みんなで行くと楽しいなぁ~

2017.02.28.17:12

先日は2月の「7人会」の集まりでした。
ランチだけで別れるのも淋しいし、遠くへ行くのもどうかな?ということで
大阪城の梅も咲いてるだろうとその近くでランチした後、観梅に行きました。

ちょっと寒かったけど、お天気も良いので大きくみんなで外濠沿いを散策(笑)
DSC06088.jpg

大手門と桜門の間を走るSL機関車を再現したデザインの「ロードトレイン」
広い城内をのんびりと眺めながら、違った角度から大阪城を楽しむのも良いかも…
DSC06123.jpg

冬季は(12月1日~2月末まで)運航休止している 金箔貼りの御座船(和船)
大阪城の内壕を約20分間で巡る小さな観光船です。
日本一高いとされる石垣が目前に迫り、水面から見る天守閣は豪華絢爛かも…
もうすぐお濠めぐりのをする遊覧船としてきっと活躍するのでしょうね~(笑)
DSC06095.jpg

やがて梅林へ…
DSC06125.jpg

DSC06109.jpg

DSC06106.jpg

DSC06113.jpg

DSC06119.jpg

DSC06103.jpg

DSC06118.jpg

やっぱりお城も入れて…(笑)
DSC06102.jpg

梅の木の下に咲く水仙はやはり清楚な感じがしました。
DSC06114.jpg

最後にちょっと高い位置から観える 梅林
DSC06134.jpg

DSC06130.jpg

都会で家に庭など無いこのグループの友達は普段から私も含め他の人には大阪城公園は自分の庭のように言っています(笑)
各自みんな梅・桜・桃そして紅葉と見頃の時期には毎年何度かは行きます。

最後にお茶しながら「ここは何度来ても飽きないし四季を充分楽しめるよね~」
「何より近いのがイイよねぇ~」携帯の歩数計を見て「7000歩も歩いたわぁ~」
またある友達は「夫婦でも時々来るけど…あまり会話もないし…」等と(笑)
そしてみんなの結論は「梅はまだちょっと早い感があったけどやはりみんなでワイワイ言いながら来ると楽しいね~」ということになりました(笑)

20年以上続いているこの会は、以前は毎月集まり一泊旅行や遠出もしました。
でも最近では基本2ヶ月に一度近くでランチすることが多くなりました。
それでも時候の良い時は今回のように近くで季節を楽しんでいます。
スポンサーサイト

観て歩いて温まって…

2017.02.22.17:10

先日いつものグループで那智勝浦へ一泊旅行に行ってきました。
一日目は阪和道南紀田辺~紀伊半島の山と谷、沢山のトンネルを貫く国道311号線~168号線を通り熊野川沿いを走り大門坂駐車場へ…
DSC06007.jpg

途中満開の梅も観ることが出来ました。
DSC06057.jpg

やがて私たちは石畳が美しい大門坂を上り熊野那智大社、那智の滝へのコースを…
DSC06008.jpg

杉木立に囲まれた苔むした石段は熊野古道の雰囲気も満点でした。
DSC06021.jpg

登り口にそびえる樹齢800年の夫婦杉はやはり見事でした。
DSC06013.jpg

平安時代の貸衣装を着た3人の女の子に了解を得て撮影させてもらいました。
DSC06015.jpg

高低差約100メートルの長い石段、石畳が続きました。
DSC06025.jpg

DSC06028.jpg

やがて大社などに継る巡礼道から参道入口へ…
DSC06035.jpg

又々何度か長い階段を上がりました。
DSC06044.jpg

DSC06043.jpg

やっと「那智大社」にお参りできました(笑)
DSC06047.jpg

西国第一番札所 「青岸渡寺(せいがんとじ)」
DSC06052.jpg

境内の広場から見える「三重の塔」と「那智の滝」の風景は絶景でした。
DSC06054.jpg

日本三名瀑の一つで原始林を割って落ちる滝の高さは133mで落差は日本一。
銚子口の岩盤に三つの切れ目があり、三筋になって落下し 始めるところから、「三筋の滝」ともよばれているとのことです。
DSC06053.jpg

コースの距離は片道2、5kだということでしたが標高約330mあり石段ばかりの往復5kは結構きつく感じました(笑)
DSC06056.jpg

その日はお天気も良く気温も多少高かったけどしっかり歩き、汗ばんだ身体は宿泊先の勝浦温泉でスッキリしました。
太平洋を一望する露天風呂も何度か堪能しました。
そして夕食はマグロなど地元・勝浦の食材を使用した美味しいお料理もたっぷり頂きました。

翌朝は寝坊したけど何とか部屋から日の出も見ることができました(笑)
DSC06060.jpg

ゆっくりホテルをチェックアウトした私たちは国道42号からの海岸線コースへ…
お天気は曇っていましたが串本町にある奇岩群「橋杭岩(はしぐいいわ)に。
DSC06068.jpg

DSC06069.jpg

橋杭岩は大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列に約850mもの長きにわたって連続してそそり立っています。
直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれているとのこと。
また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができるということです。

私たちは階段を下りて足元に気を付けながら海辺に近づきました(笑)
DSC06073.jpg

DSC06075.jpg

整然と並んだ姿も勿論美しいですが近づくと、一つ一つの岩の大きさに驚きました。
DSC06079.jpg

DSC06081.jpg

この辺りでは段々足元の波が大きくなり私たちは引き返しました(笑)
DSC06082.jpg

一日目は好天気の中、熊野古道の雰囲気を楽しみながらのハイキング。
二日目は午後からは雨が降り、途中風も強く運転して下さった人は大変だったと思います。

でもおかげ様でいろんなものを観て、良い雰囲気の中を歩いて、そして美味しいものと温泉で身も心も温まった2日間でした。

何かと理由をつけて…

2017.02.08.17:07

先月末、友達から「寒いけど今年も例のランチに行こうよ~」と電話があり
「今回は何処まで行くの?」と聞く私に「天満橋まで…」
「安くて美味しいお店を見つけたの~」という事でした。

そして昨日地下鉄の駅で11時に待ち合わせ行ってきました。
私は20分もあれば行けるのにちょっと早い時間だな?とも思いながら…
でもお店に着いて納得しました(笑)

◆ランチメニュー全てに自家製出来たておぼろ豆冨が食べ放題
◆京の彩り膳【30食限定☆ 平日のみ】 1000円 ということです。

テーブルにはまず出来たておぼろ豆冨が運ばれ…
続いて造り盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、サラダ、茶碗蒸し、炊き込みご飯、
吸い物、香の物そして口取りプレートには色んな物が盛り付けられていました。
DSC05993.jpg

DSC05995.jpg

私たちは8階の窓から見える大川を眺めながら、ゆっくり食事を頂きました。
DSC05996.jpg

DSC05998.jpg

また店内は広く雰囲気も良く真新しい内装でした。
私は食事しながら確かここは以前来たことがあるけど店の名前も料理も違うかな?と思っていました(笑)
聞けば経営者が変わり今は熟成肉と魚介がメインのお店 だということでした。
12時前には限定メニューは売り切れていました。

揚げたての天ぷらをはじめどれも美味しかったけど、やはり特にお造りなどお魚はとても美味しかったです。
2人で今度はまた夜にも来ようね~と言ってお店を出ました。
そしてその後、喫茶店でコーヒーを飲みながら又々お喋りをしました(笑)

彼女は1月が誕生日月で私は2月が誕生日月です。
5~6年前まではランチではなく、お互いもっと贅沢に祝い合っていました(笑)
でも最近では誕生日当日に「おめでとう~」とメールするだけで
適当な日に今回のように割り勘でランチするようになりました(笑)

2人は話の途中で「今年は特に安い誕生日祝いだね~」と笑いました。
彼女とは他の友達と一緒だったり、2人でも思いつきで近所でランチやお茶をすることも時々あります。
また時には新しいお店の情報交換なども…

今回を含め何かと理由をつけて会っているような気がします(笑)
でもいつも本音で会話ができ、そして何よりもまた今年も無事に歳を重ね
お互い元気で過ごせてることに感謝できた一日でした。










プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR