試したくて…

2015.03.27.16:43

先日のハイキング中、急にデジカメが機能しなくなりました。
6年近くは使ったかな?と思い、家に帰って調べるとやはり5年の保証期間には1年過ぎていました。
なんとなく納得して、早速新しいのを購入しました(笑)

そしてやはり手にすると試したくなって…
昨日出かけたついでにデジカメを持って一番行きやすい場所へ行きました(笑)

私がいつも入る公園の入口には「ベニバスモモ(紅葉李)」が満開でした。
DSC00053.jpg

ベニバスモモはスモモの仲間で、赤い葉をつけるのでこのように呼ばれているようです。
ソメイヨシノとよく似ていて「勘違い」されやすいようです。
花はソメイヨシノより少し小さく、白から薄ピンク色の花を咲かせます
私も以前遠目に見て「うわぁ~大阪城の桜がもう満開だ~」と思ったことも(笑)
DSC00055.jpg

私はこの時期ならとまず桃園に行きました。
見頃のものちょっと遅いもの未だ蕾のものと色々観ることができました。
DSC00010.jpg

DSC00016.jpg

DSC00007.jpg

DSC00028.jpg

DSC00026.jpg

その後やはり桜が気になり私が好きなスポットに…
蕾もかなり膨らんでいました。
DSC00031.jpg

DSC00025.jpg

その後も思いつくまま足の向くまま散策をしました(笑)
私にはどの木もしっかり開花準備が出来ているように思えました。
既に咲き始めているものも…

一輪しっかり咲いていました。
DSC00042.jpg

欲張りな私はふと梅林も気になって行ってみました(笑)
やはり淋しい光景に…
でもなんとか少しでも咲いてる木を見つけて…
DSC00038.jpg

園内のユキヤナギが満開でした。
私は白い小さな花が株元から枝をたくさん出してわさわさと茂っている様が好きです。
DSC00032.jpg

昨日はまだチョッと寒かったけど日差しは春でした。
青空の下、桃と桜を目で確認し、そしてちょっと遅かったけど梅林にも…

やはりニューカメラは未だ慣れません。
機械類が苦手な私には使いこなすにはもう少し時間がかかると思います(笑)
でもレンズから見える花に心地よい感触を味わいながら写すことができました。
そして試し撮りを終えて、なんとなくウキウキして帰ってきた私です(笑)

スポンサーサイト

春日山原始林をララ♪ハイキング

2015.03.22.16:45

昨日はサークル「ララ♪ハイキング」の3月オフ会でした。
今回は奈良の春日山原始林から若草山を歩くというコースでした。

参加者5名が近鉄奈良駅を出発してまず春日山遊歩道へ向かいました。
路上にもたくさんいる鹿を見ながら…
CIMG3598.jpg

CIMG3656.jpg

CIMG3602.jpg

やがて30分位で春日山遊歩道入口へ・・・
CIMG3603_convert_20150321191756.jpg

春日山原始林は標高498m面積約250ha の広さがあります。
古来春日大社の神山として信仰の場であったため、ほとんど斧を入れず9世紀頃 には禁伐令が出されるなど積極的な保護がなされて原始性を保ってきたということです。
CIMG3614.jpg

CIMG3612.jpg

私たちは静寂、鬱蒼とした原始林の中を気持ちよく歩きました。
CIMG3615.jpg

CIMG3606.jpg

鬱蒼と繁茂した巨木の林相は、常緑広葉樹(カシ、シイ類)を主とした暖帯林を代表とし暖地性の 蔓性植物(フジ・カギカズラ)やシダ植物(ウラジロ・イワヒメワラビ)の種も多く、また温帯性、寒帯性 の樹木も混生し800余種からなる多様な植物社会が形成されているそうです。
そして、昆虫、鳥類の動物も 豊富に生息しているとのこと。
CIMG3617.jpg

思わず立ち止まり見入ってしまうことも…
CIMG3611.jpg

CIMG3616.jpg

このような風景にちょっと新鮮な気分に…(笑)
CIMG3613.jpg

途中軽く休憩を入れた後又美しい稜線を描いている道を歩きだし、やがて若草山山頂に・・・
CIMG3618.jpg

CIMG3620.jpg

CIMG3621.jpg

若草山は山全体が芝生でおおわれており、高さ342m広さが33haあります。
山のあちらこちらで鹿を見ることができました。
CIMG3622.jpg

CIMG3623.jpg

若草山は一重、二重、三重と山が連なっている三つの笠を重ねたようなので三笠山ともいいます。
私たちはまず山頂(三重目)から・・・
CIMG3624.jpg

奈良盆地を一望でき見晴らしは良いのですが、かなり霞んでいました。
CIMG3626.jpg

山頂から少し下り、こんな景色を観ながら私たちはお弁当を食べました。
CIMG3628.jpg

CIMG3629.jpg

食後少し歩いて二重目に到着。
CIMG3638.jpg

CIMG3641.jpg

大仏殿がハッキリ見えました。
CIMG3646.jpg

やがて一重目に・・・
CIMG3645.jpg

その後一気に階段で麓に…
CIMG3653.jpg

その後まだ時間もあるので「ならまち」を散策することにして南西の方向へ・・・
CIMG3657.jpg

もう少しだと思われる桜並木に「咲いたら綺麗だろうなぁ~」と…
CIMG3659.jpg

やがて若草山から観た大仏殿も…この辺りになると人も多かったです(笑)
CIMG3663.jpg

猿沢の池と五重塔を観ながらやがて「ならまち」へ・・・
CIMG3671.jpg

この辺りから私のカメラは突然機能しなくなりました(笑)
メンバーのカメラに詳しい人も心配して確認してくれましが…全く動きません。
既に6年近く使ってかなりの量の写真も撮っているので…(笑)

歴史的町並みが残る通称「ならまち」は狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並美、かなり多くの人が散策していました。

私たちが最初にお茶をしようと見つけたいい雰囲気のお店は満席で諦めました。
でもその後別のお店でティタイムをしてその後近鉄電車で各自帰途につきました。

私は今回歩いた春日山原生林は以前から行きたいと思いながら初めてでした。
今回は一部でしたがコースによればもっと長い距離も選べます。
人も少なくとても良い雰囲気でした。
今度機会があれば少しコースを変えて秋の紅葉の時期に来てみようと思いました。

若草山は最近ではいつも遠くから見ているだけでした。
何十年前小学校の遠足で実際若草山の坂を駆け下りた記憶があります(笑)
私は一瞬遠い昔の懐かしい子供の頃を想い出しながら歩きました。

お天気にも恵まれとても楽しい約20000歩のハイキングでした。
今回案内役の幹事さんありがとうございました。
そしてご一緒してくださった皆様お疲れ様でした。





代打でラッキー!

2015.03.18.17:03

何日か前,妹からメールがありました。
「17日の火曜日何か予定入ってますか?」
「予定していた若狭方面のバスツアーに主人が行けなくなったので…」と。

すぐ予定を確認した私は「何も予定ないよ~」と返信。
昨日そのツアーに姉妹で参加してきました(笑)

早速乗った車内ではその日の予定などの説明を受けたあとクイズの用紙が配られ
43名の参加者中3問すべてを正解した5名には次の見学場所で景品も…
私も正解した一人でしたがマグレだったので正確な問題も答えも忘れました(笑)

まずツアーに付き物の見学を終えた後は敦賀でのショッピング
2人であれこれ見ながらつい買い物を…(笑)
特に昆布館での時間が長かったので…(笑)
CIMG3597.jpg

その後若狭湾を望む食事処で昼食を・・・
CIMG3530.jpg

CIMG3527.jpg

遠くに見える山にはまだ雪が見えました。
CIMG3524.jpg

その後、三方湖西岸の「西田梅林」へ・・・
西田梅林は日本海側最大の梅産地で福井梅の主産地として全国的にも有名な若狭の梅林だということです。
CIMG3533.jpg

CIMG3536.jpg

梅林に近づくとバスに案内して下さる人が乗り込み車窓からガイド付きの観梅に…
途中バスを停めて説明もしてくれました。

この梅林には紅映(べにさし)」という品種が主に栽培されていて、1本の梅の木には花が少なく、実も少ないので希少な品種だということでした。
そして種が小さく肉厚な梅ができるのだ等との説明を聞きました。

梅は5分咲きぐらいでした。
CIMG3538.jpg

CIMG3539.jpg

CIMG3541.jpg

三方五湖の湖畔に続く約7万本もの早春に咲き誇る梅の花はまだ5分咲き程度とはいえ圧巻でした。
そして梅の産地らしく、芳香が行きわたり華やかな雰囲気に包まれていました。
CIMG3544.jpg

そして次は最後の目的地「三方石観世音(みかたいしかんぜおん)」へ…
三方石観世音は本尊は弘法大師が刻んだといわれる片手観音で古くから手足の不自由 な人々の信仰が厚いと言われています。
CIMG3583.jpg

CIMG3561.jpg

辺りには山の気配が漂う中、みんなで階段をひたすら上がりました(笑)
CIMG3578.jpg

CIMG3563.jpg

杉木立に囲まれるように建っている本堂へ上がり係りの人のお話を聞きました。
約1200年前の延暦年間に、この山に宿られた弘法大師様が、ある夜 境内にある御影石に霊像を刻んでいたが、夜明けとともに鶏の鳴く声が聞こえたので右手首から先を掘り残して下山したという言い伝えが残る片手観音様だということでした。
観音像は秘仏であり、一般に公開されるのは33年に1度だそうです・
最近では平成5年に公開されているということでした。
CIMG3568.jpg

境内には弘法大師を慌てさせたという「鶏の石像」もありました。
CIMG3577.jpg

一番奥の展望台に上がれば三方五湖が見渡せるとのことでしたが、時間の関係で諦めてバスに戻りました(笑)
写真は車中から見た三方五湖です(笑)
CIMG3555.jpg

予定を終了して、バスは大阪に戻りました。
行きもそうでしたが,車内からはまだかなりの雪が見ることもできました。
朝7時に集合してから夕方6時半過ぎまでの日帰りツアーでした。
その後も天王寺で夕食も済ませ妹とは別れました。

真っ青な若狭湾、三方五湖の湖畔には圧巻の梅、三方石観世音では独特の雰囲気
昨日はお天気にも恵まれ、とても暖かい日でした。
そして何よりも姉妹で約12時間以上2人で思う存分お喋りも出来ました(笑)

私にとっては代打の急な誘いでしたが、とてもラキーな一日でした。





すご~く寒かったので…

2015.03.12.17:11

一昨日、毎月2人で歩いている友達と神戸岡本方面へ行きました。
私には全く初めてのコースでした。

阪急岡本駅からまず「保久良神社(ほくらじんじゃ) 」を目指しました。
駅前から緩やかだけど坂道が続きます。
そして参道に入ると、かなりきつい坂道が続きました。
CIMG3444.jpg

CIMG3446.jpg

途中の景色も楽しみながら…
とても寒い日っだったけど、この辺りでは熱くなり上着を脱ぎました(笑)
でも高度を上げるたびに大阪湾や瀬戸内海の風景が、どんどん眼下に広がるので、退屈せずに歩けました。
CIMG3443.jpg

CIMG3447.jpg

やがて、こんな表示にホッとしたり、納得したり…(笑)
CIMG3445_convert_20150310201352.jpg
        CIMG3449_convert_20150310201439.jpg

長い参道でしたが、やっと「保久良神社」が見えてきました。
保久良神社は六甲山系金鳥山・保久良山の中腹に位置し、須佐之男神、大歳御祖神、大国主命、椎根津彦命を御祭神とする神社ということですが、工事中だったので西側の斜面に約250本の梅が植えられている保久良梅林へ・・・
CIMG3450.jpg

CIMG3454.jpg

梅はまだ3~5分咲きでしたが山の中腹の谷にあり、バックには風光明媚な神戸ならではの風景が観ることができました。
CIMG3471.jpg

CIMG3462.jpg

CIMG3461.jpg

CIMG3468.jpg

時々雪が舞っていましたが眺望の良い梅林にうっとりしました。
熱い飲み物とおやつで休憩後、今度は岡本梅林公園を目指しました。

今度は急な下りです。
前日の雨で足元が緩んでいたので前を歩くグループも慎重に下っていました。
CIMG3477.jpg

CIMG3478.jpg

やがて「岡本八幡神社」を通り「岡本公園」へ…
CIMG3480.jpg

CIMG3521.jpg

「岡本公園」周辺はかつて「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われる程有名な梅林地帯だったそうです。
昭和57年に開園された梅林公園で神戸市が管理し面積は4566㎡で一般には「岡本梅林公園」とも呼ばれています。

高台の上に整備されている梅林へ入ると、とても良い香りがしました。
CIMG3484.jpg

CIMG3488.jpg

CIMG3490.jpg

CIMG3518.jpg

CIMG3519.jpg

CIMG3505.jpg

CIMG3493.jpg

CIMG3497.jpg

CIMG3495.jpg

飛び梅、紅梅、白梅、枝垂梅など約36品種190本ほどの梅の木があり、結構人もいました。
でも食べ物の匂いなどもなく存分に梅の香をかぐことも出来、静かでほっとするような梅林でした。
.
また公園からは神戸の街並みを一望することができました。
CIMG3499.jpg

CIMG3510.jpg

今回は私がまだ行ったことのない岡本辺りの観梅ハイキングということでした。
時々雪が舞うとても寒い日でした。
歩いている時は良いのですが、立ち止まるとすぐに身体が冷えました。

「保久良神社」も工事中でも入ろうと思えば行けたのですが…
「岡本八幡神社」も素通りしました。

また保久良梅林からは金鳥山に続くハイキング道もありました。
いつもなら絶対足を向けるのですが…(笑)
でも今回は迷わずスルーしました。

なので予定時間より早くハイキングを終え岡本駅の周辺で時間を過ごしました。
昔から大邸宅が立ち並ぶ、関西屈指の高級住宅街を目で楽しみました(笑)

また「岡本商店街」にはたくさんのオシャレなお店がありました。
私たちは気の向くままお店に入り、少しだけお買い物も…(笑)

多くの学生が集う「キャンパスの街」でもあります。
若者が多いイタリアンのお店で遅めのランチやお茶もしました(笑)

今回は「見晴らしの良い観梅」にプラスして古くから歴史と文化、ファッションの街として様々な表情を持つ「新しく懐かしい街」を楽しむことができました。

かなり寒かったということで予定をちょっと変更したけど、いつもとは違う月一の彼女とのハイキングに今回も大満足して帰ってきた私です(笑)


















とても怪しい電話でした。

2015.03.09.17:01

最近では家の固定電話が鳴ることは少なくなりました。
それに、なるべく登録している番号だけに出るようにしています。
フリーダイヤルには基本出ないことにしています(笑)

先日から留守の間に着信歴に何度か同じ番号が入っていました。
私には心当りはないが大阪市内だし、とてもわかり易い番号でした。
06から始まり後に続く8桁のうち同じ数字が5個入っています。
でも何度もかけているのに留守電へのメッセージは入っていません。

先日お昼前その番号で電話が鳴ったので私は出てみました。
「保険の総合代理店ですが、保険料が安くなる資料を送ったのでご覧下さい」
そして「今どこの保険会社に入っていますか?」と…
私は「保険会社を言うのですか?」と聞き返すと
「保険会社を聞けばどんな保険があるか分かります」と言うのです。

私は保険も火災保険や医療保険など色々あるし…それも聞かないで何が分かるの?と思いながら「保険も色々あるけど」と言った途端ガチャンと電話は切れました。

今までにも3回着信歴が、時間も昼2時~3時頃や夜7時過ぎとまちまちです。
4度目の先日私が出た電話はお昼12時前 した。
話している途中でいきなり切れたのも気になりました。

電話番号を検索すると…事業者名も住所も未登録でした。
「保険の総合代理店」を名乗っていたのに…
でも 検索回数(:4891)  アクセス数(:3130)  となっていました。

そして何件かの口コミもありました。
留守電に切り替わると無言ですぐに切るというのと、私と同じく保険の話したあと電話を一方的に切るというのが殆どでした。
多分留守を探っているのでなないかと…というのが多くの口コミ見解でした。

既に一週間にはなるけど…電話で言ってた資料もまだ届いていません(笑)
すごく特徴のある番号ですが…真意も解りません。
ちゃんとした確証はないけど…やはり怪しいです。

ゆっくり再度会話を思い出すと…保険代理店というだけで社名もなかったし、保険の種類も何も言わずこちらの名前の確認もなかったです。

今までは煩わしい勧誘の電話を避けようと居留守を使っていた事もあるけど…
もし留守宅を確認していたのなら…私が今回偶然電話に出たのが良かったのかな?

ちょっと気持ち悪いし、気を付けないといけないなぁ~と思いました。
そして勿論今回この番号は迷惑電話に設定しました。
皆さんも気をつけてくださいね。


CIMG3295.jpg



今回は泣きました。

2015.03.06.17:10

今年も年に一度クリスチャンの妹とのリーガロイヤルホテルでの食事会に行ってきました。
平日ということで私が仕事を辞めてからなので6回目です。
CIMG3406.jpg

私はクリスチャンではないのですが毎年気持ち良く会場の席に着いています(笑)
CIMG3407.jpg

3階の「光琳の間」には、既に大勢の人が集まっていました。
今までは多くても500名位だったのですが今回は約800名の出席者でした。
CIMG3408.jpg

まず開会の挨拶の後、コーラスから始まりました。
CIMG3410.jpg

次は以前放送されていたNHK教育TV「ゆかいなコンサート」で歌のお姉さんを務めた、「森佑理(もりゆり)」さんがミュージカルスペシャルとして見事な歌を披露されました。
CIMG3412.jpg

途中彼女は20年前の神戸の震災では弟さんを亡くしたと話しました。
当時、弟さんは神戸大学の4年生で神戸の東灘区で下宿をしていたそうです。
既に就職も内定が決まっていたのですが、家の下敷きになって亡くなったとのこと。
その時の思いなどを話されました。

私は思わず涙しました。
そして同じくこの震災で亡くなった義父のことも思い出しました。
他の多くの人も同じようにハンカチで涙を拭っていました。

そして今回の講演は横田早紀江さんの「愛はあきらめない」でした。
1,977年にめぐみさんが拉致された事から話は始まりました。
最初は拉致なんて考えられなくて、なにか事故にあったのでは?と…
CIMG3421.jpg

そして20年経って北朝鮮で生きていると言う情報を…
その後のことは私たちもテレビや新聞などのニュースで知っている通りです。

早紀江さんが最初に壇上に上がった時の私の印象は以前テレビで見た時より声も小さく「大丈夫かな?」と思いました。
そして彼女自身も最近段々声が出なくなっていると言っていました。

静かに色んなことを話し始めて、やがて既に帰国された曽我ひとみさんの話に触れ、彼女から北朝鮮でのめぐみさんとの会話を聞いた時のことを話をされた早紀江さんの声はそれまでより、弾んでいる様に私には聞こえました。

そして、今まで拉致のことを訴えた時の快い応対にあった事を話された時もそれまでより声のトーンは上がっているように聞こえました。

彼女はめぐみさんがいなくなってから辛い気持ちの時期に聖書を読んで救われたということです。
そして今では「空気が美味しい」と感じることもできると…

早紀江さんの講演を聴いてやはり親としての辛い気持ちを改めて感じました。
今更ながら、なぜこんなことが起こったのか納得できません。

私は早紀江さんが聖書によって少しでも心が救われ、気持ちを落ち着かすことができたのなら心から良かったと思いました。
又めぐみさんの娘キム・ウンギョンさんにめぐみさんの面影があることも早紀江さんは少しは気持ちが安らぐのかとも…

正直今後もどうなるかわかりません。
無事めぐみさんはじめ拉致された人たちが日本へ帰れることが一番ベストです。
でもやはり今の現状では難しいとしか言えないのではないでしょうか?

この日も朝5時に家を出て5時間かけて大阪まで来られたということでした。
現在79歳の早紀江さんには大変だと思います。
でも彼女にとっては、みんなに訴えることで自分を支えてるのかも知れません。

そして私たちは彼女の訴えを聞くことしか出来ないのではないかと思いました。


その後はいつもの会食の時間でした。

カリフラワーのクリームスープ
CIMG3422.jpg
            CIMG3425.jpg

仔牛のローストフィレンチェ風 彩り野菜 シュプレームソース
CIMG3427.jpg

ビーツのサラダ マスタードドレッシング
CIMG3429.jpg

柑橘類のシャーベット
CIMG3430.jpg

クリーミなあまおう苺とベルベーヌとコーヒー
CIMG3433.jpg
             CIMG3434.jpg

今回はやはり何度か涙が出ました。
会場も何度かシーンとなりました。
そして何かを信じることの大切さも知りました。

最後にこれからも早紀江さんが美味しい空気を味わえることを祈った私です。

今回は大阪で観梅ハイキング!

2015.03.03.17:11

昨日はサークル「京都であそぼっ!」の3月オフ会でした。
近鉄道明寺駅にゲストのお二人さんを含め参加者5名が集合。
CIMG3284.jpg

今回は観梅ハイキングということで京都を離れ、大阪の道明寺駅⇒道明寺天満宮⇒玉手橋⇒玉手山公園梅林⇒安福寺・玉手山古墳群⇒河内国分駅というコースでした。

早速私たちは「道明寺天満宮」へ…
CIMG3286.jpg

CIMG3325.jpg

まず私たちは本殿にお参りを…
CIMG3289.jpg

菅原道真公をご祭神とする当天満宮は約80種800本が咲く梅の名所として知られ、毎年2~3月には梅祭りが行われています。
梅林に入ると豊かな香りとともにちょうど見頃の梅が綺麗に咲いていました。
CIMG3300.jpg

CIMG3298.jpg

CIMG3299.jpg

CIMG3301.jpg

CIMG3292.jpg

CIMG3304.jpg

CIMG3310.jpg

CIMG3306.jpg

CIMG3308.jpg

梅園を出て、今度は盆梅展も楽しみました。
CIMG3312.jpg
CIMG3318.jpg

天満宮で充分観梅を堪能した私たちは道明寺駅近くまで戻り、少し早めのランチを済ませました。
CIMG3324.jpg

食後は石川に架かる長さ151メートルのつり橋の「玉手橋」を渡りました。
CIMG3333.jpg

CIMG3331.jpg

左岸は藤井寺市道明寺3丁目で右岸は柏原市石川町・玉手町ということです。
1928年当時の大阪鉄道(現:近鉄)が、道明寺村(現:藤井寺市)側にある道明寺駅から石川対岸の玉手村(現:柏原市)側にある玉手山遊園地への通行路として設置したが、現在は主に柏原市内の玉手山西側の地区から近鉄道明寺駅を利用する通勤・通学者が利用しているそうです。

やがて玉手山公園に到着した私たちはまず展望台へ…
CIMG3345.jpg

遠くには微かにアベノハルカスも見えました。
CIMG3341.jpg

展望台には誰もいなく、ちょっと寒かったけど5人でコーヒータイムをしました(笑)
ゲストで参加した京都にお住まいのYさんからの差し入れも美味しく頂きました。
またもう一人のゲストHさんからはいつものハーブやハーブ水などを頂きました。

決してこんな気遣いはして頂かなくて良いのですが有り難く頂戴しました(笑)
CIMG3336.jpg

展望台からゆっくり景色を眺め、休憩をした後、公園梅林へ…
CIMG3346.jpg

CIMG3347.jpg

CIMG3348.jpg

見晴らしの良い梅園は既に満開でした。
CIMG3360.jpg

CIMG3353.jpg

ほとんど貸切状態の梅園を5人でゆっくり散策。
CIMG3356.jpg

CIMG3363.jpg

CIMG3361.jpg

CIMG3367.jpg

先に行った天満宮とはまた違う雰囲気の中、散策道をゆっくり歩きながら紅白の梅と甘い香りを満喫しました。

玉手山公園ふれあいパークの一帯は、4世紀の古墳群でもあり、大坂夏の陣で、大坂方の先陣・後藤又兵衛らが奮戦した古戦場でもあったようです。

その後私たちは安福寺(あんぷくじ)へ…
最初の小さな門をくぐるとすぐに参道の両側に安福寺横穴群が広がっていました。
CIMG3371.jpg

CIMG3373.jpg

CIMG3401.jpg

CIMG3375.jpg

坂道になっている参道を上がると本堂がありました。
CIMG3379.jpg

CIMG3386.jpg

CIMG3385.jpg

また、境内には明治時代に玉手山3号墳(勝負山古墳)から出土したとされる「割竹型石棺蓋」が置かれており、かつては手水鉢として使われていたそうです。重要文化財に指定されているそうです。
CIMG3391.jpg

CIMG3392.jpg

安福寺の物静かな佇まいには、気持ちが落ち着くと同時に感動もありました。

私たちは、ちょうど見頃の2箇所の観梅と最後には穏やかな雰囲気の安福寺に納得して河内国分駅へ向かいました。
そして駅前の喫茶店で最後のティタイムをして各自帰途につきました。
この日は約12000歩のハイキングになりました。

今回はハイキングということで私が担当しました。
またゲストとしてお二人の方にも参加して頂きました。
サークル「京都であそぼっ」ではこれからもゲストさん大歓迎です。

もし少しでも興味のある方は一度お試しに参加してみてください。
決して入会を強制致しません(笑)
管理人さん共々お待ちしています。

今回もお天気にも恵まれ笑い声も多く、楽しいハイキングになったかな!?
参加された皆様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。



犬山城と城下町お雛めぐり

2015.03.01.16:38

先日友達に誘われて「おひな祭りと尾張国宝めぐり」という日帰りバスツアーに行ってきました。

朝6時半に天王寺の集合場所へ…
早速バスは高速を走りツアーの定番のファッション工房や信楽陶苑などの見学。
CIMG3221.jpg

その後昼食を終え、やがて犬山城下町へ…
CIMG3222.jpg

ここで自由行動になり私たちは犬山城内へ
CIMG3258.jpg

城門をくぐると犬山城の雄姿が…
CIMG3257.jpg

国宝指定4城(他は姫路城、松本城、彦根城)の一つで木曽川の南岸にそそりたつ犬山城は豊臣秀吉が生まれた天文6年(1537)、織田信長の叔父である織田信康によって創建された、現存する日本最古の木造天守閣です。
CIMG3256.jpg

現在は天守のみが 現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつでもあるそうです。
CIMG3227.jpg

53段の急な階段を4階まで駆け上がり天守からの風景を確認(笑)
南の方には尾張富士や本宮山を観ることができました。
CIMG3241.jpg

西の方向には遠くに御在所岳(ほとんど写っていませんが…)、
そして近くには伊木山やライン大橋が…
CIMG3231.jpg

もちろん北側には木曽川が…
CIMG3235.jpg

そして東側の遠くには御嶽山が見えるそうですが…
ツインブリッジ犬山橋ははっきり見えました。
CIMG3238.jpg

降りはゆっくり各階を確認しながら…
CIMG3249.jpg

神木「大杉様」
天守閣の東方に櫓に囲まれた杉の木がありました。
この杉は元々、犬山城よりやや背が高く、伊勢湾台風の際、落雷があり枯れてしまいました。
それ以降、地元の住民は、杉の木が犬山城の身代わりになってくれたとして、しめ縄をして祀っているそうです。
CIMG3252.jpg

CIMG3253.jpg

その後私たちは城下町へ
CIMG3268.jpg

CIMG3283.jpg

この時期「犬山城下町おひなさまめぐり」が開催されていました。
雰囲気の良い建物が多い中を歩きながら そんな中でも、ひときわ目立つ建物が…

「旧磯部邸」 
奥行き58mの町家で、屋根が丸くカーブしていました。
CIMG3280.jpg

私たちは早速中へ…見事なお雛様がずらりと・・・
CIMG3269.jpg

CIMG3270.jpg

CIMG3271.jpg

CIMG3275.jpg

CIMG3278.jpg

CIMG3276.jpg

いろんな見事なお雛様にうっとりしたり、時にはため息も…(笑)

「旧磯部邸」は江戸期の建築様式を持つ木造家屋で主屋は幕末に建てられたと伝わっています。
緩やかなふくらみのある「起り屋根(むくりやね)」は犬山市内の町家で唯一現存しており、正面は2階建て、裏は平屋の「バンコ二階」と呼ばれる造りになっています。
敷地は間口が狭く、奥行きが広い「ウナギの寝床」のようで、中庭、裏座敷、土蔵などもありました。

磯部家は江戸時代から「柏屋」の屋号で手広く呉服商を営んでいた商家で、戦後は製茶、販売業に転じたとのことです。

又建物は幕末から明治初年にかけて建築され、数度の改修が施されている。
平成17年に国の登録有形文化財に登録され、城下町の景観整備の先導的な役割を目的として整備されたということです。

私たちは他にも「有楽苑」にも行きたかったのですが…
バスに出発時間の関係で今回は諦めました(笑)

できることなら城下町ももう少しゆっくり廻りたかったのですが…
やはりツアーではゆっくりまわることは無理なようです(笑)

でもお天気にも恵まれ友達ともバスの中での会話も弾みとても楽しい一日でした。

プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR