景勝地と旧野﨑家住宅とジーンズストリート

2016.05.25.16:58

先週、あるグループで倉敷児島エリアを楽しんできました。
まず鷲が羽を広げた様子に似ていることから名付けられたという「鷲羽山(わしゅうざん)」へ…

鷲羽山は日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地で、展望台からは、波静かな海上に点在する大小50余りの島と雄大な瀬戸大橋の姿を存分に楽しむことができました。
DSC03955.jpg

DSC03956.jpg

その日は早めに全室瀬戸内海と瀬戸大橋の眺望抜群の宿にチェックイン。
瀬戸大橋を一望できる「展望大浴場」や岡山名物「鯛&蛸のしゃぶしゃぶ」などの夕食を堪能した後夜7時頃ホテルの外へ…
とても美しい夕景を観ることができました。
DSC03959.jpg

DSC03968.jpg

DSC03966.jpg

翌朝はホテルでもらった「児島観光マップ」を手に散策することに…
まず児島ジーンズストリート方面へ…
DSC04088.jpg

まず目に入ったのが立派な山門の真言宗御室派持寶院(じほういん
DSC03981.jpg

境内には釈迦の足の裏の形を表面に刻んだ仏足石(ぶっそくせき)や綺麗に整備された庭を見ることができました。
jvnEOOLz4RoZ8ii1463816710_1463816763.jpg
DSC03972.jpg

DSC03976.jpg

次は「旧野﨑家住宅・野﨑家塩業歴史館」へ…
旧野﨑家住宅(国指定重要文化財)は、江戸時代後期に大規模な塩田を開き、「塩田王国」を築いた野﨑武左衛門が建てた民家です。
DSC03993.jpg

国重要文化財指定建造物「長屋門」が見えてきました。
堂々とした風格ある長屋門を、眺めるだけで敷地の広大さ建物のスケール感が想像できました。
DSC03994.jpg

DSC04085.jpg

入館料500円を払い、敷地内へ入ると主屋の右手に「土蔵群」が軒を連ねていました。
蔵は「商人のお城」とも言われ右から岡蔵・新蔵・書類蔵・大蔵・内蔵と並び、さらに内蔵の後方には夜具蔵が配されています。
DSC03995.jpg

DSC04084.jpg

私たちは広い敷地内を「順序」という矢印に沿って進みました。
まず畳敷きの「内玄関」へ…これだけでも、じゅうぶん立派な玄関です。
DSC03998.jpg

続いて「表玄関」
DSC04001.jpg

次に「中門」潜ると中庭が施されていました。
DSC04003.jpg

DSC04005.jpg

野崎家の中心となる建物で、貴賓の応接にあてられたという「表書院」
DSC04009.jpg

DSC04007.jpg

縁先の手水場には 水が滴り落ちると、下に埋められた甕に反響して美しい音色を出す「水琴窟 」がありました。
耳を当てると心落ち着く琴に似た音色を聴くことができました。
DSC04012.jpg

このあたりの庭にはサツキが綺麗に咲いていました。
DSC04011.jpg

「中座敷」
DSC04019.jpg

DSC04020.jpg

3つある 茶室の1つ「臨池亭(りんちてい)」
DSC04022.jpg
DSC04025.jpg

野崎家住宅の背後に明治~大正時代にかけて造られた石垣「扇面の石」
DSC04028.jpg
DSC04026.jpg

「薪納屋」
DSC04032.jpg

「お風呂」
DSC04038.jpg

土足で食事をすることになっていたという「従業員食堂 」
DSC04039.jpg

「台所」には当時多くの使用人が、いたのであろうこと想像できるほど、たくさんの釜などが並んでいました。
DSC04036.jpg

DSC04040.jpg

「漬物部屋」もありました。
DSC04054.jpg

「防空壕跡」
DSC04059.jpg

「味噌製造所・室(ムロ)」
DSC04073.jpg

塩を煮詰めるのに使用し1個60Kある「溜石(ためいし)」
DSC04080.jpg

最後に土蔵群の一部を使用した「展示館」へ…
館内には塩づくりに関する歴史的な資料や江戸時代からの民具などを展示していました。
DSC04063.jpg

DSC04065.jpg

「枝条架(しじょうか)」模型
流下式塩田で使われた立体濃縮装置
DSC04066.jpg

「ポーランド産の1トン半の重さがある円柱の岩塩」
DSC04068.jpg

DSC04071.jpg

敷地内には昭和の頃に使用されなくなってからはそのままの状態で保存されていたり、当時の暮らしの様子が残っているものが多くありました。
時々許される範囲で手に取ったり、触れたりしながら楽しむことができました。

広大な敷地・建物ですが、単に観賞するだけではなく暮らしの息遣いが感じられ、とても魅力がありました。
また文政12年(1829年)以来一貫して瀬戸内の海水から塩づくりを続けているというのにも感心しました。

なお余談ですが『横溝正史』の『犬神家の一族』(稲垣吾郎さん主演)のロケ地にもなったということです。
そして他にも、数々の映画やドラマのロケが部分的に使われたようです。
そういえばなんとなく見たことあるかなぁ?~なんて…(笑)

その後、旧野﨑家住宅から南へ広がる商店街「児島ジーンズストリート」に…
DSC03984.jpg

地域が一丸となって国産ジーンズ発祥の地「 児島」をPRしているのを感じました。
DSC03991.jpg

DSC03986.jpg

地元ジーンズメーカーのショップが連なり、オリジナリティーあふれる品々が…
ジーンズ以外にも魅力的な品物もありました。
私たちは気の向くままに何軒かのお店をのぞきました(笑)

せっかくなので記念にデニムのバックをゲット・・・(笑)
Ee6HZuMtxZYhs_p1463912844_1463912908_convert_20160525084013.jpg

今回、お天気にも恵まれ一日目は美しい瀬戸内の景勝、そして二日目は博物館として保存されている旧野﨑家住宅とジーンズストリートを自分の目でしっかり楽しむことができ、とても楽しい2日間に大満足した私です。

スポンサーサイト

雨の合間をぬって…

2016.05.12.17:05

毎月2人で歩いている彼女と今月は岸和田市にある蜻蛉池公園に行ってきました。
「トンボ池公園」はゆるやかな丘陵地帯に広がる緑豊かな総合公園で、この時期約2500本のバラが咲き競うバラ園があるということでかなり前から2人で行きたいと思っていました。

約束した日は前日しっかり雨が降ったし、当日も降水確率は高ったですが…
前日連絡で取り敢えず天王寺で待ち合わせしてコース変更なども考えよう~と。
でも公園歩きだしなんとか午前中は雨は降らないだろうと行きました(笑)

JR下松駅からバスで10分弱で到着した頃には薄陽も…
でも入った途端「広~い」と感じ、いつ雨が降るかわからないと思った私たちは、とんがり帽子のエキゾチックな屋根が目印のスポーツハウスで園内マップを頂き、まずバラ園に向かうことに…
DSC03858.jpg

DSC03862.jpg

やがて大池とバラ園が見えてきました。
DSC03873.jpg

DSC03874.jpg

DSC03872.jpg

DSC03879.jpg

DSC03875.jpg

DSC03884.jpg

前日の雨でまだ少し水滴が残っているバラはキラキラしてとても綺麗でした。
DSC03871.jpg
DSC03883.jpg
DSC03880.jpg
DSC03891.jpg
DSC03894.jpg
DSC03898.jpg
DSC03895.jpg
DSC03897.jpg
DSC03900.jpg
DSC03904.jpg
DSC03905.jpg
DSC03910.jpg
DSC03914.jpg
DSC03918.jpg 
DSC03923.jpg
DSC03898.jpg

かなり歩いてもまだまだイイ香りのバラを観ながら散策することができました。
やがてポケット広場にある白亜のガゼボ(西洋風あずまや)で お弁当を…
私たちは遠くにバラ園が見えた時から、このガゼボの場所を狙っていました(笑)
DSC03882.jpg

DSC03906.jpg

DSC03867.jpg

池とバラに囲まれて素敵な空間でのゆっくりした昼食タイムを取りました。
その時点ではまだ雨の気配は全く感じず2人で「ラッキーだねぇ~」
「もういつ降っても雨を許そうねぇ~」と…(笑)

その後もこの時期花は見えないけどあじさい園や水仙郷なども確認して、展望台へも…
DSC03928.jpg

DSC03934.jpg

DSC03936.jpg

DSC03941.jpg

風に運ばれる種子をイメージした展望台では360度見渡せ、晴天なら、大阪湾、明石海峡を望むことができるということです。
でもこの頃から雨がポツリポツリと…
DSC03939.jpg

展望台からは遠くは霞んでいましたが真下には私たちが先程まで歩いきた所が見えました。
DSC03940.jpg

その後、蝶やとんぼの形をした大型遊具のある子供の国も楽しく眺めながら歩きました。
雨がポロポロ降る平日の午後2時頃子供はもちろん誰もいませんでした(笑)
DSC03942.jpg

DSC03944.jpg

DSC03945.jpg

DSC03947.jpg

この頃2時過ぎには雨も本格的に降り出しました。
私たちは来た道の反対側の池の周りをゆっくり公園出口へ向かいました。

池の向こうには大池に面した回廊風シェルターや水辺のステージのあり芝生の絨毯が美しい広場「水と緑の音楽広場 」や、2人で気持ちよくお弁当食べた「ガゼボ」が霞んで見えました。
DSC03950.jpg

DSC03954.jpg

当日はさすがに人も少なくとても静かでした。
後半は少し雨にも降られました。
でも前日の雨で水滴が残っているバラはとてもキラキラして…
そして何よりも広い芝生や園内の木々も緑が冴えてとても綺麗でした。

青い池の水面、その側にはみどり鮮やかな芝生の広場、 芝生の周りに贅沢に配された色鮮やかに咲くバラの花々。
そして楽しく作られた中世を思わせる数々の像や建造物。
とても広くて歩数計は10000歩を超していました(笑)

今回は少し早めに引き上げ天王寺でゆっくりティタイムを取りました。
でも楽しい名前の「トンボ池公園」になんとか上手く雨の合間をぬって行けたことに大満足して帰ってきた私です。







新緑の須磨界隈をララ♪ハイキング!

2016.05.08.17:03

昨日はサークル「ララ♪ハイキング」の5月オフ会でした。
今回はJR須磨駅 ~ 須磨寺 ~須磨寺 公園~ 須磨離宮公園へのコース

集合した参加者6名がまず最初の目的地「須磨寺」へ…
DSC03679.jpg

須磨寺(すまでら
正式名は上野山福祥寺(じょうやさんふくしょうじ)で、古くから「須磨寺」の通称で親しまれて「源平ゆかりの古刹」として全国的に知られています。

源平の庭… 平 敦盛(左)と熊谷直実(右)
寿永3年2月7日一の谷合戦の際、源氏の荒武者 熊谷直実は、海上に馬を乗り入れ沖へ逃れようとする無官太夫平ノ敦盛を呼び返して、須磨の浜辺に組み討ち、その首をはねた。
平家物語が伝える最も美しく、最も哀しい、有名な史話です。
DSC03681.jpg

本堂 …1602年に豊臣秀頼が再建。
DSC03689.jpg

大師堂…宗祖弘法大師ならびに真言八祖を祀っています。
DSC03690.jpg

新緑の木立の中に建つ三重の塔。
DSC03692.jpg

義経腰掛けの松。
DSC03695.jpg
DSC03696.jpg

私たちは歴史的みどころ満載の須磨寺を後にして「須磨寺 公園」へ。
DSC03700.jpg

須磨寺公園は、その名のとおり、須磨寺に隣接した公園です。
浮御堂のある堂谷池を中心に、周囲にはきちんとした遊歩道が整備されている。
桜の季節には開放感のある広場は絶好の花見スポットだということです。
DSC03701.jpg

DSC03702.jpg

みんなで「可愛いけど何の花?」などと言いながら…(笑)
DSC03704.jpg

やがて私が一番楽しみにしていた「須磨離宮公園」に…
DSC03706.jpg

入園料400円を払い見事な新緑の園内へ…
DSC03707.jpg

DSC03710.jpg

花と緑いっぱいの欧風噴水庭園には、春と秋に約180種4000株のバラが咲き誇るということでした。
DSC03844.jpg

DSC03722.jpg

庭園に咲いていた一部ですが…
「ラ・フランス」
DSC03711.jpg

「ピース」
DSC03713.jpg

「スヴニール・ドゥ・アンネ・フランク」
DSC03715.jpg

「ダブル・デライト」
DSC03718.jpg

「ミュージック」
DSC03720.jpg

「ゴールド・バニー」
DSC03737.jpg

「マルチダ」
DSC03748.jpg

「エーデルワイス」
DSC03815.jpg

「プリンセス・ドウ・モナコ」
DSC03828.jpg

「ニュー・ウエーブ」
DSC03824.jpg

「リリー・マルレーン」
DSC03813.jpg

「ブルボン・クィーン」
DSC03832.jpg

「レディー・ローズ」
DSC03833.jpg

私たちは12時過ぎ、こんな景色を眺めながらちょうどいい場所を見つけ…
ほのかに良いバラの香りも漂う中のとても贅沢なお弁当タイムでした。
DSC03735.jpg

昼食後は児童遊園を通り植物園の方へ…
DSC03750.jpg

牡丹や大手鞠なども観ることができました。
DSC03753.jpg

DSC03754.jpg

DSC03758.jpg

花の庭園は三段滝や花壇で構成されていました。
DSC03767.jpg

DSC03768.jpg

DSC03776.jpg

その後私たちは観賞温室へ…
滝組みから水を落とし、マルハチの下には熱帯や亜熱帯の樹木・果樹や種々の花が咲いていました。
DSC03781.jpg

DSC03782.jpg

DSC03785.jpg

DSC03786.jpg

温室内にある売店で今回案内役のSちゃんお薦めの「バラのソフトクリーム」を…
ほんのりバラの香りもしてそんなに甘くもなくとても美味しかったです。
78uiBazanfkjOZJ1462662310_1462662367.jpg

ゆっくりテーブルで休憩もして、次は和室・和庭園を経て花菖蒲園へ…
でも残念ながら花は未だでしたが、新池では睡蓮を観ることができました。
DSC03790.jpg

DSC03797.jpg

DSC03795.jpg

その後は海の眺望も楽しめる月見台展望台へ…
DSC03800.jpg
DSC03801.jpg

微かに淡路島(右手)も見えました。
DSC03804.jpg

再度大噴水やバラ園を確認して潮見台展望へ
DSC03809.jpg

DSC03829.jpg

DSC03838.jpg
DSC03839.jpg

たっぷり離宮公園を満喫した私たちは須磨寺商店街でティタイムをしてオフ会を終わりました。
DSC03848.jpg

前日までお天気が気になりましたが、当日はちょうどいい空模様の中、歴史ある「須磨寺」と広くて見事な庭園の「須磨離宮公園」を堪能することができました。

私は離宮公園は以前から行きたいと思いながら今回初めてでした。
元々皇室の武庫離宮だった場所で少し高台にあり、開放的で花と緑がいっぱいでした。
またこの時期バラを堪能することができました。
新緑の中、歩数計も約15000歩を示し、しっかりハイキングできました。

今回は地元でもあるSちゃんの担当・案内で色々効率よくコースを回ることができました。
おかげでとても楽しく良い一日を過ごせました。
Sちゃんありがとうございました。
そして参加された皆様お疲れ様でした。





今年も届きました!

2016.05.06.16:58

今日「花キューピット」のお店からピンクのリボンでアレンジメントされたお花が届きました。
今年も津の息子夫婦から母の日のプレゼントです。

先日1日に孫から電話があり、まず最近の高校生活などの話で何分か私とおしゃべり、その後息子に電話を変わり最近の私の様子などを聞かれました(笑)

「どう元気にしてる?この前は後楽園にも行ってたようだけど…」
「またハイキングなど出かける予定あるの?」などと聞かれ
「そう~後楽園良かったよ~なんとか元気にしてるよ~」
「もちろんハイキングなども予定してま~す」と私。
ブログでみんなバレています(笑)

他にも色々話したあと、最後に「先日M子(お嫁ちゃん)がお花送ったようだから…」と。
そして「3日以後に着く」と聞いていました。
私3日以降は「今か今か」と心待ちにしていました(笑)
母の日は娘には毎年現実的なものを私から要求するのでやはり息子夫婦から贈られるお花は嬉しいです。

届いて即お嫁ちゃんに「綺麗なお花受け取りました~ありがとう~」とライン。
その後お嫁ちゃんから電話があり、おしゃべりもしました。
今日は息子は仕事で孫は学校だということでした。

ゴールデンウイークでも孫は部活などで忙しく、最近では私と会う機会も少なくなりました。
息子も相変わらず忙しく仕事も頑張っているようです。
お嫁ちゃんとは時々ラインで連絡し合っています。
でも今回元気な孫と息子の声も聞くことができました。

次の日曜日の「母の日」にはちょっと早めだったけど…
家族皆が元気な事と今年も届いた綺麗なお花に感謝した私です。

DSC03672_convert_20160506141451.jpg

この機会に心がけたいと…

2016.05.03.17:03

「断捨離」近頃よく耳にするこの言葉に私もボチボチとしなくてはと思いながらも今だに色んなものをため込んでいます(笑)

そんな時何日か前、ある会報誌の記事を読んでちょっと感動しました。
記事は私と同年代の女性のお母様の話です。
そのお母様は99歳で生涯をまっとうされたそうです。

その時、残されたのは旅立ちに際しての数々の持ち物が一つの洋服箱に綺麗に準備され、その他にはほんの少しの洋服と少しの宝石だけだったそうです。
彼女を含め他の周りの人もいつの間に片付けたのかとビックリしたそうです。

彼女は見事な母親の最後に今でも尊敬しているとのことでした。
やはり自分も見習いたいけど正直何から手を付けようかとも…
私もその気持ちよく分かります(笑)

そしてそのお母様から亡くなる5年ぐらい前にもらった物の中に男物の角帯があり、お孫さんが使いたいと言うので改めて桐箱を開けると小さな手紙が入っていたそうです。
内容はお母さまの兄上から譲り受けたもので何かの折に使って欲しいと書いてあったそうです。

彼女はその文字に懐かしさも感じ今でも小さく折って財布に忍ばせていると…
私は感動しながらも何となく心が温かくなりました。

この連休特に大した予定もなかった私はこの記事に多少刺激?されかなり身の回りの物を処分しました(笑)

不要なものを断ち、捨て、執着から離れることを目指す整理法だという断捨離
今までも何度か思い切って不要と思った何点かを処分した時もありました。
それでも思い出のある物や洋服など未だいつか着えるかな?と思うものなど手放す決心がつかないものもかなり多くありました(笑)

やはり「もったいない」という古い固定観念が中々抜けません(笑)
今回もやはりまだ断捨離にはほど遠いけど、以前より少しは執着心を離れさすことが出来たかな?と思っています。

あの記事のお母様のようには到底できないと思うけどこの機会に出来るだけ不要なモノを断ち、家にずっとある不要なモノを思い切って捨て、モノへの執着から離れることを今から少しずつでも心がけたいと思っている私です。


連休前に7人会でのランチの時立ち寄った大阪城公園内の芝桜です。
あまり広くはありませんが新緑ともコラボしてとても綺麗でした。
DSC03628.jpg

DSC03629.jpg

DSC03630.jpg



プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR