今年もありがとうございました。

2014.12.28.16:15

今年も後3日残すだけになりました。
年末でも大した事しない私ですが、なんとなく慌ただしい気がします(笑)
今年も振り返ると、やはりいろんなニュースや出来事がありました。

2月に行われたソチ五輪でフィギュアスケートで金メダルの羽生結弦選手やスキージャンプ男子個人ラージヒルで41歳254日の葛西紀明選手が銀で冬季日本勢最年長のメダリストとなったことに私も感動しました。

そして世界文化遺産に「富岡製糸場」の登録されたことや青色LEDを開発した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏がノーベル物理学賞を受賞した明るいニュースは嬉しかったです。

でも同じ2月には関東甲信地方は記録的な大雪に見舞われ、その後も広島市北部の土砂災害をはじめ甚大な自然災害が とても多い年でした。

又9月には御嶽山が噴火し、山頂付近にいた多くの登山者が犠牲になりました。
碓かまだ6名が不明のままだと思います。

この12月に入ってまもなく日本のあちこちに大雪が降り、かなりの被害も出ました。

突然起こる大きな自然の前には人間はあまりにも無力であると感じました。

そして、4月には消費税が8%に改正され、12月には衆院選挙が行われました。
私達主婦には不安なことや納得できないこともありました。

他にも政務活動費問題や、約70年ぶりにデング熱の国内感染確認は世間の注目を浴びました。

私にとって今年は悲しい出来事から始まりました。
長年付き合っていたと言うよりお世話になっていた姉のような存在の友達が元旦に亡くなり…3日のお通夜と4日のお葬式に参列しました。

以前から覚悟はいていましたが、やはりしばらくは辛かったです。
でも同じように付き合っていた仲間達とも彼女を想い出す機会もあり、長く患うより良かったなどとも話し今では彼女との楽しかったことだけを思い出すようになりました。

悲しいスタートをした年でしたが、今振り返ると今年もたくさんの人と触れ合い元気に、色んな所にも出かけることが出来ました。
特によく歩きました(笑)

ハイキングの記事に「え~又そんなに歩いたの?」と言うようなコメントも頂きました(笑)
でもみんな温かい言葉で応えてくれました。

チョッと口の悪い周りの友達は時々「よくそんなに出かけられるね~」と(笑)

最近では自分でも「やはり、出かけ過ぎかな」と反省することもあります(笑)
ただ私が楽しく出かける事に娘はじめ息子家族や妹弟は賛同してくれています。

さすがに時々私がチョッと気を使って「最近出かけ過ぎやなぁ~」と言うと…
みんな「やっとそういう時間持てるようになったのだから~」
そして「元気な証拠やから良いと思うよ~」と…(笑)

今日ふと以前の自分の書いた日記(ブログ)を確認しました(笑)
2011年の7月から書き始めたので今回で4回目の年末最終ブログです。

ブログの最初の記事も紫陽花鑑賞ハイキングでした。
そして、その年末にはコメントを含めナビでの色んな人との交流に感謝したことを綴っていました。

2012年の年末には今まで一番出かけることが多かった一年だったと書き…
そして昨年の2013年は行った所をたくさん再確認していました。
どうやら、私のお出かけ回数は毎年記録を更新しているようです(笑)

今年もおかげさまで、サークルなどを含めいろんな所へ行ったことをブログに綴ることができました。
自分でも何よりも元気で、ハイキングなどできたことはとても嬉しかったです。
そして私の拙いブログに訪問して頂いた方、そして嬉しいコメントを下さった方に感謝しています。

勿論来年も元気に歩き、日記としてブログにも記することができたら嬉しいと思っています。
今年一年、本当にありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ皆様良いお年をお迎えくださいね。


今年は良い思い出がたくさんありました。
でもやはり今年一番の思い出は、山にガスが掛かっていたとは言え、圧倒的なスケールで広がる大パノラマを思う存分堪能でき、白馬三山などの雄大な山を間近かに見て白馬八方尾根をハイキングできたことです。


CIMG9935.jpg

今年私が撮った好きな写真の1枚です









スポンサーサイト

小さな漁村の宿で…

2014.12.25.16:45

今年もあと一週間で終わりです。
そんなにお酒の飲めない私でも12月に入ると何個かの忘年会がありました。

人数も2人から10人近いものまで…(笑)
場所も近所のファミレスやちょっと遠い場所も…
どれも今年触れ合ったみんなとの時間を楽しく過ごすことができました。

そして先日は私にとって今年最後のちょっと贅沢な忘年会に参加しました。
お昼1時過ぎに家を出て約3時間後には南伊勢五ヶ所湾を一望できる高台に立つ民宿に…
CIMG2367.jpg

CIMG2369.jpg

部屋数も9室という、のんびりほのぼのとした田舎の宿でした。
部屋からも眼前に、五ヶ所湾の入り組んだ海の姿を見下ろす事ができました。
CIMG2352.jpg

CIMG2354.jpg

お料理は「鯛しゃぶ」を中心に、その日獲れた魚のお造りや煮物・焼物・寿司・お吸い物等の会席料理でした。
写真を撮るタイミングを外しパンフレットから借用
menu_01_convert_20141224085737.jpg

食材は地元の海女さんや漁師さんのその日の獲物を漁協を通じて仕入れていると…
私は特に新鮮でふわりと広がる鯛の旨みに大満足しました。

またお風呂は温泉ではないけど…
こんな説明がありました。

お風呂は全て宿泊者単位での貸切制となっております。
入るときにプレート(札)をかけて入っていただきます。
お風呂が空いていれば、自由に札をかけてお入りいただけます。
入浴が終わりましたら、プレートを外してください
プレートの説明
・【家族入浴中】→ 貸切入浴中です。他の方はお待ちください。
・【男入浴中】→ 男性のみ入浴可能です。
・【女入浴中】→ 女性のみ入浴可能です



私たちも夜には露天風呂と内風呂を一度づつ入り…
露天風呂はとても広く、洗い場やシャワーの数も5~6コありました。
宿泊は9組しかないのでお風呂はスムーズに好きな時間に入ることができました。

食事処では4人の若い男性のグループや家族連れもいました。
翌朝はほとんどのグループが伊勢観光などに行ったと思います。
でも伊勢には何度も来ている私たちは観光する予定もないのでチェックアウト寸前にカメラ持参で最後の露天風呂へ…初めての経験です(笑)
CIMG2364.jpg

露天風呂から観える朝焼けの海を眺めながら…パノラマ的な絶景を楽しみました。
CIMG2360.jpg

CIMG2362.jpg

宿のあった礫浦(さざらうら)は、「海に突き当たった小さな漁村」でコンビニや商店は近くには全くありませんでした。

確かに数分でコンビニやスーパーそして駅にもに行くことができ便利だけど…
騒音と空気の悪さになんとなく落ちつかない日常を送っている私にとって手付かずの自然が何よりの心のご馳走だと思いました。

その日に獲った新鮮なお魚を頂き、お部屋とお風呂から海を眺め、今年三徳山や白馬などにご一緒した仲間と想い出話を語ったりのゆったりした時間を過ごすことができました。

自然が大好きな私にとって、今年最後の忘年会というより贅沢でとても思い出に残る今年最後の旅でした。




















年末に急ぐのは分かるけど…

2014.12.22.17:07

先日、眼科へ行った時のことです。
私はなるべく混雑の時間は避けて比較的空いているお昼の11時半頃行きます。

その日もそんなに混雑はなく、私が受付した頃には待合室には7~8名でした。
でも多い時は20人以上の人がいる時も少なくありません。

私は受付~視力検査~眼圧測定~眼底検査そして最後に先生の所へ行って 細隙燈顕微鏡検査と問診を済ませ、最後に窓口のカウンターでの投薬と会計を待つため待合室のソファーに座りました。

既にほとんどの人が検査や問診などが終わり、待合室にいるのは数人でした。
一人のご婦人が窓口で薬を受け取りながら説明を受けています。
彼女は何度か薬について質問をしていました。

「今日は、お薬たくさんあるのですね~」と言いながらもバックへ…
そして財布を取り出し支払いをしようとしています。
でも請求された金額にちょっと納得できない様子でお金を出していました。

その時窓口のもう一人の女性スタッフが席を立ち「すみません○○さんですね」と言うと…
会計をしようとしていた女性は即座に「いいえ△△です」と答えました。

私は2つの名前を聞いて、全く似ていないけど?…と思いました。

窓口の2人のスタッフは慌ててカウンターから出てきて「すみません今、渡した薬と診察券を出して下さい」と…
言われた女性は、ゆっくり薬の袋と診察券を出しました(笑)

診察券は自分のではなかったようです。

私は目の前のできごとに一瞬信じられず唖然としていました。
その時、向こうのトイレからもう一人の女性が出てきました。
そして「○○ですが、お薬はまだですか?」と(笑)

2人の女性は年齢も同じようで、私より少し年上かな?
結局薬も会計も無事、当の本人に戻すことができました。

雰囲気から自分以外はまだ診察待ちの人だったので、名前を呼ばれる前に勝手に次の会計をするのは自分だと思ったのでしょう。
でも、いくら急いでいても、他人の診察券を受け取るなんて…

医院側のスタッフの女性もかなり慌てていました。
再度、慎重に2人の薬やカルテの確認もしていました。

そんな事もあり、その後だった私は予想していた時間よりかなり遅くなりました。
窓口のスタッフは私に何度も「お待たせして、すみません」と謝っていました。

私も2人の女性に誤った薬が渡らなかったことに良かったと思いながらも…
この年末の時期、誰もが急ぐのは分かるけど、やはり急ぎすぎるのはどうかな?と思いました。

そして、私は途中までは「今日は予定より早く終わりそうでラッキー」と思っていただけにちょっと残念な思いもしました(笑)


DSC06114.jpg





イルミネーション~イルミネーションへ…

2014.12.18.17:12

10月の「7人会」の集まりで今年は一泊旅行を止める事を決めました。
でもやはりちょっと淋しいし、旅行用の積立金も有るということで…
1人が日帰りツアーを企画(笑)

先日、そのツアー「イルミネーションクルーズ」に行ってきました。
地下鉄の駅に待ち合わせ、4時半前に御堂筋本町へ…

大阪の中心を南北に走る御堂筋を華やかな光で包む御堂筋イルミネーション。
私たちは本町から淀屋橋に向かって歩きました。

しばらくするとイルミネーションが点灯(4時半すぎでした)
まさに大阪の中心部らしい風景を楽しみながら…
CIMG2172.jpg

CIMG2180.jpg

やがて淀屋橋の大阪市役所前に着き、ツアーの受付を済ませて…
5時の中之島イルミネーション の点灯を観ることができました。
CIMG2190.jpg

6時出発のクルーズに乗るまでの約1時間弱を私たち6人だけで自由に散策。
まず市役所前から出発
CIMG2226.jpg

CIMG2228.jpg

CIMG2194.jpg

CIMG2195.jpg

CIMG2221.jpg

やがて中之島バラ園内へ
CIMG2206.jpg

CIMG2204.jpg

バラ園から一方通行の道を通り、淀屋橋の方へ戻りました。
途中「中央公会堂」をスクリーンにした3Dマッピング「Les Anooki a Osaka!~アヌキが大阪にやってきた~」も観ることができました。
CIMG2216.jpg

CIMG2215.jpg

CIMG2214.jpg

CIMG2212.jpg

世界的な光の祭典である、フランス・リヨン市の「リュミエール祭」参加ア-ティストが手掛けた3Dマッピング作品を、照射した光と音楽で楽しむことができました。

そして、その後淀屋橋港でクルーズに乗船。
CIMG2230_convert_20141217181435.jpg

暖かい船内でゆっくりとガイド付きの約30分の「OSAKA光のルネサンス2014」と「大阪城」の2会場をつなぐイルミネーションクルーズを楽しみました。

観える景色は今までお昼は何度も見ているのですが、やはり船内から観る夜景は新鮮で綺麗でした(笑)
でも写真は上手く撮れませんでした。

やがて大阪城港に到着。
今回ツアー参加の約60名ぐらいで大阪城内を15分ぐらい歩いて、普段非公開の施設でもある「旧大阪市立博物館」での食事を頂きました。
CIMG2251_convert_20141217183720.jpg
       CIMG2252_convert_20141217183811.jpg
          CIMG2254_convert_20141217183920.jpg

食後約60名のツアーは解散して私たち6人は「大阪城3Dマッピング・スーパーイルミネーション」の会場「西の丸庭園」へ…
CIMG2256.jpg

光のトンネルに誰かが「なばなの里もう行かなくても良いわぁ~」と(笑)
CIMG2264.jpg

CIMG2266.jpg

トンネルの中を歩きながら色んなイルミネーションも観ることができました。
CIMG2267.jpg

CIMG2269.jpg

CIMG2271.jpg

トンネルを出ると光のビッグブルーも綺麗でした(動画だったら良いのですが…)
CIMG2284.jpg

CIMG2280.jpg

CIMG2277.jpg

また迎賓館の前では、バロック式庭園をモチーフにしたイルミネーションがクラシック音楽に合わせて壮麗な光のショーを繰り広げるているのを観ることができました。
CIMG2301.jpg

CIMG2298.jpg

CIMG2285.jpg

CIMG2289.jpg

そして最後に勇壮な大阪城天守閣が七変化する3Dプロジェクションマッピングを…
かなり遠くて上手く撮れませんでしたが…
目まぐるしく展開する光のエンタテインメントに何となくドキドキ…(笑)
CIMG2304.jpg

CIMG2322.jpg

CIMG2303.jpg

私たちは今まで何度も行っている大阪城内や西の丸庭園でした。
でもやはり、ハウステンボス「光の王国」の技術を結集し、大阪城を舞台に繰り広げられる、「贅沢な光のエンターテイメント」は一帯をイルミネーションで彩り、光の芸術祭のようで見応えがありました。

当日は会場の庭園から出るのも係りの人の誘導に従いました。
普段分かっているつもりの道も途中クルクル回るうちに「え~ここはどの辺りかな?」とみんなで確認することもありました(笑)

6人で夕方から約5時間ほど一緒に楽しい時間を過ごしました。
帰る途中歩きながら「綺麗だったね~」「良かったね~」との声も何度か聞こえました。
そして一泊でなくこんなツアーなら「家族にも気を遣わず出れるわぁ~」という声も(笑)

勿論私も光の芸術に、観ていて何度も感動しました。
でも会場を後にして外濠から後ろを振り返り、いつも通りの「ライトアップだけ」された「大阪城」を見て何故か「ホッと」したのも事実です(笑)
CIMG2342.jpg

やはり私は古いのかな?

2014.12.15.17:12

12月に入って、色々出かけながらも、私でもやはり何かと年末らしい事も少しはしています(笑)

先日から買い物に行ったついでに気がついたものを買っています。
例えば浴室やトイレの掃除用品や洗濯物を干す時に使う、ハンガーやセンタクハサミなども買って保管しています(笑)

昨日の日曜日、娘と2人で年末の大掃除というわけでもないけど、普段できない片付けなどをしている時、彼女が私の保管している物を見て「折角買ったのにまだ使わないの~?」と…

私は「もう少しして、新年になってから~」と(笑)
「大した物でもないし今から使ってもそんなに変わらないと思うけど…」と娘。
「でも年末最後のゴミに古い物を出し、新しい物に替えるつもり~」と私。
娘は半分笑いながら「じゃぁ~お母さんの好きにして~」と。

私が子供の頃は元旦に目を覚ますと姉弟5人の枕元に新品の肌着、靴下そして洋服が置かれていました。
そして、みんなで起きたらパジャマを脱ぎ一番にそれを身につけました。
やはり嬉しかったし、子供心に気持ちも新たになったような…(笑)

昔は物も豊富ではなかったし、洋服もそんなに数もなかったと思います。
新年には新しいものを…という親心だったと思っていました。
だから新しいものを手にすると、とても嬉しかったです。

私が子供の頃は年末には家族で大掃除をし、お餅つきもしました。
お餅を丸めるお手伝いもし、楽しい年末の行事でした。
そして母親は何日もかけておせち料理を作っていました。

大晦日から元旦になる瞬間をしっかり確認できました(笑)

今では年々年賀状も少なくなり、お餅つきをする家も減り、元旦からお店も開いているのでおせち料理を昔ほど用意しないし、年末~お正月の生活も普段とそんなに変わらなくなっているように思います。

現在ではなんでも豊富にあるし、古くなったら、すぐ新しいものにします。
私も普段は台所用品や掃除用品も気が付けば新品に交換もしています。
でも、この時期になると、物にもよるけどなんとなく交換時期を調整しているような気がします(笑)

私自身も新年だからといって昔ほど特に意識することもなくなりました。
でも昨日の娘との会話で子供の頃を懐かしく思い出し「あんな時代も良かったなぁ~」そして「やっぱり私は古いのかな?」とも感じました。

そしてせめて、例え小さなもの一つでも、新しいもので新年を迎えるのも良いかなと思った私です(笑)

CIMG1713.jpg

忘年会だったけど…♪

2014.12.12.17:08

先日、月に一度2人でハイキングしている友達と奈良町を少し散策して…
忘年会を兼ねたランチをしようと約束していました。

近鉄奈良駅を降りて、その日は奈良町より北側の古い市街地「きたまち」を歩くことに…
CIMG2166.jpg

人通りも少なくとても静かな雰囲気でした。
しばらくして「きたまち案内所」という建物が・・・・
私たちが覗いていると、中から「どうぞ~」と声をかけられました(笑)
CIMG2036.jpg

室内には数人の人がいて、説明してくださいました。
この建物は、長らく「鍋屋の交番」として親しまれてきた旧奈良警察署鍋屋連絡所を改築したもので、平成24年に奈良市で初めて、地元の皆様との協働により運営される観光案内施設として半田横町にオープンしたということでした。

その後私たちは「きたまち案内所」でもらった散策マップを見ながら東の方へ…
CIMG2037.jpg

CIMG2047.jpg

やがて右手に「大仏殿」を見て…
CIMG2063.jpg

道中まだ紅葉も楽しむことができました。
CIMG2062.jpg

CIMG2066.jpg

やがて校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫・正倉院(しょうそういん)へ…
正倉院(は聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
CIMG2058.jpg

その後、毎冬の「お水取り」の舞台となる二月堂へ…
CIMG2071.jpg

眼下に街並みを見下ろし…
CIMG2075.jpg

下る途中、その石段の一部に美しい文様が刻まれているのが見えました。
流水・亀甲・唐草・青海波・網代・菱と、美しい文様があると以前から聞いていました。
CIMG2081.jpg

しばらく境内を散策した後、新公会堂1階のレストラン「奈良迎賓館」へ…
CIMG2121.jpg

この日は忘年会を…という事だったので綺麗な庭園を観ながらコース料理を…
CIMG2117.jpg

CIMG2100.jpg
     CIMG2101.jpg写真撮る前にスプーンを…(笑)
        CIMG2102.jpg
           CIMG2108.jpg
              CIMG2114.jpg
                 CIMG2115.jpg

食後は折角なので見えていた庭園を散策。
CIMG2099.jpg

CIMG2098.jpg

CIMG2097.jpg

その後私たちは春日大社の方向へ向かいました。
CIMG2122.jpg

CIMG2123.jpg

CIMG2134.jpg

やがて「下の禰宜道」を通り「志賀直哉旧居」を通過。
CIMG2140.jpg

CIMG2142.jpg

そして私の好きな「浮見堂」へ…
CIMG2147.jpg

CIMG2151.jpg

浮見堂は鷺池に浮かぶ檜皮葺き(ひわだぶき)、八角堂形式(六角形)のお堂です。
水面に写る姿が美しく、この日は人も少なく、とても静かな雰囲気でした。

そして最後に古都奈良を象徴する興福寺の五重塔を見て駅に向かいました。
CIMG2164.jpg

以前から今回は12月という事で少しだけ散策をして奈良の静かな風情の雰囲気を味わい忘年会ということでチョットお洒落なランチをしようと約束していました。

でも当日も2人で駅に降りたった途端歩き出し・・・
気が付けば、かなりの距離を歩いていました(笑)
2人ともその日は歩数計は携帯していませんでいた。
でも少なくても15000歩以上は歩いたと思います(笑)

帰りの車内で「私達らしい忘年会になったねぇ~」と2人で笑いました。
そして今年の1月も初詣を兼ねて宝山寺へ軽いハイキングを予定していながら結果的には生駒山上まで行ったことを思い出し、もう一度大笑いしました。

彼女と月に一度歩き出して丸5年以上経ちました。
一昨年途中彼女が足を痛めて半年ほど中断した時期もありました。
でも今年も毎月元気に楽しく歩くことができました。

いつもは自分で作ったおにぎりのお弁当なのに、今回はちょっぴり贅沢なランチを頂きながら今年の行った先の思い出話しなどもしました。
そして最後に来年1月の予定も決めました。

ほかの人から見たら忘年会?だったのと言われそうだけど…
でも私達2人には大満足の1年の締めくくりの忘年会でした。






予定がなくて良かったァ~

2014.12.09.17:20

先月下旬、Kさんから一斉メールがありました。
石川県から久しぶりに大阪に来てるHさんから連絡があり…
「急だけど会える人だけでも会いたいのでみんなに連絡を取って欲しい」と…

指定された日時はメール連絡があった3日後でした。
私は予定を確認するとちょうどその日は空いていました(笑)

10人に連絡したそうですが、その日に8人が指定された喫茶店に集合。
みんな少し早めに来てHさんを待ちました。

約束の時間に彼女が登場したときは一瞬響めきのようなものが…(笑)
「ホント久しぶり~」「元気?」「うわぁ~変わってないねぇ~」等と口々に…
そしてHさんは一人ひとりの顔を確認していました。

約30年前に大阪から石川県加賀市に引っ越したHさんとは今は私は毎年年賀状だけのお付き合いです。
彼女とは娘の小学校PTA時代からの付き合いでした。

思い出せば10年以上前に友達5人が和倉温泉に行った時、Hさんと宿泊ホテルで待ち合わせ一泊し、次の日は輪島などへ一緒に行きました。
そのときは輪島塗の職人だったご主人から全員に輪島塗の丸いお盆をお土産に頂きました。
私は今でも大切に使っています。

でもそのご主人も8年前に亡くなり、今は後を継いだ息子さんと暮らしているとのことです。
大阪にはもうひとりの息子さんがいて年に1~2度ぐらい来ているようですが、いつも慌ただしく帰るとのことでした。

今回は久しぶりに大阪での自由な時間も出来たので、みんなの顔を見たい~と。
そして集まったみんなも久しぶりの彼女との再会にとても嬉しそうでした。
いろんな懐かしい話も出ました。

みんなで話している間、以前会ったのが何年前か思い出そうとするのですが…
「10年以上経つよよね~」「いやいやもっと経つよ~」「15年位は経つかも~」と…
結局最後までその場では何年前かは結論が出ませんでした(笑)

そして最後に来年は石川と大阪の中間地点へ旅行しようという話になりました。
「下呂温泉」が候補地に上がり、みんなでしっかり約束したのできっと実行されると思います(笑)

集まった喫茶店は彼女は以前住んでいた近くでした。
お店を出てからも余りにも変わった周囲を眺めたり、また懐かしがったり…
そして最後に「みんなに会えて良かったわぁ~ありがとう~」と何度も言っていました。

Kさんの一斉メールで3日後であったにも関わらずほとんどの人が集まり、みんなで懐かしい思いで話に花を咲かせ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

そして先日Hさんから「とても嬉しかった、ありがとう」と丁寧なメールが来ました。

その頃私の手帳には、ほとんどの日には約束事が記載されていました(笑)
でも運良く「その日予定が入ってなくて良かったぁ~」と心から思った私です。

CIMG1882.jpg
(先日大阪駅時空の広場で撮りました)

神戸で「キラキラ♪忘年会」

2014.12.07.16:42

昨日はサークル「ララ♪ハイキング」の忘年会でした。
8名が神戸三宮に集合。

早速今回の担当者Sさんが予約してくれていた大豆屋へ…
CIMG1949.jpg

雰囲気のいい個室に案内され、まもなくコース料理が運ばれました。

「美肌豆乳しゃぶしゃぶ「幸」2色鍋コース 」
【先付】 前菜小鉢3種(黒胡麻豆富、ほうれんそう豆富、辛子豆富)
CIMG1935.jpg

【向付】 汲み上げ湯葉とアボカドお造里
CIMG1937.jpg

【冷菜】 自家製 銀奴豆富(薬味・淡路産藻塩・出汁醤油・自家製ねぎ味噌)
CIMG1938.jpg

【揚物】 5品目野菜のおからコロッケ
CIMG1940.jpg

【温物】 冬野菜と11品目と三田ポークで2色豆乳しゃぶしゃぶ
(お鍋のスープには豆乳とコラーゲンも入っています)
CIMG1939.jpg
CIMG1942.jpg
CIMG1943.jpg

【飯物】 最後の〆にチーズリゾット(写真忘れました)

【水菓子】 大納言小豆と抹茶アイスの最中 ・豆香杏仁豆腐 ・自家製豆乳ケーキ
CIMG1948.jpg

豆腐を中心としたヘルシーな料理だと思っていたけどお腹いっぱいになりました。
コラーゲン入りには特に女性陣はテンションが上がりました(笑)
それにとても美味しかったです。
また食後のデザートが出た頃からは、来年の予定なども話し合いました。

お腹イッパイで会場を後にした私たちは生田神社へ…
生田神社は1800年以上の歴史を有する古社。
近年はアスリートやアーティストの参拝も多く、神戸中心市街地に位置することから訪れる参拝客も多数だということです。
CIMG1977.jpg

CIMG1976.jpg

CIMG1973.jpg

境内にある「史蹟・生田の森」は大木が立ち並び、都会の中にあるとは思えない静寂さに包まれていました。
CIMG1959.jpg

CIMG1960.jpg

「生田の池.」も…
鎌倉初期の歌人・藤原定家が歌にも詠んだ、名勝として名高い池だったという事。
しぐれ行く生田のもりのこがらしに池のみ草も色かはる頃」と…
CIMG1965.jpg

CIMG1966.jpg

「楠の神木」
残念ながら、現在は枯れ木となってしまっていて、根っこ部分と、年輪がわかるように祀られてあります。
この木は樹齢500年をほこり、神戸大空襲の際に焼けましたが、凄い生命力によって復活したことから、再生復興の御神木とされたそうです。
CIMG1957.jpg

やがて4時が過ぎた頃私たちは中華街を通り東遊園地へ。
CIMG1983.jpg

CIMG1984.jpg

結構混雑していました。
でも案内役のSさんが上手く少しでも人の少ない所を先導してくれました。
CIMG1990.jpg

そしてやがて「神戸ルミナリエ」終端の会場東遊園地へ…
CIMG1992.jpg

「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、1995(平成7)年12月に開催されたのが始まりです。
以降、神戸を象徴する行事として多くの人々に支えられ、神戸の風物詩となり今回で20回目。

点灯の20分ぐらい前に公園に着くと既にかなりの人もいました。
CIMG2002.jpg

やがて5時になった瞬間、私たちの目の前で点灯されました。
CIMG2006.jpg

CIMG2026.jpg

CIMG2014.jpg

私は最初の時に来て以来でした。
その時のすごい混雑にそれ以来今までルミナリエは敬遠していました(笑)

でも今回目の前での、点灯に感激しました。

大豆屋での美味しい料理、歴史ある生田神社、そして最後には目前でのルミナリエの点灯と神戸を堪能しました。
さすが地元のSさんの企画に私は感心しました。

かなり寒かったし、ほんの一瞬ですが雨?雹?がポツリポツリという場面もありました。
でも気持ちは暖かくこのサークルらしいとても良い忘年会になりました。
「ララ♪ハイキング」の今年は「キラキラ♪忘年会」で締めくくることができました。

長時間お世話と案内をした下さったSさん、ありがとうございました。
そしてSさんはじめ参加された皆様お疲れ様でした。

大阪の南と北に…

2014.12.04.17:05

今年3月7日、高 さ300m日本一の. 超高層複合ビル「あべのハルカス」が グランドオープン。
約7年にわたり計画を進めてきた先進的な都市機能を集約した「立体都市」の誕生.は、大きくニュースにも取り上げられました。

オープン当時の混雑はすごく、私も一度天王寺へ行ったついでに…と足を向けたが余りにもの混雑に退散しました(笑)
でもやっと先日友達に誘われ、地上300mの空「あべのハルカス」へ行ってきました。

あいにく、お天気の悪い日でしたが、2階チケットカウンターで当日券を購入。
まずはエレベーターで16階まで上がります。
床面の案内に沿って入場ゲートを通り 展望台エレベーターで一気に60階へ。

時間は夕方5時前でした。
まず東方向に近鉄南大阪線やJR阪和線、あびこ筋の車などが見えました。
CIMG1738.jpg

そして北側には天王寺公園周辺がハッキリ見えました。
CIMG1724.jpg

西には晴れていると大阪湾から神戸方面の海も見えるのですが…
CIMG1729.jpg


そして最後には南方面を…
先日乗ったチンチン電車の阪堺線やあべの筋、そして遠くには和歌山方面も…
CIMG1736.jpg

しばらくすると夜景に…
CIMG1767.jpg

子供の頃は高いと思っていた通天閣はとても今回可愛く見えました(笑)
CIMG1750.jpg

又58階の上空まで吹き抜けの野外広場の天空庭園では催し物の準備中でした。
CIMG1771.jpg

オープンして8ヶ月以上経ち、お天気の悪い平日でも、展望台にはかなりの人が来ていました。
私も春・夏・秋を過ぎ冬に近づいた今、あべのハルカスにやっと行くことができました。

そして昨年は年間来場者が5300万人でオープン2年目を迎えたグランフロント大阪。
隣接するうめきた広場では今まで多くのイベントが展開され、来場者の憩いの場としてもすっかり定着しているということ。
そんな、うめきた広場にこの冬特設スケートリンクが出現しますとのニュースを見て先日梅田に行ったとき立ち寄ってみました。
CIMG1873.jpg

このスケートリンクはXtraiceという樹脂性プレートを敷設したものだそうです。
氷を使用していないため、水はもちろん氷を維持するための電気を使用せず、排水も不要なエコスケートリンクだという事。
私はスケートリンクといえば「銀盤」と言われ水平に氷が張られた平面だと…(笑)

その日も何人かの人が、ウメダスケートリンク「つるんつるん」でスケートを楽しんでいました。
CIMG1871.jpg

開催期間は2014年11月14日(金)~2015年2月15日(日)
時間は   12:00〜21:00 〔20:30最終入場〕  という事です。

冬のレジャーの定番のスケートはファミリーやカップルで手軽に楽しめるのでは?
きっと冬休み、クリスマスや年末年始にはたくさんの人たちが来るかも…
でも今の私は観るだけで満足ですが…(笑)

南に「あべのハルカス」そして北にはウメダスケートリンク「つるんつるん」
今年大阪にオープンしたこの2つの施設に、いろいろな驚きを感じながらも…
実際自分の目で確かめられたことに満足した私です(笑)

ちなみに「アベノハルカス」もウメダスケートリンク「つるんつるん(貸靴料込)」どちらも入場料は1500円です。


計画通りには行かなかったけど…

2014.12.02.17:05

以前勤めていた時から交流が続いている4人で久しぶりに一泊旅行に…
「温泉とご馳走、そしてゆっくりお喋りしたいねぇ~」ということで「赤穂温泉」を計画。

31日の日曜日JR「播州赤穂」行きの電車に、まずJR石山駅から1人、大阪駅2人、そして最後に芦屋駅から1人が乗車して車内で4人が集合することになっていました。
日曜日私が家を出る時はとても良いお天気でした。

大阪駅に着いた頃、1人から「今京都を通過したよ~♪」とメールが入りました。
でもその直後私が改札を通った時、大阪駅構内では「11時56分ごろ、JR京都線の吹田駅で人身事故が有り、すべての電車が止まっている」とアナウンスされました。
そして復旧には1時間ほどかかる見込みだということも…

私はホーム上がり、もう1人の彼女と会う事はできたが、すごい人で溢れていました。
少し人の少ない所で「どうなるのかな?」と話しているうちに他の2人からも電話があり、1人は既に乗っているのでどうすることもできず、とりあえず復旧を待つしかないと…

私達の待つホームには長時間電車は全く来ず、やっと1時間位経った頃ホームに電車の姿が…
そしてやっと私たちの乗車する電車もホームに…

12時30分発車予定が1時20分になっていました。
でも最後の人が乗る芦屋駅まで普段13分で行くところを20分以上かかりました。

それでもやっと芦屋駅で4人が揃って「あ~やっとみんな会えたァ~」と(笑)
その後も信号待ちや、駅での電車の連絡などで徐行運転や停車なども…
赤穂駅14時06分着の予定が15時20分でした。

電車が加古川駅に近づいた頃、送迎の待ち合わせ時間にはかなり遅れると私は宿に連絡。
おかげで赤穂駅に着くと宿の迎えの車が待機してくれていました。
でも朝は晴天だったのに、空はかなり暗くやがて時々雨もポツリポツリ。

私たちは早速送迎車に乗って15分程でやっとチェックイン。
案内されたお部屋は瀬戸の海を一望できる「オーシャンビュー」
でも曇っていて、期待していた景色は見えませんでした(笑)


何分か後私たちは最近リニューアルされたという「海の見える大浴場と露天風呂」へ…
そこからはこんな夕日も観る予定でしたでしたが…(笑)

でも広くて気持ちいい温泉でゆっくり、くつろぐことができました。
その後一番楽しみにしていた食事処へ…

これまでのことは忘れてまず盛大?に「乾杯~~」と…(笑)
やがて次々にお料理が…
 ★お献立
食前酒  柚ワイン
前八寸  季節五種
お造り   タイ、カンパチ、マグロ
蒸物    里芋饅頭
焼肴    太刀魚エリンギ巻
鍋物    鱧鍋
揚げ物  百合根紅白かき揚げ
茶碗蒸し
留椀  香の物
デザート  オリジナルスイーツ
最後にサービスとして「きなこ味の塩饅頭」と熱いお茶を…
   
とても良いタイミングで、とても美味しい食事を頂くことができました。
また食器も信楽焼、有田焼、それに私が初めて知った渋民焼(しぶたみやき).など…
目で楽しむこともできました。

おしゃべりや食べることに夢中になり、写真も位置がズレたり、ボケたり、忘れたり…あまり綺麗に撮れなかったので…(笑)

その後お部屋に戻り、たっぷりお喋りした後再度温泉に入りその日は床につきました。
でも翌朝も部屋から見える景色は霞んでいました(笑)

目を覚ますためにも早速、昨夜と男女入れ替った露天風呂に…
でもかなり雨が降っていて…一応外へ出たのですが雨が冷たくて…
残念ながら、内から見ているだけでした(笑)

ただ私は昨年、青空の下、瀬戸の海を一望しながらこの露天風呂に入っています。

そして朝食を頂いた後、チェックアウトして、宿の車で赤穂駅まで送って頂きました。

行きはすぐに車に飛び乗ったので…
電車を待つ間しばらく播州赤穂駅を楽しみました。

約1時間半、駅周辺で時間を過ごした私たちは12時前に帰りの電車に…

予定では新しくなった「姫路城」へ行くことも考えていました。
でも車内から見えるまだ不安定な空に姫路城は諦め、そのまま乗車。
そして次は神戸三宮で降りて中華料理は?という意見も・・・

でも播州赤穂駅では宿でしっかり朝食を食べたのですが、コーヒーを時間がなく飲めなかったので、電車の時間を待つ間に喫茶店へ…
コーヒーだけのつもりが何となくモーニングをしてしまいお腹イッパイで神戸の中華も諦めました(笑)

まだ空模様もスッキリせず1人は芦屋駅で下車、結局3人は大阪駅まで…
そして大阪駅付近の軽食でおしゃべりをして各自帰途につきました(笑)

今回のメンバーの一人が時々私のブログを読んでいます。
赤穂温泉を選んだのは、昨年の今頃日帰りだけど、この温泉に行った記事を書きました。 
そんなこともあって今回「赤穂温泉」にし、私が予約などしました(笑)
   
宿はそんなに大きくないが…
今年はリニューアルされた大浴場が広くなり、何よりもみんなに「露天風呂からは瀬戸の海を一望」というのを楽しみにしてもらっていたのですが…(笑)

1日目は電車の遅れにちょっと戸惑ったし…海の景色も微かにしか…
2日目もお天気が悪く姫路城も行けませんでした。

でも3人は旅館も温泉も料理も良かったと喜んでくれました。
それに久しぶりの4人での一泊旅行で楽しいお喋りに満足したとも…
懐かしい話や近況など、何度も声を出して笑いました。

今回案内役の私としては電車の遅れや雨で計画通りには行かず、多少残念な思いもあったけど、温泉も楽しみ美味しいお料理も頂き、、たっぷりお喋りもでき…やはり、とても楽しい旅でした。


img03_convert_20160115120134.png

プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR