嬉しいけど10年先では…

2015.07.24.17:03

新国立競技場の計画案を白紙撤回された事はニュースでみんな知っています。
そして政府は2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備計画を再検討する関係閣僚会議を発足させたとのこと。

ニュースでは今秋までに新計画を策定する方針を確認、安倍首相も「新しい計画の策定に全力を挙げ、内閣全体として責任を持って建設を進める」と強調したこと、また契約済みの59億円は大半は戻らずとも報じていました。

そんな時私は数日前、「大阪モノレール9キロ延伸計画、府と東大阪市合意へ」という記事を目にしました。
延伸計画は以前から聞いていたが大阪府の財政面の問題で凍結されていました。

でも今回、府が年内にも事業化を決定する見通しとなり、府事業費約740億円のうち、府が267億円、東大阪市が66億円を負担することで府と市が合意。
そして残りは国の補助金(55%)で賄うことになったそうです。
事業化が正式決定すれば2018年にも着工を始め、25年の完成を目指すことに。

現在終点の門真市駅から、東大阪市瓜生堂(うりゅうどう)まで南に約9キロを延伸。
市営地下鉄長堀鶴見緑地線やJR学研都市線、近鉄奈良線などと接続させるために4駅を新設するということ。
ラッキーなことにその4駅の一つが私の使っている路線に接続されるようです。

日本最長のモノレールである大阪モノレール線は、大阪府豊中市の大阪空港駅から門真市の門真市駅を結ぶ大阪高速鉄道の跨座式モノレール路線で、北大阪地区のターミナルである千里中央から、大阪国際空港(伊丹空港)や万博記念公園などへのアクセス路線として利用されています。

私も伊丹空港や万博公園へ行く時は利用しますが乗り換えが多いのと、かなりの遠回りがいつもチョット気になっていました(笑)
でも今回の延伸計画により、かなりの距離と時間が短縮されます。
それに他にもアクセスが良くなるところもあります。

新国立競技場の件では当初の総工費1300億円が2500億円以上にオーバーした挙句、その理由も責任者もいまだによくわからないというお寒い状況にその計画のさまざまな問題を指摘する声が上がっています。
やはりこの際安倍首相の発言通り「内閣全体」が責任を持って計画を進めていただきたいと思います。

また今回のモノレール延伸の総事業費は約1050億円になり、府は今後大阪市など他の沿線自治体とも協議するということですが…このまま順調に事業化が正式決定し開通に向かって行く事を願います。
でも2件ともあまりにも巨額な金額に私はピンときませんが…(笑)

特に新国立競技場は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる予定で、今頃計画が迷走してる場合ではないと思うのですが…

一方モノレール延伸計画は2018年以降に着工し、開通は約10年先だという事。
記事を読んで単純に延伸を喜んでいた私ですが10年先だと聞いて…
チョット複雑な気持ちです(笑)
開通する頃まで今のように元気に出歩いているかどうか疑問です(大笑)

でも「 府民全体の利便性が格段に向上し関西全体の潜在力アップにつながる」と語っている責任者の人たちの言葉を信じてこれからも大阪府民の1人として見守っていきたいと思います。
そしてできることなら開通したらぜひ一度でもモノレールに乗って万博公園へ行ってみたいとも思っている私です(笑)

またそれ以上に何よりも新国立競技場の新計画を順調に進め2020年「東京オリンピック・パラリンピック」が無事開催されることを願いたいと思います。

大阪モノレールパンフレットから拝借
129021088_v1333454314.jpg
スポンサーサイト

なんとか繋がっています。

2015.07.21.17:05

私は1年位前に「無縁(むえん)社会~結縁(ゆうえん)社会に…」というブログを書きました。
マンション内や地域全体でも無縁社会~結縁社会へということで「イベント・行事への参加」「活動への参画等を通してつながりを…」そして生きがいや健康づくりに取り組む為にも、色んな交流の場を大切にしょうと…という内容でした。

私はその後マンション内でのシニアを対象にした行事等には、できるだけ参加し…
そして地域の活動やイベントにもなるべく参加するようにしています。

私が今のマンションに来る前も同じ大阪市✩区に住んでいました。
なので住所は大阪市✩区○町~大阪市✩区△町に変わっただけです。

80世帯あるマンションは町会には属さず自分達だけで自治会を構成しています。
でも私は以前の町会の人に誘われ、今も以前の地域交流をしています。

今月は「健康講座」として保健師さんからの感染症予防としてこれからの時期特に手洗いの重要性などについての講話などを受けました。

また他にも日常使われている製品を通じて皮膚から有害性のある化学物資が体内に吸収される「経皮毒」などについてもお話を聞きました。

私たちの日常生活は利便性を追求した結果、石油から作られた合成化学物質を原料とした化学製品の使用を避けて通れないこと。
食料品はもとより、日用品や日用雑貨、家庭用農薬や医薬品に至るまであらゆるものが合成化学物質で作られ、その中には有害な化学物質を含むものが存在すること。
化学物質は目に見えないほど小さいので皮膚の毛穴などから体内に入り込むこと。
そして蓄積されやすく簡単には排除できないこと


経皮毒の化学物質は人間に体に様々な影響を与えるので、恐ろしさを正しく理解し、できるだけ有害な化学物質を避けるよう心掛けて欲しいとのことでした。

そして例として…
・健康によい食品を選ぶ
 食物連鎖の下位のもの、たとえば新鮮な果物や野菜などを選ぶ
  手に入るなら有機栽培の農産物を選ぶ
  加工食品は避ける
  肉や魚は「清浄」な産地品であることを確認する


・家の中を常に清潔に保つ •
 家の中のチリ(ハウスダスト)をいつも最小限に抑え、どの部屋も十分に換気する

・日常生活で使用するものの素材に気をつける
 化粧品やパーソナルケア製品は、石油化学製品や合成添加物の含まれてないものを選ぶ
  フローリング材には、PVC(塩化ビニル)ではなく天然素材を選ぶ
  子どもに与える玩具には、木製か金属製のものを選ぶ


また前回の5月には「ごきぶり団子」を作りました(笑)
私一度は「マンションはゴキブリでないので…」とやんわり断ったのですが…
毎年作ってお年寄り家庭に配布しているので協力をと言われ参加しました。

ゴキブリ団子は牛乳、小麦粉、ホウ酸、玉ねぎ、砂糖を耳たぶ程の柔らかさにこね、団子に丸める作業は参加者26名で、手早く出来上がりました。
ほとんどに人は何個か持ち帰りました。
私は初めの参加でしたが毎年行われている作業だということでした。

今月の「健康講座」は普段から何となく心掛けていることでした。
5月の「ゴキブリ団子」は正直私には必要ありませんでした(笑)

でもこのような行事を通じてみんなと交流できること、少しは誰かに役立てたことに結縁社会へ繋がっているかな~と思った私です(笑)


DSC02339.jpg



桔梗の寺を独り歩き。

2015.07.17.16:58

先週、急に奈良・元興寺(がんごうじ)の桔梗が見たくなって行ってきました。
暑いけど、奈良まで乗り換え入れても40分で行けると思いつき…(笑)
DSC02169.jpg

折角なので狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並び、ほぼ全域が元興寺の旧境内にあたるとされている「ならまち」を通って…
DSC02170.jpg

DSC02174.jpg

DSC02173.jpg

DSC02175.jpg

DSC02176.jpg

やがて元興寺へ…
DSC02179.jpg

DSC02181.jpg
DSC02180.jpg

早速拝観料500円を払い門を潜りました。

「極楽坊本堂(ごくらくぼうほんどう」
角柱や天井板には、奈良時代のものが使われています。
使われている木材が歴史を感じさせてくれる建物で、国宝に指定されています。
DSC02214.jpg

私は靴を脱いでお参りしました。
本堂前には蓮も…
DSC02229.jpg

寄棟造りで屋根は飛鳥時代からの瓦を使用しており、飛鳥時代や奈良時代の古瓦が残る部分 赤茶色のものが、飛鳥寺から伝わった日本最古の瓦だということです。
DSC02232.jpg

桔梗は本堂の南側のやや奥に咲いていました。
DSC02218.jpg

DSC02192.jpg

DSC02191.jpg

白の桔梗が目立っていました。
DSC02195.jpg

小さい石佛や灯篭が区切られた枠の中に100体前後づつ整然と並べられその石佛の隙間から 桔梗が首を伸ばすように突き出して咲いていました。
DSC02200.jpg

DSC02201.jpg

その後私はゆっくり境内を一周。
DSC02228.jpg

元興寺は萩の寺としても有名です。
本堂や禅室の後ろに回ると萩がいっぱいでした。
9月が楽しみです。また気が向けば来ようかな~と(笑)
DSC02231.jpg

どっしりと構えたガマガエルのような石があり…
古くから有名な奇石で蛙石と呼ばれているそうです。
DSC02209.jpg

DSC02236.jpg

また境内の隅には「万葉歌碑」もありました。
DSC02238.jpg
しらたまは人に知らえず知らずともよし
知らずとも 我れし知れらば 知らずともよし

 (万葉集 巻6 1018 元興寺僧

「海底の真珠は、人に知られない。知らなくてもよい。人は知らなくても私が知っていたら、人は知らなくてもよい」という意味に私はなんとなく共感しました(笑)

その後元興寺を出て猿沢池のほとりへ…池の周りは部分的に工事をしていました。
でも私は池と五重塔を眺めながら池沿いのベンチに座り、途中美味しそうなパン屋さんで買ったパンを…(笑)
DSC02254.jpg

DSC02246.jpg

休憩後折角なので興福寺北参道へ…鹿にも会う事ができたのですが
修学旅行生や外人の観光客で溢れていました。
DSC02263.jpg

DSC02265.jpg

私は余りにもの多い人出に、その日の散策を終わり駅に向かいました(笑)
DSC02272.jpg

その後、駅前の商店街に戻り、時々立ち寄る新鮮な野菜などを置いている小さなお店でナス・きゅうり・トマト・三度豆などを買って電車に乗るという一人で行っているから出来る行動です(笑)

朝、突然思いつき9時過ぎ家を出て、10時過ぎにはならまちを歩き…
元興寺では人も少なく、ゆっくり境内を周り、歴史を感じさせてくれる建物や桔梗を観ることができました。
特に石佛群とキキョウの競演になんとなく心が落ち着いた私は自分が「日本人」だと認識も…(笑)

時には大阪城や近くの公園を独り歩きすることはあっても…
いつもは友達やハイキング仲間と行動することが多いのですが…
たまにはこんな独り散策も良いかなぁ~と思った私です。




睡眠を考える

2015.07.14.17:00

ここ何年か前から私も含め「朝早く目が覚める」「なかなか寝付けない」「一旦寝ても途中で目が覚める」「昔ほど一度に長時間眠れない」等…と友達とよく会話をします。

そんな時、月に一度配布される地域のある会で発行される「○○会報」の記事で医師の先生による「みんなの診察室」というコーナーの記事を読みました。
お題は「睡眠を考える」でした。

※ まず年齢とともに睡眠は変化します。
※ 健康な高齢者の方でも睡眠が浅くなり、一旦寝ても途中で目が覚める中途覚醒や朝早く目覚める早朝覚醒が増加しますとありました。

すなわち年齢とともに体力が落ち、老眼になり、白髪が増えます。
それと同じように睡眠にも変化が生じます。

第一の変化は、高齢者では若い頃にくらべて早寝早起きになることです。
これは体内時計の加齢変化によるもので、睡眠だけではなく、血圧・体温・ホルモン分泌など睡眠を支える多くの生体機能リズムが前倒しになります。
したがって高齢者の方の早朝覚醒それ自体は病気ではありません。
眠気が出たら床につき、朝方に目が覚めて二度寝ができないようであれば床から出て朝の時間を有意義に使いましょう。

そして先生の体験としてやはり睡眠薬は骨折などの事故につながりやすいし依存に陥りやすいので…
どうしても眠れないという患者さんにはベンゾジアジピン系のきつい薬は出さず最近多く出てるやさしい眠り薬を処方しているそうです。

注意事項として…
早くから布団に入らずできるだけ起きていて眠くなったらすぐ横になること。
あす何時に起床するかを決めること。
寝る前には興奮するようなテレビを見たり小説を読まないこと。
本を読むなら難しい本を読めばいやになって眠れると…
(現に小生も医学書などを読もうとするとすぐ寝てしまうとありました(笑))

また体を温めると眠くなります。
つまりお風呂に入って体を温めたりやカレーなどを食べると眠くなります。
それは食後胃や腸に血液がたくさん流れるので眠くなる様に、体を温めると全身に血液が回って、相対的に頭に血液が行かないということです。

眠れないからといって死ぬことはないが薬を飲むことで死ぬことがあると…説明し
「眠れないなら逆に起きて勉強やら自分を磨く事するとかしてはいかがですか」そして「認知症にもつながると思います」と患者さんには言っているようです。

私自身も家に居るときは気が付けばお昼寝?をしています。
テレビを見ていてついウトウトしてしまうことが多いのです(笑)

夜もそれなりに寝付けるのですが若い時のように朝まで長時間グッスリとはいきません。
小刻みにしか眠れません(笑)
時々ですが一度夜中に起きておトイレに行ったあとなかなか寝付けない時もあります。

ただハイキングなどに行った時などは寝付きも良くさすがに夜中には目が覚めなくても4時ぐらいには目覚めます(笑)
やはり連続で5時間以上は眠れません。
昔8時間ぐらい眠り続けたのが懐かしいです。
すぐに二度寝も出来ました(笑)

今回記事を読んでなんとなく納得したり、安心もしました。
そして少しでも参考にしたいなぁ~とも思いました。
でもやはり自分の加齢変化にちょっと複雑な気分にもなった私です(笑)


先日水生植物園で見かけた「アメリカフヨウ」
DSC02143.jpg

水生植物園みずの森

2015.07.11.11:15

先日万博公園でハスと睡蓮を見て思い出した場所があります。
かなり前になりますが、勤めていた頃仲良し4人でよく旅行していました。
旅行の行き先は忘れましたが、その時立ち寄った「水生植物園みずの森」を…

「水生植物園みずの森」は琵琶湖に面した風光明媚な場所にあり、季節ごとに移り変わる風景を楽しむことができる植物園。

特に初夏には日本最多の160種類以上のスイレンのコレクションが見られ…
また園の東側からは琵琶湖に咲く野生のハス群生地が望めるということでした。
でも以前行ったのは、この時期では無かったのでいつか行きたいと…(笑)

そしてラッキーなことに万博公園から1週間後に行く機会ができました(笑)
正面ゲートを入ると期待通りの風景が目に飛び込んできました。
DSC02155.jpg

正面ゲートから入ってすぐは噴水のある広場になっています。
DSC02156.jpg

DSC02161.jpg

ハスやスイレンのほか季節の花が置かれとても華やかです。
DSC02081.jpg

DSC02163.jpg

DSC02164.jpg

フラワーバスケットと水生植物を組み合わせたウォーターガーデン。
水面に映った影が綺麗でした。
DSC02086.jpg

DSC02085.jpg

アーチとハンキングバスケットが池に映る花影の池
DSC02145.jpg

DSC02144.jpg

DSC02146.jpg

各種スイレンが植えられた池。
DSC02108.jpg

DSC02111.jpg

DSC02119.jpg

DSC02117.jpg

DSC02118.jpg

その後ゆっくり園内を散策。
DSC02084.jpg

DSC02088.jpg

DSC02103.jpg

DSC02100.jpg

向こうの方に百合?と思われる花が…足早に近づくと…(笑)
「サクユリ」
ヤマユリの変種で、直径が25~30cmにもなる世界で最大のユリだという事。
DSC02132.jpg

DSC02134.jpg

「ヘメロカリス」(別名:デイリリー)
夏に咲き、まるでゆりのようでした。
DSC02089.jpg

DSC02094.jpg

五月雨萩(さみだれはぎ)の花も咲き始めていました。
DSC02099.jpg

次に琵琶湖のほとりに見えるハスの群生を観ようと…大きく園を周りました。
DSC02127.jpg

DSC02122.jpg

広い琵琶湖は蓮の葉は見えましたが、でも残念ながらまだ花は咲いていませんでした。
DSC02126.jpg

DSC02124.jpg

DSC02128.jpg

以前からこの時期になると「水生植物園みずの森」を思い出していました。
でもなかなか機会もなくて…
でも今回やっとチャンスに恵まれ行くことができました。

特に睡蓮の種類や数の多さに圧倒されました。
ただハスの群生地は見えたけど花はまだでした。
やはり7月末から8月にかけてが見頃だということでした。

おかげで自然風の植栽や流れる水の心地良い雰囲気と広い琵琶湖の景色を満喫できた一日でした。

ハスと睡蓮と紫陽花と…

2015.07.05.16:42

いつも月一で歩いている友達と今回は梅雨の時期だし暑いということでハイキングではなく万博公園へ行ってきました。
DSC01962.jpg

太陽の塔と整備された園内を見ながら日本庭園方面へ…
DSC01963.jpg

DSC01964.jpg

DSC02059.jpg

何度も観ている景色ですがやはり見ごたえがあります。
DSC01969.jpg

DSC02024.jpg

私たちはまずこの時期ハスと睡蓮を観ようと…
DSC02018.jpg

DSC01981.jpg

DSC01979.jpg

DSC01991.jpg

DSC01994.jpg

DSC01989.jpg

DSC01977.jpg

同じ池に睡蓮も
DSC01984.jpg

DSC01986.jpg

DSC01987.jpg

DSC01988.jpg

睡蓮とハスの違いは水面に咲くのが睡蓮。水面より上の方で咲くのがハスです。

※ハスの特徴は
1 .浮き葉(水面に浮いた葉)と立ち葉(水面より高く上がる葉)があり、
2 花は水面より高く上がり咲き、
3 .葉の表面には撥水性があり、水を掛けるとコロコロと水玉になります。

※一方、睡蓮の特徴は
1 .浮き葉のみで、(熱帯スイレンの中には立葉のように見える物がありますが、さほど高く水面を出ることはありません。)
2 .花は水面で咲き、(これも熱帯種の中には水面より出て咲くものがありますが、ハスほど高くはありません。)
3. 葉には撥水性はありません。

※ ヨーロッパではハスとスイレンを総称してロータスと呼び(アメリカではハスをロータスと呼び、スイレンをウォーターリリーと呼んで区別しているということです。


ハス池を後にして散策していると私たちの目の前に「タイサンボク(泰山木)」の花が…
DSC01999.jpg

他に「ネムノキ」も…
DSC02005.jpg

DSC02001.jpg

ザクロの実も見ることができました。
DSC02010.jpg

足の向くまま歩いていると先月「両足院」で見た半夏生も…
DSC02011.jpg

菖蒲もかなり遅かったけど…頑張っている花も…(笑)
DSC02014.jpg

DSC02015.jpg

そして今度は自然文化園 あじさいの森へ…
DSC02047.jpg

DSC02031.jpg

DSC02045.jpg

DSC02042.jpg

その後も私たちは園内を足の向くまま散策。
DSC02051.jpg

DSC02058.jpg

DSC02057.jpg

総敷地面積は264ヘクタールで、阪神甲子園球場の約65倍の広さに相当する万博公園は緑たっぷりでした。
この時期のハスと睡蓮を同時に見て違いもハッキリ分かりました。
そして紫陽花はチョット遅いかな?と思っていましたが、まだ充分楽しむことができました。

当日は曇り空から雨へという予報でしたが時々晴れ間もあり、気の向くままお喋りしながら歩き他にも色んな花とも出会うことだ出来ました。気が付けば歩数計は12000歩を超えていました。
2人で顔を見合わせて「やっぱり今日もハイキングだったね」と笑いました。

そして家に着いた頃には雨がポツポツと…ラッキーな一日でした。

女の子らしく…

2015.07.02.17:05

先週の土曜日久しぶりに津に住んでいる息子家族3人が来ました。
私は「こんにちは~」と入ってきた孫を見て、ビックリ!

孫は黄色のちょっとヒラヒラしたスカートをはいていました。
そして、やや長めの髪の毛を可愛く束ね…見事な女の子に…(笑)

私は今まで孫のことを何度かブログにも書いたことがあります。
でもいつも部活を頑張っている「まるで男の子」だと書いていたと思います。
顔を真っ黒にして小学校はハンドベースボール、中学校はソフトボールを…
そして、ばぁばバカだと思いながらもかなり活躍してるとも書きました(笑)

又この春には無事念願の高校に入学し、最初は慣れないバスと電車に乗り継いでの通学にちょっと疲れ気味だと…
そして部活への入部も躊躇しているとも書いたと思います。

でも直ぐに、やはり部活に入部したとママから報告を貰い私は正直嬉しかったです。
その後も時々ママからいろんな報告ももらっていました。
勉強も難しいことや、はじめての中間テストの結果も…(笑)

でもソフトボールは楽しんでいるし既にレギュラーだと聞いていました。
そして正式な試合にも出ているそうです。
ただ上級生の人数が少ないからだということですが…(笑)

先日は孫から直接、学校の事部活の事友達の事などを聞くことができました。
最近では仲の良い友達も何人か出来学校生活を楽しんでいると話す彼女の顔は和やかく、そして表情も明るく私には16歳の可愛い女の子に見えました(笑)

同席していた娘も話の途中にも久しぶりに会った姪っ子に何度か「Nちゃん可愛くなったね~」と言い、孫も笑顔で嬉しそうに応じていました(笑)

私は高校生になってから初めて会った孫の雰囲気が違い一瞬戸惑いも感じました。
ほんの何ヶ月でこんなにも変わるものなんだと…
孫は姿だけでなく表情も話すこともちょっと幼い高校生の女の子でした(笑)

今回もすごいばぁばバカでごめんなさい~(笑)

先日は息子の都合や孫が部活が休みということで日帰りで来てくれました。
なのに私は前日一日出かけてたとか、短い時間をゆっくりお喋りしようとかと言う理由をつけて出前のお寿司と手抜き料理での昼食でした(笑)

孫には今回「大阪のバァちゃんのところへ行く」とだけ言っていたようなのですが…
最後にパパからのサプライズで梅田のジャニーズショップに立ち寄り、孫の好きなキスマイ・玉森くんのグッズをと…聞かされビックリしながらも喜んでいました。

多分折角大阪に来たので津では入手出来ない物をという高校生活を頑張っている孫にパパからのプレゼントでしょう(笑)

夜7時頃にはお嫁ちゃんからジャニーズショップも道路も空いていたのでスムーズに津に帰れましたと連絡がありました。

最近では私が1人で津に行くことはあっても、各自の都合が合うことも難しく中々みんなが我が家に集まることも少ないです。
今回久しぶりにみんなが揃うとちょっと狭い気がする我マンションですが…
おかげで楽しい家族団欒の時間が持てたことに感謝した私です。


DSC02041.jpg







プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR