2日目も歴史とロマンを…  

2016.04.03.16:43

竹田城跡に行った日は、城跡から車で1時間ほどの神鍋温泉に泊まりました。
神鍋温泉は兵庫県北部の山岳地帯、神鍋山の麓(標高350m)に湧出するとても良い温泉でした。
そして翌朝は「生野銀山」へ・・・

私が以前「石見銀山」のブログを書いた時ある人から「生野銀山」の情報を頂きそれ以後機会があれば…と思っていました(笑)
DSC03240.jpg

DSC03242.jpg
DSC03243.jpg

私たちは入場料900円を払った後まず鉱山資料館に入りました。
資料館では大同2年(807年)に開坑し、信長・秀吉・徳川幕府の時代を経て明治元年には政府直轄となり、その後は皇室財産にまでなった大鉱山・生野銀山。
その栄光の歴史を、パネル展示などにより紹介していました。

また徳川時代の雁木(がんぎ)梯子、竹樋(坑内の水を汲み上げたポンプ)、精錬に使ったふいごをはじめ徳川時代の銀山の様子を詳細に描いた絵巻物、坑内模型などの資料も豊富に展示され当時の雰囲気が伝わってきました。
DSC03250.jpg

DSC03246.jpg

DSC03247.jpg

資料館を出ると開坑1200年の歴史の中で、観音様の横顔に似た岩肌が発見されたという観音岩が見えました。
DSC03253.jpg
この観音岩は調査の結果、自然の力で造られたものであり、落石防止として張った金網が幸いして浮き出てきたものと推測されるということです。
new_02.jpg

その後フランス様式の金香瀬坑道入口から坑内へ入りました。
明治元年、明治政府は仏人技師ジャン・フランソワ・コアニエを招き、鉱山を近代化・機械化し、坑口は、フランス式の石組で築造。
DSC03310.jpg

坑内では江戸時代採掘ゾーンから近代採掘ゾーンまでをご紹介していました。

まず江戸時代採掘ゾーンへ…
江戸時代の坑内作業を電動人形で再現していました。
DSC03313.jpg

DSC03273.jpg

DSC03269.jpg

江戸時代の坑道は、坑内作業者ひとりがやっと通れるほどのもので、岩肌にはノミの跡が今も重々しく残っています。
DSC03274.jpg

DSC03275.jpg

DSC03285.jpg

次は近代ゾーンへ…
DSC03277.jpg

DSC03281.jpg

DSC03294.jpg

DSC03292.jpg

DSC03291.jpg

DSC03296.jpg

馬蹄形の鉄製枠で補強した「馬蹄形鋼枠二枚合掌」
DSC03301.jpg

坑内にはこんなものもありました。
DSC03304.jpg
DSC03305.jpg

坑道内コースは全長約1000m年間通して13度の気温だということです。
その坑内から出た私たちは不動滝を眺めながら坑道外コースへ…
DSC03255.jpg

DSC03258.jpg

DSC03324.jpg

DSC03319.jpg

DSC03320.jpg

坑道内とはちょっと違う雰囲気に自然も楽しみながら歩きました(笑)
DSC03327.jpg

DSC03326.jpg

DSC03328.jpg

生野銀山は大同2年(807年)開坑と伝えられる銀山で織田、豊臣、徳川それぞれの幕府直轄鉱山として栄え銀、銅などの鉱物を産出してきたが、昭和48年に閉山。

現在は、当時の模様を再現した観光施設として一般公開されています。
ノミ跡も生々しい掘り跡やリアルな人形で展示されていてちょっと驚くこともありました(笑)
でも地底に繰り広げられた偉大なる文化の跡を魅力的に演出されているのには感動しました。

未公開坑道まで含めると、総延長350Km、地下880mの深さまで達しているとのこと。
これは、東海道新幹線新大阪駅から静岡駅近くまでの距離に匹敵するそうです。

今回の仲間とは久しぶりの一泊旅行でホテルでは温泉やお喋りも楽しみました。
ラッキーなことにお天気にも恵まれ、行きたかった竹田城跡と生野銀山へ…
そしてどちらも歴史とロマンを感じられるとても良い旅になりました。
スポンサーサイト

comment

Secret

神鍋温泉

2016.04.03.16:51

neneさん、こんにちは

神鍋に温泉があるのは知りませんでした。
神鍋高原には、何度も行ったのですが・・・。

生野銀山は、私的には石見銀山よりよく知っています。数回行きましたよ。
なかなかリアルな人形が、チョット不気味だったでしょ?

まずは、お疲れ様でした。

風香

2016.04.03.18:00

こんばんは。

一泊二日のミニ旅行だったのね。
neneさんのご報告を堪能いたしました。

人形がリアルで臨場感あります。
それにしても古い歴史がつまっていますね。
貴重な産業遺産といえるのではないかしら。

ありがとうございます。

Re: 神鍋温泉

2016.04.03.20:03

トラさん、こんばんは~
いつもありがとうございます。

> 神鍋に温泉があるのは知りませんでした。

私も初めて行ったのですが良い温泉でしたよ~

> 神鍋高原には、何度も行ったのですが・・・。

神鍋高原の道の駅にも温泉ありましたよ~

> 生野銀山は、私的には石見銀山よりよく知っています。数回行きましたよ。

さすがにトラさんは行っているのですね。

> なかなかリアルな人形が、チョット不気味だったでしょ?

そうですよね~
人形と分かっていても一瞬足が後ろへ…(笑)

> まずは、お疲れ様でした。

(人-ω・)アリガト☆

Re: 風香

2016.04.03.20:09

風香さん、こんばんは~
いつもありがとうございます。

> 一泊二日のミニ旅行だったのね。

は~い、おかげさまで楽しい旅行でした(^^)

> neneさんのご報告を堪能いたしました。

嬉しいです~~

> 人形がリアルで臨場感あります。

そうなんです~
人形と分かっていてもリアル感がありすぎて…(笑)

> それにしても古い歴史がつまっていますね。
> 貴重な産業遺産といえるのではないかしら。

その通りです。
私も歴史に感服しながら観ていました。

> ありがとうございます。

こちらこそいつも拙い文章を読んで頂き感謝です。

No title

2016.04.04.15:11

neneちゃん
こんにちは。
neneちゃんは今頃お仕事でしょうか?
お疲れ様です。

お出掛けは一泊でらしたんですね~いいですね~
生野銀山っていうのは初めて知りましたよ。
断面図はアリの巣みたいな迷路のよう
人のパワーってすごいですね。
neneちゃんの説明が詳しいんでつい引き込まれてしまいます。
で 頭の中に浮かんできたのは
川口浩?藤岡弘?探検隊シリーズ!ww
(TVの見過ぎ?ww)
ワクワク感がneneちゃんの記事と一緒でした~
二日目は地底文化を探る旅
私も充分楽しませて頂きました。

No title

2016.04.04.15:44

江戸時代の坑道,
結構リアルに再現されているんですね。
鉱山なども見学するとそうですが近くで見るので八ッとさせられます。
このような窮屈な中で一日いたら・・・
採掘していた鉱夫の事 ふと考えてしまいました。
すごい距離だったんですね。
写真付きでわかりやすい良い勉強になりました。

Re: No title

2016.04.04.18:50

チカちゃん、こんばんは~
いつも嬉しいコメントありがとう~

> neneちゃんは今頃お仕事でしょうか?
> お疲れ様です。

うわぁ~嬉しいです。
月曜日の仕事覚えてくれていたのですね~

> お出掛けは一泊でらしたんですね~いいですね~

は~い、おかげさまで楽しい一泊旅行でした。

> 生野銀山っていうのは初めて知りましたよ。

私も石見銀山は知ってたけど生野銀山は知りませんでした。

> 断面図はアリの巣みたいな迷路のよう
> 人のパワーってすごいですね。

ホントその通りです。
昔は手掘りだったし…

> neneちゃんの説明が詳しいんでつい引き込まれてしまいます。

まぁ~嬉しいことを…(^^)

> で 頭の中に浮かんできたのは
> 川口浩?藤岡弘?探検隊シリーズ!ww
> (TVの見過ぎ?ww)

川口浩とは…古い~~(笑)

> ワクワク感がneneちゃんの記事と一緒でした~
> 二日目は地底文化を探る旅
> 私も充分楽しませて頂きました。

チカちゃんにそう言って貰えて嬉しいです(^^)
パンフレット写真からや記憶を思い出しながら…
ブログ書いた甲斐がありました(笑)

Re: No title

2016.04.04.18:58

コットンさん、こんばんは~
いつも嬉しいコメントありがとう~~

> 江戸時代の坑道,
> 結構リアルに再現されているんですね。

ホントその通りです。
人形など余りにもリアルなのでその場でビックリしたことも…

> 鉱山なども見学するとそうですが近くで見るので八ッとさせられます。
> このような窮屈な中で一日いたら・・・
> 採掘していた鉱夫の事 ふと考えてしまいました。

あの時代結構女性も細かな作業を手伝っていたようです。
やはり昔は大変だったようですね~

> すごい距離だったんですね。
> 写真付きでわかりやすい良い勉強になりました。

チカちゃんもそうだけど、コットンさんも私の拙いブログをいつも真剣に読んでもらえて嬉しいです(^^)

No title

2016.04.05.18:16

鉱山跡も、鍾乳洞もほぼ入ったことがないので
写真で内容拝見できました。

昔は全て手作業で大変な労力だったでしょうね。
久しぶりのお仲間との楽しい旅でしたね。

Re: No title

2016.04.05.20:11

greenさん、こんばんは~
いつもありがとうございます。

> 鉱山跡も、鍾乳洞もほぼ入ったことがないので
> 写真で内容拝見できました。

そうだと嬉しいです。
ありがとう~(^^)

> 昔は全て手作業で大変な労力だったでしょうね。

ホントそうですよね~
昔の人は大変だったと思います。

> 久しぶりのお仲間との楽しい旅でしたね。

は~い、おかげさまで楽しい旅になりました(^^)
プロフィール

nene

Author:nene
私のブログへようこそ

大阪で生まれ育ち、
大阪が大好きな主婦です

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR