修行?してきました(笑)

2014.06.01.16:57

一ヶ月位前、友達からこんなパンフレットを見せられました。.
img_26_convert_20140529145103.jpg

そして、何人かのグループで行くが、一緒に参加してみないかと・・・
私はとても興味が湧き、チョット自分でも調べをして、仲間に入れてもらう事に・・・(笑)
早速30日~31日と行って来ました(笑)

三徳山(みとくさん)は、鳥取県東伯郡三朝町にある山で、標高899.6メートル。
山名は「法身(美しい)」「般若(にごりのない)」「解脱(働きのある心)」の3つの徳に
由来するという事。

又三徳山全域が三徳山三仏寺(天台宗)の境内となっており、中腹の断崖に浮かぶ
ように建つ国宝・投入堂(なげいれどう)は特に有名で全山が国の名勝・史跡に指定
されているという事です。
現在世界遺産に推薦を申請したが、継続審議となっているようです。

目的地に着いた私達は駐車場に車を停めて、5人で石段を登り参詣者受付案内所に
向かい、入山料400円を支払って境内に入ります。
この時に靴のチェックを受けますが私達は登山靴を履いていたのでOKが出ました(笑)
CIMG7745.jpg

CIMG7708.jpg
投入堂 参拝登山について
三徳山は修行の場所であり、木の根や岩をよじ登る等、場所によっては多少険しい箇所がございます。
滑落事故等が多発の為、参拝登山をご希望の方には入山の際に、主に服装と靴のチェックを受けて頂きます。
スニーカーなどでは入山許可が下りないことがありますので、金具の付いていない登山用シューズが一番確実です。
靴が理由で入山許可が下りない場合、わらじ(有料)に履き替えて頂くことで入山許可が下りる場合があります。

とありました。

石段をあがった上の段の左側にあった正善院。
CIMG7709.jpg

正善院の向かい、山門から本堂に向い石仏が並んでいる輪光寺。
いずれも、宿坊です。
CIMG7710.jpg

さらに石段を上がって左に曲がって進むと正面に、三佛寺本堂がありました。
CIMG7711.jpg

本堂の右側から奥に入ると、投入堂への登山参拝事務所があります。
 「登山者名簿に名前と連絡先、出発時間を書いてください」
「たすきをお渡ししますから、下山した時に返して、到着時間を記入しておいて下さい」
「志納金200円いただきます」と…そして軽く注意事項などの説明を受け
私達は、登山手続きを終え「たすき」をかけて出発しました。 
CIMG7743.jpg

「忌穢不浄輩禁登山」の碑を見ながら登り始めました(笑)
CIMG7742.jpg

感覚的にはほぼ垂直の壁に、土からはみ出した木の根が続く「かずら坂」でした。
そう言えば、この登山道は修行の道と教わりました。これも修行です(笑)
CIMG7741.jpg

CIMG7715.jpg

そのまま、「かずら坂」を登ります。
はみ出した木の根の下の土が掘られていて、ゆらゆら揺れている木の根に
脚を掛けて登るところがありました。でも、なんとか、全員無事通過です。
CIMG7719.jpg

4738399852_06716a7c7a_convert_20140531221552.jpg

次は文殊堂の脇のむき出しになった岩場をくさりで登ります。「くさり坂」です。
私の目にはほとんど90度に見えました(笑)
ここは一人づつ前の人が上がりきったのを確認してからゆっくり上りました。
CIMG7720.jpg

登り切ると,入母屋造、柿(こけら)葺きの文殊堂(もんじゅどう)です。
室町時代後期の建築と考えられています。
10photo02_convert_20140531230556.jpg

やっと着いた文殊堂には「土足厳禁」とありました。
周囲についている縁側に上がることができます。
あまりも良い眺めに皆登山靴を脱ぎ上がりました(笑)
裏側はいいのですが、柵もなく、反対側は断崖絶壁、一瞬足がすくみました。
CIMG7723.jpg

縁側から見た西方の景色です。幾重にも連なる山なみの向こうまで見渡せます。
すばらしい眺望に、思わず「わぁ~綺麗~」と。
CIMG7721.jpg

文殊堂を過ぎると、露出した岩場を通る道です。
岩場の左の細い道のところに「滑落現場」という標識がありました。
下を覗くと深い谷、標識を見てぞっとしました。
CIMG7725.jpg

時々違うグループの人たちに交じり合ったり…
087_convert_20140601124841.jpg

「一人での登山は禁止」というのは、事故の防止だけでなく事故が起きたときの情報を
得るという意味もあるんだと、近くを登っていた違うグループの人が話していました。

さらに登ると鐘楼堂(しょうろうどう)がありました。「合掌、単打、合掌」とありました。
連打はいけないようです。仲間の一人が鐘をならし私は合掌だけしました(笑)
CIMG7726.jpg

下ってくる方々が「もうすぐですよ」と声を掛けてくださるようになりました。
納経堂(のうきょうどう)と元結掛堂(もとゆいかけどう)です。
ここも急勾配の窪地に建てられていました。
CIMG7727.jpg

CIMG7730.jpg

納経堂から10mぐらいで、観音堂です。
この先を右に曲がって、投入堂を見上げる位置に着きました。
CIMG7732.jpg

写真向かって左が三佛寺の奥の院(投入堂)です。右は不動堂、
標高約470mのところにあります。
見上げると、想像していたより小さい印象でした。
でも私は感動しました。
CIMG7735.jpg
岩の上から長い庇柱が伸びて、投入堂を支えています。 投入堂は、流造の檜皮葺き。
正面の桁行(間口)5.4m、奥行3.9m。よく見ると、左側に愛染堂がくっついています。

投入堂(なげいれどう)は、確かにすごい崖の途中に建っています。
私の目にはつっかえ棒で崖にひっかかっているとしか思えない、不思議なバランスの
上にある建物だなぁ~と見えました。

でもこれが平安時代後期、今から1000年以上も前に建立されて、現在まで残っている
のだから、すごいの一言です。
私達はどうやって建てたのか?、なぜこの場所が選ばれたのか?等と話しました。

何分か休憩を兼ねて投入堂を眺めた後、今度は下って帰ります。
途中「え~こんなキツイ所を上がった?」などと言いながら・・・(笑)

下る私たちとすれ違うこれから上がる辛そうな人たちには、コースを譲りながら
「もうすぐですよう~」と声をかけたり・・・お互い励まし合います(笑)

上がる時も下る時もリーダーからは足の置く位置等のアドバイスを頂きながら
無事、登山参拝事務所に着いたのは、15時10分でした。

たすきをお返しし、登山者名簿に、到着時間を記入しれ、下山後の手続きは完了です。
出発時間時間は12時50分だったので、2時間20分かかった事になります。
大体1時間半~2時間の人が多いようですが…(笑)

途中自分が歩くのに精一杯で写真を撮れなかった所もかなりありました(笑)
でも心地よい達成感と満足感で、いっぱいでした。

駐車場へ行くまでの茶店で「おやつの時間を・・・」と言われ、私は飲み物だけで・・・と
一瞬言ったのですが・・・テーブルに座った途端「やっぱり私もとち餅食べる~」と(笑)
CIMG7744.jpg
名物の「きな粉とち餅」は、とても軟らかくて美味しかったです。

時間は4時過ぎでしたが、私達はこの日の宿の「休暇村蒜山高原」へ向かいました。
40分ぐらいで到着しました。
CIMG7759.jpg
お部屋から「蒜山三山」が望めました。
CIMG7746.jpg

早速温泉に入った後、夕食を頂きながら翌日の予定を話し合いましたが・・・
最初は「標高1200Mの上蒜山」に登るか?「鳥取花回路」へ行くかをその時点で
決めようと話していたのですが、私は三徳山を降りた時点で心の中では「花回路」
を選んでいました(笑)

やはり翌日は花回路に決定し、もう一度温泉に入り10時に床に着きました。

今回は距離的にはそんなにありませんでした。
今までも多少の登山もしてきましたが、今回のようなコースは初めてでした。
やはり、場所によっては「どうして上がろうか」と考えたり、まるでアスレチックでは?と
思ったり、格好を顧みず四つんばいになったり・・・(笑)

普段は景色等を楽しみながら、ゆっくり・のんびり?歩いているのですが・・・
今回は時々精神統一したり、緊張感なども味わいながらの登山でした(笑)

そういう意味では、やはり修行になったのかな?・・・なんて(笑)
滅多に出来ない経験もしました。

昨夜から太ももが、かなり張っています。
何年ぶりかにお風呂上りには足に湿布を貼りました。今日もまだ筋肉痛です(笑)

でも「三徳山三仏寺投入堂参拝登山」をできた事に大満足し、私を誘ってくれコース
をもしっかりリーダーとしてサポートしてもらった友人に心から感謝した私です。




 







スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/02 08:51)

2014.06.02.08:52

東伯郡三朝町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

Secret

登山

2014.06.01.17:36

本当に登山という感じの所ですね。
険しい岩があるし、足場も悪そうです。
靴のチェックがあるのも、納得しました。

でも上から眺めた景色は、緑がいっぱいできれいでした。
急勾配の窪地に建てられていましたお堂は、どうしてこんな所にって思ってしまいました。
険しい崖の所にと不思議ですね。

お疲れ様でした

2014.06.01.18:41

neneさん、ここは凄いわ~よく登れましたね。
肩を傷めた私には今は無理です。
修行の地なんですね。山寺にちょっと似ていますが
あちらは整備された参道があるから。

筋肉痛はあっても登り切った絶景と達成感は素晴らしいでしょうね!
neneさんの健脚に敬意を表します。

No title

2014.06.01.18:46

凄いですね。本当に修行してきましたね。また、一段と人間の器が大きくなられますね。いろいろと、ご指導をお願いします。

修行凄い

2014.06.01.19:18

U。・ェ・。Uノ~コンバンワン♪
写真を見せて頂き、凄い修行の場所ですね。

投入堂は凄い場所に建てられているのですね。

達成感がありますね。

私も行って見たい場所ですね。

8月4.5日富士山に登りますので、足を鍛えています。

ご来光が見えると嬉しいですが。

Re: 登山

2014.06.01.20:40

まこさん、こんばんは~
早々のコメントありがとう~

> 本当に登山という感じの所ですね。
> 険しい岩があるし、足場も悪そうです。

は~い、私もチョット想像以上のコースでした。
その分真剣に歩きました(笑)

> 靴のチェックがあるのも、納得しました。

私も納得しましたよ~

> でも上から眺めた景色は、緑がいっぱいできれいでした。

ホントあの景色には疲れも吹っ飛びます(^^♪

> 急勾配の窪地に建てられていましたお堂は、どうしてこんな所にって思ってしまいました。
> 険しい崖の所にと不思議ですね。

私も写真でみて、思わず行きたい~行こうと~と思いました。
ホント不思議です。
滅多に見ることが出来ない光景に感動しましたよ~

見上げたことは・・・

2014.06.01.20:44

neneさん、こんばんは。

先ほど、そら豆もむき終え、やっと解放されました(笑)

三徳山ですか・・・。
以前、三朝温泉に行ったときに寄りましたが、投入堂を私は見上げただけでした。軟弱者です。

蒜山から大山にかけては良く行きました。大山登山は毎年のようにしていましたので、蒜山の国民休暇村にも何度か泊まったことがあります。

でも・・・、
ホントにお疲れ様でした。
ここを達成できれば、筋肉痛も心地よいでしょうね・・・ってそんなことは無いですね。失礼しましたm(_ _)m

Re: お疲れ様でした

2014.06.01.20:48

SOYOKAZEさん、こんばんは~
いつも嬉しいコメントありがとう~

> neneさん、ここは凄いわ~よく登れましたね。

は~い、頑張りました(笑)

> 肩を傷めた私には今は無理です。

ホント早く肩を治して下さいね。
でも少しづつ良くなっている様子ですね(*^^)v

> 修行の地なんですね。山寺にちょっと似ていますが
> あちらは整備された参道があるから。

山寺に似ているのですか?
昔から三徳山は修行の地だったようです。

> 筋肉痛はあっても登り切った絶景と達成感は素晴らしいでしょうね!、

ありがとう~
今日はまだ筋肉痛と戦っていますが…
達成感と満足感でいっぱいです(*^^)v

> neneさんの健脚に敬意を表します。

とても嬉しいお言葉ありがとう~(^^♪

Re: No title

2014.06.01.20:54

ハーブと友達さん、こんばんは~
いつもありがとうございます~

> 凄いですね。本当に修行してきましたね。

今回は私もチョット頑張りました(笑)
でも本当の修行はこんなものではありません。

>また、一段と人間の器が大きくなられますね。いろいろと、ご指導をお願いします。

ま~何と言うご冗談を…(笑)
でも筋肉痛はあっても気持ちは充実していま(*^^)v
こちらこそ又色々教えて頂きたいと思っています!

Re: 修行凄い

2014.06.01.21:03

まさよさん、こんばんは~
いつもありがとう~

> 写真を見せて頂き、凄い修行の場所ですね。

はい、結構厳しかったです。
でも本当の修行はもっと厳しいでしょうね~

> 投入堂は凄い場所に建てられているのですね。

でしょう~
近くで見ても不思議でした。

> 達成感がありますね。

は~い、筋肉痛はチョット辛いですが、達成感はあります。

> 私も行って見たい場所ですね。

ぜひ機会があれば行って下さいね。

> 8月4.5日富士山に登りますので、足を鍛えています。

うわぁ~良いなぁ~
私富士山には縁が無く、見る機会があっても天候が悪かったり…
旅行が中止になったり…(笑)

> ご来光が見えると嬉しいですが。

私もご来光が見える事祈っていますね~

Re: 見上げたことは・・・

2014.06.01.21:08

トラさん、こんばんは~
いつもありがとう~

> 先ほど、そら豆もむき終え、やっと解放されました(笑)

お疲れ様でした。

> 三徳山ですか・・・。

さすがに、トラさんはご存知でしたか!
私は今回始めて知り、早速行ってきました(笑)

> 以前、三朝温泉に行ったときに寄りましたが、投入堂を私は見上げただけでした。

ツアーで行って雨が降れば見上げるだけだと聞きました(笑)

> 蒜山から大山にかけては良く行きました。大山登山は毎年のようにしていましたので、蒜山の国民休暇村にも何度か泊まったことがあります。

私は蒜山の国民休暇村も初めてでした!

> ここを達成できれば、筋肉痛も心地よいでしょうね・・・ってそんなことは無いですね。失礼しましたm(_ _)m

筋肉痛はやはり辛いです。
でも気持ちはとても穏やかですよ~

No title

2014.06.01.21:29

neneさん
ほんとにこの登りは修行ですね。
私なら途中でギブアップ。
修行できないかも^^
後の甘味がさぞかし美味しかったことと思います。

No title

2014.06.01.22:00

neneちゃん
いや~すごい登山道でしたね。
文殊堂のヒヤヒヤ感もよく伝わりました。
投入堂は前にテレビで見た記憶があるのですが
neneちゃんのレポートでさらに詳しく分りました。
1000年も前からあるんですね~
よくぞこんな所に・・
どうやって材料を運び どうやって建てたの?
私もneneちゃんと同じ疑問が浮かびます。
でも険しい道を登ってこれを見たら
感動すること間違いないでしょう。
たしかに修行と言えると思います。
いい経験をされましたね。
大変 お疲れ様でした。

こ、怖い

2014.06.01.22:02

がけに張り付いた社、見たことある写真です。

怖いですよ・・i-230

よく歩きましたね、さすが、neneさん!


なかなか見られない風景とすごい経験ですね。

三徳山

2014.06.02.03:26

修行、お疲れ様でした。
画像を拝見し、凄いところだなと思いました。
普段山歩きなどで、体を鍛えていらっしゃるから
できたんでしょうね。
私は、無理だなと思いました。
投入堂は、TVなどで見た事があります。
でも、千年前に、どうやって建てたんでしょうね。

Re: No title

2014.06.02.08:52

greenさん、おはよう~
台湾からのコメントありがとう~

> ほんとにこの登りは修行ですね。

今回はやはり私にもチョットきつかったかも…
でも達成感はありました。

> 私なら途中でギブアップ。
> 修行できないかも^^

でも目の前の現実に案外進めるかもです。
私もあくまで遊びの中での修行です(笑)

> 後の甘味がさぞかし美味しかったことと思います。

最初は飲み物だけしか受け付けないと思ったのですが…
何秒かで心変わりをしました(笑)
とても美味しかったです(*^^)v

Re: No title

2014.06.02.09:10

チカちゃん、おはよう~
いつもありがとう~

> いや~すごい登山道でしたね。

でしょう~
私も始めての体験でした。

> 文殊堂のヒヤヒヤ感もよく伝わりました。

最初は靴を脱いで上がる事を躊躇ったのですが…
友達の気持ち良いよ~景色綺麗だよう~の言葉で上がりました(笑)
ヒヤヒヤ感いっぱいでした~

> 投入堂は前にテレビで見た記憶があるのですが
> neneちゃんのレポートでさらに詳しく分りました。

うわぁ~そう言ってもらえると嬉しいです。
私はパンフレットで始めて知りました。

> 1000年も前からあるんですね~
> よくぞこんな所に・・
> どうやって材料を運び どうやって建てたの?

ホント、現場でも色んな人とそういう話しをしましたよ~

> でも険しい道を登ってこれを見たら
> 感動すること間違いないでしょう。
> たしかに修行と言えると思います。

私にとってはやはり険しいコースでした。
本当の修行はこんなものではないでしょうが…(笑)
まだ残っている筋肉痛と一緒に私の心の中にあの投入堂があります(*^^)v

> いい経験をされましたね。
> 大変 お疲れ様でした。

ホント良い経験したの思っています。
いつどんな誘いがあるか分かりませんね。
誘ってくれた人には現場でのリードとともに感謝しています(*^^)v

Re: こ、怖い

2014.06.02.09:15

風香さん、おはよう~
いつもありがとう~~

> がけに張り付いた社、見たことある写真です。

見たことありますか~
私は今回始めて知りました。

> 怖いですよ・・i-230
> よく歩きましたね、さすが、neneさん!

やはり怖い場所もありました。
だから慎重に足を運びました(笑)

> なかなか見られない風景とすごい経験ですね。

はい、こういう経験できるのも良い機会を与えられたからだと感謝しています(*^^)v
やはり実際目で見ることが一番です!

Re: 三徳山

2014.06.02.09:22

トパーズさん、おはよう~

> 修行、お疲れ様でした。

ありがとうございます(*^^)v
本当の修行はこんなものではないと思います。
でも私にとっては心地良い修行でした(笑)

> 画像を拝見し、凄いところだなと思いました。

私もやはり実際自分の目で見て感動しました!

> 投入堂は、TVなどで見た事があります。
> でも、千年前に、どうやって建てたんでしょうね。

TVで見られたのですね~
ホント不思議です!
他の堂は手で触れたものもあったのですが…
1000年前といわれるとやはり不思議な思いがしました。

え~~!!です。

2014.06.02.11:36

neneさんが、アップされたから、たぶん行こうと勇気の

出る人いないと思いますよ。

題名だけだったら、「行って見たいな♪」って思いますが

内容を知ってしまったら怖いです~(--;)

千葉のがけ観音のずっとうわてですね。

よく登りましたね、アスレチックですよ。(^O^)

Re: え~~!!です。

2014.06.02.17:24

きらりさん、こんにちは~
いつもありがとう~

> neneさんが、アップされたから、たぶん行こうと勇気の
> 出る人いないと思いますよ。

もしそうなら嬉しいです(*^^)v
やはり投入堂実際に見ると感動しますよ~

> 題名だけだったら、「行って見たいな♪」って思いますが
> 内容を知ってしまったら怖いです~(--;)

いつも剣道で鍛えているきらりさんなら大丈夫です♪

> 千葉のがけ観音のずっとうわてですね。
> よく登りましたね、アスレチックですよ。(^O^)

今日もまだ筋肉痛残っています(笑)
でもとても良い経験したと思っています(^^♪

No title

2014.06.02.18:31

読ませていただいただけで疲れました
トチ餅美味しそうね

Re: No title

2014.06.02.20:33

喜美さん、こんばんは~
いつもありがとうございます(*^^)v

> 読ませていただいただけで疲れました

ごめんなさいね~
喜美さんを疲れさせてしまって…(笑)
私は今日もまだ筋肉痛と戦っています(笑)

> トチ餅美味しそうね

はい、出来立てでとても美味しかったです(^^♪

登山した気分

2014.06.02.22:03

順に景色を眺めながら、neneさんと一緒に登山した気分になりましたよ~
険しい道中だけど、修行したと思うと満足感があったでしょう?
筋肉痛、酷くならないようお気を付け下さいね~

Re: 登山した気分

2014.06.03.09:08

まっこさん、おはよう~
いつもありがとう~

> 順に景色を眺めながら、neneさんと一緒に登山した気分になりましたよ~

うわぁ~嬉しいで~す(^^♪
できたらいつか本当にご一緒したいけど…
遠すぎますね~(笑)

> 険しい道中だけど、修行したと思うと満足感があったでしょう?

ホント、いつものハイキングよりチョット大変だったけど満足感はありました。
でも本当の修行はこんなものではないでしょう~(笑)

> 筋肉痛、酷くならないようお気を付け下さいね~

ありがとう~
今朝辺りから少し楽になりました(*^^)v

行きたい♪

2014.06.04.08:37

結構きつそうなハイキングだけど
なんだか、楽しそうな登山ですね
崖にあるお寺
こんなところ、行ってみたいです

温泉もあるし、楽しい一泊でしたね

Re: 行きたい♪

2014.06.04.08:57

ブルさん、おはよう~
お元気ですか?

> 結構きつそうなハイキングだけど
> なんだか、楽しそうな登山ですね

は~い、きつかったけど楽しかったです(^^♪

> 崖にあるお寺
> こんなところ、行ってみたいです

投入堂知っている人も多いけど、私ははじめて知りました。
ブルさん是非修行に行って下さい(笑)
>
> 温泉もあるし、楽しい一泊でしたね

温泉と言ってもブルさんが行ってるような源泉掛け流しではなかったけど・・・
疲れた足には特に有りがたかったです(*^^)v
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR