へ行く事に…
CIMG7371.jpg

雨上がりの殆んど人も居ない広い敷地内を私達はゆっくり散策とお参りをしました。
CIMG7379.jpg

CIMG7375.jpg

CIMG7382.jpg

天智天皇陵を後にする頃には時間も夕方4時前になっていたので、
地下鉄御陵駅~京阪三条へ出た後5人は解散しました。

今回「毘沙門堂」「山科聖天」「本圀寺」へは、私は初めて訪れました。
特に毘沙門堂には高い寺格を感じました。

又疎水の若葉は私の心と身体をリフレッシュさせてくれました。

管理人さんはじめ参加された皆さんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。





プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR