「勝尾寺さん」と「箕面の滝」

2017.07.24.16:51

今年の3月に「ハイキング仲間が増えたかな?」というブログを書きました。
昨年11月頃電話で友達に「西国三十三所廻りを始めたので、付き合って~」と

3月には「第四番の施福寺」そして5月には一泊で「第三十二番札所繖山観音正寺(きぬがさやま かんのんしょうじ)」と「第三十番札所竹生島・宝厳寺(ちくぶしま・ほうごんじ)」へ行きました。

そして先日「第二十三番札所の勝尾寺(かつおうじ)」へ行ってきました。
いつも私のブログを読んでいる友達はその時「箕面の滝」へも寄ってみたいと…(笑)

当日は「千里中央駅」で3人が待ち合わせ阪急バスで勝尾寺へ向かいました。
バスに乗車した時は良いお天気だったけど、やがて山道にさしかかるとかなり激しい雨が降り出し、時々雷も…

バスに乗って40分弱位で勝尾寺に着いた頃はまだかなり雨が降っていました。
まさしく天気予報でよく聞く山沿いではにわか雨でした(笑)
でも雨宿りをして5分ぐらいで小降りになり私たちは境内へ…
DSC01631_convert_20170722163043.jpg

DSC01605.jpg

勝負運アップと紅葉で有名な勝尾寺の境内には 数多くのダルマがあちらこちらに置いてあります。
はじめて来たというSさんは「うわぁ~こんなところにも~」と~(笑)
DSC01612.jpg

DSC01613.jpg

DSC01611.jpg

DSC01623.jpg

そして「勝ちダルマ納め所」には「勝運」を掴み取ったたくさんのダルマが…
転んでも起き上がる「七転び八起き」の精神を持つダルマはやはり縁起が良いのかな!?
DSC01616.jpg

やがて「本堂」へお参り
DSC01619.jpg

周りの緑に囲まれた「観音菩薩」と「多宝塔」
DSC01615.jpg

時々降っていた小雨もやっと上がり私たちは4キロ先の箕面の滝へ…
この頃には時々陽も差し、新緑の中、気持ち良く歩きました。
DSC01635.jpg

DSC01636.jpg

やがてこんな標識が見えてきました。
DSC01638_convert_20170724163716.jpg

やはりこの日も美しく迫力のある滝の姿を見ることができました。
二人は何十年振りかに見た箕面の滝に感動していました(笑)
DSC01644.jpg

大量の雨が降った後なので水量が多かったかな?
DSC01647.jpg

しばらく滝の前で過ごした私たちは3キロ弱の滝道をハイキング。
DSC01651_convert_20170724163807.jpg

DSC01653.jpg

見慣れた景色です(笑)
DSC01655_convert_20170722174802.jpg

3人で箕面駅近くのお店で少し早めの夕食を兼ねたお疲れ会を…
ビールが大好きなKさんは美味しそうに飲んでいました(笑)

2人とも各自行った場所も何個所かあります。
でもハイキング兼ねて行ける所は私に声がかかります(笑)

2人は「勝尾寺さんにもお参りできたし、何十年振りに箕面の滝も見えたし…」と喜んでくれました。
最初不安定なお天気が気になったけど、歩く時は全く雨も降らず、
むしろ雨上がりの緑の木々は、より綺麗でした。

私は何度も行った所ですが3人でお喋りも楽しみながら、この日も気分良く約7キロのハイキングを楽しむことができました。


スポンサーサイト

明石を散策!

2017.07.17.16:25

先日また元サークルメンバー3人で7月の会を行いました。
今回は明石を散策することに…

まずJR明石駅 に集合後「明石天文科学館」に向かって歩きました。
やがてハッキリ科学館の姿が見えてきました。
DSC01465_convert_20170716144135.jpg

緩やかな坂道を上がり私たちは「東経135度線」の上に立ちました。
確か小学生の頃、ここの時刻が日本の標準時間になると習った事を思い出しました(笑)
DSC01469_convert_20170716092428.jpg

DSC01470.jpg

次に歌聖、柿本人麻呂ゆかりの「柿本神社」にお参りしました。
DSC01490.jpg

ここからは遠くに明石海峡大橋を望むこともできました。
DSC01478.jpg

また柿本神社の隣にある曹洞宗のお寺「月照寺(げっしょうじ)」にもお参り…
DSC01500_convert_20170716100316.jpg

そして宮本武蔵が作庭したとされる枯山水庭園が有名な「本松寺(ホンショウジ)」へも…
DSC01504.jpg

DSC01505.jpg

DSC01506_convert_20170716101532.jpg

その後私たちは明石城跡を中心に整備された明石公園へ…
園内はとても広く櫓や堀、石垣といった城跡やスポーツ施設や文化施設も…
DSC01595.jpg

DSC01593_convert_20170716143231.jpg

本丸の南東端に築かれた三層の櫓である巽櫓(たつみやぐら
DSC01521.jpg

本丸跡の広場は木陰も多く風も通りとても気持ち良かったです。
人も少なく藤棚の下のベンチで昼食タイムをたっぷり取りました。
DSC01530.jpg

心地よい風を充分味わったあと私たちは再度園内を散策。
DSC01539.jpg

公園の中にある池の中でもっとも大きい「剛ノ池」
DSC01557.jpg

数多くのカモが飛来し、池を望みながらの散歩をしたり、ボートに乗ったり…
また池の周りには写生をしている人などリラックスした時間を過ごしていました。

DSC01569_convert_20170716175711.jpg

私たちは「桜の時期は綺麗だろうね~」などと話しながら池を一周しました。
DSC01568_convert_20170716180650.jpg

「明石城 武蔵の庭園」とあったので入ってみました。
DSC01575.jpg
...
DSC01577.jpg

DSC01585_convert_20170717093313.jpg

明石公園を堪能した私たちはテレビなどでも時々紹介される 魚の棚へ…
DSC01600_convert_20170717093854.jpg

日本でも有数の漁場として有名な明石で捕れる魚。
なかでも明石鯛、明石ダコなど全国 的に知名度の高いものもあります。
商店街はその漁場の鮮魚を取り扱う鮮魚店が軒を列ね、それ に関する練り製品や海産物などを取り扱うお店も多数あります。
DSC01601.jpg

私は昔ながらの製法で一つ一つ丁寧に揚げているタコ入りの練天ぷらを夕食のおかずの一品に買って帰りました。
勿論その夜美味しく頂きました(笑)

そして最後に恒例のティタイムを…
暑かったので私は思わず冷たいものをオーダーしたのですが…
Hさんが注文した「明石焼きを」を勧められるままに少し頂きました(笑)
DSC01604_convert_20170717101543.jpg

今回は地元に近いSさんの案内でこの暑い時期でも無理なく効率良く回れることができました。
また東経135度線に立った時は小学生時代を懐かしく思い出しました(笑)
明石公園はクスノキやオダマキ、ケヤキ、ヤマモモ等様々な木が園内全体にありとても自然がいっぱいでした。

魚の棚は以前通りがかりに2度行ったことはあったけど、それ以外の場所は遠くに眺めながらも実際行くのは初めてでした。
おかげで今回も楽しい一日でした。

そして最後に8月はお休みして次回9月に会うことを約束して別れました。
ご一緒してくれた方々お疲れ様でした。
Sさん案内ありがとう~

今度また9月のお会いできること楽しみにしています。
































メジャーな所ではないけど…

2017.07.06.16:58

先日2ヶ月ぶりにいつものメンバー5人で一泊旅行に行きました。
行き先は兵庫県宍粟市(しそうし)にあるリゾート施設で広い自然いっぱいの敷地地内にはホテル、コテージ村、キャンプ場などの宿泊施設や温泉もあるという「フォレストステーション波賀」だと…
今回私たちはホテル「東山温泉メイプルプラザ」に宿泊するということでした(笑)

大阪を出発した私たちは中国自動車道の山崎インターを下り、29号線を北へ
約10k先の「道の駅播磨いちのみや」へ車を止め、一応お店をチェック(笑)
買い物は翌日にする事にして目の前にある「伊和神社(いわじんじゃ)」に参拝。
DSC01319.jpg

神社は目の前の森の中に建っていて表参道の鳥居と隋神門をくぐると左手に拝殿が見える。
DSC01317.jpg

「隋神門」
DSC01297.jpg

「拝殿」
DSC01313.jpg
xa0ha3mmQ9zPzkI1498634519_1498634759.jpg私たちは説明を読んでお参りしました。

「本殿」
img_16_m_convert_20170628171625.jpg

「社殿」
DSC01304.jpg

「鶴石」
神から遣わされた鶴が舞い降りたという伝説があるということです。
DSC01309.jpg

DSC01307.jpg

境内は広大な森林の中に沢山の御神木があり、独特で良い雰囲気でした。
DSC01311.jpg

DSC01298.jpg

DSC01312.jpg

DSC01314.jpg

兵庫県のパワースポットでもある 伊和神社で元気をもらった私たちは次に…
途中綺麗な景色に車を何度か止めてもらい…美味しい空気に深呼吸も(笑)
DSC01322.jpg

DSC01323.jpg

やがて「フォレストステーション波賀」へ到着。
目の前に広がる広大な緑の景色に感激。
DSC01326.jpg

DSC01336.jpg

DSC01328.jpg

DSC01331.jpg

この日は軽く散策してホテルにチェックイン。
温泉は温泉基準の3、3倍のラドンを含有する東山名水の冷鉱泉を使った温泉。
自然に囲まれた露天風呂もとても気持ち良かったです。
勿論何度も入りました(笑)

また湯上り処には東山名水の冷たくて美味しいお水が用意されていました。
そして食事は地元波賀町の旬の食材を使った和会席を頂きました。

標高600mの位置にあるホテルは翌朝目覚めるとかなり涼しかったです。
朝食を頂きチェックアウトをし森林を利用した広い敷地内を車で移動しながら施設などを確認。

コテージ村には5人用が7棟、そして10人用が2棟あるということでした。
DSC01351.jpg

DSC01356.jpg

コテージを見た私たちは「うわぁ~良いなぁ~一度泊まってみたいなぁ~」
「みんなで泊まると楽しいだろうな~」「温泉はホテルを利用すれば良いし~」
「でもやっぱり何度も入れる温泉と上膳据膳が良いかなぁ~」などと…(笑)

次はオートキャンプ場に…
子供の遊び場等となる芝生広場が完備され 、天体観測施設・展望施設・白龍の滝へ通じる遊歩道などもありました。
DSC01361.jpg

DSC01364.jpg

DSC01365.jpg

さらに奥へ行くと「東山登山口」という標識があり登山道になっていましたが
今回は入りませんでした(笑)
DSC01371.jpg

私達は百万坪を有する標高600~900mの森林を利用したリゾート地を充分堪能しました。

次は宿のパンフレットで知った、日本の滝百選「原不動滝(はらふどうたき)」へ…
DSC01378.jpg

DSC01379_convert_20170629174401.jpg

DSC01383_convert_20170629174527.jpg

やっと入口と料金所が見えてきました。
DSC01449.jpg

DSC01388_convert_20170629174614.jpg

DSC01390.jpg

ヤマアジサイが綺麗に咲いていました。
DSC01399.jpg

DSC01431.jpg

何個かの吊り橋を渡ったり階段を上がりながら進みました。
DSC01402_convert_20170629175729.jpg

DSC01403_convert_20170629175822.jpg

「原不動滝」は、男滝と女滝からなり、男滝は落差88mと県下最大の名滝です。
女滝は源流を異にして男滝に寄り添うように同じ滝壺に流れています。
そのことから[幸福の滝][恋愛成就の滝]とも言われているということです.

つり橋の上から撮る滝の写真は足元が揺れて多少不安定でした(笑)
でも三段状になった88メートルの岸壁を落ちる水しぶきは荘厳でした。
DSC01413.jpg

その後私たちは2箇所の道の駅により野菜などを買って帰ってきました。
DSC01375_convert_20170629192026.jpg

最初「フォレストステーション波賀」と聞いた時は「何処?」と思い、検索して兵庫県の宍粟市?正直何となく聞いた地名かな?という程度でした(笑)
でも写真を見て自然がいっぱいだし、良いだろうなぁ~と思っていました。

やはり実際行ってみても想像通り広大な自然の中でゆっくり、のんびり過ごすことができ、マイナスイオンもたっぷり吸収できました。
そして「伊和神社」と「原不動滝」も私は全く知らなかったけど人も少なく気持ち良く散策しパワーをいっぱい貰いました。

今回のようにメジャーでない場所も良いなぁ~と改めて思いました。
ただ私が勝手にメジャーでないと思っているだけかも知れないけど…(笑)

その上前日の天気予報では雨だとも…
でもこの梅雨時に2日間時には晴れ間も見えるというお天気に恵まれました。
最後に今回の旅を企画してくれたメンバーと楽しい2日間を過ごすことができたことに感謝した私です。




プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR